今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネジバナ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!






        我が家に自生してくれて以来、
        1度も刈りこんでいない、ぼうぼうの芝のなかに、

        やっぱり 何処からか飛んできてくれた 大好きな ネジバナ。 ちびハート


        嬉しいことに、毎年、1本ずつ 増えてくれているのだが、
        いつ いなくなってしまうか と 気が気でない私。 


        ネジ花は 大変な気難し屋さんだと聴くので、
        ヘタに触ると きっと 見限られてしまうから、
        生い茂る芝も刈れず、ただ おろおろと 見守り、
        また翌年まで 待ち侘びるしかない訳で。


        今年も、やきもきするなか、やっとこさ、顔を出してくれる。
        \(^o^)/☆\(^o^)/☆\(^o^)/☆



待ちに待ったネジ花\(^o^)/☆
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!  posted by (C)りうりう

こうして、変わらぬ1年がヤって来てくれたことに
こころからの感謝と 申し訳なさ を覚えながら。




        
          * ネジバナの別名 = モジズリ。
             福島県信夫郡名産の「 信夫綟摺 」から。
             羊歯の葉や蔓が捩れて絡まったような紋様
              = 乱れ模様に染められたの摺り衣。

            『 陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに
                  乱れそめにし 我ならなくに 』 古今集

           白のネジバナは希少。
           緑花であるアオモジズリとなると、滅多に観ることは叶わない。




ネジ花☆
ネジ花☆ posted by (C)りうりう


わー

だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


スポンサーサイト

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : 草花

タグ : 庭の花 ネジバナ ネジ花 モジズリ アオモジズリ 信夫綟摺

[ 2011/06/30 22:08 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(0)

認定証。




    日本学生支援機構から 上の少年宛に 大きな茶封筒が届く。


    開封してみると、超 まばゆぃ、
    まばゆぃ 奨学金免除の 『 認定証 』 だった! 


認定証
認定証 posted by (C)りうりう



    お貧乏な我が家としては、伏し拝みたい程、
    誠に誠に有難い認定証で、夫とふたり、口元が緩んで止まらない。


    親バカなふたりは、考えることが同じで、
    即、ホームセンターへ額を買いに走り、

    ぷちぷちシートと 段ボールで 厳重に厳重に守り包んで、
    雑多な食糧その他とともに、上の少年のアパートへ送る。

    輝ける 彼の勲章であるのだから、大切にして欲しい、と願い。

    そして、奨学金を受けられたからこそ、
    望む大学へ進学できた恩を忘れず、
    晴れて独り立ちでき、余裕ができる日が来たならば、
    そのときこそ 後続の青少年のため
    日本学生支援機構に 恩返しをして欲しいと願う。





希

、、、梱包しながら。
なんとなく。

なんとなくだけれど。
この きらきらの認定証の到着が、
教育実習で帰省していた下の少年と入れ違いであってくれて、
下の少年が目にしないで、 良かった、と こころから思う。 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : 学校・教育
テーマ : ★大学生活★

タグ : 奨学金 奨学金免除 認定証 ありがとう 第一種奨学金

蛍。






    今年は、各地で豪雨となり、
    あちらこちらでの幼虫が流されてしまったか、
    全国的に の数が少ない、と聞いた。


    毎年、梅雨入り直前! といった感じの 独特のもゎっとした空気で
    が舞い始める時期が判るのであるが
    今年は その もゎゎっとした空気がヤって来ても、
    一向に、この地にの気配がない。 なみだ

    昨年の 集中豪雨 で決壊したため、
    の川にも 河岸工事が行われた影響も受けたのか、
    駅まで自転車通勤をしている夫に尋ねても
    「 まだ 一匹しか見かけない 」 と 淋しそう。 しょんぼり


    そのまま、例年ならば の最盛期を過ぎ、
    蛍がいなくなる頃も過ぎていく。



          私をこの地に繋げてくれた、満点の星と蛍。
 
          なのに、今年。
          大きな震災が起こり、あれこれと思うことあり。

          そんななかで、とうとう この地の蛍に
          一匹も逢えないで 終わってしまうことを
          贅沢な悲しみだとも 感じながら、
          それでも とても 淋しくて 悲しいことだと思えてならなかった。



しょんぼり しょんぼり



    27日 夜。


    そろそろ 夫の帰宅時間だと、夫の夕食を食卓へ並べていたら、

      「 来て来てっ! 出て来てごらん!! 」

    玄関から 夫の弾んだ声。

      「 え? ホタル?? ホタルでしょっ?? 」

      「 いいから、早く来てごらんって!
        あ、玄関の明かりは着けないで! 」

    そんなの、絶対、ホタルに違いないぢゃんんん~









    弾むこころで、開けた玄関の先。
    紫丁花の枝に、かなり弱々しい光となった蛍が一匹。 だぶる



    ここ何年か、必ずといっていいほど、蛍が終わる頃に
    我が家の庭先へ まるで 挨拶してくれているかのように、
    数匹が 遊びに来てくれていたのだったが、

    今年、夫でさえ 一匹しか目にできず、
    その一匹の他には、この地の何処にもいないように思えた蛍が、
    今年もまた、我が家まで来てくれた!! などと

    ちょっとカンドーする。



        、、んでも、 まさか、
        弱ってる蛍を 君が連れて来たんぢゃないよね?
        そう聞くと、夫は 慌ててぶんぶん、横に首を振る。

        ほんとに 帰ってきたら、ここで光ってたらしい。



                   。。やっぱり、この蛍は
                      私に逢いに来てくれたんだね、とか、
                      もしかしたら、父 だったかもね、とか
                      おバカなことを考えつつ。

                      蛍に 手を合わせてたりして。




希

だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ジャンル : ライフ
テーマ : 小さな幸せ

タグ : ありがとう

[ 2011/06/27 23:26 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(1)

仁くん、受験へ。





    2週間の教育実習のため、帰省していた少年 から、
    進学先を、目指していた 国立 『 奈良先端科学技術大学院大学 』 をヤめ、
    現在通う 県立大学の大学院へ進むことにした、と。 ショック



    少年曰く、オープンキャンパスで一目惚れした、
    奈良の大学は素晴らしいけれど、教員になる気持ちも捨て切れず。
    ここに入学したら、教員採用試験への準備と とても両立しそうにない。

    加えて、現在の研究室の先生や仲間たちが
    とても良いひとたちで、居心地が良いこと。

    また、バイト先である 県立総合リハビリテーション施設での
    仲間たちが素晴らしいこと。
    そこで出逢い、もう半年サポートしている、
    障碍を持つ子どもたちが とても いとおしく、
    出来れば、もう暫くサポートし続けたいと思うこと。

    正直、これまで 子どもたちや 障碍を持つひとたちを
    苦手だった自分から変われたことを嬉しいと感じていること。
    将来、福祉や介助方面へ進むのもありだ、と思えて来ており、
    まずは、2年後の教員採用試験を受験したい。

    奈良へ行けば、これら全てと別れ、
    また いちから 生活環境、友人関係を整えて行かねばならないこと。
    迷っていたら、先生から学内推薦の話を貰ったのもあり、
    奈良をヤめ、このまま、ここの院へ進学しようと思う、と。


    そして、
       あれこれ悩んだけれど、先生からの学内推薦を胸に、
       7月3日の県立大の院を受験することにした。
       奈良を受けると言ったり、県立大にする、と言ったり、
       勝手をしてごめん。
       でも、お蔭で じっくり考えられた。
       今まで、好きにさせてくれて 有難う。
       あと2年、お金も掛かるけど、よろしくお願いします。 と。



    





      、、ふ、ふーん。 ( ぐらぐらぐら )

          内心は、ついこの間まで、唯我独尊、究極の赤ちゃん少年からの
          「 子どもが苦手だったけど、、」な下りで、 もぉ ぅるぅる。


      そ、それにしても、
      自分が 何のために 院へ行きたいのか、自分でちゃんと判ってる?

      そいでもって、自分たちは、
      たまたま震災の被害から 免れて今が在る、という自覚は?

      あくまでも、学究のため、
      君の将来を 最大限活かす道だと言える?

      でなければ 私は認められない。

      んだから、進学先理由も
      結局は 今の状態が心地いいから このまま県立の院へ、
      なんていう 生ぬるい理由は、私的に 大却下だなぁ。 



     。。。こころ震わせながら、
     言わなくちゃならないことは 言えたつもり。


     ぐっと黙って 背を向ける少年の、

         それでも。
         んだからこそ。
         ( 自覚と責任持って )頑張って 院へ行く! と

     安易な気持ちぢゃなかろうね? という
     母の釘刺し を ぶっ飛ばしてくれるような、
     そんな 君の決意 を 改めて聞きたいよ。  ふぁいとっ




励

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : 学校・教育
テーマ : ★大学生活★

タグ : 大学院進学 教員採用試験 奈良先端技術大学院大学 学内推薦

痛たたたたたっ (──┬──__──┬──)



      教育実習のために帰省し、2週間滞在した下の少年。
      連日、彼が放課後 バスケ部に顔を出すのもあって、山のやうな洗濯物。


      そのなかから 彼と夫のワイシャツだけ引っ張り出し、
      衿と袖口を固形石鹸で洗った後、ネットに入れ、
      籠の中身と一緒に、そのまま 洗濯機を回す。


      教育実習最終日を無事に終えた翌日。

      山のやうな洗濯も、そろそろ終わりだと 感慨にふけりつつ、
      いつものやうに脱水後、乾燥機にかけるものと、そうでないものとを
      洗濯皺を伸ばしながら 仕分けしていく。

      と、洗濯機の底に とんでもないものを見つけ、
      思わず、ぎゃー!!! と 叫ぶ。  だー


しょんぼり 汗






      現れ出でたのは、そこに絶対あってはならないハズの


      夫の腕時計!  ショック ショック ショック


       なんでなのなんでなのなんでなのぉぉおおお~~ ショック ショック ショック


       とても信じ難く、おそるおそる取り出して 左の手のひらに載せると
       文字盤のなかに少々汗をかいており、
       それでも動いていた秒針が、ゆっくりゆっくり、、、そして止まる。 しょんぼり

