今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続 ・ こぼれ種






何処から飛んで来たものか、

ほんの500円玉くらいの
ちっちゃなユリウスの赤ちゃんを発見して 丸2ヶ月。




コリウスの赤ちゃん






暑い陽射しに負けず、

こんなに おっきくなりました!

『 オダリスク 』かと思ってたら、
いつからか、自分は『 ブリリアンシー 』だと、
はっきり主張するようになって(笑)。

でも、未だに『 オダリスク 』ぢゃないのかと、
私は疑ってみたりする。。。。

ほんとは 君は どっち???





孤高のユリウス



今はひとりぼっちだけど、

来年は きっと 友だち増えてるよね(//▽//)☆





いのち を つなぐ。


いのちが つながる。





ペン晴

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト
[ 2009/08/31 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(0)

自民大敗。








    「 歴史的大敗 」 なんだそうである。



      トーゼンの帰結ぢゃん、と思いながらも、

      かつて社会党が勝利したときの、あの「 山が動いたっ! 」的カンドーも、
      感慨も、期待も、希望もないのは なんでだろう。


             それは、私自身が 今の民主のマニフェストのあれこれに納得してないし、
             むしろ反対だったりするし、
             自民と同じにおいを感じてるから、なんだろな(-_-)。


      んでも、この保守大国広島で、自民が次々破れたことはほんとに革命的なことだし、
      郡部で民草の「 NO! 」という声が轟いたことは 大きなことだとも思い。


      まずは政権交代、話はそこからだ、というところか。


          「 民主への積極的なご支持をいただいた訳ではないと こころ引き締め、、 」

            と、民主党の方々が、勝利を手にして紡がれた言の葉の数々を
            是非とも忘れず、常に足元を見直しながら、努めていただきたい。

               、、、個人的に、中川秀直氏を引き摺り下ろせたのは 快挙だけと、
               比例で復活。 (o_ _)oポテッ

               比例は、私は社民党に入れたのだったが、、う"~ん。。。

               民社308議席て。  或る意味、異常、だと思う(滝汗)。


  




       個々の敗戦の弁を夜中拝聴。

       支持者に対し、「 逆風のせい 」「 党へのご批判 」 にしちゃうご挨拶は
       なんとも聞き苦しい。


          そうかなぁ。。。逆風にあっても通るひとは通る。
          あんたに対するNO!ぢゃないの?
          あんたに対するNO!だと、なんで受け止められない?
          国政におけるあんたの努力不足、
          民草に伝える努力不足だと思うよ? と感じてしまう。


       「 全て私の不徳の致すところ 」 と 深々と頭を下げられる御方の方が
       潔さのなかに 無念さも伝わり、

          「 よしっ! 反省して、次は頑張れっ! 」
          「 よしっ! 反省して 若いひとと交代し、しっかり育てろ! 」

       と感じてしまう。 ( なにさま?>ぢぶん )

       あ、中川昭一氏のご挨拶は、「 全て私の不徳の致すところ 」なご挨拶で当たり前。
       でなければ、皆で暴れちゃう。


                     ともあれ、広島は結構「 動いた 」。

                     でも、山陰やお隣の山口県は、
                     まだまだまだまだ保守大国だと実感。
 

       

  




        早朝、義母と投票に行ったのだったが、
        NHKの出口調査に義母がつかまり、記入に手伝い、なかなか興味深かった。


            「 なんで わし?? 」

            最初はドギマギして、青くなっていた義母が、
            段々と「 出口調査に選ばれた自分 」に
            ハイテンションになっていくのが ちょっと可愛い(笑)。



ペン台風

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




[ 2009/08/30 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(29)

「 こころ しんさい 」






        近隣に在る、義父と同い年(90歳)の義父の従妹が、
        独りで散歩していて転び、脚を骨折して動けなくなっているところを
        ご近所の御方に発見され、2ヶ月近く入院していたのだったが、

        この度、退院の日を迎え、そのまま施設に「 入れられる 」ことになる。

        認知症が酷くなってきており、ご同居のお嫁さんが要請された由であった。

        骨折入院されるまで、義母も毎日のように訪問を受け、食事をねだられたり、
        何時間も同じ昔話につき合わされ、閉口していたものだったけれど。

        とはいえ、外からは、記憶障碍については、さほど深刻なものでないようにみえ、
        ただ生来の好奇心の旺盛さ、我侭さ、頑固さが
        酷くなっている程度のようにみえていた。

           実際には、お風呂にどうしても入ろうとしなかったり、
           食べても食べても飽き足らず、
           「 嫁が食べさせてくれない 」と 近隣に食事をねだりに行ったり、
           時折 お漏らしがあったり、ということで、
           お嫁さんは大変ご苦労されていた由。

        こればっかりは、一緒に暮らしていないと、その大変さの程度ははかれない。



        以下は たまたま 同じ病院へ股関節の手術で入院していた、
        うちの本家のお嫁さんが観た話である。



      




        担当医からの説明で、この整形外科病院を退院したその足で
        施設へ「 入所させられる 」ことを知った義父の従妹は、憤激し、暴れ、号泣し、
        嫁が非道だと、病棟中を車椅子で叫び回る。

        それを泣きながら 息子さんとお嫁さんが追い掛け。


        縋って泣くお嫁さんの手を振りほどきながら、
        憤怒の形相で 見送りに来ていた人々に指を突き付け、

          「 あんたらも! 」

        同じ町の見知った人々を見つけては、ひとりひとりを指差し、


          「 あんたも。 あんたも。 それから あんたも!! 」

          「 こころ しんさい。

            長生きするなら こころ しんさい。

            自分が建てた、その自分の家を追い出される、こんな目に合わんよう。

            身体を大事にし、ことに足腰には気をつけて、
            若いもんに 追い出されんようにすることじゃ。

            わしを嗤うとる あんたらも、行く先は同じことじゃ! 」


         呪いのような言の葉に、皆 俯くことしかできなかった と。

         これを聞かされた義母も、私も。
         また、同様に紡ぐ言の葉もなく、ただ胸が痛い。


            60余年、この地で ずっとこの義父の従妹の傍に在った、
            義母の胸の内は如何ばかりのことか。


         しばし黙っていた義母は、ぽつんと私に、
         過日、入所したばかりの長義兄嫁のおかあさまのことを 誉め称える。


            あのひとも、入所を頑として承知しなかったけれど、
            先生から説得されたら、納得して、後は黙っておられた、と。

            少なくとも、他人さまに醜態は晒さなかった、
            他人さまのこころを乱すようなことはされなかった、と。


         そう言う義母は、他人事ではないのだと、少しは感じただろうか。
         私は 義父の介護以来、私自身のことをずっと考えて、いる――。



            或る程度の年齢まで生き長らえることができたなら、
            とっとと 自分で納得できる施設を選んで入所したい、と切望しているが、

            そのためには、とんでもないお金が必要になるであろうし、
            自宅と少年たちへの仕送りで全て吐き出している今、
            定年までの僅かな年数で、
            いったぃどうやって自分で得ることができようか。



         自分が自分でなくなる――。

         自分ではどうすることもできず、
         脳の霧が晴れたときに、それまでの記憶の欠落に激しく狼狽し、
         不安で悲しく、苦しく、嘆きのなかで、また霧が訪れ。

         この悲劇は 義父のときに 嫌という程思い知らされたものであったが、
         つくづく なんと哀しい、惨い病であることか。
  
         しかし、早くから自分に合う薬に出逢えば、随分と進行が違うようになって来た。


         近い将来、医療で克服できるようになるのではないか。。。
         是非是非 克服できるものであって欲しいと こころから願う。


              老いて 目が濁り、見えにくくなるのは。
              耳が聴こえにくくなるのは。

              もう 若い世代に バトンを渡し、世情から離れなさい、
              ゆっくりゆったり過ごしなさい、との
              神さまからのプレゼントなのだと。

              そう、思うように努めて来たけれど。


                 過去の良き想い出のなかに脳が遊び、
                 世事に惑わされず、ゆっくりゆったり過ごすことも、
                 また善哉ではあるけれど。

                 私自身が私自身でなくなり、
                 自分のことも自分でできなくなってしまって、
                 私の近しい大切なひとびとが そんな私の存在に
                 思い悩むようになってしまっては――
  
                       辛過ぎる、惨過ぎる。


                           時は 無常に流れていくけど、  
                           お金がないと、歳も取れませんんんんんヽ(`Д´)ノ
 


ペンSAD

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/08/29 00:00 ] 老い。 | TB(0) | CM(16)

これは何かな。






前々から実家に行く度に目にして、不思議に思ってた。

これは、いったい 何???




まぁぶる♪.jpg


















おそらくこれは、石鹸、なのだろうけれど――。



大昔に 母が廃油石鹸をつくってたことは覚えてる。

けど、これは、明らかに廃油石鹸ではないし、
かといって、特段、母が石鹸を手作りし始めた話は聞いてないし。



何か、曰くつきの 超・特別製 石鹸なのか、と、
手を触れないようにして来たのだったが、

先日、夫と実家へ泊まった晩に、
とうとう浴室にまで、この石鹸らしいものが置いてあり、
他に石鹸らしきものが見当たらなかったため、

ついに おっかなびっくり手に取って、使ってみる。



ふむ。 若干硬めには感じたけれど、
別に これといって、フツーの石鹸とは変わらないようだけれど、
 

この色やら形は、いったぃ???



