FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

本当に意味がなかったのか?>『 総合学習 』




       30日、中央教育審議会が中間報告をまとめた。


       「ゆとり教育」による学力低下を反省し、
       小中学校では、主要教科の授業時間を1割以上増やす一方、
       現行の指導要領から導入された総合学習の時間を削減する。

       国際化に対応するため、小学5年から「外国語(英語)活動」の時間を創設。
       「道徳」を教科に格上げすることは見送る。
       小中学校の授業時間が増加するのは30年ぶりで、
       「ゆとり教育」からの方針転換が明確に打ち出された。

 
                           ( YOMIURI ONLINE 抜粋 )



       31日、町村官房長官が、記者会見にて以下のように発言。


        町村官房長官は31日の記者会見で、中央教育審議会の部会が
       小中学校の授業時間の増加を大筋で了承したことについて
       「ゆとり教育は間違っていたとは思わない。
        ゆとり即ゆるみ、即授業時間の減少ということが、結果として学力低下を生んだ。
        改めてしっかり基礎基本はやるということを徹底しないといけない」
       と一定の理解を示した。

       一方、総合学習の時間が削られる見通しになったことには疑問を呈し、
       「教科横断的テーマを考えてみようということなのに、学校現場では
        自分の頭で考える習慣が誠に乏しく、やり方が分からない」
       「そういう認識が中教審は足りない」など、学校側や中教審を批判。

       「官房長官というより、元文部大臣の個人的感想を述べた。
        ちょっと言い過ぎたかもしれない」と語った。


                           (  asahi.com  )


      




         【 ゆとり教育 】 で 【 失敗 】したなぁ。

         ヤレヤレ、とんでもなく低学力の子どもたちになってしまったわぃ。




        、、、 十把一絡的に そう評される 世代筆頭が、
        うちの下の少年の年代になる。

        それで 【 反省 】 して、
        今度は あからさまな 【 学力強化 】 に精を出すようだけれど、
        これまでの【 ゆとり教育 】 時代の子どもたちに対してのフォローは、
        どう行われる、と言うんでしょ。

        何より、 何を どう 反省する というのでしょー??


        ● 主要教科の授業時間を1割以上増やす。
        ● 総合学習の時間を削減する。
        ● 小学5年から「外国語(英語)活動」の時間を創設する。
          ( 中学では、英語が国語や数学より多くなる )


       そうなの?
       この 黒丸3つで、「 ゆとり教育の弊害 」を反省して、是正、できると?? 


       で、【 英語 】 を 増やすんですって??
       
       私は、まずもって 【 国語 】 だと思うけど。
       「 国語力 」低下が1番憂慮すべき事態だと思うけれど。  違うの?
       「 読解力 」「 表現力 」「 分析力 」、、、
       そんなようなもの全て、「 国語力 」に尽きると思うのだけれど。


       んで、現在の社会体制を鑑みず、大学制度もそのままで、
       隔週5日制にした後、完全週5日制にもっていったこととか、
       円周率を「3」にしたこととか、
       まるきり【 ゆとり 】の意味を 履き違えた、
       勘違い施策が問題 だと思って来たのだったけれど。


      


       『 総合学習 』。


       私は、素晴らしいと思ってた。


       私は 学校ぐるみでそれと向きあう、それは素晴らしい、
       生きた 『 総合学習 』 に出逢った から。


       うちの中学校でも、先生方が悪戦苦闘しながら、額を突き合わせ、
       「 教科 」を越えた『 総合学習 』たろうと試行錯誤され、
       地域文化の伝承・創造をテーマに、地域の郷土民謡をヒップポップ調にアレンジ。

      『 南中ソーラン 』的ダンス として、運動会を中心に
       全校が取り組む伝統行事として育てて行った。

       全盛時には、町内、近隣地域はもとより、
       広島市のフラワーフェスティバル等の大きな祭りへの参加や、
       スペシャルチームが県北等へ出向き、積極的に文化交流をしていた程である。
       ( しかしこれも、県から重点強化指定校の指定を受け、
         多大な予算をいただき、それをつぎ込むことが可能であったから、
         これだけ大掛かりなことができたのであり、
         指定校の期限が切れた現在、活動が大幅に制限され、
         ダンスの存続さえ困難な状況になって来ている )。

       ともあれ、

       各教科を有機的に繋ぎ、
       そのなかで、例えば何のために理科を学ぶか。 何のために社会を学ぶのか、等々、
       大切なことに気付かせてくれる『 総合学習 』
とは、

       取り組み方によっては、大変有意義なことで、
       素晴らしい学習だと、私はずっと感銘を受けて来た。

       単独教科を学ぶ時間に比して、教科の枠を超えた『 総合学習 』は、
       個々の子どもたちの、各教科に対して持つ、
       それぞれの好き嫌いや苦手意識を見直せたり、
       何か新しい発見や魅力を見出せたり、克服できるチャンスにもなれるし、
       何より子どもたちの「 総合力 」「 応用力 」を試され、
       培うことができるものとなれる。