       はぅぅぅ。  まるで あたかも ご臨終。 なみだ


       この時計は、結納代わりに 夫と交換した SEIKO DOLCE。 
       裏に夫の愛称が掘ってある。

       10数年前に1度 分解掃除に出したきりであるが、
       故障知らずで、今も 夫が大切に愛用している品。

       教育実習に 自分の腕時計 を忘れて来た 言語道断な少年に、
       「 大事にするなら、貸してやろう 」 と 夫が助け舟を出したのだったが、
       恩を仇で返す、とは このことではなかろーか。 


       、、、って、よくよく考えれば、洗濯前に、
       きちんと洗濯物をチェックしなかった私のミスでもあるのだが。 しょんぼり


       このまま 壊れてしまっては、どんなに夫が残念がることか、と
       隣街の大型スーパー内に 時計屋さんがあることを調べ、
       10時になるのを待って、車を走らせる。


       
       で、予想通り、天下のSEIKOといへども、
       26年を経過した腕時計の部品は ない場合が多く、
       修理できない場合もあり、その場合でも分解代金が必要であること。
       修理後の保険は効かないこと。

       修理金額は、最低 3万円
       文字盤まで直すことになれば、 プラス 3万円
       合計 6万円の覚悟 が 要るそうである――。
     


                   …… 新しいのが買えちゃうぢゃんんんん(──┬──__──┬──)。




慌

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
                 

ジャンル : ライフ
テーマ : 日々のできごと

タグ : 腕時計 SEIKO セイコー ドルチェ 時計修理

今年も 南天☆




110616今年も南天!
110616今年も南天! posted by (C)りうりう






      6月16日。 小雨。


      初めての授業 を行う 下の少年を 少年のLapinに乗せ、
      ドキドキで 駅まで送って帰宅。


      南天に 蕾が付き始めたのには 車のなかから気付いていても、
      4月末より不調で、外気に触れられず、
      車内からガラス越しに観るだけで、近寄れず、
      昨日まで、気にかけつつも そそくさと家のなかへ入っていた。


      小雨の朝の薄暗いなか 仄白く、ふくらんで 私を誘う。


      雨だと、黄砂や花粉、紫外線さへも 少し楽で、 呼吸ができる。

      なので、久々にカメラを手にし、
      重装備ながらも るんたった で 蕾のもとへ。





110616今年も南天!2
110616今年も南天!2 posted by (C)りうりう



お庭に自生してくれて 3年目。

放ったらかしの炎の指の私の庭で。

自転車が吹っ飛ぶほどの強風にも負けず。

しなやかに 大きく育ってくれていることに、カンドーと感謝を。



ペンにょきにょき

だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : 写真
テーマ : 季節の花たち

タグ : 庭の花 南天 自生 南天の花

[ 2011/06/22 11:16 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(0)

スタークロッシェ編み。





    昨夏より 編み物の神さまが ご降臨中の ポテ姐さん

    神さまが 普段より、長期間に渡って 姐さんにご滞在のため、
    次々に 見事な作品がブログに掲載されていくのを
    憧れ吐息で 拝見していたところ

    ついには、私も初耳な  スタークロッシェ編み  に出逢われ、
    それは素敵なバッグが 次々と。  ちびハート


スタークロッシェで編むこもの

スタークロッシェで編むこもの

(2010/10/01)
ほし みつき + 今村 曜子

商品詳細を見る
   


    ぃゃ~~ん。  はーと
おりう

    昨夏、神が姐さんにご降臨されてすぐの頃、
    まいど猫をいただき、『 おりう 』 と 命名

    職場の皆をも まき込んで
    とても可愛がっているのだけれど、
    この スタークロッシェ編みの
    ちっちゃなバッグって、
    『 おりう 』 の おうちに
    ぴっっっっったりっ  (゚゜)\バキ☆


    おねだりしたくて たまらなくなったのだったが、
    神の長期ご滞在により、
    問題人犇めく職場のなかで、懸命にお仕事される傍ら、
    根を詰めまくりの 怒涛の編み物生活で、頭痛肩こりは勿論のこと、
    腱鞘炎やら 果ては 『 変形性頚椎症 』 を発症され、痛々しい限り。


    神さまのせいなのか、ご本人の業なのか。

    それでもヤめられない 編み編み状態でいらっしゃる姐さんに
    スタークロッシェバッグをリクエストするのも ためらわれ、
    整形外科へ通院される姐さんのご快癒を ただただ祈るばかりであったのだが。



   



    
    下の少年の教育実習で、あれこれドタバタ 気の滅入る日々のなか、
    ポストのなかに 茶封筒が。



ポテ姐さんバッグ
ポテ姐さんバッグ posted by (C)りうりう





    きゃ~~~~

    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! だぶる

桜の裏地☆
    バッグが2つも。
    しかも 1つは
    まさに おりう用のような ミニサイズ。
    これは 編み物BOOKの
    表紙を飾ってるバッグですね??

    それに、これからの紫外線対策に、
    私にとってはほんとに嬉しい、
    肌触りがイイ感じの綿のストールまで 

    黒のバッグには、手間が掛かるのに、
    裏地まで張ってあって、 それも 桜っ。 ちびハート





    心身ぼろぼろな少年に 輪をかけたぼろぼろ状態だったけれど、
    一気にテンションがあがり、なんだか 元気が出て来ちゃう。

    少年の教育実習も中日を迎えようとしており、
    も少し、も少し、頑張って 少年を支えよう!! と 思えたのでした。




            姐さんてば、頸椎まで傷めていらっしゃるのに。。。なみだ

            大切に使わせていただきますですっ。
            ほんとにほんとに ありがとございました  > ポテ姐さま だぶる
 


 
ペン感謝

だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




ジャンル : 趣味・実用
テーマ : 編み物

タグ : ありがとう スタークロッシェ編み 編み物 ハンドメイド 手作りバッグ

[ 2011/06/21 09:25 ] ありがとう(//▽//)☆ | TB(1) | CM(2)

続 ・ 『 憂鬱な2週間 』



   下の少年を含め6名が教育実習に入った初日 朝1番に、
   教育実習生たちの責任者となられた 某教務主任な御方から
   「 憂鬱な2週間がヤって来た 」 と宣われた少年たち。

   その後の職員会議や全校朝礼などで、
   教職員や生徒たちに、一切紹介されず、
   まるで、教育実習など行われてないかのやう。


   その後、実習生たちは、直接の指導担当となられた先生たちに
   受け入れられ、それぞれの先生が担任をされてるクラスルームで、
   生徒たちに紹介されたようであるが、
   うちの下の少年は、それさへもなく、淋しい想いをした2週間。


   某教務主任の御方から、最終日に 実習生たちに向けて
   何か、訓示めいたものをいただいたか、と尋ねてみる。



   私としては、こころの何処かで、
   あの 某教務主任の御方の 暴力的なまでの言の葉を
   単なる【 暴言 】と とらえたくなかったし、
   2週間、それぞれに頑張った実習生たちを、
   どんな言の葉で送り出してくれるのか、
   それが とても気になったから、である。



   少年の答えは、意外なものであった。



ショックショック




     「 あ、あの先生ね、登校拒否なんだって。
       今週、ずっと休みぢゃったし 」


      はぃぃ??? !!( ̄▽ ̄ノ)ノ


      そ、それで、君たちは?


     「 最終日だからといって、誰からも何もなし。
       ぢゃけん、放課後、
       皆、てんでに担当の先生やらに挨拶に行って終わり。

       それぢゃ淋しいけん、夜に実習生だけで打ち上げしたけど 」



      がーん がーん がーん ( ̄□ ̄;)!!

      なんちゅう、お粗末な。

      大切な子どもたちを教え導く「 先生 」を目指す、
      それぞれに志を持っているであろう卵たちを
      公的に受け入れ、育み、そして送り出そうとしない母校。

      最初から最後まで そんな扱いで ええのん???


      で、なんで、教務主任は登校拒否なん?
      君らが居て、憂鬱だから?


      「 違うみたいよ 」


      少年が 音楽準備室 で聞いた情報によれば、
      その教務主任な御方が なんだかヘマをヤらかして、
      彼が公私ともにリスペクトして憚らない 【 学校長 】 に
      他の教員たちの前で こっぴどく叱られたそうで、
      以来、欠勤が続いているのだとか。


        ―― なんぢゃ、それ。 ショック

                 子どもか   ヽ(`Д´)ノ


      無責任にも程がある!! なんて、
      最初は 怒り心頭だったのだけれど。

      段々に この御方は こころを病んでおられたのでは、、、
      などと じゎじゎ 思えて来る。



          少年は、といへば、
          最後に、大好きだった敬愛する先生へ挨拶に行くと

           「 正直いって、教師への道は勧めない。
             今の高校の在り方に 少しでも疑問を持ったら
             ヤっていけんぞ。
             僕は まだ 『 講師 』 だから助かってるけれど 」

          疲れ切った表情で言われたとのこと。


          この先生は 「 研究者 」 でいたかった御方で、
          何度も大学院へ戻っては、研究を続けておられるため、
          高校では 「 講師 」 であり、
          担任を持っておられない。

         「 講師 」 で在り続けよう、とされているから、
         「 出世 」 やら 「 組合 」 やらにも無縁であり、
          不安定な収入、孤独感と引き換えに、
          生徒たちに向き合う自分の こころ、ポリシーを
          曲げないですんでおられる、と いうことで。

          この切ない餞の言の葉に、少年、動揺しまくり。





大雨

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 進路 教師であるということ 教育実習 実習生 実習最終日

校内における個人情報。





    下の少年の教育実習中。

    毎日通うクラスの、 果たして担当となったのかどうか、
    立ち位置をどうしていいか、さっぱり判らない状態ながら、
    運動会 には このクラスで出場したのだし、

    とにもかくにも、最終日までに生徒の名前と顔を覚えよう。
    できれば、授業を受け持つ3クラス分も、
    ひとりでも多く、しっかり名前と顔を覚えよう。


    少年なりに、そう目標を立て、努力しようとしたのだったが。


    【 個人情報漏洩防止 】 とかで、
    クラス名簿も席表も見せて貰えない。

    毎日 HRに行くクラスの名簿でさえ そうなのだから、
    授業クラスなど、授業の出席を取るだけのための
    出席簿をその時間だけ持たされる。 席表は存在しない。