      



考えあぐねて、母に尋ねると、
途方にくれているかのやうな私が可笑しい、と
笑い転げながらの母の答えは。


母の姪が 副業で化粧品会社のセールスウーマンをしており、
年末に、翌年の干支を象った石鹸を貰うのだが、

そのままではとても使えず、
箪笥の引き出しなどに入れて、香りを楽しんでいたけれど、
気付いたらめちゃくちゃ溜まってしまったので、
全部を煮溶かして 1つの巨大石鹸にしたのだ、と言う。



なるほどー。



で、巨大石鹸が幾つもできて、いい加減困ってたから、
貰ってくれると嬉しいわー。

などと言われ、面白いので全部貰って帰ることになり、
現在これが5個あるです(笑)。



普段、色付きの固型石鹸など使わないため、
これをキッチンと洗面所に置くと、なんとなく目先が変わり、
お洒落な感じになって、善哉善哉?



ペン弾

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ミキサーでできちゃう かぼちゃのケーキ♪









        近年になく、義母のカボチャが水っぽくて残念な出来になってしまったため、
        カボチャのビシソワーズ にしたら、とても美味しかったのに気をよくして、

        今度はケーキをつくろう、と思い。


        いつものパウンドケーキでは面白くないので、
        折角だから、、と レシピをググってみる。

        想像以上にたくさんヒットするなかで、
        ミキサーを使った超簡単なレシピであるのに、
        つくった方々の報告レポートがとってもたくさんアップされてて、
        大好評であるものに いたく惹かれ、トライしてみることに。

                  この御方のレシピは こちら
                     私はカボチャを多めに、牛乳を豆乳に。


        カボチャをチンして、バターを溶かし、卵を3個割り、
        あとは材料をミキサーに入れて混ぜるだけ、である。

            えー。 こんなんでだいぢゃぶなの????  aa

        きっと 焼きカスタードのようになるんだろな、と予想しつつ。




ミキサー!.JPG

        バターを塗った型にミキサーから直接流し込む。

        ( 後から、やっぱり硫酸紙を敷くべきだったと反省 )。

        黒くつぶつぶに見えるのは、皮というよりは空気の泡。




くるみ投入.jpg

        かぼちゃの種は切らしているので、生くるみを載せる。
         ( 食べるとき、とても香ばしくて、載せて正解! )

        そんなにもったりとは感じなかったのに、
        ちゃんとくるみが載る位の張力はあるらしい。





焼きあがり直後.jpg


     焼きあがり直後は、こんなに膨れているが、
     オーブンから出すと みるみる 萎む。

     卵の香りがとても素敵(//▽//)☆
     これなら香料は一切不要。



凹凹.jpg




     レシピ通りの時間では、
     我が家のオーブンではちょっと焼き過ぎ。
     これも早めに出したのだったが、
     5分は短くて良いかも( ..)φ

     





??? ??? ???



予想通り、カボチャの焼きプリン、みたいな。

甘くなくて、カボチャの甘みだけのような素朴さと
しっとりもちもちで 濃ゆ~ぃ食感。

ラム酒を入れたり、シナモンを入れたりすると
素朴さから離れた美味しさが楽しめそう。




焼き立て熱々でも、冷蔵庫で冷やしても。





おいちぃ♪.jpg



おいちぃ。 (@ ̄¬ ̄@)♪





ペン快晴

次は カボチャのスフレをつくちゃぉ?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  


ゴーヤの掻き揚げ と 茄子の素揚げ




       夫が 酒肴に ゴーヤの素揚げを食べたい、と言う。


       ゴーヤの素揚げは塩味で美味しいのだけれど、
       余りに小さくて、揚げるのも食べるのも手間なので、
       素揚げに近い掻き揚げでは如何、と尋ねたら、目を輝してOKだと言う。



ゴーヤを掻き揚げに☆
       だもんで、ゴーヤを薄く切り、
       お塩 ひとつまみ と、
       小海老を入れて混ぜ合わせ。

       落ち着いたら、
       つなぎのための小麦粉を
       気持ち振りかけて
       殆ど素揚げ状態になるようにし。

       チップスのように
       からりとサクサクになるよう
       じっくりじっくり揚げる。





ゴーヤ掻揚チップス☆
       したらば、色は悪いけど、
       一口サイズの
       おいちぃゴーヤ掻揚チップスが
       出来たなり(//▽//)☆

       フツーのゴーヤ素揚げや
       ゴーヤの天麩羅より
       こちらに軍配が上がる。

                
  
       ゴーヤは美味しいし、
       じっくり揚げたので発汗したし、
       私も飲みたいけれど、我慢、我慢(;;)。  








       普段、揚げ物をしないので、ついでにと、ゴーヤに先立ち、
       いつもはついつい焼いたり蒸したり炒めたりしちゃう茄子を
       素揚げにしちゃおう  と、思い立ち、
       お酢を入れ、鷹の爪でアクセントをつけた出汁に 揚げたてを じゅん と漬ける。

       花かつおを掛けていただいたが、これはもぉ我ながら泣くほど絶品!?

       茄子自体が自家製で美味しいから、なんだけど、
       思わず、何処か料亭に売りに行こうかと思っちゃうくらい(笑)美味しい。




             焼き茄子が大好きなので、殆ど焼いちゃうんだけど、
             たまにこうして素揚げを楽しむと、病み付きになりそう(@ ̄¬ ̄@) はーと



茄子の素揚げ煮びたし☆
茄子の素揚げ煮びたし☆ posted by (C)りうりう

↑ これは、小分けして、花鰹を掛ける前。
長~~ぃ茄子だったので、つい輪切りにしちゃって、
見た目は、「 絶品 」 からかけ離れてて、ごめんなさ~ぃ。

次回は 末広切りにしやう。 




ペンにょきにょき

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : グルメ
テーマ : 簡単レシピ

タグ : ゴーヤレシピ ゴーヤ素揚げ ゴーヤ掻き揚げ 茄子の煮浸し レシピ 末広切り

[ 2009/08/26 00:00 ] レシピ☆ | TB(0) | CM(12)

衆院大阪17区、宮崎1区 応援演説にて。








        24日、25日と。

        田母神氏が 衆院選大阪17区の改革クラブ前職、宮崎1区の無所属前職の
        御方の応援演説に立たれたらしいが、
        24日の内容が朝日comの記事に。  ( 朝日com )
        25日の内容は毎日jpの記事に。  ( 毎日jp )
        以下は 朝日comより全文。  ( 改行、網掛け、りうりう ) 



   広島平和記念式 「 被爆者ほとんどいない 」
  田母神氏が演説


   田母神(たもがみ)俊雄・元航空幕僚長は24日、堺市で衆院選大阪17区に
   立候補している改革クラブ前職の応援演説に立ち、今月6日の広島原爆の日に
   広島市で開かれた平和記念式について、「被爆者はほとんどいない」
   「並んでいるのは左翼」と述べた。被爆者団体は反発している。

   田母神氏は演説で、6日に講演で広島市に行ったことに触れ、平和記念式について
   「並んでいる人は広島市民も広島県民もほとんどいない」
   「被爆者も、被爆者の家族もほとんどいない」と発言。
   「左翼の大会なんです、あれは」とし、麻生首相が式であいさつしたことを
   「マンガです、ほとんど」と評した。

   式は広島市主催で、市によると、今年は約5万人が参加。
   被爆者やその遺族、家族用の約2500席はいっぱいだった。
   一般席にも被爆者がいた。市幹部は「市民、県民もたくさん参列した。
   事実誤認も甚だしく、コメントに値しない」と言う。

   式に参列した広島県原爆被害者団体協議会の坪井直理事長は
   「虚偽の発言であり、許し難い。平和記念式への中傷であるだけでなく、
    講演活動を続ける田母神氏自身、信頼を失うのではないか」と話している。

   田母神氏は式には出ていない。同氏は朝日新聞の取材に、
   発言の根拠について「広島の知人がみんなそう言っている」と説明した。


   6日の広島市での講演で田母神氏は、核廃絶に取り組むとした広島市長の平和宣言を
   「夢物語」と批判し、持論の核武装論を展開した。   (岡本玄、武田肇)



?   ?   ?




                      、、、えーと。

                      単なる、バカたれ、だった、ということで F.A.(o_ _)oポテッ




ペンはー

この御方が航空幕僚長という重職でいらしたことが怖い。
申し訳ないけれど、もう相手にしません。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
                   


[ 2009/08/25 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(13)

続 ・ 休耕田の新顔。








庭から休耕田へ降りるところ。


水田の排水口があるところで、いつもじめじめしているところに、
愛らしいお花を発見っ!!! ?


今年は これで2つ目の新顔さん。

少年たちの夏休みの自由研究で、雑草のフィールド調査をしたから、
毎年、「 雑草 」の生え具合が少しずつ変化してはいるのは判ってる。

んでも、こんな風に 次々新しい「 お花 」が咲き乱れるなんて、
我が家の休耕田の環境も 著しく変わって来てるのか。。。





はじめまして!