      『 道徳 』 だって、この『 総合学習 』の時間で、
       じっくりとさりげなく、十分に様々な試みができると思う。


       、、、確かに、お忙しい毎日の先生方には、
       大変なご苦労を必要とするであろうことは、間違いないし、
       子どもたちも能動的に動かねば、得ることができるものは限られ、
       いつまでたってもヤらされている教師、ヤらされている生徒、な図式では、
       惨憺たる結果にはなるであろうけれど。


           あ~ぁ。

           これから、中学校では各学年とも週1コマ増え、
           英語が1番授業数が多くなり、「選択教科」は事実上廃止され、
           3年間の授業時間はともに現在の33%増、となるんですね。


           小中学校では、生活科とか総合学習とか、
           音楽、図工、家庭科、書道、体育(体育は今後強化される)に、
           もっともっと時間を割いて欲しいのに。

           うちの中学は、今でさえ、遠足なしの、クラスマッチ廃止の、
           合唱祭が文化祭のなかに組み込まされてて。


                    、、、なんだか、ますます楽しくなさそう(汗)。


霧

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


関連記事
スポンサーサイト



ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 総合学習 生きた総合学習 ゆとり教育 ゆとりの意味の履き違い 国語力

[ 2007/10/31 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(15)
私も総合はとってもいいと思っています。
私たちの時代には無かった総合の時間。



うちの子供たちは、色々と体験できて本当にうらやましい限りでした。



鮭をいくらから育てて川に返したり、近所のスーパーや、工場に職業体験に出かけたり、花を育てて、保育園に持って行ったり、保育園を尋ねていっておもちゃを作ったり・・・・・



広報委員として総合の授業にくっついていき、取材できたことはとっても楽しい思い出で、今の子どもはいいなぁ・・・としみじみ思ったものでした。



これはなくして欲しくないです。







ところで、りうりうさんのところの中学は、クラスマッチ廃止の合唱祭なんですかぁ・・・・・



やっぱり、金銀銅と賞があるから盛り上がるのにね・・・・。

なんだか残念ですね。
[ 2007/11/03 01:51 ] [ 編集 ]
Re:私も総合はとってもいいと思っています。(10/31)
rain27jpさん



 > うちの子供たちは、色々と体験できて本当にうらやましい限りでした。



その分、私たちは、日常を取り巻いていた自然や地域の大人たちから、

さまざまなことを学べていた、、、のかも知れませんが(汗)、

『総合学習』のような大掛かりで、多角的な狙いのもとに、じっくりと学べることは

ありませんでしたよね。

各先生方の力量、手腕は問われますが、すご~ぃ可能性を秘めたすご~く活きた授業になれる、

すご~ぃ試みだったのに、残念です。



 > 広報委員として総合の授業にくっついていき、

 > 取材できたことはとっても楽しい思い出で、今の子どもはいいなぁ・・・と

 > しみじみ思ったものでした。



rain27jpさんちのPTA保護者さんは、rain27jpさんたちを通して、

すご~ぃ授業を識ることができて倖せでしたね^^*☆



 > やっぱり、金銀銅と賞があるから盛り上がるのにね・・・・。

 > なんだか残念ですね。



あ、これは失礼致しました!

「クラスマッチ廃止」の「クラスマッチ」とは、

ソフトとかバスケットなどのスポーツクラスマッチです^^*☆

合唱は、各学年3位まで、そしてグランプリは決めるんですよ^^*☆

生徒会が主催するので、この表彰の形態は生徒会に任され、毎年盛り上がり方が違います☆

(段々小ぶりにおとなしくなって、残念です)。

[ 2007/11/03 07:19 ] [ 編集 ]
Re:本当に意味がなかったのか?>『 総合学習 』(10/31)
英語にそこまで力を入れなくてはいけないのか って思います。



総合学習は 子供を見ていて 必要なの?って思いました。

この枠は学校によって 教員によって差の出るものですよね。

うちの子供たちの学校でその時間が有効に使われていたとは思えませんでした。

とても残念。。。



お国はまたまた 履き違えているような気がします。

りうりうさんのおっしゃるとおり

『現在の社会体制を鑑みず、大学制度もそのままで、隔週5日制にした後、完全週5日制にもっていったこととか、円周率を「3」にしたこととか、

まるきり【ゆとり】の意味を履き違えた、勘違い施策が問題』

だと思います。



ウチのこの年齢も ゆとりの犠牲者です~~~

どうしてくれるのさっ!( ̄‥ ̄)=3 フン



[ 2007/11/03 10:35 ] [ 編集 ]
総合学習の実態を知りませんσ(^_^;
何をどうやっているのか、長女の頃には忙しくて(って、今以上に忙しかったのですわ^ ^;)学校見学に行かれなかったし発表会を見るのみだった私は、