    当然、出席簿の持ち出し禁止、
    複写、ノート等への書き写し禁止。

    高校生は 名札をつけないし、
    実習中の2週間では、余程接触があったか、
    インパクトがあったか、の生徒しか覚えられないよね。


         教育実習終了後に貰った、せっかくの寄せ書き色紙

         ひとりひとり、色とりどりに
         少年へ メッセージを綴ってくれていたけれど。

         いったい 少年は、何名の生徒さんの
         笑顔を思い浮かべることができたろう。。。なみだ




雨

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習生 個人情報 出席簿 席表 座席表 寄せ書き

実習生助手 最終日。




   下の少年本人にとっては 勿論であろうが
   母である私にとっても、想像以上に厳しく辛かった 少年の教育実習。


   少年の前日に先発した 同級生の実験授業の失敗に
   しっかり学ばせて貰って、ここまでヤるの? 的に
   細部に渡って 準備を整えた 少年の実験授業 は
   進行から実験結果まで 理想的な展開ができ、愁眉をひらく。


   それもこれも、先発した同級生のお蔭であり、
   2人でゲットした成功 なんだ と、
   感謝を忘れない少年に 嬉しい想いをさせて貰う。


   バスケ部の生徒たちや、何故か 女子生徒たちからも、
   ぽつぽつと あれこれ相談されたりもし始め、
   生徒たちが可愛くて、しっかり情も湧いており、

    「 ヤバぃ、俺、最終日には きっと泣く! 」

   などと言っていたのだったが。


    




   最終日に、他の実習生たちは、
   それぞれに担当となったクラスから HRで花束を貰ったり、
   寄せ書きを貰ったり、記念品を貰ったり で
   大過なく実習を終えた達成感だったり、思わず涙ぐんだり。

   カンドーの締めくくりの時間を設けて貰って 盛り上がってるなか、
   うちの少年は、結局、最後までクラスに紹介もされず、
   担当かどうかも判らない、単なる見学者扱いであったため、
   少年のクラスの生徒さんたちの殆どが、
   この日が 実習最終日であることを知らなかったそうで、
   当然、少年には、何も。。。。なし。


   ほんとに 悲しく、淋しい想いを味わったのだろうけれど、
   この日の放課後のバスケ部で、
   少年が通ったクラスの子が 立ち上がってくれたらしく、
   後日、クラス全員の寄せ書きを貰うのである。




下の少年の宝物
下の少年の宝物 posted by (C)りうりう





良かったね!! 良かったね!!!

実験授業のときの 白衣の君。

ほんとに よく似てる。 にっこり

試験管のなかの、あれは、きっと牛レバー。




。。。これを貰った君は、きっと 泣いただろう。

内緒だけれど、私も、だよ。





泣


だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習生 実習最終日 寄せ書き 宝物

実習生助手 10日目。 ( 実験編 )

    




    午後8時。

    ぃょぃょ翌日に 実験授業を控えた少年から電話が掛かり、

    「 悪い。
      こっちで買い物が出来んかったから
      牛レバー200g、買っといてくれん? 」

    げ、もう8時を回りましたぜ。  汗

    車で出れば、閉店9時のスーパーに間に合うけれど、
    牛レバーなんて、新鮮さが いのち。
    大抵、午前中には売り切れるものだけど。 


    その他、ビニールテープ5色分とか、
    A4色画用紙 同色3枚を5組とか、
    割箸100膳分、とか、アルミカップ100枚とか、
    お線香100本、線香立て、少なくとも5個とか。。。。

    大量にリクエストされて 超 慌てたけど、
    あちらこちらの引き出しをかき回したら、
    全部、家に揃ってたところが怖い。

    生まれて初めて、断捨離できないストック魔の自分を褒めてやる。 


    授業で実験! な場合、
    こうして先生が予め揃えなくちゃならないことを、
    文系の私は 初めて実感する。

    なんだか、PTA時代の行事前な雰囲気を懐かしみつつ、
    それにしても 牛レバーを何に使うんだ???


    閉店間際のスーパーへ、牛レバーが売れ残っていることを
    こころの底から念じつつ、車を走らせる。

    したらば、レバー売り場に たった1パック、
    売れ残っているのを発見!! 

    飛びついて カートに入れ、
    それから じっくり眺めると、国産牛の高級レバーで、
    ぴったり かっきり 100g。 たらり


    少年に言われたのは 200g。
    う"~ん。。。。どうしたらいいんだ。 ショック



    。。。とりあえずレジに走り、 次いで隣街のスーパーへ走る。



    そこで閉店には間に合ったものの、牛レバーは売り切れ。しょんぼり

    無いよりはいいかも、と 鶏レバーをゲット。
    なんの実験かわかんないけど、
    牛と鶏とのデータ違いを比較しても面白いんぢゃない?



    





    帰宅した少年は、食事も 牛レバーゲットに走り回った
    私への御礼(笑)も そこそこに、
    すぐさま 実験のための下準備に入る。

    なんでも、本日 一足先に実験したもうひとりの実習生の
    授業時間内に実験が終了せず、準備不足で手際が悪いと、
    2人の先生方から かなり絞られたらしい。

    その失敗の大半が、生徒にレバーを配りきるまでに
    多大な時間を浪費してしまっていたから、とかで、
    見学してた少年は、まさに明日は我が身 と蒼くなり、
    同じ轍を踏むまいと、明日の授業開始と同時に
    実験を始められるよう、完璧な準備をしたい由。

    牛レバーは、酵素の実験に用いるもので、鶏は却下。
    100gでも なんとかなりそうだ、と。 ゃれゃれ。


    帰りの電車を待つ間、100均ショップへ行き、
    少しでも 実験開始までの段取りを縮めるために、
    生徒たちに さっさとレバーを渡せるように、
    蓋付きの大きめの製氷皿や各種識別ラベルを購入した少年。

    一緒に 製氷皿たちを洗い、
    実験グループ別にラベルで数字を打ち、
    実験グループ分×2 のアルミカップを敷き詰め、
    ビニールテープを試験管に貼りつけていけるよう
    7cm単位に切って行き。。。。

    牛レバーは、もう自宅で7mm×2mm位に小さく、
    しかも薄~くスライスして
    生のものと、墨になるまでレンジで加熱したものとを
    製氷皿にぎゅうぎゅうに敷き詰めたアルミホイルに、
    別々にセットして 持って行く、という少年。

    自分で生レバーを小さく薄くスライスしようとするのを
    傍で観ていたが、これが 目も当てられない不器用さ。

    100gしかないので、失敗してる猶予もなく、

      「 今回は、おかあさんが切ってあげる。
        次回、自分でヤらなきゃならなくなったら、
        切る前に、レバーを冷凍しておいて、
        解凍しかけてるものを切れば、
        きっと楽に、上手にスライスできると思うよ? 」

    そう言いながらスライスしていくと、
    少年は 素直に、「 をを! 」 と
    感嘆の視線を私に送ってくる。
             えへ。 ちょっと嬉しい。



      




    そんなこんなで、大荷物となった少年。
    またまた殆ど徹夜で迎えた朝は、折悪しくも雨。 しょんぼり


    過保護な私は 少年を車で高校まで送ることにしたのだけれど、
    良かれと思った その行動は、
    時間帯と雨模様のために、超ラッシュにハマり。 しょんぼり


    生徒たちより30分早い、先生方の出勤刻限に、
    ぎりぎり間に合うか間に合わないか、微妙になる。

    遅刻させないよう、焦って車を出した
    少年の高校時代を嫌でも思い出す。
    まさか、卒業後に、同じ想いで同じ道を辿ることになるとは。

    後ろに座っていた少年も 荷物に囲まれながら、
    「 これなら電車で行った方が確実だった 」などと
    ぶつぶついらいらしていたものの、
    そのうち、ぐっすり眠ってしまい。


         5分でも10分でも、
         彼を休ませることができただけでも良かったと
         思うことにして、BGMを最小に絞り、
         少年の高校へ。


    校門の少し手前で車を停める。
    そこへ 自転車で突っ込んできた、
    少年同様、いかにも実習生な感じの男の子。

    フレッシュさいっぱぃで、
    オーラに とてもイイ空気を纏わせており、
    うちの少年の どよよんな空気との余りの違いに、
    思わず、私まで どよよん。


    ぃゃぃゃ。

    ここまで 準備万端整えたのだから。
    今日の授業はきっと成功するっ。

    ふぁぃと、ふぁぃと!! > 少年 ( と 私 )






励


だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習生 実験 実験実習 実験準備

実習生、初授業。




    少年の授業初日は、教壇に立っただけで頭が真っ白になり、
    くらくらぐらぐらしてしまった由にて、

    授業後に、特段、先生からは叱られなかったようであるが、
    何も覚えとらん、、、と 自責の念で、ヘコみまくって帰宅してくる。


    本人ともども 心配していた【 板書 】は、
    少年が 最初の一行を黒板に記したとき、
    その芸術的なまでの字の汚さに 教室中が どよめいた、らしい(爆)。

    やっぱり、とか、これまで 字を書くことを疎かにして来た自分への後悔とかで、
    カーっと頭に血がのぼり、頬が熱く、頭痛まで覚え、足元がふゎふゎし、
    最後まで そのままで チャイムが鳴り、授業を終えた途端。

    生徒たちが どどど と 黒板の前まで来て、
    懸命に 少年の字を解読しては、ノートに書き込んで行くのを
    茫然と突っ立って見てた、、、のだ と。 


    爆笑する訳にいかず、絶句したままでいる訳にもいかず、
    と、、とにかくポジティヴな声を掛けてヤろうではないか! > ぢぶん



         ま、その、とりあえず、
          あの重箱隅な  先生に叱られなかったのは僥倖だったんぢゃないの?
         突っ込まれるような失敗はなかった、ってことで。

         んでもって、
         授業時間が終わったのに、次の授業の準備もあるのに、
         生徒たちが わざわざ 黒板の前までノートを持って来て
         書き写してくれたなんて、良かったぢゃん。

         読みにくい実習生の板書内容を
         わざわざ書き写そうと思わせるほど、君の授業内容が良かったか、
         板書の中身がポイントを捉えていた、ということなんぢゃない?