う"~ん。。。画像ではうまく伝わらない(;;)。

ひんやりした場所に寄り添い合うように咲く花は、
親指の爪程度の、小さな淡~ぃピンクで、
花びらのつき具合が変わってて、
とっても可憐に見える。





君の名は??.jpg



この可憐なお花にぴったりの名前であって欲しいと、

恐る恐るググって調べたら、
とても残念な名前が。。。(T^T)。



キキョウ科  『 ミゾカクシ 』 ( 溝隠 )

または  『 アゼムシロ 』 ( 畦莚 )



.....まんまや~ん ヽ(`Д´)ノ




ペンわー

花言葉は、『 思わせぶり 』 『 意表をつく人 』

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
 


[ 2009/08/24 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(2)

ドラムくんのその後。








       思いがけなく 我が家にドラム式洗濯機がヤって来て


       ドラム式に対する知識もデータも全くない状態で、
       無謀な買い物をしたものであったが、幸運にもたまたま良い機種に当たったようで、

       4日間の 手で洗い、濯ぎ、手で絞っての洗濯 を経たためもあろうが、
       無音のような静かさや、脱水までなら前の洗濯機よりも短時間ですみ、
       脱水しただけなのに、絡みが少なく、ふんわりと仕上がっていることに大満足で。

       少年たちが去った後のシーツから綿毛布、果ては 冬の毛布まで洗ってみたりして、
       その仕上がりにそれぞれ満足し、ほんとに嬉しく、感謝の毎日だったのに(;;)。



      



       なかでも、カンドーしたのは、
       夜から雨が降り始め、翌日はずっと雨模様になりそうだったため、
       生まれて初めて、自宅で洗濯 → 乾燥までを「 予約 」を使って
       夜中にヤってみたとき。

       洗面所のドアを開けておいたけれど、真夜中でも音が全く気にならず、
       ドラムくんが働いてる気配が少~ししてるだけ。

       早朝、起床してすぐに洗濯機を覗くと、
       ふんわり、ほかほか、イイ感じに乾いているのに カンドーする?


       試験的に、タオルからデニムまで、いろんなものを一緒にヤってみたのだったが、
       デニムには 少々しわがあったものの、タオルの毛羽立ちもなく、
       デニムに繊維がついていることもなく、なかなかの仕上がり。


          乾燥機を 入院時にしか使ったことがない私には、
          自宅の洗濯機から洗濯物を出して、それをそのまま畳んで仕舞える、
          ということに心底 驚愕し、感動してしまう。

          これから、花粉や梅雨時の生乾きの嫌なにおいから解放だろうと思うと、
          踊り出したいくらいに嬉しい。


       んでもでも。 コインランドリーで乾燥機を使ったら、どれだけコインが必要か、
       入院生活中に身にしみているので、余程困ったときぢゃないと使わないぞ!


      




       ドラムくんが我が家に来てまだ1週間も経っていないこの日、

       購入した大型家電店から 封書で  【 決算セール 】 のご案内が来る。


          その瞬間から イヤ~な予感はしていたのだけれど、
          我が家はまだ、クーラーやら冷蔵庫やら、食洗機やら、掃除機、扇風機まで、
          お亡くなりになっているものやら、虫の息でいらっしゃるものが在るため、
          開封せざるを得ず。


       したらば 案の定、まさに我が家が買った洗濯機と全く同じ機種が、
       【 決算価格 】 とやらで、我が家の購入価格より 1万円のダウン! ?


          その大型家電店で、数多く陳列されていたドラム式のなかから、
          まずは値引率に惹かれ、そこから あれこれ見比べ、
          この機種にしようと決めた夫は 大荒れ。


          確かにね。
          【 盂蘭盆価格 】で 既に1万円ダウンしてたけど、
          そこから、1週間もしない間に また 1万円値下げなんて、不親切だよね。

          盂蘭盆前に購入なさった方々は、10日間で2万円ダウンしたことに。(ー"ー)

            うちのお店でも 定番商品を値下げすることがあるけれど、
            その場合は、値下げ前に当該商品を購入しようとされたお客さまには、
            必ずその旨をお話し、値下げまでお待ちいただくか、
            値下げ開始日まで1週間以内であれば、値下げを前倒して、
            その日までは ご家族以外に内緒にしていただくようお願いしてる。

          そうしなくちゃ、値下げ直前にご購入いただく方々に申し訳なく思うから。

          そう感じてる私たちが おかしいんだろか。。。(-_-)。


      



               ともあれ、それは、この大型家電店の販売姿勢なのであって、
               ドラムくんが悪い訳ぢゃないんだから、、、と、

                胸をさすりさすり、平静であろうと努めてたらば。


               この日、雨だろうと 乾燥までしちゃったのに、

                    午前9時を回ると、 ぎらぎら太陽のお出ましー。 ヽ(`Д´)ノ




ペン嘆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/08/23 00:00 ] ぷんぷん ヽ(`Д´)ノ | TB(0) | CM(2)

和 の 内祝。








         過日、友人のご成婚御祝に、と、さんざん悩んでいたところ、
         彼女が最近和服にハマってる、との情報をつかみ、
         これだ!!!?? と 和雑貨のあれこれ を 贈った のだったが。




         その 彼女から 「 内祝 」 が 届く。

         お返しなど要らなかったのに、、、
         私は好きで プレゼントを選ぶ苦しみを楽しんだのだったが、
         忙しい彼女に 気を遣わせ、時間を取らせてしまった。。。(;;)。

         申し訳なかったかも、、と ヘコんでいたのも 開封するまで。




東京国立美術館.jpg





         ぅわ。 美術館んんんんん??

         なんだろなんだろ ??? と わくわくわく。




美術館の手拭.jpg




         きゃ~~~~~~~~~~~ん (//▽//)☆☆ ??

         すっごぃ カコいい 手拭!!


              我が家の手拭は、お祭りや盆踊りのときにいただく豆絞りとか、
              お寺さんのお名前入りとか ばかり。 
              
              ずっと カコいい手拭を欲しい欲しいと思ってて、
              んでも、買おうとしては、お値段にビビり続けて幾星霜。

              だもんで めっちゃ 嬉しい(T^T)。

                   んでも、どーしよー。
                   このまま飾って、にたにたしそう。
                   ダメダメ。 何に遣おう。 やっぱり浴衣のときかなぁ。。。




                「 和 」の想いをお贈りしたら、「 和 」のこころが還って来る。

                     ぬゎんと 嬉しいことでしょう。

                     ありがとー。  \(^o^)/☆

                     どぞどぞ 末永く お倖せに ???


                * 左/『 江戸兵衛縞 』
                          館内保管の重文・東洲斎写楽筆 浮世絵版画
                           「 三世大谷鬼次の奴江戸兵衛 」の着物地柄より
                       右/『 蝶文 』
                          館内保管の「 白地蝶文金襴紗裂 」 の紋様より

                                 端ミシン、、、しない方がいいよね?


  

  
ペンにょきにょき.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



大姪誕生。







        19日、夫の誕生日に少年たちを見送り、しょげきった夫のため、
        夜、( いただきもののお食事券で )
        市内某超高級料亭にて豪華コースをいただき、
        そこでの寿司折を手土産に ふたりで私の実家泊。


        翌朝、義母の襲来前にと 実家での朝食もそこそこに帰宅するも 一足遅く(-_-)。


           でもそれは、故ある襲来だった。

           早朝、長義兄の長男に、第1子が無事誕生したのである。?

           おめでとう\(^o^)/☆?



              私は、初めて「 大叔母 」になっちゃったのであるが、
              恥ずかしながら 逆をどう呼ぶかを識らず、
              慌ててググって「 大姪 」というのだと識る(滝汗)。
              。。。如何に自分中心の世界認識でしかなかったかを痛感!
             

           甥夫婦は横浜在住なのだけれども、お嫁さんのご実家は九州なので、
           男性でも「 出産休暇 」が1ヶ月ある企業に勤務する彼は、
           早速休暇を取って九州へ飛ぶ。


           早速 その「 出産休暇 」は、
           お嫁さんの里帰り期間が終わってから、横浜で取った方が良いのでは、
           などと、両家でそれぞれ喧々諤々らしいけれど。

               ふはは。 まずは 倖せな倖せな 想いの行き違い。
               野を越え、山を越え、ふぁいとふぁいとで新家庭を築いて行こう。 

           幼少時より、賢くてハンサムさんな 私の自慢の甥っこだった。
           ぃょぃょ パパだね! おめでたう\(^o^)/☆


?   ?   ?



           8月18日は、夫の次兄の誕生日。
             19日は、夫の誕生日。
          そして20日が、夫の長兄の初孫誕生、と、めでたき日が三連続となり。

          義母の孫たちは7人を数えるが、
          この初曾孫の誕生日を 一族の誰もが忘れそうもない^^*☆


          早速送られて来た写メールに、曽祖母となった義母は狂気し、

             「 便利な世の中になったもんよのぅ。
               はぁ、目を開けて、生まれて半年も経っとるような、
               しっかりしたべっぴんさんぢゃ 」

          既に曽祖母馬鹿ぶり満載である。     
                     。。でも確かに 生まれたてとは思えないほど、可愛ぃ^^*☆


                  ようこそ Hちゃん!

                  君のおとうさんの 叔父叔母たち、従弟妹たちは、
                  みんなで首を長くして待ってたよ!!

