今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

抗ヒスタミン剤。






        魔界の掃除に追われ、通院してる場合ぢゃない(゚゜)\バキ☆のに、通院日。


        この日は久々に、血液検査・エックス線・心電図の検査日なので、
        朝食を抜いて行く。


        でも 内科受付では 「 りうりうさん、検査アリ になってませんよ? 」
           (o_ _)oポテッ


        ついに、こんなことまで勘違いしてしまっちゃう程、
        私の鳥頭化は進行しているのか??? a

        茫然としたまま、主治医の先生に呼ばれ、診察室に入ると


           「 りうりうさん、すみません。 犯人は私です  」


        先生が、PCに検査フラグを立て忘れていたのだと。  ヽ(`Д´)ノ


        今日これから検査をして帰って、次回の診察日に結果を伝えるのと、
        次回早朝に検査をして、暫く待って当日の帰りに結果を伝えるのと、
        どっちが良いかと聞かれ、そりゃ勿論、今日これからだ~ぃ!

        平身低頭の先生の  弱味に付け込んで  ご様子に意を決して、
        前々からお願いしたことを持ち出してみる。


        それは 『 ザーネ軟膏 』 を 処方して貰えないか、ということ。





        杉と檜の花粉に痛めつけられた、現在の私の状態は、
 
        藁をも縋る想いで試してみた
         『 フェイスDソープ 』 で、みるみる復元したが、



        ハタケ状態 と なってしまうところは、
        いつもの 『 サンホワイトP-1 』 では
        カサカサのまま違和感が残り、イイ感じに戻らない。

        色々塗ってみて、
        今回は 『 ザーネ軟膏 』 がよく効くことを発見する。
        おそらくザーネに用いられている基材が良いのだろう。
        
        塗っても塗っても端から吸い込み、1日でかなりの量。

        ちょうど、下の少年からも送って欲しいとのメールが来たばかりでもあり、
        昨年2月に、ネットで購入した500gの大瓶がそろそろなくなる。

        処方箋がなくとも、対面販売なら良いだろうと薬局を回ったが、
        劇薬でもないのに、処方箋がないと売れない、と断られ困惑していた。

        ネットでも 『 ザーネ軟膏 』を扱っているところは
        私が見つけられたのは3サイトしかなく、それも6月からダメ。

        ダメもとで、主治医の先生に泣きついてみたのだったが。


±   ±   ±



        先生は すぐさまザーネを検索して薬効を調べられ、
        特に問題なし、と判断され、ほっとされつつも

        次に皮膚科へも内線で電話問い合わせ下さった後、

        内科専門の自分が、処方するのはやぶさかではないが、
        残念ながら、この総合病院ではザーネを扱っておらず、
        処方できるとしたら、ユベラ軟膏になってしまう、ということ。

        また、女性なので、顔に塗布して万一シミになっては大変だから、
        顔には塗らないで欲しいし、できればこちらの皮膚科の先生は優しいから、
        頼めばステロイドを避けて処方してくれると思う旨を告げられ、

        さりげに これから受ける血液検査のなかに膠原病などのチェックを入れられ、




          「 花粉症のある私は、この時期、アレグラを飲んでるけれど、
            りうりうさんも飲んでみられますか?

            1日2錠だけれど、軽く1錠にしましょう。
            夕食後だけれど、自分は眠気の後にだるさが来るので、
            だるいのが就寝頃になるよう、午後3時に飲むことにしています。

            ご自分で納得できる飲み方を見つけて下さい。
            ザーネがいよいよなくなって、困られたら、また相談下さいね 」。




        ほぇええ。

        ザーネは入手できなかったが( 6月までにネットでゲットしやう )、
        思いがけなく、抗ヒスタミン剤をいただけることになった。

        現在、何種類も服薬している、その薬たちを処方なさってる先生が
        アレグラなら、とおっしゃるのなら、安心だし、
        これで少しでも諸々の症状が楽になるなら有難いし。


        アレグラは、脱ステ中にさんざんネットで目にした薬。
        あれこれ調べて、当時の自分はポララミン、アタラックス-Pを選択したものだが、
        確かに、今の自分の状態では、ポララミンもアタラックス-Pも無理だ。



           こうなってみると、この先生にお世話になって丸3年。
           なんでもっと早く相談しなかったのか、ダメぢゃん>ぢぶん

           先生も、もう何度も私の悲惨状態な顔を見ていらっしゃり、
           花粉でそんなになるとは~~、なんておっしゃってたのに、
           ここまで踏み込んで下さらなかったのは、
           私が相談しなかったから、なのだろう。
           きっと何処かで専門医に診て貰ってると思っておられたのかな。



        ということで、今夕より アレグラ開始。

        眠くなるかな? だるくなるかな?
        あれこれ不快な症状に、なんらかの変化があるかな?

        ある意味、楽しみ(゚゜)\バキ☆



           朝食抜きで7時過ぎに出発して、もぉお昼前。 おなかが空いた。
           今年のGWは、誰も帰省しない、下の少年すらいない、
           結婚以来初めての優雅なGWのハズだったのに、
           帰れば、魔界が待っている。  

           そう思った瞬間、カフェインがキれ、帰路にとうとう誘惑に負ける。

           2年ぶりの『 STICKSWEETS FACTORY 』??


じゃがりこブラック 001.jpg


ぅひょひょ~~(//▽//)☆

んでも、これで、朝食も昼食もヤめとこ(-_-)。

一息入れて、元気になって。
帰ってお掃除、お掃除っ!!





、、、をひをひ(-_-)。
こゆ甘いものが、痒みを酷くするの、判ってる??>ぢぶん





ペン照

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

今は昔。








わ~ぃ\(^o^)/☆  懐かしい写真を見つけたぞっ!!



( ただいま、思いっきり 現実逃避中 )。


て いうか  時間ないのに、
引き出し や ファイルの中身を
片付け、掃除しててどーする (-_-) > ぢぶん






Y倶楽部.jpg


ジャ~ン♪ ?



これ、県東部大会で優勝だったとき、ぢゃないかなぁ。。。



。。。まさか、この数ヶ月後に

一生、バレーが出来なくなるとゎ。。。
(──┬──__──┬──)







あら、懸命にテンションあげやうとしてるのに、
逆効果だったわ ^o^;。

しかも、現在より かなり細いし(悲)。




(-_-)。

。。。。 掃除しよっと。




ペンがっくり


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




これは 何かの 罰に 違いない。










出社日。


ボスの元に取材が入ってた。


別にいつものことだし、気にも留めてなかった。




けど、突然、我が家に取材が入ることになる。




なっっっにぃぃぃ???