    そういうと かろうじて 少年が ニヤリ、とする。
    私も ほっ と する。
 
  
         ほらほら、先生からお叱りを受けた訳ぢゃないし、
         明日は 今日と同じ授業内容なんだから、
         今日よりは 絶対、イイ授業になるのは間違いないし。
         良かったね!!
         とりあえず、今日は眠って、明日に備えよう?


         「 ぃゃ、明後日からは実験ぢゃけん、 それに備えんとね!! 」


    ふむ。 前向きに 浮上したなら良かった、、、と思ってたら、
    続けて 意外な話を聞かせてくれる。


  




    何が何だかわからないうちに終わってしまった自分の最初の授業に
    ヘコみきって、とぼとぼ廊下を歩いていたら、
    すれ違いざまに 音楽の先生が、「 をぅ! 仁。 生きとるか?? 」
    と 声を掛けて来て下さり、反射的に
     「 ぃゃ、マジ、ヤバいっす 」 と答えたところ、

     「 しょうがないなぁ、、顔色も悪いし。
       。。ちょっと 弁当持って一緒に来い! 」

    そうおっしゃられて、音楽準備室に連れてって下さったのだと。


    かつて、芸術で何を選択するか迷い、相談して来た少年に 音楽を勧めたのは私。

    結果、3年間、この先生にお世話になった。

    課題が厳しい美術や書道に比べ、楽だけれど、
    ギターやコールユーブンゲンのテストが、皆の前でひとりずつ、なのが
    嫌で嫌で、少年は、随分愚痴ってたものだった。
    コールユーブンゲンのテスト前には、どんだけ 特訓してあげたことか(懐)。

    声楽もピアノも半端ないし、顧問のブラスバンド部は何度も入賞されるなど、
    かなりの実力の持ち主であると 当時から少年も認めていたけれど、
    結構、テキトーな授業っぷりに見え、
    「 今日はクラシック鑑賞の日! 」 とおっしゃり、CDをセットした後、
    とっとと ご自身は準備室へ引き上げられ、
    そのうち、隣の準備室から 珈琲のイイ香りがしてきて、
    「 なんやそれ。 先生は休憩か?? 」 と よく憤慨してたのを思い出す。


  




    当時、生徒は入室厳禁 であった音楽準備室に 初めて足を踏み入れてみると、
    そこは、「 何が何でも国立大合格50%超え 」という 学校の方針に
    数字だけが大切なのか、と 公然と反旗を翻している先生の牙城となっており。

    同様に 反校長、反体制派な先生方が 教科を超えて、
    ちょっとした息抜きに訪ねて来られる溜まり場でもあり。

    そんなに広くもない準備室で、
    ぐったりと ソファーに寝そべってる数学の先生とか、
    校内禁煙なのに、換気扇の下で煙草をふかしてる先生とか、
    カセットコンロでラーメンつくってる先生とか。

    気心知れた仲間たち、といった感じの、
    だらりん ぐだぐだ な 空気のなかで、それぞれに
    校長や教頭の息が詰まる種々の締めつけのキツさへの愚痴をこぼしつつ、
    弾圧にメゲない生徒たちが 可愛くて仕方がなくて、
    この生徒たちを( 校長派の横暴から )どう守るか、と
    いった会話ばかりが飛び交っており。

   「 お前が 今、ここの生徒だったら、耐えられずに退めてたんぢゃないかのぅ。
     それほど、管理、管理で ごりごり統制の つまらん高校になってしもうた。
     ぢゃが、生徒たちは、涙が出るほどエエ子たちでのぅ、
     お前らの代より、数段良くできた健気な子たちなんぢゃ 」

    少年のときも、私の方が耐えられない位に窮屈で、四角四面の高校だった。
    当時よりもっと厳しく面白くない雰囲気を、少年も ずっと感じていただけに 


     「 初めて、息ができた感じ。
       めっちゃ癒されたぁああ にっこり

       音楽を選んどいて、ほんま良かったしぃ 」 だぶる


     在校時には 授業時間の他に接点もなかった音楽の先生が、
     自分を覚えて下さっており、
     声を掛けて下さったことにも感激していたのだったが、
     蔭で、こんな風に、いつも生徒たちのことを考え、
     愚痴混じりではあっても、こうして語り合っておられる
     先生方の姿が、彼にはとっても嬉しかったようで。


     加えて、既に異動されて この高校にはいらっしゃらない
     3年間少年の担任であった先生について、

      「 あの先生も、きっと苦労されてたんだよね 

     と ぽろりと漏らす。

     ををっ!!
     君は ちゃんとした理由もなく、あの先生を敬遠してたよね。
     私からみれば、先生は君を気に掛けて下さっていたようなのに、
     年賀状さえ出そうとしない君に、実は 胸を痛めてた。

     善哉、善哉!
     是非、今のその 君の気持ちを伝えてみたら?
     きっと 絶対、喜んで下さると思うよ!
     手紙、となると大変だから、葉書でいいぢゃん。
      「 今、教育実習に来ています 」
     その一行で、いい。  きっと 何かが伝わるよ!


     さらに
      「 先週、化学の授業をヤった○○、凄いわ 」


     当時は気付けなかった、
     過去の先生方の奮闘やお気持ちに想いをはせ、
     今の同級生の頑張りを 素直にリスペクトできる。

     それだけでも、君のこの実習生生活は
     めちゃくちゃ 君の糧になってくれているようで。


             実習に入って、初めての君の笑顔に
             ここ数日の憂さが するりと晴れて行く。


             現在、胸突き八丁。 正念場。


             ふぁいとふぁいと  > 少年と私。








励



** 思うところあって、にほんブログ村の
下記のランキングに参加しています。
共感いただけた日には クリックいただけると嬉しいです 
だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ







ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習生 初めての授業 音楽 管理体制 反体制 生徒の味方

三連呼。







「 ほんとに見たくないですか 」





ドヤ顔で、そう三連呼もされれば、

まず、100人が100人。


脊髄反射で

「 見たなぃわっ  」

って叫ぶと思う。







敵ぢゃなかったひとも 敵に回しちゃう、
或いは、不快感を抱かせちゃう、

この國の トップなる御方 は

どこまで 愚かなんだ。  orz....







知らないっ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : ニュース
テーマ : まぢかよ!?

タグ : 菅直人 首相 総理大臣 本当に見たくないですか 三連呼 救い難し

[ 2011/06/15 23:51 ] ニュース | TB(0) | CM(4)

早朝の薔薇。






          土曜日、様子を観に義母の襲来を受けても ぴくりとも動かず。
          終日、死んだやうに たっぷりと眠った少年は、


          「 どうしよ~~~!!
            また、1日 無駄にしてしもーたぁああ ショック 」


          いつもながら、 なんで 起こさなかったのか と、
          恨めし気に私を横目で見ながら、高校のバスケ部へご出勤。

          そこから、市立図書館にて、1日目の 指導案 をなんとか完成させ、
          私を呼び出し、夏用のスーツをつくり。

          帰りに一緒に外食し、そこから、恒例となった 母子徹夜作業。

 
        
          もう 後がなくて、がんがん集中しているうちに
          外が白み始め、気分転換も兼ねて、新聞を取りに出る。

          ふと 誰かに呼ばれた気がして ふりかえると。





早朝の薔薇
早朝の薔薇 posted by (C)りうりう


\(^o^)/☆\(^o^)/☆




          たくさんの紫丁花たち に 囲まれる形で
          ミュージカルでいただいた薔薇 が 幾つも美しく咲き始めてくれており。

          まさに 私の1等好きな、開花具合 ちびハート 


          私の肌は 未だ不調のため、新聞を取りに出るのも、
          『 フェイスonワンピ 』 + 覆面サンバイザー で
          完全防備であったのだけれど、
          思わず深呼吸をし、カメラを取りに走る。


          有難くも美しき 爽やかな朝。


            君の初めての授業が、無事に 終わりますように。




薔薇2
薔薇2 posted by (C)りうりう






希


** 思うところあって、にほんブログ村の
下記のランキングに参加しています。
共感いただけた日には クリックいただけると嬉しいです 
だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


       

ジャンル : ライフ
テーマ : 小さな幸せ

タグ : 庭の花 薔薇 地植え 教育実習 指導案 徹夜明け

[ 2011/06/14 22:31 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(0)

『 指導案 』





    私自身、 ぅん10年前に 高校で教育実習を体験し、
    その折に指導案も作成したけれど、
    少年のような  しょーもなぃ  苦労はしなかった。

    、、、というのも、指導案作成での少年の苦しみの殆どが、
    PCで作成しなくてはならないことから来るものだったから である。


    本来なら、PCで作成する方が
    手書きよりも 断然楽、なハズなんだけれど、

    それは あくまで、
    予め フォーマットやらテンプレートなるものが しっかりしてて、
    そこに変更・上書き入力をさくさくしていくだけ、なのなら。
    、、、というのが大前提にある。


    これまで、エクセルやワードに 特に精通していないものが、
     たった6コマ( それも3コマ×2クラス分 )の授業のために
    いちから テンプレートを 考え、作成していくのは
    それは なかなかに しんどいことで、

    しかも 少年の担当の先生ってば、
        表内の文字が 半角ズれている、とか、
        項目が 左寄せではなく均等割付されている、とか
        この枠のなかの文字行が中央寄せになっている、とか
        ここで改頁したんでは、二行分の余白が無駄になる、とか、
        ここの欄では、もう半行分は詰められるはず、とか
        4頁目のこの改頁の仕方では 余白が少ない、とか、etc.etc.