                  どうぞ 元気いっぱぃで
                        すくすく すくすく 大きくなぁれ☆☆


ペン喜

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/08/21 00:00 ] 聴きました^^*☆ | TB(0) | CM(2)

カボチャ と 豆乳 の ビシソワーズ♪








      義母から貰った南瓜たちが少々水っぽくて、青臭いぃぃ(;;)。

      いつもは「 栗南瓜 」として ほくほく と、
      ただ切って焼いたり、レンジでチンするだけでも美味しいのに。

      義母曰く、種が悪いのではなく、日照時間の問題だと思う、と。


         やっぱり今年は、おかしいんですね。。。
         煮物にしたら、かなり濃い味をつけないと美味しくない(-_-)。
         だもんで、何年ぶりかにビシソワーズにしようと決める。




         ● 南瓜を皮のまま 炒めやすいように 適当にざく切り。

         ● 玉葱も炒めやすいように ざく切り。

         ● 鍋にバターを熱し、南瓜、玉葱を炒め、
           全体にバターが絡み、火が通ったら かぶる位に水を入れ、
           固型コンソメ、ローリエを入れて 蓋をして煮込む。

         ● 沸騰したら 気持ち濃い目に塩胡椒で味を整え、火を止めて冷ます。

         ● 粗熱が取れたら、ミキサーに豆乳と一緒に入れてシェイクし、冷蔵庫へ。

         ● トッピングはお好みで。( 今回は青紫蘇 )





カボチャのビシソワーズ♪♪.jpg

生クリームも使用せず、
豆乳でつくったのは初めてだったけど、
あっさりとしてて、めちゃぅま(//▽//)☆??

大成功~~~♪♪




ペンジャンプ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



少年たちの出立。







       19日。


       夫の誕生日であるが、私の出社時間に合わせ、
       まるで無関係(滝汗)に少年たちが出立する。

       高速バスでの帰省であった上の少年は、
       帰路手段を 下の少年の最寄駅まで同乗し、そこから電車で、と言う。


         下の少年は、上の少年が育ててくれたようなもので、
         兄は弟に1度も手をあげることなく、
         常に ひっつきもっつき の 仲良しこよし であった2人。

         これも2人が社会人となり、互いに家庭を持つようにでもなれば、
         関係性は 微妙に、徐々に違ってくるはずであるし、
         今だって こうした2人きりの時間など、なかなか持ててないはずなので、

         私はとても嬉しく、有難いような想いだったのだけれど。



       心配性の義母は勿論、夫まで渋い顔をして反対したのに驚く。

 
         夫曰く、
          「 もし何かあったら、仁だけでも痛手なのに、
            もしも、2人を1度に喪うようなことになったりしたら… 」。


       その顔は、既に半泣きである。 ^o^;


       げげ~~ん。

       そーんなことなど、想像だにしない私。
       根拠のない、「 だいぢゃぶ 」感。

       いのちの大切さ 儚さ は、悲報に接したばかりで痛感してはいるのだけれど。

                    、、、夫の方が遥かに「 母性 」的?? なんでしょか。



  
       結局、少年たちの固い意志と私の応援で、2人は仲良く同乗して出立する。

       19日の国道は 激しく混んでおり、途中から高速に乗ったとのことで、
       予定時間を大幅にオーバーした6時間後に 2人からのメールをそれぞれ受信する。


       上の少年からのメール。

           「 無事着いて、これから電車で京都に帰るよ~?
             めでたし めでたし ? 」
        

       出立までの一連の騒動を彷彿とさせる 「 めでたし めでたし ? 」 に
       独りウケて 職場で爆笑する。
       と 同時に、滅茶苦茶心配していた自分自身も発見する。

           「 良かった、良かった! ???
             おとうさんが心配してたから、おとうさんにメールをしてね。
             お誕生日おめでとう、も忘れないでね! ? 」





   花氣随酒.JPG

下の少年のお土産。

大吟醸 『 白鷺の城 』。
驚くほど とろ~り としてて、とても美味しかった(//▽//)☆




      

         お誕生日なのに少年たちが居なくなって、しょげかえる夫のため、
         出社帰りの夜に待ち合わせて、某高級料亭にて コース料理を。


               新鮮な食材たちを生かした お味と見事な盛り付けと、
               眼下に広がる美しい市内の夜景を愛でながら。

                      会社の話と少年たちの話で 夜が更ける。






ペン一言.gif  "お疲れさま…"


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



悲報のなかで。







       18日。


       前夜、中学時代のチームメイトから呼び出しを受け、嬉々として出かけた下の少年。

       明け方、皆で近くのこの辺で1番高いお山に登り、ご来光を拝んだのだと、
       ハイテンションで 出勤する夫と入れ違いに帰宅し、夫に挨拶をし、
       「 んぢゃ、お昼まで寝ま~すХХ 」 鼻歌混じりで2階へ。


       前日、私の出社日など、ハナから気にもしてない様子で、
       「 もう1日滞在する 」と少年たちがいうので、
       やむなく19日朝に、少年たち出立、私も出勤、と変更したのだったが、

       その最後の日、
       上の少年は熱心にレポートをヤっつけてるし、下の少年はひたすら眠ってるし、
       私は 出社しても良かったんぢゃないの? ヽ(`Д´)ノ


       例えレポート三昧でも、例え眠っていても、
       少年たちが広島ではなく、この地に在る、というだけで、
       上機嫌な義母の様子に、ま、いっか、、と溜息つきつつ、
                  その分、夕食をハリこみましょうかね(-_-)。



      



       8月に入ってすぐの晩、夜中に独り、たくさんの消防車のサイレンを聞く。
       もしかしたら近くなのかも、と 2階に上がって闇をすかして観たが、
       よく判らず、隣町に出動したのだな、と それきり忘れていた。

       その2日後の朝刊で、夫がうちの町内であったことを発見し、
       それも上の少年の同級生のお宅であり、
       その彼女が叔母さまと共に 焼死しておられたことを識る!!!



           中学から広島市の私立校へ進学されたので、
           上の少年とは小4から3年間だけのクラスメイトであった彼女のお宅は
           10年前まで義母がよく通い、
           私もよくお供に連れて行かれた鮮魚屋さんであった。

           私の実家の母より2歳若い彼女のおばあさまと、
           私よりお若い彼女の叔母さまと彼女の3人暮らしのご家庭で、

           上の少年と彼女とはクラスメイト、というだけで挨拶ぐらいのものであり、
           ご家庭の事情からPTAには全く参加されないし、
           私は彼女のお顔をうろ覚え程度(゚゜)\バキ☆という、
           我が家とは殆どご縁の薄いお宅であったのだが、
           噂話だけは、イヤという程、義母から聞かされていた(-_-)。




      扱っておられるお魚は、地魚中心でとても高かったが、イキが良く、
      前もって注文すれば、そのお魚を仕入れても下さり、
      大変美味で見事なお魚ばかりなので、長年、ここぞ!というときには大枚をはたき、
      義母がとても贔屓にしていたお魚屋さんであったのだが、

      段々と、買いに行く度、私立校へ進学した孫娘の自慢話や
      孫娘の小学校時代の先生方への不満、悪口をめいっぱぃ聞かされることに
      業を煮やし始めていた義母が、とあるお正月に買い込んだお刺身代金に、
      あれこれ頼んでいないオマケが入れられ、15万円を越したことから立腹し、
      以来、その魚屋さんへ行かなくなってしまっていたのである。



      



      新聞には、お歳を取られたおばあさまに代わり、
      叔母さんがお店を切り盛りし、学生である彼女が行商に行くこともあり、
      ( 若いのに )よくできた女性であったことが書かれてあり。

      この火事で、彼女と叔母さんが亡くなり、おばあさまだけが生き遺られた、と。


      驚愕し、とりあえずお香典はどうするか、同級生たちで動くのなら代理で動くよ、と
      すぐさま上の少年にメールしたものの、
      ご葬儀は既に終わっており、お宅は焼け落ちて、
      独り遺られたおばあさまが 何処にいらっしゃるかも判らず。。。。


           ご縁の薄かった私が、何をどうすることもできないのに、
           ただただ お気の毒で、胸痛く、
           強烈なる衝撃に、おろおろとやきもきとするばかり。


      



      この日、義母から新たな情報が入ってくる。


      ヤリ手なおばあさまが 一手に切り盛りされてた魚屋さんを
      彼女の叔母さんである 娘さんに譲られたのは、
      1度脳梗塞で倒れられ、要リハビリ状態でいらしたためであり、
      以来、軽い認知症の症状も出て来ておられたからだった、と言う。

      そこへ、この火事で、自宅と娘さんとお孫さんを喪い、
      ご葬儀の挨拶その他は、ご本家さんが仕切られたものの、
      誰もおばあさまを引き取られなかった由にて、
      おばあさまは行き場がなく、寝る場所もない状態でいらしたところ。



          町内の、このお魚屋さんの女性のお客さまが、血縁関係も全くないのに、
          要介護状態でいらっしゃるこのおばあさまを引き取られた、と(T^T)。

          この御方は町内の職場を定年退職され、姉妹で自宅を建てられたばかり。
          新築のお宅の2階と1階に姉妹で分かれて住んでおられ、
          ご自分のテリトリーである1階の1室に、
          このおばあさまを引き取られた由である(;;)。





          自分たちのことだけでぎりぎり精一杯である今、この時代に、
          「 何をどうすることもできない 」どころか、
          このような無私なる美談中の美談のようなこの御方に対し、

          町内の介護施設から、
          「 いよいよとなったら、うちで おばあさんの面倒をみましょう 」と
          申し出られた由にて、

          胸を撫で下ろしたい想いと、  
          そんなことがどうやったら可能なのか、という驚きと、
          このおばあさまより私の母の方が2歳も上である、という不安やら。