ペン慌  ペン慌  ペン慌  ペン慌  ペン慌





ヤめてヤめてヤめてぇえええ。


我が家は現在、魔界と化しているのよ?

今や、コタツ周りが仕事場だわよ?





ヤめてヤめてヤめてぇええええ!!!



ペン哀  ペン哀  ペン哀






私の気迫が伝わったか、
とりあえず、今日の今日、というのはなくなったけど

近々に、って。
カメラも入るって。


。。。。

トンずらしちゃいた気分。
熱が~。 動悸が~。

ほんとに気絶しちまいたいよ。







ペン倒

これから 連日連夜徹夜で
大掃除大掃除大掃除(──┬──__──┬──)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/28 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(18)

続 ・ 地デジ騒動。






         端子コードやら何やら、ひとまとめにされた袋とともに、
         従弟から 地デジチューナー搭載テレビ を いただいて 帰る。


         このために寮から帰宅して来た夫。
         早く2階の自室へ運びたくて仕方がない。

         膝の爆弾のため 私は手伝えないので、少年たちの帰省を待て、
         独りでは絶対無理だよ? と言ったのに、

           「 だいぢゃぶ、だいぢゃぶ ??? 」

         聴く耳持たず、るんたった♪で独りで持ち上げ、ふらつき、
         何度も落しそうになりながら、一段ごとに、おろしては休み、
         その都度、あちらこちらに ごんごんとぶつけながら ?
         なんとか階段を上りきり、

         そこからは 茣蓙の上に乗せ、茣蓙ごと引き摺って2階の自室へ。



         テレビ台に載せたと思われる、最後の ごん という音が聞こえた後、

           「 やっぱり、デカっ??? 」 と言い、

         上機嫌で、ふんふん♪と鼻歌混じりにコード類を繋げている様子。



         そして 突然、鼻歌が止まり、

           「 リモコンがないぃ!a 」 という悲鳴。


         私は、まさか? と思っちゃったのと、
         そういうオチ?
         ならば、このお間抜けさってどーよ、と、つい、爆笑してしまう。



         笑いが止まらず、2階へ上がってみると、
         テレビの前でへばってる夫の傍には、確かにリモコンがなく、
         電源は主電源で入れられても、最初の地域指定ができない(-_-)。



         がっくり うな垂れてる夫をみるに耐えず、
         既に深夜に近い時間であったが、電話を入れ、送って貰うことにする。



?   ?   ?




         翌日夕刻、まさかのリモコン到着。 早っ@@

         同市内でもないのに、朝投函の夕刻着て。

         EXPACK500、イイ仕事してくれますね~~?


            「 リモコン、着いたよ~? 」

         夫にメールしたらば、大喜びで、また帰宅して来る。(-_-)
         彼の帰宅前に私が設定したりしたら、むくれそうなので、放っておく。



         帰宅するなり自室へ直行し、設定し始め。

           「 さすが地デジ!!

             めっちゃ綺麗なけん、来て観て~~~~!! 」

         は?
         アンテナそのままなのに? 違うだろ?


           「 さすが、デジタルよね~~(//▽//)☆
             音もイイしぃぃ???
             きゃ~? 2画面分割もできるぅ~?? 」


                        ぃゃ、「 アナログ 」って出てますから。

                        単に、うちのテレビより
                        新しくて解像度がイイから、だけですから(-_-)。

                        こんなに喜んでるのに、水をさしたくないけど。

                        。。。。。。。。だいぢゃぶか > 夫




ペン嘆


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/27 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(8)

液晶が液晶が液晶が~~~~~~~~っ!







       ぅわぁああああ!  aaa



            ヤってもぉた、ヤってもぉた、ヤってもぉたよ~~~!!!




ペン慌


         



          朝1番にノートPCの蓋を開けて 愕然a


          まるで銃弾にヤられたみたく、液晶画面が~~(──┬──__──┬──)。




          そいえば、昨夜、眠くて眠くて。

          シャットダウンすると立ち上げまで、めちゃ時間掛かるし、
          最近、無線LANが繋がりにくいので、電源落さずスタンバイで、と、
          何も考えず、何処も確認せず、勢いよくパタンと蓋を閉めた。


             キーボード上に100円玉やら、コードやらがあって、
             それに気付かず、無理やり蓋を閉めた、、んだろか??? a


無残.JPG






          (o_ _)oポテッ


          あぅー。
          これ、会社からの支給品なのにぃぃ(──┬──__──┬──)。

          普段から、大事なところで何処か抜けてて、がさつで杜撰な私(-_-)。

          いつか、何かヤらかす、、、とは思ってたけど、
          こんなドジなんて、ありえな~~ぃ(T^T)。 始末書もんだー(T^T)。




                気がつくと30分ばかり 茫然自失していたらしい。
                我に返って すぐに泣きの一文を入れて、
                画像を担当の後輩に送り、指示を仰ぐ。

                夫にバレたら、「 ありえる 」と めちゃ叱られそう(;;)。

                ノートは会社の備品であり、仕事用なんだから、
                もぉ、リビングでは使用不可!と言われちゃいそう(;;)。

                できれば、気付かれないうちになんとかしたいぞ(;;)。

            


ペン謝

今、気付いたけど、
これ、丁度 私の視野欠損の感じに似てる。
右目だけで物を観ると、こんな感じに見える ^o^;。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




[ 2009/04/26 08:34 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(14)

『 Red Cliff 2 』







         4月16日。


         夫の定休日に、楽しみにしていた 『 Red Cliff2 』へ。


         三國志好きとしては、突っ込みどころ満載だけれど、
         もう、別物、として観ることに決めていたため、

         すっかり耳についた岩代太郎氏の音楽を楽しみ、
         理屈抜きで、金城武の孔明さまの美しさを堪能し、

         ジョン・ウー監督がリン・チーリンの凛とした美しさに
         急遽つくった、というシーンを こころして眺め。

         『 三國志 』 の大河のなかの 一情景、ではなく、
         『 赤壁 』 という1つの物語、1つの作品が
         完結していく心地よさを味わう。