    少年が作成したテンプレートそのものへのダメ出しはなかったものの、
    テンプレートに入力された文字の配置に対する注意やお叱りばかり。



    少年曰く ( 先生には言えないから 私に )

     「 中身を観てくれ~っ!!ヽ(`Д´)ノ 」    

    少年の指導案に 赤ペンで大きく書かれた「 × 」印に、
    私も、ここまで来ると 重箱の隅では、と思う(-_-)。


    「 指導案 」 の形式が ぎっちぎちに決められてあるのなら、
    教師たるもの、確かにその形式に則って、
    読みやすく( = 美しく )作成されねばならないのだろう、
    とは思うけれど、 それは 最初に 心構え、として、
    ひととおり注意を受ければ、もう良いのでは、、と思ってしまう。


    問題は、単元に対する 少年の立てた 「 狙い 」 であるとか、
    その狙いに向けての 「 アプローチ方法 」 であるとか、
    その時間内の指導タイムテーブルの 【 内容 】 ではないか?

    教育実習生たちは、高校でビジネス文書や作表の正確さ検定 を
    受けに来ている訳ではなく、
    まずは、生徒との接し方であったり 声の出し方であったり、
    んでもって、肝心なのは授業の立て方進め方、であり、
    それらに対する徹底指導であるなら、
    どんなに厳しいものでも納得至極、なのだけれど。







    私自身、ワープロ世代で、ずっとOASYSを愛用して来たため、
    どうにも ワードやエクセルがもうひとつ好きになれず、
    暫くは OASYS/Win やら OASYS for Windows を使って来た。

    だもんで、表や図を挿入したワード文書を作成していくのに、
    馴れていない少年が「 ヽ(`Д´)ノ 」となる気持ちは 良く判る。

    しかも自宅のプリンタは デスクトップのXP用のドライバだし、
    少年はVISTAで 私のノートが7。

    三様に調整しながら指導案を仕上げ、最後はPDFにして出力する。
    ワードで、ディスプレイ上では 綺麗に出来てても、
    PDFに変換した途端に 行が半行分ズレたり。
    どうかすると ワードが表の途中で勝手に改頁したり(o_ _)oポテッ

    私が ワードやエクセルを駆使した美しきビジネス文書を
    マスターしきっていれば、難なく少年を助けてあげられたのに、と
    少年に対して、申し訳なく感じたりして。

    母子で四苦八苦し、毎晩徹夜状態で仕上げる指導案への
    先生の 厳し~ぃご指導の数々に、私の方がキレそうになる。


    が、小中PTA時代、文科省の是正指導後、
    先生方が 一斉に【 文書作成 】 に汲々とされ始めたのを思い出す。


    中学校では、朝の職員会議が廃止され、
    校長、教頭( だけ )からの単なる諸伝達諸注意時間となり、
    教職員からは、物事全て、計画書やら報告書やら、
    【 文書発信→文書完結 】 に なってしまっていった。

    先生方の机の上には それぞれ書類箱があり、
    回覧の印鑑だらけのビジネス文書が山と積まれ、
    まるで 一般企業の営業部みたく感じられたものである。

    当時の私たちは、そうでなくとも忙しい先生方がお気の毒でもあり、
    何より、先生方は 書類と格闘するんぢゃなく、
    生徒ひとりひとりと格闘して欲しい、と思ったものだったが。
  
    今や、授業の指導案も 一連の状況下に置かれているのだろうか。
    先生方にとって、まずもって指導案の読みやすさ・美しさが 死活問題なのか??


    私が1番驚愕したのは、指導案のなかのタイムテーブルの表。

    指導過程と生徒の学習活動と指導上の留意点と評価基準の欄があり、
    このタイムテーブルは、分単位であり、
    まず、「 あいさつ 」 から 始まるんである@@。
    で、もちろん、あいさつの指導上の留意点や評価基準もある。ショック


    こーーんな  意味が余りあるとは思えないところまで  緻密な指導案を
    1コマずつ作らねばならず、少年の場合は【 実験 】まであるので、
    書類もワークシート等、また多岐に渡る。  
    ほんとにほんとに 先生ってば 大変!!! なみだ


         で、少年の指導案への指導は、
         最後まで、「 この欄は 半角ズレてる 」とか。。。

         そりゃ、Macと一太郎のやうにはできんわぃっ(゚゜)\バキ☆



む

私だったら、もぉ、教師には  ならん  なれんゎ(゚゜)\バキ☆




** 思うところあって、にほんブログ村の
下記のランキングに参加しています。
共感いただけた日には クリックいただけると嬉しいです 
だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習生 指導案 教育指導案 重箱の隅

実習生助手 5日目。





   日に日に、ヤさぐれ、心身ズタボロになっていく下の少年に
   とにもかくにも、この日を乗り越えれば、土日のお休みがある、と、

   ちょっぴり悔しいが、
   公立校が 週5日制になったことに 初めて 感謝する。 


   翌週月曜からの、ぃょぃょな 少年の授業開始を前に、
   心身共に、ゆったり過ごして、心機一転。

   ここまで 準備してきたことを 遺漏なく、
   心残りのないやうに、がんがん 頑張れるための
   気力体力を充填して欲しい。


   本人も、比較的 ほっとした顔で、
   月曜までに 指導案を完成させねばならないながら、
   土日は、バスケ部の練習に顔を出すだけなので、
   後は 自宅では眠ってしまうため、市の図書館で頑張るという。

   大学入学式、成人式、今回の実習と
   少年と共に頑張ってくれたスーツ も よれよれで、
   夏用でもないし、これ一着で2週間ぶっ通しは厳しい。

   だもんで、この実習中に1着つくらねば! と思い、
   できれば、交互に着用できるようにと、
   3日目の運動会 の帰り道に 待ち合わせの予定だったが、
   運動会後の後片付けで時間を取られ、閉店時間に間に合わず、断念。

   なので、この土日のうちのどちらかで、つくることに変更し、
   少年から連絡が入り次第、彼の高校の街まで出掛け、合流することに。


   




   少年の闘いに、4日連続徹夜で付き合い、私の出来うる限り、
   考えられる限りの後方支援をし尽くした5日間であるが、
   まだまだ、何か足りない気もし、
   ぃゃ、もしかしたら ヤり過ぎか?? などと
   もやもや悶々としてるところへ、上の少年からメール。


    「 短答試験の結果 が 帰ってきました。
      ○○点で○位。
      晴れて足切りから突破なので ご安心下さい にっこり 」

   \(^o^)/☆\(^o^)/☆\(^o^)/☆

   順位まで出ることにビビりながらも
   採点対象者数 8,721名のなかで、
   2ケタ台前半に入れたのは 上々ではなかろうか 

   それだけの成績ならば、それなりに手応えもあったのだろうから、
   私たちが足切りを心配したのは、
   彼にとっては ヘコむ理由になったかも(滝汗)。


   なんだか 久々に こころが晴れる想いで、
   ちょっと元気を貰えたので、

   下の少年も 元気になるかな、と思って、
    「 にぃちゃん、頑張ってるよ! ちびハート 」 と伝えたところ、

   …逆効果だったかも。。。 なみだ

        「 ふーん。 
          僕はもう、あのひとの何を聞いても 驚かんけん!! 」

     だだだだだっと 2階の自室に駆け上がっていく。





あのひと て。
。。。そんなぁあああ。 汗




… (」´0`)」 ヲーィ!
今夜は 何時に起こすんだ~ぃ。
明日は、何時に出て行くんだ~ぃ。 ( 甘っ )



溜 だめぢゃん





** 思うところあって、にほんブログ村の
下記のランキングに参加しています。
共感いただけた日には クリックいただけると嬉しいです 
だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

   

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 司法試験・資格試験・語学試験

タグ : 教育実習 実習生 指導案 司法試験 短答試験 結果発表 足切り

実習生助手 4日目。




   めちゃくちゃヘコんだ様子で、帰宅するなり、

     「 ちょっと寝かせて。 12時に起こして 」

   おなかが空いてるハズなのに、2階の自室へ直行する少年。
   むむむ、何かあったのか。



しょんぼり





   12時に起こし、起きれず。
   12時半に起こし、起きれず。
   1時 2時、、、と ようやく3時半に起きて、


   「 工エエェェ ヽ(`Д´)ノ ェェエエ工工?? 3時半んんん??
     明日の準備、間に合わんぢゃん!!
     なんで もっと早くに起こしてくれんかったん!! 」


   そう怒る少年を

   「 何度も 起こしたわっ!!  」

   怒鳴りながら、お風呂にぶち込み。



   風呂上がりの彼が ぽつぽつ話してくれるところによれば、

   6時間目が 運動会の反省と、文化祭クラス参加内容を決めるLHRにて
   例の如く、教室の後ろで ぽつんと立っていると、
   各班に分かれて、文化祭のクラス参加内容を話し合うことになり。

   少年は 昨日の運動会で、クラスの皆と少しは話せるようになっており、

    「 先生のときは何をしたんですか? 」
    「 それは どんな感じでしたか? 」
    「 他の学年やクラスはどうでしたか?? 」

   などと 彼が立ってる場所に近い班の生徒たちが
   次々に話しかけて来たため、
   彼は彼なりに、少しでも参考になれば、、と思って
   ぼそぼそと あれこれ話したところ、
   それが 担任の先生の逆鱗に触れたらしく、 
   【 分をわきまえていない 】 と LHR後に、めちゃくちゃ叱られた由。たらり



   はぅ。 難しいね。。。

   どう考えても理不尽に思え、身贔屓であることは百も承知で、
   彼の担当教諭と直談判したくなってくる。 

   私のそんなこころが伝わったか、
   しょげてた彼が、話しながら段々と腹を立てて来る。
    実際、落ち込んだ後は、そやって怒る方が前に進めるさ☆>少年


    「 勝手に喋るな! と 先生は 僕を怒ったけど、
      この時間、僕はどうするべきなのか、全然聞かされてなかったし。

      だいたい 先生は、最初に班で分かれて話せ と言ったきり、
      生徒に丸投げ状態で、腕組みして見てるだけなんよ?
      結局、この時間、な~~んにも決まらんかったし。

      困った生徒が 僕に聞いてくるのを拒否するのが正しいん?
      尋ねられたことに答えて、なんで悪いん? 」

   ごもっとも。

   先生は、LHRの前に、
   君に この時間の目的やら先生の役割やら、
   それこそ 『 指導案 』 的ものを 見せてくれるべきだったよね。
   でも、それを【 君から 】 上手に尋ねる、って手もあったよね。


      「 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
        ムリムリムリっ!!