総合学習って 何????な状態のままです(;^_^A

教科を超えての総合的な学習。

それは分かるんですけど、

・・・・・・・・・長くなりそうだから、日記にしよっと(;^_^A
[ 2007/11/03 11:39 ] [ 編集 ]
追伸
トラックバック、いただきますm(_ _)m
[ 2007/11/03 11:39 ] [ 編集 ]
英語。
ほんとにね>tiara_pittさん



 > 英語にそこまで力を入れなくてはいけないのか って思います。



早ければ早いほど、発音習得にはイイでしょうし、上手な先生のご指導だと、

苦労を苦労と思わずに習得して行けるだろう、と思っています。

が、そんなに素晴らしい英語の先生が、いきなりたくさんいらっしゃるハズはない、と思うし、



何よりも何よりも。



【 ここはニッポンぢゃ! 】と思っています。



正しく美しい日本語を習得できずして、何をもきちんと習得はできんでしょう、と思うです(雷)。



 > 総合学習は 子供を見ていて 必要なの?って思いました。

 > この枠は学校によって 教員によって差の出るものですよね。



あぅあぅ。

確かに先生方のご努力、力量、連携に、すご~~く左右される教科だと思うです。

学校ぐるみでどう取り組み、何処までバックアップできるか、も問われる教科だと。



 > お国はまたまた 履き違えているような気がします。



そう思っちゃいますよね。

いつもいつも、ほんとにもう、なんで、なんでしょう??

安倍内閣下での教育再生会議に対しては、「良く言ってくれた!」って思いましたが、

やっぱり中教審は中教審でしかない??



結局、教育再生会議の迷走ぶりに衿を正すことなく、

やっぱり現場、現実、身近な声を識らない、識ろうとしてないってこと、

なんぢゃないでしょうか??  ぷんぷん。

[ 2007/11/03 15:37 ] [ 編集 ]
Re:総合学習の実態を知りませんσ(^_^;(10/31)
それは>_AZ_さん

学校側や先生方が『その気』で保護者にアピールしてくれないと、

なかなか見えて来ないと思いますです。



私も、PTAで、各学校へ視察に行ったり、参観に行ったりできていたから、

翻って我が校は、、と誤魔化されずに見つめることができた訳で。

(PTAの役職に感謝ですね。

 その分、役員さんでない方々へお伝えしていく使命を感じてました)。



トラックバックを有難うございました^^*☆

お返ししたかったのに、_AZ_さんってば受け付けないようにしてらっしゃるんだもーん(悲)。

[ 2007/11/03 15:51 ] [ 編集 ]
ぇ?
「楽天ブログのみトラックバック受け付ける」にしてあるんですけど、できません????

なんでじゃ???
[ 2007/11/03 17:51 ] [ 編集 ]
Re:ぇ?(10/31)
あり?>_AZ_さん

今度はできるぅぅ。 ????



さっきはね、トラックバックのところがなくて、

トラックバックのアドレスも出てなかったです。

なんでかなぁ。。。



TB、今からお邪魔しまっす!!

[ 2007/11/03 17:56 ] [ 編集 ]
総合学習
社会も国語も理科も・・・表現することとか突き詰めることとか、悩むこと話し合うこと、(りうりうさんちの地域学習のように)各学校での子どもたちの育ちに沿った課題を取りあげることに費やす時間の余裕のないカリキュラムだとしたら、それを認めてくれる総合学習という時間が担保されているのはとてもありがたいと思います。もちろん、そういう需要を満たすだけの先生方の努力と創意工夫が必要ですけれど。



逆に、国語も社会も算数も理科も・・・どんな授業でも、総合学習的な内容や、教科間での連携させることはできる、そういう「弾力性」のあるカリキュラムがあって、先生方の知力体力創造力があるのなら、それでもいいかな、って思うわけです。



たんに授業のコマ数を増減させるとか、そういう問題じゃない!