         総じて 楽しんで観ることができた。



         これでもか、という殺戮シーンには

          「 もぉいいよ、わかったよ 」 と半泣きで呻きつつ。

         Part1 でも感じた そこまで描かなくとも、な 長い、大量の殺戮シーンには、

           民草が己れの手を血に汚し、ひとのいのちを屠ることで生き長らえる、
           その手に、その背に、他者のいのちを背負う、
           そんな時代を経て、「 現在 」が在る こと。

           「 現在 」も、そうした國々が在り、
           かと思えば スイッチボタンを押すだけで 数万もの いのちを
           あっさり奪ってしまう兵器を大量に持っている國が在る、ということ。

         そんなようなことを否応なく突きつけられる。


                           チャン・フォン・イーは ぅまい!
                                  彼の目指した 「 曹操像を変える 」という目的は
                                  十二分に果たされたのではなかろうか。







                    上機嫌の夫は 会社でのボウリング大会を前に、
                    この日、『 Red Cliff 』
                      鑑賞前 4ゲーム × 2セット。
                      鑑賞後 4ゲーム × 1セット。
                    計12ゲームの練習にしっかり付き合わされ、疲労困憊。



ペン拍.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





[ 2009/04/25 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(8)

地デジ騒動。







         成田離婚となって久しい母方の従弟が、この度めでたく再婚、となった。


         そのため、最初の結婚時に色々と揃えた家具、家電類の全てを
         買い換えることとなり、その殆どを売ったのであったが、
         唯一、テレビが売れない。

         捨てるのは勿体ないので、良かったら貰ってくれないか、という話があり、
         地デジだ、というので、夫が喜んで貰うことになる。


         寮の共同テレビが壊れたため、
         2階の夫の寝室のテレビ( 20年もの )を寮に寄附し、
         そこに新型「 地デジチューナー搭載 」テレビを置こう、というのである。



?   ?   ?




         くー。

         ついに我が家に地デジテレビが来るのか。

         未だアナログで充分、と思えてならない私。
         國が【 2千億円 】もの税金を遣って先頭に立って推進し、
         選択の自由なく、アナログ放送全面廃止、地デジへの完全移行を
         國が強制する、ということに、どう考えても納得できず。

         ゴミ山に、テレビがうず高く積まれている情景だって目に浮かぶ。

         もう引き返せなくなってしまったけれども、
         それでも、最後まで反対しやう、と思っていたのだけれど。。。




        だけど、我が家に「 液晶テレビ 」 は 初めて。

        いただける、となれば、なんか、お洒落、ぢゃーん?

        みたいな、なんとなく るんたった♪ な気分を押し殺しつつ。
        従弟のテレビを取りに行って、暫く固まる。



           。。。私を待っていたのは、32インチ横長型の

           でっかぃ  ブラウン管テレビ 。 (o_ _)oポテッ


           そかそか。 地デジだからって、薄型とは限らないんだった(-_-)。
           んだから、売れなかったんだね? 納得。



            めちゃ デカくて重たくて。

            それでも夫は、いそいそと。
            ゴンゴンとあちらこちらにぶつけながら、2階に持ってあがる。


            暫くして 家中に響き渡る、夫の嘆声。




             リモコンがなぃぃ! ヽ(`Д´)ノ


 
                   。。。リモコン 貰ってくるの、忘れてるし(-_-)。
                   「 決定ボタン 」ていうのリモコンにしかないから、
                   チャンネル設定もできませーん。




ペン嘆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
 

  


[ 2009/04/24 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(14)

【 最低の人間 】 ということ。








       SMAP草なぎ剛くん逮捕のニュースには愕然とし、
       大きな衝撃を受けたけれども、



       それを受けての、 問題発言濫発  鳩山邦夫総務相の

         「 めちゃくちゃな怒り 」
         「 最低の人間 」 なる発言にも衝撃を受ける。

         お前が言うな  とも思ったし、


       そこまで言うなら、どうしたって【 酒 】繋がりで、

       あの G7 での 中川昭一氏( 当時 財務大臣 ) の
       あの 世界中が注目した 記者会見。

       その後 発覚した 記者会見前にバチカン博物館を視察し、
       酔った様子で立ち入り禁止区域に入って警報機を鳴らし。

       それを報道したマスコミに対して、「 全くの誤報 」と激しく反論。
       それがまたウソであったことがバレ。

       この中川氏のG7ローマ行きは、
       「 国会に出席する時間を最大限に確保するためのやむを得ない措置 」として、
       チャーター便が使われたのだったが、使用料は、参加者6名で計約4100万円。


       これらに関して、この鳩山弟氏が「 めちゃくちゃな怒り 」を爆発させ、
       「 最低の人間 」と罵倒した話は ついぞ 聞かない。




      




       確かに、深夜、奇声をあげて 近隣の住民に迷惑を掛けたことは良くないけれど。

       彼の人気度、イメージ、出演してるTV、クランクアップした映画、
       地デジのメインキャラ。。。。

       今回の事件で被る被害額や、周囲への影響はとてもとても大きなものだけど。


             ヤクをヤってた訳でなく。
             女性を襲った訳でなく。
             ひとに乱暴をした訳でなく。
             白昼堂々、不特定多数の方々に視覚的な不快感やら、
             精神的ショックを与えた訳でなく。


        【 容疑者 】 と 呼ばれるほどのことでなく。
        【 最低の人間 】 と 呼ばれるほどのことでない、と思ってしまう私は、

          常に物静かで穏やかで。
          真面目で我慢タイプの草なぎくん自身は、
          既に物凄い社会的制裁を受けてる、と 感じちゃう私は、
                                   甘い、の??




ペン…




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/23 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(34)

久々 『 鳥はむ 』 ☆



        ニコニコ動画に 神が居る! 