        怖くて怖くて そんなもん、僕の方からとても聞けんっ!
        それに、未だに 僕は このクラスに紹介もされてなくて
        全くのビジターぢゃし 」


   確かに。。。
   紹介もされてなければ、1つの班に質問されたから、と
   全体に向けて 語ることもできず。

   このとき 君が どう行動すれば良かったのか、
   さすがに、我ながら、結構な修羅場をあれこれ体験して来たと、
   自認しまくりの私にも 判らない。。。







こころ重たく、今夜も 指導案作成で徹夜。はぅ



** 思うところあって、にほんブログ村の
下記のランキングに参加しています。
共感いただけた日には クリックいただけると嬉しいです 
だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習生 実習生助手 分をわきまえるということ

実習生助手 3日目




   教育実習3日目に 運動会を迎えた下の少年。

   少年の指導教官となられた先生が 担任をされてるクラスの
   HRに 毎回出席させられるも、生徒たちに紹介されることもなく、
   ただ、教室の後ろで参観している状態であったのだが。


   運動会やクラスマッチで、各クラス独自の長い長い鉢巻を
   女子たちが縫い、皆でお揃いで締める伝統は未だ生きており、

   急遽、生徒たちが 相談?してくれたらしく、
    「 縫う時間はなかったけれど 」 と
   皆とお揃いの生地を準備し、渡してくれた由。

   他の実習生たちは、ちゃんとクラスで紹介され、
   それぞれ 生徒たちに鉢巻を縫って貰っていたなかで、
   下の少年のみ、生地を長~く切っただけの鉢巻だったが、
   遠目では それと判らないし、
   お揃いの布地を貰った彼は とても嬉しそうで。  不憫なり なみだ


 



   たまたま 実習生たちは
   6名全員が 野球部を筆頭に体育系クラブ出身。
   なので、実習生チームができ、クラス対抗やら学年対抗やら、
   さまざまな種目、殊にリレーで大活躍して、盛り上がったらしい。

   そんな雰囲気のなかで、
   少年も、自分の担当となったクラスの生徒たちと
   会話を交わせるまでに至ったようで。

   高校時代は、運動会を全く楽しめなかった彼だったけれど、
   この日の運動会は、とても楽しかった様子。
   ( んでも、これがまた 次なる事件につながっていくのだけれど (-_-)) 


   真剣勝負なリレーで メンツも賭けた200mダッシュは かなり堪えた、と
   へばった身体で テント等の後片付けまで済ませ、
   よれよれ状態で帰宅して来たのは 午後10時。

   眠りながら食事をして、明朝提出の指導案づくり。 

   2階の自室では、きっと眠ってしまう、と
   リビングで 準備を始めた少年だったけれど。

   PCで作成し、出力したものを提出せねばならない由にて、
   私が クリーンアップしたばかりの彼のノートPC の前で、
   「 最初の一歩 」 で 既に四苦八苦しており、
   これでは とても間に合いそうにない。

   つひ 指導案の中身はともかく、
   PC入力、表づくりなど、私でできることがあったら手伝うよ、
   と 言ってしまう。

   私の口出しを嫌がるどころか、
   むしろ待ってました! みたいな勢いで、

   まずはネットで 指導案作成のためのテンプレートを探して
   何種類か 適当そうなものを ダウンロードしてくれ、と言う。 ショック


          をぃをぃ、今頃 そんなんで だいぢゃぶか  > 少年
          肝心の 指導案内容は、
          既に ノートに手書きで びっしり作成してるようだけど。

          時間が勿体ないなぁあ。
          形式に則った指導案づくり も 大切なことだろうけれど
          大切なのは、あくまでも指導案の中身、だと思うし、
          明日提出するのは、本番の指導案のたたき台、
          ということなんだから、とりあえず、手書きぢゃダメなの?


         「 ダメなんだって~。
           ほんとは、Mac と 一太郎ぢゃないと話にならんって しょんぼり 」


          は?? ショック ショック

          それで、君がウィンドウズだったから、
          先生から 指導案のテンプレートはいただけなかった、と。 

          。。。まったくぅぅ。

          デザインや印刷業界、医学関係の方々の こだわり、ソフトの充実具合から、
          Mac至上主義でいらっしゃるのは 識ってたけど、
          「 高校生物 」 の世界もまた、そうだったのか。。。(o_ _)oポテッ

          かと言って、これから 先生に合わせて Macや一太郎を買い揃えて
          マスター並みになる、、なんてことは 我が家ぢゃムリですぅ。

            、、、、、オアシスなら かなりの上位機種があるけど(゚゜)\バキ☆
 



今夜も 徹夜。

疲

思うところあって、にほんブログ村の
下記のランキングに参加しています。
共感いただけた日には クリックいただけると嬉しいです 
だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習生 実習生助手 運動会 リレー Mac 指導案 指導案テンプレート

実習生助手 2日目




  教育実習初日 、
  古巣のバスケ部に 居所を見出した下の少年であったが、

  翌朝のミーティングで 報告すると
  あの 教務主任殿より

   「 ( 何も 満足にできもしないのに )
     クラブ活動なんか 本気でヤってるんぢゃないよっ  」
   「 そんな余裕なんて すぐ なくなるから 」 的な

  冷やか~な言の葉 + 鼻で嗤われた 由にて、



  少年は、

   「 今に みてろ  」 と

  持ち前の 反骨精神に火が、、、、、つけば いいのだが しょんぼり

  すっかり ヤさぐれてしまう。 だー



  教務主任の御方を全身全霊で嫌うだけでなく、

  少年が敬愛し、積もる話も山ほどあり、
  何かと相談に乗っていただきたかった先生は、
  少年ではない もうひとりの実習生の担当で。

  残念至極に思う少年のこころが伝わるのか、
  少年の担当となった先生は、少年に対して かなり冷たく。


  もうひとりの実習生は、担当となったクラスで、
  朝夕のショートHRを受け持たせて貰い始め、

  少年は、担当となったクラスで 紹介もされず、汗
  ただ、教室の後ろに立っているだけ。



  こんな あからさまな扱われ方の違いでは、
  そりゃ、腐るわなー。


  ほんとに 不憫で 可愛想に思うけれど。



  「 それは きっと 君に必要な試練なんだと思う。

    君の大好きな先生が 君の担当になられたら、
    君はきっと 甘えまくって 頼りまくって、
    自分の授業はできないと思うし。

    それに、違う先生で残念に思う君の気持ちは、
    絶対、その先生に伝わってるんだと思う。
    その先生からしてみれば、面白くないのは当然ぢゃん

    ここで 頑張れたら、きっと 次の山は楽になるから 」



   翌日の運動会を前に、時折小雨の落ちるなかで、
   雨天順延となることを心配しながら、
   放課後、実習生たちで、テント張り等全ての準備をし、
   よれよれになって 帰宅したのは 10時。

   「 お弁当、殆ど食べる時間がなかったー 」

   半分以上 残されたお弁当箱を渡され、
   胸痛みつつ、鬼な言の葉で、叱咤する。


   めちゃくちゃ空腹であるハズなのに、
   食べながら 眠り込みそうな少年。 なみだ
   君の頭を 撫でてあげられれば いいのにね。


   ふぁいと、ふぁいと! 
   明日は 運動会!


   教育実習中に ( ぶっつけ本番で )
   実習生を運動会に放り込むのは、
    悔しいけれど  なかなかのアイデアだと思う。

   当日の準備~後片付けには 人手が幾らでも必要だし、
   実習生も自然な形で生徒たちと触れ合え、仲良くなれそうだし、
   クラス、学年、学校、としての まとまり つながりを
   実感できる場面が たくさん ありそうだし。
   一気に、実習生の緊張もほぐれそうで、
   一石何鳥もの効果がありそう。 


   イイ 運動会  になるといいね。

   君と( 未だ公的に紹介されていない )生徒さんたちとの間に
   素敵なことが たくさん起こりますよう。



希

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習生 高校運動会

実習生助手 初日。




  下の少年の 教育実習初日 は 【 迷惑 】 との、
  身も蓋もない なんとも信じ難い 教務主任の先生の 言の葉で
  一気にモチベーションが最低最悪な状態となり、
  先行きが思いやられる空気ではあったのだが。


  それでも 少年は 良くも悪くも
  「 放課後 」 に こころの逃げ場を見出したようで。


  バスケ部顧問の先生にも 後輩たちにも
  気持ち良く受け入れて貰え、
  後輩たちには、リスペクトまでされたような手応えで、
  ひとつ、深呼吸が出来た様子。


  けれど 彼は のたまう。


  「 バスケ部、僕だけで良かった、と しみじみ思う。
    誰かおったら、ほんとに おるところ、なかったけん  」


  当時、県の強豪チームに数えて貰えるようなチームで、
  結局、中高の6年間、1度も先発レギュラーになれなかった彼は、
  デキるチームメイトたちを こよなく愛しつつも、
  それはそれは 鬱屈した想いを抱えて来たから。

  もし、当時のチームメイトが同じ実習生で、
  放課後のクラブまで一緒だったら、
  「 自分は みそっかす 」的 卑屈なこころを
  そのまま抱え込む2週間となったであろうから。


「 僕、バスケ 続けてて良かったぁああ 」


  にっこり と 笑った 彼に

  当時の彼の修羅を想い、胸 痛みつつも、
  良かった、これなら 2週間、頑張れるのでは、、、、
  などと 胸を撫で下ろした私は、実は つくづく甘かったのだけれど。




絶

まずは 撃沈した少年を横目に、
初日でよれよれになったスーツのズボンにアイロン。
1日分しか持って帰っていないバスケ着を洗って乾燥させ、
予備用に 封印してた私のバレー着を物入れから引っ張り出し。

お弁当の下準備をしながら、
指導案は PCで作成しなくてはならない由にて、
持って帰っていた少年のノートPCを立ち上げてみれば
あちこちエラー出まくりのぐしゃぐしゃ。ショック