[ 2007/11/04 08:48 ] [ 編集 ]
Re:総合学習(10/31)
そうですね^^*☆>あそびすとさん

要は、各教科に弾力性をもって、深い豊かな授業が毎回なされてれば、

小学校の総合教育、総合的な教育がたとえなくなっても、私に文句はありません。

その分、『生活科』をすご~~~く充実させて欲しい、と願うけれど。



でも【中学は違う】。

教科によって担任が違いますから、各教科をまたがるような授業はなかなかできませんし、

先生にも生徒たちにも柔軟性がなくなって来ています。



「総合的な学習」によって、子どもたちに各分野の有機的な繋がりを感じ、

各教科に対する、新しい観方、新しい発見をして欲しい。

その喜び、達成感を味わって欲しい。



私はPTAを通じ、先生方が山のような書類に埋もれ、

【バラバラ】に分断されてるのをイヤという程、観て来ました。

教科をまたがり、1年をかけて大きな授業を成し遂げるための、先生方の協力、ご努力、

学校や保護者のバックアップ体制は、今、とても大事なのではないか、と考えています。



 > 逆に、国語も社会も算数も理科も・・・どんな授業でも、総合学習的な内容や、教科間での連携させることはできる、そういう「弾力性」のあるカリキュラムがあって、先生方の知力体力創造力があるのなら、



子どもたちの無限に広がる可能性を見据えて、先生方がご自身の知力体力創造力を

十二分に発揮でき、それに応えられる子どもたち、学校、保護者でありたい、と願うのです。

そういう「ゆとり」が欲しいのです。

[ 2007/11/04 09:21 ] [ 編集 ]
ふにふに。。さん、トラックバックを有難うございました。
ふにふに。。さんのトラックバックへのお返事を、以下に転載しておきます。



*****以下転載



ふにふに。。さん、トラックバックを有難うございます。



 > 総合学習はね、

 > 現場はつらかったです。

 > きつかったです。

 > 力量の差、やる気の差、

 > で片付けられると本当はとても悲しいです。

 > だって、

 > やっと、今、

 > それぞれの学校に根付いてきたのです。

 > 本来、勤務校区を地元としない先生たちが、

 > 校区を巡ってタネを見つけ、

 > やってみては失敗し、

 > 修正し、「この学校で学ぶ総合学習」を、

 > 10年かけて、やっと、育ててきたのです。



おっしゃる通りだと思います。 胸が痛いです。



私は 書類の山に埋もれて、総合学習に限らず、日々、のたうつ先生方を身近に観て来ました。



学校に、そして学校は教諭に。

丸投げして来た、この総合学習は、先生方の手腕、ご努力、力量の問われる、

本当にキツい、厳しい、面倒なものであったと思います。



でも、「いまどき」だからこそ、私は必要である、と感じて来ました。



子どもたちの日常がどんなものから成り立っており、

どんなものたちがどのようなそれぞれの歴史を経てそこに組み込まれ、そこに在り、

子どもたち自身もまたそこに存在しているのか。

自分たちが今学んでいることが、やがてどう役立つのか。

だから、自分たちの在りようがどうあらねばならない、と思うか。 そしてそれは何故か。



教科書からではない、子どもたち自身の目と耳と手足で調べ、観聴きし、

自分たちで見つけて識り、学んでいく。



(2007年11月05日 01時29分10秒)

[ 2007/11/05 01:38 ] [ 編集 ]
続きです。
そんなようなものにするために、先生方が頑張り、それを学校がサポートし、

保護者も蔭に日なたにバックアップする、バックアップしないではいられない。

そんなような総合学習であって欲しい、と。



子どもたちの無限に広がる可能性。

それに子どもたち自身が気付けるように。



1年を通じて教科を越え、場合によっては学年をも越え、

先生方がより良き方向、方法を目指して喧々諤々の議論をしながら、手に手を携え、

創意工夫の限りを尽くして全力投球できるような、

そんな環境を、学校と先生と子どもたちと保護者と、できれば地域と。

皆でつくって行くのだ、と。



そう思っていたかったですよ。

そのための「ゆとり」が欲しかったです。

そのための「ゆとり教育」であって欲しかったです。



 > 間違っても、

 > この10年に義務教育をすごした子どもたちの時間が

 > 無駄だった、なんていってほしくない。



ほんとにね。(悲)

今回の中教審の言い草で、

「ゆとり教育世代」の先生方と子どもたちは、ボロボロです(怒)。

(2007年11月05日 01時34分52秒)



[ 2007/11/05 01:39 ] [ 編集 ]
こちらこそありがとうございました
りうりう*さん



なおかつ、コメントを転載していただき、

それゆえに、もっと多くの方に読んでいただけるなんて、

いつもながら、りうりうさんの丁寧さ、律儀さに頭が下がります。

本当に、うれしいです。





[ 2007/11/06 21:50 ] [ 編集 ]
Re:こちらこそありがとうございました(10/31)
ぅわ☆>ふにふに。。さん

ご丁寧に有難うございます(//▽//)☆



お忙しく、また厳しい日々でいらっしゃいますが、

生徒さんたちの目の輝きが、ふにふに。。さんを支えて下さってますね☆

んでもそれは、ふにふに。。さんのこころをそのまま映し、

そのまま応えてくれている子どもたちの姿なのだと思いますです。



子どもたちと支え、支えられ、どうぞどうぞ、にっこりとふぁいとです~~☆

[ 2007/11/07 03:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する