              との噂を聴いて、わざわざニコニコ動画にメアドを登録。


              で、観てみたら、やぱり 神だった。@@


        ていうか、このひと、お嫁さんに欲しい~~~ヽ(`Д´)ノ


               神さまは ココ → 



        …ということで、久々に 鳥はむ を つくりたくなった私。

          ( 鶏の胸肉でつくり、燻製にはしないため、
            一般的なハムとは材料や調理法が違うので『 鳥はむ 』 )。

        2ちゃんねらーだった頃にハマったため、
        私の 鳥はむ は、タコ糸でくくり、ラップで包む。
        色々ヤってみたけど、これが1番美味しい、と私は思っているので。

        考えてみれば、もう5年はつくっていない。
        さんざんつくり倒したのと、
        仕込んでから食べられるまで 2~3日掛かるため、
         ぃざ食べたい! と思ったときに食べられないのがイヤになったから(゚゜)\バキ☆



        ● 国産の鶏胸肉を2つ。( 皮は取っても取らなくても 私はアリで )

        ● それぞれに ハチミツ 各小さじ1をすりこむ。
        ● それぞれに 塩 各小さじ1強を じゃりじゃりすりこむ。
           ( 塩はミネラルたっぷりの自然塩が美味しい )
        ● それぞれに、胡椒( 私は あらびき黒胡椒 )小さじ1をすりこむ。

        ● 密封できるビニル袋に入れて空気を抜いて、冷蔵庫で2日間寝かせる。
           ( 私はジップロックを使用。
             なければ、普通のビニル袋で代用可。 空気を抜いて密着させる )。

        ● 水分が出てきたら、捨てながら2日間熟成させる。

        ● 2日後、胸肉を軽く水洗いし、
          30分~1時間、1.5%の塩水につけて塩抜きする。
            ( 私はジップロックの袋をそのまま利用して塩抜き )


久々鳥はむ。
     ● 塩抜きした胸肉2枚を合わせて、タコ糸で成型。
       皮がある場合は、皮を内側にしてくくると
       煮こごりができて んまい。?
     ● ラップでぴっちり包んで 再び タコ糸でくくる。
         ( ラップは両端をキャンディ型にしてよい )

 
  
久々鳥はむ。2
     ● くくってる間に、大き過ぎず 小さ過ぎない(笑)鍋に
       お湯をぐらぐら沸かす。
     ● 沸騰したら、鶏肉を投入してすぐに火を止め
       蓋をして冷めるまで放置。
       ( 7時間は掛かる。
         気になる御方は1度胸肉をひっくり返しても )




        ● 冷めたら、水分を拭き取り、ビニル袋にそのまま入れて、
          冷蔵庫に8時間寝かせる。( 味が安定して美味しい )



久々鳥はむ。3
久々鳥はむ。3 posted by (C)りうりう

完成なりよ 






           久々に食べると、やっぱり美味しい~~~(//▽//)☆


           いまさら、だけど、鶏胸肉は良質なたんぱく質が大量だし。

           皮を取れば さらに低脂肪のローカロリーだし。

           ラップしなければ、茹で汁が ゴールデンスープに。
           ラーメンだってできちゃう。


           んで、何より 自家製の
           合成保存料、酸化防止剤、糊料、化学調味料なし の 超安心ハム。





           この日は、ベーグルを作って焼き、義母のちしゃを添えて豪華な昼食。 だぶる




                ぅほほ~~~~~ぃ\(^o^)/☆\(^o^)/☆




                独りでも 楽しくて 優雅で 倖せな 食卓ぅぅだぶる


                             今現在の状況とは 大違い( ┬_┬)。
                                    。。。。。掃除しよっと(-_-)。




はぁと

だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : グルメ
テーマ : +おうちでごはん+

タグ : レシピ 鳥はむ 鶏胸肉 ニコニコ動画 ベーグル

[ 2009/04/22 00:00 ] レシピ☆ | TB(0) | CM(4)

『 Cheeza 』 チーザ と 遭遇。







         出社日。



         新しもの好きのグルメな後輩たちが 本日のオヤツに買ってたのは

         グリコ の 『 Cheeza 』、赤。

         このCMは、私も気になっていたのだったが、
         高そうだし、別に探してまで買うつもりもなく。

         それでもこうして、気になってたスナックを
         労せず試食させて貰えるなんて、めっちゃ有難し??


         噂によると、余りの売れ行きで、一時 販売中止、となっていたらしい。 


        




        で、食べてみる。


        思ったより ちっちゃくて、薄い。
        そのくせ、硬めで 歯ごたえ十分。 楽しい。

        お味は、まさにチーズをカリンと焼いた感じで、
        めっちゃ濃厚で美味しい。。。けど、めっちゃチーズくさい(-_-)。

        私はチーズが好きだからいいけど、下の少年などはムリだろう。
        でも、チーズに目の無い上の少年なら、泣いて喜ぶんぢゃないか、、、??

        ちっちゃくて薄くて、量も少ない(汗)のは、滅茶苦茶 濃厚だから。 かな。

            。。。ここまで チーズそのもののお味なのなら、
            チーズを食べればいいぢゃん、とも 思ってしまうが、

            この食感は楽しいし、たまにはね、、と、
            つい、上の少年にどうだろう、と、帰路に寄ったスーパーで
            職場で貰ったのぢゃない方を買ってみようと、探す。


             。。。。ない。


        なんで? なんで? と 探し回ったら、おつまみ売り場で発見!

        「 お菓子売り場 」 ではなく 「 おつまみ売り場 」にあるところに、
        メーカー側? 売り場側? の こだわりを感じて ニヤリとする。



??   ??   ??

          

        170円??  たっか~~。
        これは ほんとに おつまみ感覚でなければ、滅多に買えないぞー。


        買って帰って 早速 食べてみたら、美味しい(T^T)。


        赤のときに感じた チーズくささが こちらには殆どなくてマイルド。
        それでいてコクはあり、
        まさに、グラタンやピザの上に載ってる焼き目のついたチーズの感じ。

        ちょっと塩味は気になるけれど、私は こっちの方が断然好きっ?

        こっちは、もしかしたら チーズ嫌いなのに、
        グラタンとピザは好き、という下の少年も 喜んで食べちゃうかも。 


             赤 は チェダーチーズ 52% ( 生換算 )
             黒 は カマンベールチーズ 51% ( 生換算 )


        当たり前だけど、こんなに違うんだなぁ、、と実感しつつ、
        どちらも捨てきれず、
        赤と黒と、2種類商品化しちゃったグリコさんのこだわり に 共感しつつ。


        チーズ好きな方々には お勧めいたしますぅ。 
        歯ごたえ楽しく、美味し過ぎ!   でも 塩分に注意!