無線LAN設定どころか、ウィルスチェックから始め、
結局、セキュリティ関連をインストールしなおし、
デフラグを掛け。。。。一夜が明ける。 しょんぼり
↑  12GB 空いた。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 教育実習初日 助手 実習生の助手

盡人事而待天命。




3月の京都で、「 司法試験の合否は 9月に判るから 」 と
上の少年から言われており、

受験生たちは、結果が判らないまま、
就活に挑まなくちゃならないなんて、
結構な長期間、こころ落ち着かず、
なかなか 辛いよねーーーなどと思う毎日を過ごしていたところ、

2日に、夫が 
「 短答試験の結果が発表されとる~~!! ショック 」 と 右往左往。

というのも、6月2日付で 法務省大臣官房人事課から出された
短答式試験結果文書は、それは詳細で、

(1) 受験者数   8,765人(途中欠席44人)
(2) 採点対象者数 8,721人

で、いわゆる 「 足切り 」 が ここで行われ、
短答式試験での合格者は 5,654人。

で、各法科大学院毎に 受験者数、合格者数が発表されており。

京都大学も、315人中の259人という厳しい数値。

で、ここまで公的に発表されたのに、
全く少年から連絡がない! と
夫は やきもきしているのである。

私は、といへば、受験後の少年の様子から、
まさかに 少年が、ここからこぼれている とは思いたくないし、

「 結果は9月だから 」 との彼の声が耳に残っていて、
それまで、何をどう心配しても 仕方がないことだし、
彼の頑張りを信じて、おっとり、ゆったり、ゆっくり
こころ静かに待っていよう。。。。なんて思っていたのだが。


おたおたしてる夫と
この文書を眺めてたら、
なんだか 段々と心配になって来る。


別件で 少年からメールが入ったのを幸い、
ちら、と触れてみたら、

「 何のこと~?
試験の結果が判るのは 9月よ~? 」

(o_ _)oポテッ

どうやら、短答式試験結果は、公的に発表されたものの、
個人宛の通知は まだなされていないようで、

「 9月だけど、今回、その9月まで行けないひとたちが
3000人以上、って発表されてたよ? 」

思わず そうメールを返す。

少年は、誰かの台詞と全く同じやうに
「 今のところ、何の通知も来てないし、
9月までは 何をどう心配しても仕方がないけん、
な~んにも考えんようにしとるんぢゃけど。
そいへば、自己採点もしとらんし。 えへ 」。


ぅんぅん。
考えても仕方ないことに 鬱々と思い悩んぢゃうより、
よほど健康的だよね! って思いながらも、

で~~んと おっとり構えているのか、
単に 合理主義的脳なのか、
少年の見事なまでの 「 盡人事而待天命 」 な姿に

闇雲に おたおた おろおろしちゃってる 夫と私は
親としてどうなんだ、と ただただ 恥入るばかり。   




 溜 だめぢゃん



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 司法試験・資格試験・語学試験

タグ : 盡人事而待天命。 人事を尽くして天命を待つ。 司法試験 短答式試験

『 憂鬱な2週間 』


      教育実習初日。 


      「 ドキドキするぅぅぅ~~~  」 と 言いながらも

      「 んでも、最終日には、山ほど、ラヴレター 貰って来るけん!!  」


      まんざら 嫌な緊張、ばかりではないこと、
      ワクワク感だって ちょっぴり在ること、 を 匂わせながら
      出発する下の少年 を 駅まで車で送った直後から、

      ヤバぃっ。 この私が ドキドキして来る。 

      月曜日だから、全体朝会があるだろうし、
      そこで、「 本日から2週間、教育実習生が実習に入る 」 と紹介され、
      ひとりひとり、或いは、全員がずらりと 壇上に上がらされ、
      担当教諭に紹介されたり、自己紹介したりするんではなかろうか、と

      私自身の子ども時代や、実習生時代の思い出も加わって、
      超リアルなイメージ が 浮かんで来ちゃったんである。

      他、彼の指導教諭とは うまく行きそうなんだろか、とか
      2週間の担任となる クラスの生徒たちは どんなんかなーとか

      次から次へ、少年が遭遇するであらう場面場面のイメージが
      脳裡を横切る自分を持て余す。


汗   汗




      やきもきしてるなか、9時前着の電車で戻る、とメールが入り、
      駅へ 彼を迎えに行くと、 想像以上に どよんとしたオーラが。 

        「 疲れたぁあああ ヽ(`Д´)ノ 」

      後ろの座席に倒れ込む彼を 質問攻めにしちゃいそうな自分を抑え、
      まずは、

        「 お疲れ~
          どうぢゃった?? しょっぱなから 朝会で緊張したぢゃろ? 」

      かるぅく 様子見で ジャブを入れたら、これが彼の逆鱗のツボに。 








      曰く、朝会はあったけれども、教育実習生については全く触れられなかったと。

        は ?? 

      そんなことのための 金曜日の打ち合わせ だったんぢゃないの??
      私は 自分が小学生だったときの
      実習生の紹介朝礼時のことも しっかり覚えてますぜ??

      先生の卵たちが 2週間ほど、授業をしたり 皆と接するようになることを
      公的に生徒に知らせない、とは どういうことだろう??
      ( 何かとご迷惑を掛ける ) 諸先生方や 生徒たち に 失礼だし、
      そして、公的パスポートを与えられない 実習生にも失礼なことではなかろうか??


      その上、朝礼代わりに?? 職員室横の小部屋へ6人の実習生を集合させた、
      今回の教育実習の総監督的立場、となられた教務主任の先生曰く。


      「 また、憂鬱な2週間がヤって来た。
        足手まといな実習生を指導しなくちゃならん2週間が苦痛で仕方がない。
        日々の業務、学校運営において、邪魔でしかない教育実習生を
        我が校は 何故受け入れるのか。 来年こそは受け入れを拒否したい 」


      開口一番、そんな 八つ当たりじみた挨拶から始まり、
      この先生なりの叱咤激励なる言の葉と思いきや、
      徹頭徹尾、教育実習生を自分は歓迎しない、嫌い、
      だが、今年は、自分が直接受け持つ教科の学生がいなくて 何よりだった、
      とにもかくにも 自分は 受け入れを拒否したい、と 締めくくられた、と。

      で、こんな空気のなかで、どやって2週間を乗り切ればいいのか、と。
      少年始め、6人は すっかり モチベーションが下がってしまった由にて。


     だー
      さすがに 私も 言の葉を喪う。

      「 …… え~~~っと。 
        んとんと。 あのそのえ~~っと。。。 
        それは その先生なりの 教習生は 基本的にお荷物な存在であるのだから、
        2週間、そゆ覚悟と自覚をもって 善きものと成せ、という 訓示ぢゃないの?? 」

      やっとのことで そう 言の葉を絞り出し、
      んでもって 彼には言えない分、めちゃくちゃに腹が立って来る。

      

      確かに、日々、大変な業務をこなされている先生方にとって、
      ほんとに 教師となるためなのか、
      教諭免許が欲しいだけなのか、判らないような 教育実習生を
      2週間 手を取り足を取り、指導しなくてはならないことは 大変だと思う。

      思うけれど、あんた、ぢぶんもそうやって、
      母校や受け入れ校に 実習をさせて貰って、
      あれこれと学ばせて貰い、晴れて 教師となれたんぢゃないのか。 

      だぃたぃ、教習生の受け入れの是非は、
      校内で 予め十二分に討議されて 決定されているはず。
      そのうえで、 「 受け入れ 」 と 決まったからには、
      個人的に どんなに 反対であろうとも、
      受け入れた学生たちに、負の言の葉をぶつけていいものだろうか。
 
      正直、教習生たちは、ちっとも役には立たず、
      現場での足手まといでしかないだろうけれども
      母校には、教師を目指そうと頑張る卒業生たちを
      もうひとおし、育んで欲しいと思うし、
      バックアップしてあげて欲しい、と思う。
      自分たちもまた、そうやって育てられて来たはずであるのだから。
  
      それに 学生たちにとって、 自分の母校は、
      大なり小なり 清濁併せ、大切な想いを抱えているもので、
      高校教師になろう、という想いも、そこで培われたものかも知れず。
  
      どきどきわくわくで この日を迎えた学生たちを
      せめて、初日に 温かく迎えて貰えないものだろうか。

      そうでなくても 2週間のなかの場面場面で、
      自分たちの未熟さを痛感し、ヘコみ、
      先輩である先生方の凄さを再認識し、リスペクトし、
      その先輩方の貴重な時間をいただくことに
      申し訳なさと 感謝のこころで いっぱぃになるハズなのに。

      先生方もまた。
      日々の業務に疲れているときに、
      志に燃えた フレッシュな教習生に遭遇することで、
      当時の自分を思い出したり、
      教え子が、自分と同じ道を辿ってくれ始めていることに、
      些少なりとも 喜びを見出してくれないものだろうか。
   

    




      ヘコみまくってる少年も、放課後のバスケ部では
      顧問の先生( 少年の苦手だった顧問は 少年の卒業した年に異動 )にも
      後輩となる生徒たちにも 大歓迎されたらしく、
      「 大学でも続けてて良かった!!  」 と 少し 表情が明るくなる。


      「 今夜から 指導案づくりで、余り眠れないかも 」


      と 言いながらも、食事を終え、
      そのまま リビングで疲労困憊の顔で眠り込む。

      午前零時に 起こそう、と 毛布を掛けながら、
      蒼い顔に、思わず 頭を撫でてあげたい気持ちを抑え。


      ふぁぃと、ふぁぃと!!  > 少年!