                 これもそれも。

                 私がどうやっても馴染めず、嫌いで、憎んでさえいた、
                 この地の旧態依然とした「 ムラ 」社会のお蔭であるのか、と

                 頬を はたかれた想いがし、くらくらと想い惑う。


   
ペン小潤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/08/18 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(8)

第二次家電寿命期 到来。







        17日。 待ちに待った洗濯機がヤって来る(T^T)。



        ここのところ、余り脱水しないことが続き、
        夫とあれこれ手を尽くして点検、メンテに勤しんでいたが、
        12日には全く回らなくなって、ついにお亡くなりに(──┬──__──┬──)。



           家電のなかでも、特に冷蔵庫や洗濯機などは、使い勝手を重視しつつ、
           じっくりじっくり選びたい、と常々思っているのに、
           動いている間は我慢するため、結局、にっちもさっちも行かなくなってから、
           慌てて、「 すぐ納品して貰えるもの 」 的選択となり、
           後々、うぅむ~と思うこと多いのだが。


        今回もまた、背に腹はかえられず(悲)。


        13日、少年たちと待ち合わせる間に大型家電店へ。


        ドラム式など夢のまた夢。
        全自動のなかからどれを選ぼう、と思っていたら。

        洗濯機ブームなのか?? 生活家電売場に至るエスカレーターの横に、
        26万が22万、などと、ドラム式洗濯機が華々しく並んでおり。

        それに幻惑されてしまったらしい夫が、
        全自動が陳列されているところへ行き着くまでに、
        「 当店人気 第2位? 」という看板付の東芝のドラム式、
        『 盂蘭盆価格 』とのことで、7万円ダウンのものに目を留め、
        「 これにしよう! 」と のたまう。


           まぢですかぃ? a


        えええええ。 ちょっと待ってちょっと待って~~。

        そんなん、思いもしてなかったから、私のなかにデータがない。

        ドラム式なら、オゾン洗浄・脱臭とか、リサイクル廃熱利用とか、
        風呂水浄化システムとか、メーカーでかなり違うみたいだし、
        必要水量や電力なんかもチェックしたいし、音だって気になるしー。ヽ(`Д´)ノ


           しかし、夫が呼んで来た年配の販売員の御方も
          「 これはうちと東芝さんとの共同開発で、
            ドラム式のなかでは自信を持ってお勧めできるお値打ち商品です! 」

           お目が高い!とばかりに、きらきらとお顔を輝かせてお勧めになるので、
           隣で上機嫌な夫を見やりつつ、
           「 まぢ で 我が家に ドラム式が?? 」 半信半疑で決定。

           私が使う電化製品を夫が決めちゃう、なんて、
           こんなびっくりなことは 我が家では 初めてのこと。
 


               しかし!
                  今、ググると、うちの購入価格より安い(-_-)。→

                  このモデルに比べ、
                  花粉特別コースや、クリーンコースがついていて、
                  少しオプションが多いらしいけれど、
                  7万円引きって、いったぃ何処から???(ー"ー)




        あれよあれよと会計が進み、古い洗濯機のリサイクル代3500円を支払い、
        いよいよ配送! 早ければ明日?? と
        こればかりは私も期待の目で販売員さんを見つめる。


        配送部へ電話され、「 え~。 そこをなんとか 」みたいな
        ヤな感じのやり取りの後、振り向かれたお顔は、苦虫を潰されたやうで。


        「 申し訳ありません。
          お盆で配送が混んでまして。。。
          なんとか組み入れて貰って、17日の午後になりますがよろしいでしょうか 」

           aaa


        在庫切れなのではなく、「 配送 」のためなのなら、機種を替えても意味がない。

           よりによって、少年たちが帰省し、バスケ三昧のこ奴らの洗濯を、
           その間、全て 手で???  ヽ(`Д´)ノ

               、、、昔のおかあさん、は してたよね(-_-)。


        で、17日午後まで(-_-)。

        私はしっかり手で洗濯をし、手で絞り、左肘が腱鞘炎の如く(-_-)。


??    ??   ??



        しかも。

        13日夜。 久々に一家4人揃って、蒸し暑い夜だったため、
        今期初めてクーラーを入れたらば。


        クーラーの排水がクーラーの送風口より雨霰と降って来たのであるヽ(`Д´)ノ。

        最初は、昨夏クーラー内洗浄をしたので、それが出て来たのかと、
        高をくくっていただのだったが、バケツと洗面器で受けていると、
        みるみるそれが満杯になる勢いで。

        仕方なくクーラーを停め、リビング隣の和室の扉を外し、
        和室のクーラーをつけて扇風機で循環させて、なんとか凌ぐ。

        この間に濡れてしまったもの数多く、これらも全て手洗い(-_-)。



        電化製品の寿命は概ね10年前後というが、我が家も結婚25年。 転居して丸14年。
        ぼちぼちと電化製品2度目の買い替え時期の足音が聞こえ始めている。

          洗濯機然り、掃除機然り、冷蔵庫然り。

        しかし、殆ど使いもしない、クーラーは盲点だった。。( ┬_┬)


??    ??   ??



        洗濯機を設置に来てくれた係りの御方に、ついでのように質問してみる。

        おふたりで室外機まで観て下さり、

         「 おそらくドレーンの腐食による逆流だと思いますよ。
           ドレーンの取替だけで済むと安くすみますが、14年なら、もぉ。。

           14年なら、長くもっておられる方ですよ?
           この度ドレーンを取り替えられても、おそらくもう何年ももちません 」

         「 え? この14年で30回も使ってない?? それも冷房だけ??

           奥さーん。 こういう電化製品は、使用回数ぢゃないです。
           出荷後、何年経過してるか、なんですよー 」

               ぅ、、、判ってるけど、聞いてみたかっただけだよ~~(T^T)。


??    ??   ??



        とりあえず、どうにも暑くて死にそうなときは、
        広島マンション時代の20年ものの元気なクーラーのある仕事部屋へ避難するか、
        和室のクーラーで凌ぎつつ、買い替えは、延ばすだけ延ばそう(;;)。



           で、ほぼ夫の衝動買いのやうなもので我が家にヤって来た、
           東芝のドラムくん。 驚くほど音が静かで快調!である。

           前の洗濯機が脱水を余りしなくなってて久しかったので、
           ふんわりと脱水されてて、外に乾すとあっという間に乾き、
           午後からでも夕方には取り込めることに感動する。

           洗剤なしのランドリーリング+酸素漂白剤のみで、
           めちゃくちゃ綺麗に汚れが落ちてる。
           ( このランドリーリングが唯一音を立てる。
             ドラム式に使用してはいけないかもしれない(;;) )

           斜めドラムは やはり膝にやさしい。

           洗濯物同士が殆ど絡んでいないのは不思議。

           以前は2回洗濯すれば、風呂水が殆どなくなっていたのに、
           2回洗濯しても、風呂水の水位が10cm程度しか減っていない。

           花粉コースがあるのも嬉しいのであるが、
           除菌脱水や除菌消臭機能は、梅雨時や花粉時にはとても有難い。



           なんというか、4日間、手洗い手絞りの日々から解放され、喜びも一入。???

                  昔の女性の辛抱強さ、偉大さにも、想いをはせつつ。




ようこそ☆ドラムくん


           ただ、以前の洗濯機
           ( 『 お湯取り物語 』 )は、
           楽しそうに スタートボタンで歌い、
           終了するとまた高らかに
           囀ってくれていた。

           それも2種類の歌声で。

           それを巷ではヤり過ぎ、と評されてたり
           してたけど、私は楽しくて好きだった。

           今回のはフツーの電子音で、
           ちょっとそれが、淋しいかな(゚゜)\バキ☆




ペン乱

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/08/17 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(16)

コオロギ初音。








      16日夜。



      少年たちふたり、広島泊にて、夫も寮へ。


      なんだか久々の独りの夜に、思いっ切り のびのびとバレー観戦三昧。???


              したらば、コロコロコロ と コオロギ が。 




                         夏嫌いの私が、やっと一息つける 秋の気配。
                         けど、いつもより4日は早いんぢゃないかな。。。

                         。。。だいぢゃぶか > 地球。


 


          草深三 蟋多 鳴屋前 芽子見公者 何時来益牟

                                             ―万葉集―







金持開運福朗(金持神)

↑ 今年2月に盛り上がった、
コイン通りの 金持開運福朗さま(笑)。



フクロウ(コイン通りで)




← こっちは、「 金持神 」さまたちのご降臨前に
  コイン通りの方々が
  ご自分たちで盛り上がってつくっちゃった
  良くある形、の、ふくろうさん。

  で、私は、こっちの方が可愛く思えて 好き ^o^;









ペン晴

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/08/16 00:00 ] 聴きました^^*☆ | TB(0) | CM(2)

終戦の日。






      15日。


      この日は、次義兄と社会人2年目の甥が日帰り帰省。

      夫は出社、上の少年は高校バスケ部合宿参加で不在。
      長義兄たちは13日の帰省であったため、総勢5名のささやかな盂蘭盆。


           それでもあれこれ、おさんどんが待っている!  