ペンはーと

その後、上の少年に 『 Cheeza 』の黒 と
ロイヤルミルクティー を 送る。

「 お蔭で りっち な 朝。 ありがと???? 」
なるメールを受信。 \(^o^)/☆



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



一面 仏の座。








         田んぼの土をかき出し、
         湿気を防ぐために 膨大なガラ石を敷き詰めて造成されたため、

         我が家の庭は、少し掘るとすぐに岩石にぶちあたり、
         大風の通り道でもある土地でもあるので、植えるものが限られている。

         勝手に自生し、2階を越すほどの木に育った夜叉五倍子( ヤシャブシ )は、
         これの花粉にもアレルギーがあるのでは、と頭を痛めていたところに
         大台風が来て、根元からバッキリ折れ、驚いたものだった。



         そんなこんなで、玄関前につくった花壇周り以外は、
         ほぼ、自然に任せた(゚゜)\バキ☆ 庭 なのであるが、

         雑草の生え具合も、年ごとに異なり、流行があるようで興味深い。

         少年たちの夏休みの自然研究で出逢った「 雑草マップ 」つくりで、
         すっかり私の方がハマってしまった形、である。






ホトケノザ




         で、今年は、仏の座。


         遠目で、をっ! 蓮華草復活か??と 休耕田へ駆けつけてみれば、
         全て「 仏の座 」。  何故か いつも ちょっとがっかりする

         気がつけば、我が家のあちらこちらも 仏の座で埋もれており、
         いつのまに?? と驚くほど。

         これだけ咲いてると、「 雑草 」として抜けない。^o^;。

             ひとつひとつに 蓮華王院の千手観音さま が 座しておられるかも。。。??



 

         仏の座は、その名の通り、茎を丸く囲んでいる葉が仏の座る蓮座に似ているから。


         別名 サンガイソウ だと聞いたときには、
         ついつい、佛 → 無色界、色界、欲界の 三界 と連想したのだったが、
          ( 実際、三界草とも書くらしいが )
         本当は、対生している葉が三段に在るため、三階草、というのが正しいらしい。


         興味深いのは、別名の ホトケノツヅレ、中国名の宝蓋草。?

         佛の綴れ とは、佛の纏う襤褸の衣類、ということであり、
         宝蓋 とは、仏像の頭上に翳す天蓋の美称である。

         三階 以外は、どれもが 佛 を連想させているところが凄いな、と。


         花の最盛期は3~5月と言われるが、
         場所によっては、10月頃から咲き始め、11月12月に満開になるところもあるらしい。
         この地では、2月頃から目立って咲き乱れている。


         有毒。 花言葉は 調和。




               * 春の七草のホトケノザは、キク科の「 田平子 」。
                  花の色は黄色。
                  名の由来は、葉が田の面に放射状に平らに広がるところから。




ペン晴


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/20 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(0)

今月の広報紙









        この辺にこっそり。



        過日、市や町の広報紙の束がポストに入っており、
        郵便物と一緒に取り入れて、炬燵の上に置いたまま。

        優先なる郵便物であれこれしてるうちに、すっかりその存在を忘れていた。

        夜、帰宅して来た夫が炬燵でお茶を飲んでいて、突然、お茶を噴く。


          「 なん? ? 」


        振り向いた私に、むせながら夫の指差した先には、町内広報紙の表紙。



              でぇええ。









町内広報誌.JPG








気付かんかった~(滝汗)。


どうぞ 義母が気付きませんよう。




皆さんは 気付かれました^o^;??

プロフに夜まで置いときます^o^;






ペン乱

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




[ 2009/04/19 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(12)

第1号。








          夕刻、まるで夕立のような雨が降り、
          ゲコゲコゲコと、今年初めてのカエルの声を聞く。


             早っ @@。


          1匹だけ フライング。
          まだ誰も唱和してくれず、げこげこ、自信なさそげに、
          それでもヤめず、鳴いている。

 

                 張り切って鳴き始めたのに、
                 空振りした孤独な感じが、哀しく可笑しく。

                 もしかして うちのかえるくん だろうか^o^;。

            


                     年々早まるカエルの鳴き始め。

                     駆け足してる温暖化が ひとつひとつ形になる。

                     おろおろしつつ、
                     自分に出来ること、考えなければならないこと。

                     ほんの小さなことでも こつこつと。
                     見直し、見据え、ヤり続けるべし>ぢぶん。




ペンかさ.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/18 00:00 ] 聴きました^^*☆ | TB(0) | CM(4)

2m越す 『 菜の花 』 たち。








       陽が随分長くなったが、
       私が川向かいのゴミステーションにゴミを出しに行く時間は、
       手前の山々が邪魔をして、ゴミステーション辺りは まだ日の出前。


       かなり歩くし、向かいの小さな無人神社の境内の桜が遅咲きで
       まだ咲いているので、思いついてデジカメを持って行く。


       ゴミを出し、神社まで行き、川向かい側から 改めて自宅側を眺めると、
       いつも観ている風景と真逆なのが面白い。


       あと僅かで太陽が顔を出すのだが、待ちきれずにシャッターを切る。 



朝もやのなかの桜.jpg

昨日、登った山の桜部分



手前の山から陽が射した途端、目線下方より眩しい黄色が私を呼ぶ。





川のなかの菜の花.jpg




雨量が少ないので、河岸工事もなんのその。
川岸の土砂から芽吹いた菜の花が満開。

2mを楽々越している。@@





川のなかの菜の花2.jpg





ところどころ 途切れながらも、これがずっと上流まで続く。



ぅむむむ。



これは朝日のなかだけど、
思わず 『 朧月夜 』 の歌詞を脳内でなぞっちゃう。

義母の 『 三毛作 』 の話も思い出しつつ。




。。。んでも、別に修景用に栽培されてる訳でもないのに、
年々、田んぼたちのなかより
この川岸の方が増えているのは何故??