      君たちの試練は、 まだまだ 序の口。

      どんな職場にも、様々な事柄が待ち構えているものだから。
      初っ端に、少々逆風に吹かれるのは、 きっと これからの糧になる。

      そして、6人もの実習生が 被災の不運にも見舞われず、
      予定通りに 同じ立場を共有できる倖せ。
      
      学校、先生方、生徒たちの貴重な時間を貰っていることは事実であり、
      その分、可能な限り、たくさんの経験値を 感謝のこころで 重ねて行こう。





励

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村




ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習初日 実習生 初日 朝会 朝礼

教育実習打ち合わせ。


       結局。


       教育実習先の母校である高校で 月曜からの2週間の打ち合わせを終え、
       そのまま 広島市内へ出て行き、
       広島で社会人となっている先輩と逢い、金曜深夜に戻って来た下の少年 は
       そのまま土曜日いっぱぃ爆睡して 日曜に日付が変わる頃、

       「 さすがに 寝過ぎぢゃろ~~  」 と 起きてくる。

       ―― それは 私の台詞ですがな。



       曰く、この度の教育実習生は 男子ばかり6名だったこと。
       そのうち、5名が同級生であり、1名は2年先輩だったこと。
       6名しかいないのに、少年と同じ生物担当が もう1名いること。

       彼が敬愛し、この道に進むきっかけとなった生物の先生は、
       異動されず、そのままいらっしゃったことが とても嬉しかったけれど、
       自分ではない方の学生の指導教官を割り振られており、
       とてもとても残念だったこと。

       自分の授業の受け持ちは、2週目からで、
       6コマ( 3時間分の内容 × 2クラス )担当すること。

       1週間目は、先生方の授業の見学や 他学生の授業の見学、
       指導案づくりで 汲々とするであろうこと。

       放課後は、バスケ部の練習に顔を出すこと。

       また、この週 水曜に 体育祭があり、
       対 文化祭行事のクラス参加についてのLHRもあること。

        

       中身盛りだくさんの 濃ゆぃ2週間になりそうで、
       少々不安げな 瞳の奥を それでも きらきらさせて話す少年。



       「 僕、子どもが嫌いだったけど、
         最近、小さな子どもたちや 後輩を 観てて
         可愛くて たまらんように思えだしたんよ。
         これって ヤバぃよねー 」


         

       天上天下 唯我独尊。
       母を筆頭に、ひとから 何かと 赤ちゃん扱いされ、可愛がられ、
       構い倒されてばかりだった 君の口から
       そんな言の葉を 聞けるやうになるなんて!


          嬉しく想うよりも、まずは ただただ びっくり。


        山奥の大学寮で――
        君は 確かに 育ってる、んだね。 

        願わくば、この2週間が、また君に大きな糧をもたらしてくれますよう。







ペン感謝

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


   

ジャンル : ライフ
テーマ : 夢に向かって生きる

タグ : 教育実習 母校 実習生 教職 教員免許 高校教育実習 教育実習打ち合わせ

「 Lapin の 姐さん 」





         下の少年が帰省し、
         私のFit と 少年のLapin は 縦列駐車をしており。

         Lapinが 手前に停まっているため、
         駅まで 少年を送るのに、Lapinに乗る。

         バックで 出なくちゃならないのだけれど、慣れないコラムシフトなので、
         つい 左手がシフトノブを探して左横で泳いで まごまご。


         それを観てた少年が 後部座席から、

           「 だいぢゃぶなん? なんか 不安ぢゃしぃ。
             Lapinねぇさんを 大事に扱ってよ? 」

         心配そうに言って来る。



         最初だけよっ! だいぢゃぶぢゃしっ( ̄^ ̄)/☆

         それより、君は Lapinのことを ねぇさんと呼んでるの?
         可愛いピンクなのにぃ。 「 お嬢さん 」 て 呼んであげてよ。



           「 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
             もう 10万キロ走っとるんぢゃけん、ねぇさんぢゃろ。
             おばさん、言うてもええぐらいしゃし 」


         ぶ。


         そかそか、君は 「 おばさん 」 と 呼びたいところを
         「 姐さん 」 と、 一応 敬愛の意を表しとるんぢゃね?


         「 ぐ。。。 まーねー。。。そんなところ?? 」




             とりあえずは、大切に乗っているようで、
             外見は綺麗でも、ぐだぐだな車内だった Life と 違い、
             外も中も 綺麗に乗っているのが わかる。


             感心、感心。



                 って、、、、やっぱり  彼女  ができたのかも??? 





ON


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

ジャンル : ライフ
テーマ : **暮らしを楽しむ**

タグ : Lapin ラパン コラムシフト 走行距離 縦列駐車

[ 2011/06/04 05:39 ] 聴きました^^*☆ | TB(0) | CM(4)

仁くん 教育実習へ。


   3日早朝。


   下の少年が 6日から2週間の教育実習に入るにあたり、
   3日に 打ち合わせで 高校へ行かねばならない、と 帰省してくる。


   本人は 2日深夜に帰省したいと言っていたのだったが、
   その2日夜に 口腔内の手術を受ける予定だった私の都合で
   3日の午前着でも間に合うのなら、
   できたら、3日にして欲しい、と頼んだのだった。

   けれど、まさかに 3日の午前10時までに
   高校へ行かねばならないとは 当日まで知らず、
   申し訳ないことをした!! と 臍を噛む。

   広島までの4時間近くの運転から 休む間もなく
   高校へと出発しなくてはならず、
   週末で 疲労も極地であろう彼に
   せめて、遺漏なく タッチ & ゴー できるよう、
   入学式、成人式、教習依頼、と 活躍してきたスーツ一揃いに
   ソックス、ネクタイピンまで リビングに用意し、
   皮靴も 磨いて、いまか、いまかと 待機していたところに

   タッチ & ゴー でも ぎりぎりな時間に到着し、
   「 ただいま 」 より 先に

    「 腹減った~~! なんか ひとくち! 」 と 言われ。

   そゆ事態まで 全く頭が回っていなかった自分に愕然とし、
   超 慌てる。 汗 汗


   し、し、しまったぁあああ 

   朝早く 一路 自宅を目指して帰って来るのだから、
   休憩も取らず、何も食べておらず、
   おなかを空かせているのが 当たり前だったのに、

   今朝に限って、ご飯もパンも、何もないっ。

   今朝炊いたご飯は、夫の朝食とお弁当に全て消えており、
   昨夜のカレーが少しあるだけで、
   肝心のご飯は 冷凍していたものがあるけれど、
   解凍したり 座って食べたりする時間がない。

   くー。 
   ご飯さえあれば、おにぎりを何個か 握って、
   ラップに包んで渡せたのに~~~~。


        仕方がないので、彼がスーツに着替え
        ネクタイを結ぶのに悪戦苦闘している間に
        カレーと冷凍ご飯をあたため、

        「 え"ー。 こんなときに カレー? 」

        などと言われながら、ごめん、ごめん  と
        なんとか 小皿半分、口に入れさせて 送り出す。



   ごめんねぇええ 

   お詫びの印に 超 疲れて帰って来るだろう君のため、
   今夜は 腕によりをかけて ご馳走、つくるからね。 ちびハート


   と、あれこれ準備してたら、夕刻に彼からメール。



   「 今夜は 広島の先輩と逢うことになったから、
     ご飯はいらんけん  」


   orz....


     高校では どんな首尾だったの? とか
     生物専攻へのきっかけとなった先生はいらしたの? とか
     教習生は何名程度なの? とか
     月曜からは電車で通う? とか
     お弁当? 学生食堂? とか。。
     私まで 緊張してて、あれこれ 聞きたかったのに。

     んで、何より、
     君に逢えるのを 指折り数えて待ってた義母と夫に
     なんて報告すればいいんだーーー ヽ(`Д´)ノ




溜

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : ライフ
テーマ : 日々のできごと

タグ : 親心子不知、 子心親不知。 教育実習 帰省 実習生 高校教育実習 初日

内閣不信任案 否決。





投票総数 445
賛成152 反対293
( 定数480 欠員1 議長は投票せず )

欠席・棄権 33



この未曾有の國難時に。

一分一秒も惜しいときに。


民草から選ばれた、國民の代表たちは

党派を超え
手と手を携え
こころ合わせて
ことにあたろう とするどころか、

党派丸出しの足の引っ張り合いに、
党内まで すったもんだ な あげくの果て。


結局のところ、これで、誰がどう満足したんですか?
「 政局の混乱 」 は 落ち着いたんですか??


んでもって、ここまでもませておいて の 欠席・棄権 て。

某・元代表を筆頭に、この 33名、
絶対 許さーん。 




怒

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




ジャンル : ニュース
テーマ : まぢかよ!?

タグ : 民主党 内閣不信任案 小沢一郎 欠席 棄権

[ 2011/06/02 23:16 ] ニュース | TB(0) | CM(8)

PC監視法、衆院通過。





       未曾有の國難時に、内閣不信任案絡みで、
       何もかも棚上げですったもんだしてる ばかり ではなく、

       しっかり  コンピュータ監視法 は 5月31日に衆院通過 。 

         正式名称は 『 情報処理の高度化等に対処するための
         刑法等の一部を改正する法律案(内閣提出第42号)』 。


       お上は、ヤるときは、ヤるもんですね。


       フツーに考えて 
       憲法第21条 「 表現の自由 」、「 通信の秘密 」。
       憲法第33条 「 令状主義 」 に対し、

       違反要素ばりばりなものを 十二分に吟味しようとせず、
       政府内外で議論を重ねようとせず、 
       そこまでして、早急に法令化しようとする意図はなんなんでしょう???

       私には、パーソナルコンピュータを監視すること、そのものが
        【 違憲 】 だ と思えてならないのだけれど。


       令状なしで通信履歴の差し押さえができるわ、
       令状ありなら、当該者の通信相手のデータまで押収できる、
       なんて、怖すぎ。

       確かに コンピュータウィルス等、サイバーテロは、
       途轍もなく 卑劣で 許し難い犯罪だけれど、
       そういうネット犯罪を ( 未然に ) 抑止できる力、というより、
       お上に 都合悪いもの全てを 難なく摘発・封じ込めることができちゃう、
       という法律が あっさりと成立していくことそのものが 恐ろしい。

       原発反対、とか、言ってると いの一番にチェックされそう。  汗



          これって、一種の治安維持法、みたく危険、と思えてならないのだけれど
          全くといっていいほど、マスコミで取り上げられないのは何故???



               ◆ 第177回国会 法務委員会 第15号 議事録 
        


絶

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




ジャンル : ニュース
テーマ : まぢかよ!?

タグ : コンピュータ監視法 監視法案 治安維持法

[ 2011/06/01 22:13 ] ニュース | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。