      6時台の電車で出社する夫にお弁当をつくって見送り、
      7時台の電車で広島に向かう上の少年の朝食を準備していると、
      とんとんとん、階段を下りてくる上の少年の足音。


           とん。

           ザー    


      彼が1Fに着地すると同時に、それまでの曇天から土砂降りとなり、
      彼の余りの雨男ぶりに、爆笑する。


          「 なんでなん???? 」

      情けなさそうな彼に、私は ひぃひぃおなかを抱えて

          「 ほんまに。 君にはカンドーするわ。
            おとうさんは、ちゃんとさっき、自転車で駅まで行っちゃったよ?? 」

          「 友だちに有名な晴れ男がおるんぢゃけど、
            僕と逢うときは、いっつも曇りになるんよ。
            みんな、それを期待してるし。   。。。。中和されるんかね? 」

      わはは。
      自分が雨男であることを絶対認めようとしなかったものであるが、
      度重なる不運に、ついに自覚も出て来たか?


      駅まで少年を送りながら、


          「 今日は終戦の日だから、12時には黙祷するんよ? 誰がしなくても、ね 」

          「 わかっとるよー? 」


      にっこり笑って電車に向かう彼を見送り、
      義母に頼まれていたアイスクリームやら隣県に持って帰って貰う手土産物をゲットし、
      そのまま義母宅へ。


??   ??   ??

          
 
        広島に就職した、瑛太そっくりのイケメン2年目社会人甥は、
        相変わらず社会人のにおいが全くしない(笑)。

        ( 子どもの頃からの夢だった )業種で学び、専従でき、
        会社が楽しくて仕方がない、と言い、

        愛車であるツーシーターの助手席に父親を乗せ、
        今日はこのまま、会社の寮に帰るのだ、と言い、

        逆方向へ帰る助手席に乗せて来た父親は、電車で帰るのだと言う。


              幼き頃より、何処か社会を斜めから観てるような、
              とらえどころのないような甥であったが、
              こうしで活き活きと輝いた笑顔が眩しく、嬉しく。

              また、何処も、子どもたち中心のイエになってしまっており、
              何事も 親が我慢し、親が子どもたちの都合に合わせるのだなぁ、、と
                                    なんだか しみじみ。


        従兄のぴっかぴかのカコいいツーシータに、
        中古の極みなライフの下の少年は、さぞかし羨ましがるだろうと思いきや、

            「 貧乏な僕には、燃費しか興味の対象にならん 」と のたまい、
            にや、と笑って 従兄に、

            「 このカコいい車に、カコいい僕がサインをしてあげやう 」

            油性マジックを取り出したので、顔色を変えた従兄に追い掛けられる(笑)。


??   ??   ??



        義父の墓参を済ませ、次義兄親子中心に楽しく昼食をとりながら、黙祷。


           せめてこの日だけでも。


           ちゃんと手をとめ、手を合わせ、頭を垂れて、
           あの戦争で大切ないのちを喪われた方々の御霊を悼み、哀悼の誠を捧げ、
           今 自分たちが生きて在れることに感謝し、

           その分、私たち自身が しっかり平和を祈念し、守っていくことを
           きちんと形として表明し、誓いを積み重ねていこう。




ペン潤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/08/15 00:00 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(2)

盂蘭盆に海水浴。






       14日。


       最愛の父の祥月命日。

       前日に、定休であった夫と墓参を済ませ、
       「 来年は 25回忌だよ 」 という母の声を耳にしつつ。


       昨年は、4人揃って迎えることができたのであったが 

       今年は、その日の朝、
       中学時代のバスケ仲間たちから島へ泳ぎに行こう!との誘いがあった由にて
       自宅にまで迎えの車がヤって来て、下の少年が いそいそと出て行く。


       「 盂蘭盆に海に行くなんて!!a 」  私の非難の叫びに

       「 ぅん、、、確かに。。  ヒジョーシキだよね? 」 と俯く下の少年。

       「 。。。でも、久しぶりに逢うんだし、今日しかないし、断れんし。。。
         今日は 伯父さんたちも来んけん、いーぢゃん! 」




          く~~~。


          まだ 思わず俯く罪悪感を持っているだけでも。
          終戦の日に遊ぼうとしないだけでも、「 マシ 」なのか?

           ( 上の少年は、終戦の日に、高校バスケの合宿である(ー"ー) )。

          義母にバレると面倒なことになるのは必至(滝汗)なので、
          海に行ったことだけは伏せておこう。。


          下の少年には、盂蘭盆を境に、海には海月が出るから気をつけること。
          どうせなら、温泉代わりに海水にしっかり浸かって、
          肌を治そうとこころ掛けること。
          陽焼けすると最悪になるので、タオルを被って肌を焼かないこと。

          ぅだぅだくだくだ注意して送り出す。


      



          翌15日から広島へ行く上の少年は、この日、珍しくオフ日で、
          午後から祖母孝行をする由にて、
          午前中は私のデスクトップで黙々レポート作成。

              院へのアクセスは、登録した自分のマシン以外には、
              登録したフラッシュメモリがないとできないシステムなんだそうで、
              なかなか興味深い。


      



          夜、下の少年の分まで たっぷり祖母の話相手になってくれて、
          ぐったりした様子(笑)の上の少年と夕食を済ませたところに
          ちょっぴり日焼けした下の少年のご帰還。



          開口一番、

           「 おかあさん!
             海水浴場は、ひとでいっぱぃぢゃったよっ!!!

                      み~んな、盂蘭盆に海で遊んでんぢゃん! ? 」



             う"。。。


              。。。それはねー、現代人は 忙しいから、
              お盆休みくらいしか、皆でレジャーできないのかもね。




                      んでもね、、、、母はやっぱり、
                      盂蘭盆に海、はないと思うし、


                      できれば、遊ぶにしても
                       家族で  共に在って欲しい、と思うなり。

                      盂蘭盆やお正月は、
                      極力、家族で過ごして欲しい、と思うなりよ。

                      もう君たちの世界優先の日々なのだから、
                      なおさら、ね。
   

ペン困

出立前の彼に、今日はおじいちゃんの命日だよっ!! と叫んだら、
ぅん、判ってる、さっき、おばあちゃんにメールした。と。

忘れないでくれてて ありがと。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ETC渋滞






         お盆。


         うちの会社はお盆休暇なし。 定休日が木曜のため本日のみ休み。
         

            それに合わせてくれたかのように、
              11日まで試験だった上の少年。
              11日まで集中講義だった下の少年。
            それぞれ、本日帰省、とのことで楽しみに待っていた。


         上の少年は、交通費節約のため、高速バスを早くから予約。

           京都発 午前8時半。

           広島着は2時過ぎの予定、とのことで、

         私たちは広島まで迎えに出て、上の少年をピックアップし、
         14日が父の命日でもあるので、私の実家で墓参りを済ませ、
         夕刻到着予定の下の少年と合流する予定であったのだったが。


           無事、乗ったよ♪ という上の少年からのメールのすぐ後で、

           「 ETC渋滞で、大幅に遅れるらしい 」 とメール。


         そして11時半。 彼が乗車して3時間目にして、

           「 僕、まだ大阪なんぢゃけど 5~6時間は遅れるんだって 」


ペン驚



         お盆だから。

         渋滞は当たり前、的諦めはあるし、覚悟もしてるし、
         2時間位は、仕方ないよな、って思う。

         新幹線指定席代をケチり、自由席で立つよりは、と
         自分たちで、高速バスを選んだのだから。



                 でもね、でもね、5~6時間遅れ、て。ヽ(`Д´)ノ
                 もはや 高速 バス ぢゃないし。


                 つくづくETC1000円体制が腹立だしい。


                 先日も、ヤマトさんが ETC渋滞で大幅に遅れ、
                 業務に大いに支障をきたし、
                 お客さまにお約束した時間に間に合わず、
                 右往左往したばかり。



         下の少年は、ハナから国道で帰省する予定で、無事に到着したけれど。


              以前、案じた通り になって。

              やっぱり この政策、絶対間違ってると思う。 ?



ペン激怒.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ゴーヤのなかに










ゴーヤのなかに。


朝顔 一輪。










ペンわー

これは 昨年のこぼれ種から、
勝手に 巨大なゴーヤ畑に成長したもの ^o^;

ちゃんと苗植えしたものより元気で、
南瓜の如く、地面にごろごろ生ってます^o^;。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/08/12 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(4)

ゴーヤピザ







        いつも、2泊とか3泊の短い滞在期間のうえ、
        どちらもクラス会やら高校バスケ部の合宿参加やらで殆ど不在、という、
        少年たちの盂蘭盆、暮帰省なのだけれど、
        今夏は、2人とも5泊6日と珍しく長く、自宅で夕食を食べる回数も3回あり、
        彼らの好物尽くしに奔走する^o^;。



        で、ピザもその1つなのだけれど、
        盂蘭盆のご馳走が続いたので、ヘルシー路線??で、
        お肉類を入れずに、ゴーヤと玉葱でつくってみる(笑)。




ゴーヤピザ☆



        赤玉葱とゴーヤを刻み、
        あらかじめ チンして
        どっさり載せ、

        胡椒を効かせて、
        青紫蘇を散らしてみる。
        










CIMG1292.JPG

    結構、んまいっ(//▽//)☆

    次はもっとチーズの量を増やそう。? 
    んでも全~部
    このお味ぢゃ飽きるので、

    ピザソース使用のものと
    サルサソース使用のものと。
    これらには マッシュルーム。

    後は、鰹節に魔法の醤油にして、
    茸をエノキに。

            。。。皆で8枚(-_-)。









大きな食卓に 少年たちが並んで座り。


つくる端から、歓声とともに次々と平らげてくれる情景は、
まるで 時が戻ったやうで、くらりとする。

けれど、よくよく観れば、
上の少年は、ワイン、冷酒を傾けながら、だし。

下の少年の鼻の下は、うっすら濃くなってて。





光陰、矢の如し。


ペン猛走.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



じゃがりこ とうきびバター味







       40年近く憧れ続け、これまでに3度チャレンジするも
       常にその度に何かが起こり、未だ達成できない 私の憧れ?の北の大地行き。


          ( 少年たちも、修学旅行が北の大地、という高校へそれぞれ入学したのに、
            そして、ずっと修学旅行を楽しみにしていたのに。

            ふたりとも揃って、 彼らの代から 、沖縄や東京へ変更になる。(-_-)
            我が家は北の大地を踏めない、という呪いが掛かっているかのよう。

                         過日、夫が出張で初めて北の大地を踏み、
                         私たち3人のジト目を浴びたのであった )






       その 我が家垂涎の北の大地?へ、ご家族旅行をされた 東のぞうさんより。



       ゎざゎざ送って来て下さったのは、勿論 じゃがりこ !