あんまり凄くなると、
堤防強度の低下が心配されるようになっちゃうのかなぁ。。。





ペン晴

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/17 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(2)

裏山を庭山にする。







       夫の定休日。



       いきなり 近隣の次期長老格なご婦人の来訪を受け、
       夫共々、ご招待を受ける。    なにごと??? a


       PTAの役員時代に、地域の顔役さんとして出席される様々な会議で
       ご一緒してはいたが、これまでご挨拶程度のお付き合いであり、
       ご自宅に「 ご招待 」を受ける覚えはなく、恐慌状態に陥ったところ、

       夫が 朝、散歩をかねて、理容院へ行く途中、
       このご婦人に出逢い、ご挨拶がてら、ちょこちょこっとお話をしたらしい。

       そこから、ご婦人のご招待、となったやうであるが、、、うぅむー。



        この御方は、長年とある施設の事務長をしておられ、
        数年前に定年退職されたものの、「 切れ者 」として評判で、
        米作りに畑作、書に絵画に造園に、と何でもござれのスーパーウーマン、
        という噂を耳にしてはいたのだったが。



       夫と共に訊ねると、まずは椿、山茶花、木瓜、桃、八重桜など木々のお花や
       パンジー、芝桜、ムスカリなどが咲き乱れる裏庭へ通され。



見事な椿.jpg

これには木札なし(滝汗)。
椿は2000種以上あるらしいが、
こんなダリアのような椿は初めてみる。




       驚くのは、木々にそれらの名前と何科であるかまで、
       白く塗られた木札に筆書きされたものがひとつひとつ掛けられていること。

       根元には、その木に因んだ俳句や短歌などが書かれているのもあり。


          そう、まるで、小さな植物園のやうな、校庭のやうな、、、
          なんだか、百葉箱が置いてありそうな気さえしてくる。

             、、、と思ってたら、「 二宮金次郎 」の石像があったので、
             ひっくり返りそうになった(滝汗)。



       そして膝に不安のある私に杖をお貸し下さり、
       急勾配の裏山に登るのであるが、余りに急な山道であるため、
       大事をとって、私は途中でリタイア。

       夫とご婦人だけで、山の中腹にあるお花見用の山小屋まで登る。




山躑躅でピンクにけむる.jpg


      遅咲きの桜をくぐったその先は、
      山躑躅が満開で、ピンクにけむる。

      1週間後には、
      藤で 紫が加わる。 






       山中の珍しい山野草の横にも、木札が立てられており、
       山の木々――源平桃、桜、桃、山躑躅が満開――にも、木札が掛かり、
       俳句や短歌が紹介されているのには、唸ってしまふ。

       
       そして、私たちが歩いているこの道も、ご婦人が何十年も掛けて、
       こつこつとセメント100袋以上使って、背負って登っては作られた由であり、
       花見用の山小屋までも。。。!! @@


           お花見の季節には、職場の方々や知人、友人たちが、
           お弁当持参で、毎日のように来訪される由。

           それで、杖も何本もあったんだ。 @@


       まさにご自身で「 造園 」されたお庭を一通り見せていただいた後、
       ご自宅から離れ、目の前の川を渡る。

       渡ってすぐの川傍で、数年前に絶えられたお宅を買い取られた、という
       ごのご婦人の別邸へ案内される。

       旅館の小さな離れ、のやうな佇まいで、
       四方ぐるりが全面ガラスの廊下であり、お部屋との間は障子。

       障子を開け放つと、そのままガラス越しに外が観え、
       座敷に居ながらにして、庭越しに山々の風景を愛でることができるのである。


       昭和の始めに建てられた古家で、
       外壁や内壁は、このご婦人が壁土を練って修繕された由にて、またもや絶句する。

       山側の廊下のちょっとしたコーナーに
       知人から貰い受けた二段ベッドをご自身で改造してつくったベッドが置かれ、

       すっぽり覆うベッドカバーは、またまたこのご婦人の手になる見事なパッチワーク。

       ベッドさえ生活感のない、
       3つの和室と土間に昔ながらの竈のあるこの古家は、
       大きな座卓と本棚と小さな茶屋、そして廊下のベッドしか家具がなく、
       まるごと このご婦人の隠れ家、アトリエのような雰囲気。

                      くぅぅ、理想の空間ぢゃ~~~ ??????



       私たちのために、セッティングされていた和菓子とお茶をいただきながら、


           毎年10匹近くの蝮を捕まえては、蝮酒にする話、
           傍の川で鮎を追い込み、手づかみで20尾は捕る話、
           大きな狐を捕まえた話。

           世界各国を旅行されたときのお話、
           書の話、絵画の話。。。。。


       なんと毎日がエキサイティングで、どきどきわくわくな生活なんだろう。


       現役時代には毎日激務をこなしつつ、
       ご夫君とおふたりの稲作も畑作もこなされ、その上での趣味と実益三昧。
       噂以上の まさに スーパーウーマン!! ?


          私の賞賛の視線を感じられてか、ふっと笑われたご婦人は、

          早くにご両親をなくされ、苦しい経済状態のなか学校にも通えず、
          何もかも独学で死に物狂いでヤって来た話をさらりとおっしゃる。

          書も絵も簿記もPCも、全て必要に迫られて独学して来た。

          庭の木も草花も、全て種から育て、
          或いは自生しているものを育てて来たのだ、と。

          二宮金次郎は、知人宅の庭から撤去されるというのを聞き、
          捨てられるのを看過出来ずに引き取ったのだ、と。


自生したアケビの花.jpg

自生してきたアケビの花

 

          お子さんの話になったとき、このご婦人のお顔がくもる。


          目のなかに入れても痛くない一人娘さんは、
          幼少時に稲刈りを手伝ってくれていた折、
          彼女が抱えた稲束から、幼い彼女の足元に、ぽとり と 蝮が落ち、
          鎌首もたげて彼女を睨みつけた事件の後、

          この娘さんは一切の農作業ができなくなり、この地を疎み、
          高校からこの地を離れ、都会で暮らしておられる由。


            「 だからかしらねぇえ。

              私は 蝮が大嫌いで。

              蝮が出た!と聞けば 何処へでもすっ飛んでいって捕らえては
              一升瓶に突っ込んでヤるの。

              1ヶ月の間、毎日水を替え、綺麗な水になったら、
              35度の焼酎に漬け込むのよ。  

              有名になっちゃったみたいで、よく声が掛かるし、
              毎年、何人かがうちに 蝮酒下さい、と来られるの。

              昨年はねぇえ、おなかがとても大きな蝮だったから
              一升瓶に入らなくて。

              おなかを裂くと なかから6匹、子どもが出て来て、
              散り散りに逃げ出すのを全部捕まえてヤったわ。 はっはっは 」。



          紡ぐ言の葉の全く出ない、夫と私。

          帰りに、


            「 今日は 楽しかった~~! 有難う。
              どうぞまたいらしてね 」

          いつでもいいから、と、
          書家として著名な御方の 貴重な書の本をお貸し下さる。

          これだけ多忙にされてる御方でも、定年後、一線を退かれてお淋しい??

          これをお返しするときに、いったい何を持参したらいいだろう。。(滝汗)。





ペン驚 ペン驚


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/16 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(10)

『 ブルータスぅぅぅぅ 』 ( ┬_┬)







        出社日。


        夫から、夫自身が本部名義で出す封書類が激減して来たのと、
        あっても殆どメールで済むようになって来たため、
        預かっていた本部名記載の茶封筒と切手を返却しておいて欲しい、と依頼され。


           そだよねー。 
           余程のことがない限り、 何でもメールで済むようになっちゃったよねー。


        しみじみしながら、職場の切手BOXを開けた途端、硬直する。



           しまったぁああああ ヽ(`Д´)ノ



        うちの職場も、お取引先さまやお客さまにお出しする切手は
        記念切手が良かろう、と、記念切手をストックしてるんだった~~~ヽ(`Д´)ノ

           それも今回は、あるゎあるゎ。

           今年に入ってからの記念切手、全種、シートで。 ( ┬_┬)。

              尚かつ、何故か、
              京都・清水寺境内 で 死に物狂いで我慢した 切手がある。。。

           ここに 何故、復刻版が??(──┬──__──┬──)。

           しかも、既に2枚、使われてるし、、、、、。 ぐぁあああ。



ペン揺.gif




        切手BOXの前で固まってる私に、天使な先輩は、悪魔に変身する。


         「 りうさん、買う?


           え? 京都のだけでいいん? 沖縄のもあるよ?

           ほれほれ、原田泰治さんのは?? ( にっこり ) 」


              
        ヽ(`Д´)ノ

        私は、決心してるのよ~ヽ(`Д´)ノ 頑張ってるのよ~~ヽ(`Д´)ノ





旅の風景・京都



ペン哀

『 復刻版 』 て、まぢでヤめて欲しい。
罪が大きいと思うぅぅぅ( ┬_┬)。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



東一華。






        出勤前にちらりと寄った実家の母の庭は 春の花盛り。



        母は 山野草が何より好きで、
        県北の友人から分けて貰う山野草を ことのほか大事にしている。


        元来 可憐な風情であるハズの山野草たちが、
        緑の指の持ち主の母のもと、
        何処で目にするより のびのびと元気いっぱいに見えるのが 可笑しい。




大文字草.jpg
        地植えの雪割草は
        さすがに終わりかけていたが、

        私の持って行った 雛草  は
        鉢いっぱぃに お花があふれかえっていたし、


        白の大文字草に先駆けて、
        赤の大文字草の元気さは、
        ふんぞり返ってみえるほど。



雪柳.jpg     ハナニラ.jpg


連翹のように ぎっしりごっそり、となるのがイヤだった母が、
刈り込んでしまったために、楚々とした佇まいになった雪柳。

胡瓜草 同様、 葉っぱの匂いから
気の毒な名前を付けられた 花韮。
( 花言葉 『 別れの悲しみ 』)





ミニシクラメン.jpg    クリスマスローズ.jpg


さりげに山野草ぢゃないものも、すっかり溶け込んで、
玄関先でずっと咲き続けている、
もう何年もののミニシクラメン。
( いつ休むのか、今年はチェックしやう )

庭のあっちこっちで色違いが咲いている クリスマスローズ。






どっちを向いても 春爛漫。

にっこり きょろきょろしていると、
『 千手岩菲 』が咲いたのだと 私の手を取って連れて行く。



東一華.jpg
:::::beadsbear:::::




ををを。 ?

センジュとは、先頃満喫した千手観音を思い起こさせる。

まこと、蓮の花のやうな。

で、両側の蕾が両腕を広げた握り拳のやうで、
何やら 動的な感じがする。
独鈷を持ってる感じ。。。救済??

で、ガンピとはなんだろう???



??   ??   ??


 

帰宅して、ググって調べてみれば、どうも違う。
千手岩菲は、ナデシコ科。 開花の時期も違う。

母のこれは、『 東一華 』というのではなかろうか??


母にPCメールで、双方の画像と一緒に送る。


「 そうだったんだね。。。調べてくれて有難う。

でも私はこれを友人から『 千手岩菲 』だと言われて貰って
そうだと思って大事に育てて来たから。

私のなかでは『 千手岩菲 』のままでいい? 」


。。。悪い訳がないし^^*☆



 
花はただそこに在り、 そこでただ、咲いているだけ。


ひとは 自分の 目に 胸に こころに うつる その ものを
そのまま感じたり、何某かを受け取ったり、
大切にしたり、想ったり、 そして 愛でたり。

それで いいんだ、それで 十分なんだ、と そう 想うし。



ペンメモ

* 『 千手岩菲 』とは、
『 岩菲 』という中国原産の多年草があり、
それに似ていること。
日光の千手が浜で見つけられたこと。
花びらの先が千手のように切れ込んでいること。
そして『 千手 』で、「 非常に繊細な 」 という意味を
持たせた???らしい??( ..)φ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



             はなのいろは
        うつりにけりな  いたつらに
           わかみよにふる  なかめせしまに
                     ―― 小野小町



     


[ 2009/04/14 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(4)

続・900個の恐怖。






これで30個!
これで30個! posted by (C)りうりう


↑ 同病相憐、同憂相救。




^o^;。




これで ほんの30個なんですから。

30個でも 結構な迫力っ!



これが 900個 と来た日には。。。 (o_ _)oポテッ







きゃきゃきゃ^o^;
きゃきゃきゃ^o^; posted by (C)りうりう

この ド迫力に、申し訳なくも なんだか 笑えてくる(゚゜)\バキ☆





「 1セット 30個 」 だったのを
「 1セット 3個 」 だと思い込まれた、

この御方のチョンボは、到底ひとごとと思えず。 

些少ながら 1セット 引き取りますっ  と 申し出たところ、
ゆいぽんちゃん。さんにも挙手いただきました(滝汗)。

送料が掛かりますのに。。申し訳ありませんんんんん(__)。
先輩ともども、大恐縮致しておりますですぅ。



この迫力に、申し訳なくも なんだか 笑えてくる(゚゜)\バキ☆


私の方は、次回からのカウプレに
SNOOPY が もれなく付いてきます(笑)。



これで、先輩60個の、私たちで60個。


900個 - 60個 × 2 = 780個



ぅぅぅ。  汗 汗

まだまだ、倉庫は満杯状態ですよね。 


ふぁいとだ~~~!!!!  > ご友人っ

 


ペン汗

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : ブログ
テーマ : (´・ω・`)