CIMG1250.JPG
     北海道限定 『 とうきびバター 』で。
     箱も とうもろこしの姿(笑)。

     左右に開くと ↓ こんな感じ。

           CIMG1254.JPG  




横からは こんな感じ☆

CIMG1251.JPG





CIMG1258.JPG
  中袋では、

  『 じゃがりこ
    食バターい! 』

  『 コーンな おいしさ
    はじめて! 』

  『 おいしさ 一等きび! 』

  『 おいしくって 
    バタバタしちゃうぞ 』



 ぷぷぷ。

 で、実際、美味しかった!

 コーンポタージュ味みたく。

 私的には、
 これまで1番だった
 東京じゃがりこの
 カレー味を 抜きました。

 これ以上に美味しく、
 常に売切で入手できない、
 という 巷で噂の 幻の
 『 じゃがポックル 』、
 ますます興味津々なり。






デザインバーコードは、『 コアラのマーチ 』で
良く観かけたシチュエーションで、少しがっかり。

でも、きりんたんで、可愛いし、
日ハムが北海道で盛り上がってるんだし^^*。

許してあげやう(~^~)/☆

CIMG1253.JPG



期間限定のじゃがりこツナマヨ、
Speciality PIZZA のレビューはまた後日(笑)。


私たちが踏めない(;;)北の大地のカンドーのお裾分け、
ほんとにありがとございますぅ(;;)☆



ペンはーと

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
   


[ 2009/08/10 00:00 ] ありがとう(//▽//)☆ | TB(0) | CM(14)

ふたつの道。







       祈。 




クレパスライン



         人間の前には ふたつの道がある。

     ひとつは 「 核兵器のない世界 」への道であり、

     もうひとつは、64年前の広島と長崎の
                破壊をくりかえす滅亡の道。


 
                              '09/08/09 ナガサキ平和宣言



クレパスライン




       11時2分。


       雨にけむるヒロシマより、こころから哀悼の誠を捧げ、

       世界の民草に向け、
        「 それぞれの場所で、それぞれの暮らしの中で、
          プラハ演説への支持を表明する取り組みを始め、
          核兵器のない世界への道を共に歩もう 」 と
       呼びかける長崎市長の ナガサキ平和宣言を聞きながら。


     「 核兵器を使用した唯一の核保有国として行動する道義的な責任がある 」


       だから 核兵器を使用しない、という、具体的な指針を明言し、
       実行していこうとする動きを見せた、オバマ氏のプラハ演説が、
       どれほど 核廃絶を願う私たちに、私に与えた大きな希望に想いをはせる。


       だから、核兵器を使用されたニッポンは プラハ演説を支持し、
       唯一の被爆國として、国際社会をリードしていく役割を果たすために、
       努力を重ねなくては、と こころから思う。


       平和宣言のなかで、長崎市長は、原稿から目を上げて
       核保有国の政治首長者の名をあげ、そして世界の指導者に呼びかける。
       被爆地、ナガサキに来て欲しい、と。


          今も多くの遺骨が埋もれている被爆の跡地に立ち、
          強力な放射線と、数千度もの熱線と、猛烈な爆風で破壊され、
          凄まじい炎に焼き尽くされた廃墟の静寂を感じて欲しい、と。

          74000人の死者の沈黙の叫び。
          75000人もの負傷者の呻き。
          犠牲者の無念の想いを 感じて欲しい と。


       かろうじて生き残ったヒバクシャが、高齢と放射線の後障碍を抱えつつ、
       自らの経験を語り伝えようとする彼らの声を聴き、

          被爆の経験は共有できなくても、核兵器廃絶を目指す意識は共有できると
          活動する若い世代の熱意も 感じて欲しい、と。




               ―― 祈りのなかで、歩は前に。

                     着実に 前に進んでいることを実感する。




千羽鶴の行方3



選挙が近付く。

この國の来し方 行く末を
しっかり見つめ、見届けるために。

まずは この社会に生きていくものとしての
権利であり、
義務であり、責任 を 果たそう。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





       ●  『 夕凪の街 桜の国 』

       ●  『 ヒロシマ前夜に想うこと 』

       ●  『 夕凪の街 桜の国 ふたたび 』

       ●  『 ナガサキの日に 』 ( 『 生ましめんかな 』 )

       ●  「 みたび『 夕凪の街 桜の国 』」






[ 2009/08/09 11:55 ] ニュース | TB(0) | CM(8)

熊蝉襲来。









         窓の外に 何かいる気配がして、こわごわ覗くと、

         黙~~~って 網戸にセミが停まってる。






くまぜみ~☆





         ぅひょひょ。


         全く同じ場所で ツクツクボウシが鳴いてた のは、
         ついこの間のように思えるのに。

         あの日、来訪した甥夫婦のところには もうすぐ赤ちゃんがヤって来るよ!???



                、、、やっぱりクマゼミはでっかいなぁあ^^*☆


                子どもの頃、君やツクツクボウシを捕まえるのがステータスだった。
                そんな母に似ず、少年たちは虫嫌いでがっかりしたものだ。
 

                近くで鳴くと途轍もなくデカくて頭痛がするので、
                できれば、鳴かないでね、、と祈りながら 暫くにらめっこ。


                           20分近くの にらめっこは、
                           すっと君が飛んで行っておしまいになる。

                           またね。  また 逢おうね。 ХХ





  
いのち 短し。

恋せよ クマゼミ ??





ペン晴

いつまでも
こんな 素晴らしい 四季が
この國に 子どもたちに めぐって来てくれますよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




[ 2009/08/08 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(8)

8.6 田母神氏講演 予定通り開催。








         被爆64年目のヒロシマで、
         予定通り 田母神氏の講演が行われた由。 以下、共同通信発表記事全文。





      田母神氏が広島で講演
      「 被爆国として核武装すべき 」



      原爆の日の6日、政府見解の歴史認識を否定する論文を公表して
      更迭された田母神俊雄前航空幕僚長が広島市で講演し、
      「 唯一の被爆国として、3度目の核攻撃を受けないために核武装すべきだ 」
      と主張した。

      日本会議広島が主催し、演題は「 ヒロシマの平和を疑う 」。
      参加者は講演に先立ち君が代を斉唱し、黙とうした。

      田母神氏は「 2020年までの核兵器廃絶は夢物語 」と、
      秋葉忠利広島市長の平和宣言を批判。
      「 核保有国同士は相手からの報復を恐れるため、先制攻撃は絶対にしない。
        国を守るため、日本も核兵器を持つべきだ 」と持論を展開した。

      秋葉市長は6月に「被爆者や遺族の悲しみを増す結果になりかねない」として、
      日程の変更を要請。県内の被爆者7団体も7月、連名で抗議文を送ったが、
      田母神氏や主催者は「表現の自由だ」などと応じなかった。

      会場周辺では、田母神氏の主張に反対する横断幕を掲げ、シュプレヒコールを
      上げる団体と、右翼の街宣車が言い争う一幕もあった。

                             2009/08/06 19:58 【共同通信】






              で、 You Tube で 発見してしまった。↓
              【8.6田母神講演会】ヒロシマの平和を疑う!完全版[桜 H21/8/12]

              (o_ _)oポテッ

              ここのコメント群、しっかり読ませていただきました。




ペン…



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




[ 2009/08/07 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(9)

64回目の 原爆忌




       祈。 




クレパスライン





         祈。 >  平和。 世界平和。 世界恒久平和。

         希。 >  核廃絶。




       毎年毎年、8月が近づくと、広島はヒロシマへと変貌する。
       夏の暑さは、8月6日の近付く 悲しい 標。


       6月23日 沖縄「 慰霊の日 」、2つの原爆忌、終戦の日。


       この4つの日だけは、
       全国民が服喪する、鎮魂の日でありたい、と こころから想う。


       それは、鎮魂の想いとともに、2度と過ちを繰り返さないために。
       己れが、あの戦争を経て、今、自分たちが生きて在れることに感謝するために。


       強制ではなく、皆が自然にこころからそう思える。
       手を合わせる想い。 頭を垂れる想い。
       そんな国であるためには、何をどうして、どう在ればいいのだろう。




千羽鶴の行方



昨年、声をあげてくれた職場の後輩の想いを受け継ぎ、

平和を祈念し、6人全員で折鶴を折り、
きっちり千羽 の 千羽鶴を捧げる。



千羽鶴の行方2




鶴を折ったから、といって、何がどう変わる訳でもあるまい。

けれど、戦没者を悼み、平和を願う、
民草の祈りのこころが込められた折鶴のひとつひとつに。

それを折っていく過程において。
それを形として目にする、その瞬間において。

祈りのこころは共有され、ひとは想いを新たにし、
また、一歩、前に踏み出して歩いていけるのではないか。

想いを等しくするひとびとの愛(かな)しい想いに背中をおされて。





、、、鶴を折るだけで、昨年の想いが経ち返る。

それは 日々、流されていく自分にとって、
とても 大切なことではなかろうか、と気付く。

鶴を折りながら、
鶴を折る自分、その自分の足元、自分の生きて在る場所。
しっかり見つめ 考える時間を重ねること。





      






       オキナワ、ヒロシマ、ナガサキが、
       遠い過去の歴史物語として風化し、
       忘れ去れられて行くことの恐ろしさをこころから憂う。


       あの戦争で、失われたいのちは、全て等しく同じ。

       戦地で落とされたいのちも、空襲の被害にあわれたいのちも、
       飢えて落とされたいのちも、
       操を守れと教えられ、自死されたいのちも。。。!


          しかし、被爆者の染色体にまで異常を起こさせる核の被害は、
          一過性のものではない、ということで確かに特別なものであり、
          全世界において、2度と決して許してはならない、人類の過ちである。

          核兵器による被害者は、ヒバクシャと呼ばれ、
          被爆者、というだけで、その子孫まで
          様々な偏見、差別、不安をも背負わされてしまうのだから。



       ひとつのいのちについて考えることは、
       多くのいのちについて考えることにつながる。


       ヒロシマ・ナガサキを過去の悲劇に終わらせてはならない。
      「 戦争被害 」の象徴としてとらえ、考え続けて行かねばならない、と思う。


       広島市から離れたこの地では、平和教育に力を入れる広島県の教育が
      『 偏向教育 』である、という文科省の是正指導以来、
       原爆、戦争については、実体験者でなくては語れない、と禁止し、
       小学校の社会見学コースから平和公園が外され、
       中学校の修学旅行は、沖縄ひめゆりの塔から東京TDLになった。

          「 戦争反対 」と言った瞬間に、それは「 運動 」となり、
          「 思想 」というベクトルを持つものであるから、
            教師は、口にしてはならないのだ、と、言う。



            2度と同じ過ちをしない。



       そう祈る、ことは宗教なのか?
       願う、ことは、過激な思想なのか?
       決意すること、は、「右」やら「左」やらを決定することなのか?



      
       断じて  



             先生方は、「 ぎりぎり 」 の ところ で、
             こそこそと 子どもたちに読んであげる 本 を探す。
             何かを感じ、何かを考えて欲しい、と。




       風化させない!



          それぞれのひとびとが、それぞれの立場で。
          さまざまな観方をし、とらえつつ、
          それぞれの平和について、考え続けられるように。


          にんげん、として考え、思惟を重ね。

          できること を できる形 で。

          声をあげなきゃならんときは、声が出るように。
          ヤらなきゃならん ときは ヤることができるように。



                   いつだって、この足を。
                           前に。 前に。。。!




千羽鶴の行方3>




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

麻生氏の 「 あいさつ 」。
風化 されてませんか?
ちっとも「 誠 」を感じられなかったのですが。





       ●  『 夕凪の街 桜の国 』

       ●  『 ヒロシマ前夜に想うこと 』

       ●  『 夕凪の街 桜の国 ふたたび 』

       ●  『 ナガサキの日に 』 ( 『 生ましめんかな 』 )

       ●  「 みたび『 夕凪の街 桜の国 』」



ジャンル : ライフ
テーマ : スタンス・生き方

タグ : 原爆忌 ヒロシマ 夕凪の街桜の国 千羽鶴 過ちは繰り返さない 風化

[ 2009/08/06 08:49 ] ニュース | TB(0) | CM(12)

ゴーヤ に ツナ。







         パクチのねぃさんが、とっても美味しそうなゴーヤ2品をアップされてて、

        「 茹でてシーチキンとマヨネーズで 」というのを拝借。


         うの字のねぃさんに教わった、刻み玉葱と和えて置いて塩茹でし、
         うちに在るのは、「 食塩・オイル無添加 」という奴だったので、
         それをそのまま混ぜて、マヨネーズを使わず、魔法の醤油と、
         以前、生食時には「 塩昆布 」を混ぜるとイイと小耳に挟んでたので、

         塩昆布を入れて整えてみる。



ゴーヤとシーチキン.jpg



         むぅ。

         美味しかったけれど、パクチのねぃさんの方が美味しそう。


               シーチキンが油漬けでない分、あっさりしてるので、
               全体的に なんか物足りない。

               玉葱も入ってるし、
               素直に、マヨネーズで和えれば良かったぁああヽ(`Д´)ノ



ペン歩2.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



パナップ お徳用。











昨年の盂蘭盆に、義母から貰ったアイスクリーム『 パナップ 』で。

↑ こ~ぉんなスマイルマークが出て来て、
思いがけず 皆でラッキー? な気持ちになれたのだったが。







CIMG1276.JPG



      1年後のまたまた盂蘭盆で。

      今度はファミリータイプ6個入りの1個に、
      スマイルマークを見つけようとは!

      お徳用のミニサイズなので、
      ハナから スマイルマークなど期待してなかったため、
      何口も食べてから、ん? んんん?? と発見!


      こうしたサプライズは、正規品限定のイメージ強く、
       「 お徳用 」は除外されることが多いのに。







CIMG1275.JPG

これだけのことが、ちょっと嬉しい(//▽//)☆

ありがと > グリコ



ペンわー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




[ 2009/08/04 00:00 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(7)

大量ゴーヤ^o^;







       ゴーヤが次々熟れ始め、日に20本、30本と一度に食べ頃に ^o^;。



       近隣の方々もつくっておられるから、近隣にお裾分けはできないため、
       職場に持って行き、実家に持って行き、友人に送り。




採れたよ~☆.JPG
      それでも またまた でっかぃのが採れてしまい、
      熟してるので、置けないし。
      乾かしてお茶にするには、雨続きでそれもできず。


        そろそろ飽きて来てるし   
 
      半分冷凍して、半分佃煮にしようと決定!

      大きいから、4本のカットで既にボウルいっぱぃ




まだまだ(;;)☆.JPG
               カット、カット、カット。


カットカットカット.jpg
       





冷凍~~!.JPG

    冷凍方法には、
    塩茹でしてから冷凍する方法と、
    塩揉みだけで冷凍する方法とあるが

    今回は、塩揉みだけで
    冷凍することにする。


    実家の母は、バナナと牛乳の
    ゴーヤジュースにハマり、
    せっせと消費しているらしい。

    さすが、夏バテ知らずの母。。。  




いい色になって来たよ!.jpg

     佃煮は、酢を使うタイプにしようと決め、

     酒、醤油、味醂、酢を煮立てて
     生姜と一緒にゴーヤを投入し、煮含める。

     ちりめんじゃこ を たっぷり入れて、
     紫蘇の実 も入れて、 白胡麻入れて。




ゴーヤの佃煮.jpg


見映えは いまいち だけど、 おいちぃ(//▽//)☆☆???



ペンはーと

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



『 幻想の迷宮 』 小学館








『 幻想の迷宮 』 小学館 flowers Garden





        極悪凶悪なる東の御方がお貸し下さいました。


        本当はピンク+セピア色が溶け合った とてもやさしい幻想色で、
        ドラゴンに寄り添うプリンセス――
        私の大好きな波津彬子氏のイラストの表紙です。


        波津氏の新作コミックス?と思いきや、繙いてびっくら。


         波津氏の作品は僅か6P(;;)なのですが、
         続いて、やっぱり大好きな田村由美氏???、西炯子氏、奈知未佐子氏、
         はじめまして、の 下村富美氏、遠藤佳世氏、有留杏一氏、よしまさこ氏、
         「 こ 」をおつけになられたらしい、ささやななえこ氏、
         お元気ですか(;;)の、萩尾望都氏、吉野朔実氏。


        はぅ~~~~??????

        なんとも超豪華な執筆陣による作品集のコミックスなのだった。@@

        なんと言いましょうか、
        昔懐かしき、LaLaや花とゆめの「 別冊 」版のコミックス、という感じ。

        ん? でもこれはフラワーコミックスで、白泉社ぢゃない。


        そいえば、今は、『 月刊フラワーズ 』というのがあるんですな?
        結婚してから漫画を読むようになり、それも卒業して10年近く。
        今は少年たちの影響で、彼らが読むものを読むくらいのもので、
        近年の少女漫画系は 殆ど手に取ることもないのだけど。

         
        『 月刊フラワーズ 』をググると、

          先の方々の他に、
           吉田秋生氏、さいとうちほ氏、渡辺多恵子氏、清原なつの氏、赤石路代氏、
           やまざき貴子氏、吉村明美氏、、、、


             ぅっっっわ~~~っっ!
             先の方々の他に、私が好んで読んでたひとたち ばかり!!
             くらくらくら~~。     、、、ぃゃ、もぉ私は戻らない、けど。


                    戻らない、けど、 
                    ヤってくれますなぁあああ ヽ(`Д´)ノ > 小学館




ペン萌

早速、家中の田村由美氏を再読した私って。。。(-_-)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/08/02 00:00 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(17)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。