タグ : 発注ミス 同病相憐、同憂相救。

胡瓜草群生。








水曜日の ひとりお花見






も1回来ようかな☆.jpg






よくよく観れば、あちらこちらに蕾があって。

も1回来ようかな。












も1回来ようかな☆2.jpg



独りでは 抱える想いが重たく、辛くなったから。

明日、定休の夫を連れて来ようかな。



CIMG0864.JPG




駐車場に向かう道々に ぽつぽつと 紫の塊。

これぞ菫! という 濃ゆい紫の菫が
年々増えて来ていることが なんだか嬉しく。


*  スミレ とは、大工道具の『 墨入れ 』から。

あの無骨な『 墨壷 』の形に似てるって^o^;。








駐車場間際のアスファルトの道端の。

ダムに注ぐ川土手を何気に見た途端、
小さな星がびっしり蒼く光って びっくりする。




胡瓜草群生.jpg


こんな感じで見渡す限り、びっしり。



胡瓜草。

花言葉 『 愛しい人へ 』


こっちが勿忘草であって欲しい、と思うほど、

まだ丈が伸びていない胡瓜草は、
可愛くて愛らしい。



葉を揉むと胡瓜のやうな匂いがするから
『 胡瓜草 』て。

あんまりやと思うのですが。


せめて、花言葉は美しく、と
誰かが思って下さったのかな。


ペンはーと

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/12 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(4)

ひとりで お花見。







        水曜日。



        先週金曜日から続く、濃ゆい日々の 中休み。
        午前中の義母の通院運転手から やっとのことで解放され、

        急に気温の上昇が続いたため、おたおたしてると見逃しちゃう、と、
        いつもお花見を楽しむダム周りの公園へ行っちゃおうと決め。


        せっかくなので、手早く卵のサンドイッチをつくり、
        いつもは1杯分の豆を4杯分挽いて、香りを楽しみつつ、
        我慢しきれず、ちょっとだけ飲みながら、珈琲をたっぷりポットに入れて。


      



        う"~。。。

        私の大好きな状態からは ちょっとだけもぉ遅し。。。(;;)。


        でもね、でもね、いいの、いいの。
        そんなに葉っぱは出てないし、何より、また 逢えたんだもんね(;;)。




まだ蕾も☆.jpg


        よくよく観たら、蕾だって、まだまだ居るし(//▽//)☆





        平日の昼下がりだからか。

        バーベキューでわぃわぃ騒いでいる集団は、
        近隣の大学生らしい1集団だけ。


        そこから少し離れると、なんだか静かで穏やかな時空が広がり。

        気がつくと車椅子な方々が多い。

           車椅子に乗ったご主人らしき御方を優しく押しておられるご婦人。
           車椅子に乗った年配のご婦人を囲む、おそらくその御方の子ども夫婦。

           よちよち歩きの赤ちゃんを遊ばせる若夫婦。
           それを目を細めて見つめる老夫婦――。 

        どの桜の木の下も、そうしたご家族連れが
        静かにゆったりと桜を愛でておられる風景は、何かあたたかく、何か胸に響く。



根から咲く桜.jpg
  漸く 誰もいない桜を見つけ、ハンカチを敷いて座る。

  サンドイッチを頬張りながら、
  根っこから花を咲かせているところを見つけ、
  カメラを構える。

  そこへ、ディサービスの
  スタッフジャンバーを着た女性に伴われた
  おばあさまがヤって来られ、
  幹を挟んだ隣に陣取られ、お弁当の準備。


  「 ちょっと待ってて下さいね。
    車を動かして来ますから 」




        スタッフの女性にそう言われて独りにされても、全く意に介されず、
        お弁当を食べ始めたおばあさまは、
        カメラを構えて地面を撮っている私に目を留められ、

           「 おねえさん、おねえさん。 いったぃ何をしよってんかのぅ 」

        根に咲く桜を撮影しているのだ、と答え、暫くして

           「 おねえさん、おねえさん。 あなたぁ、いったぃ何をしよってんかのぅ 」


        何度、この会話を交わしたか、判らなくなった頃、スタッフの女性が戻られる。

        おばあさまは、

           「 おねぇさん、おねえさん、
             あそこのひとは、いったぃ何をしよってんかのぅ 」


        このお花見は、おばあさまがせがまれたのか、
        ディサービスの方々のこころ尽くしのことなのか。。。。


        食べることやトイレは自分でできても、直前記憶がなくなってしまう
        アルツハイマーに苦しんだ義父との日々が蘇り、ふっと眩暈が襲う。




              こんなに待ち侘び、こんなにこころ奪われる桜の季節――。

              この愛してやまない いっときの夢、を
              迎えることが哀しかったり、怖かったり、淋しかったり。

              そんな想いを抱えた方々も、この世にはたくさんおられるのだろうと、
              胸が痛くなって、いたたまれず。


              珈琲も飲まず、ポットを持って立ち上がる。




        そのとき。



        ざっと 音がして 風が舞い、

        目の前が白くなるほど 花吹雪が舞う。



ダムの桜.jpg




        そかそか。

        散らずに、私を待っててくれたんだね(;;)。



                     そんなハズはないのに、
                     そんな風に感じられて、涙ひとつ。




ペン小潤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/11 00:00 ] 老い。 | TB(0) | CM(10)

●広告非表示化 モニターに応募します●







      何度も 楽天ブログからの撤収を考えた大きな理由である、

      ブログ内広告表示ですが、




      この度、広告非表示化テスト が行われるそうです。

      そのモニター募集されているので、力いっぱい立候補宣言致します!


             どうせ、非表示化が成功したら、希望有料制になるんだよね(-_-)。 


      モニター募集に応募することが、
      この 超不快な広告だらけの悲惨な状態に対する「 NO 」になると思うし、

      もし、ほんとに広告表示がすっきりとなくなるなら、
      月100円の有料プランになってもいいかも、、、と思ったり(-_-)。


       テスト中、広告が非表示になるのは、以下の通り。

        
        ●【Profile】ページ
        ●【Auction】ページ
        ●【BBS】ページ
        ●【Bookmarks】ページ
        ●【Shopping List】ページ
        ●【ケータイで見る】ページ
        ●【日記一覧】ページ
        ●【フリーページ】


       これだけでも「 全部 」ぢゃないところが凄い(怒)。

       募集締切は 4/24(金)の 14:00まで。
       応募資格は 楽天ブログ会員。
       募集人数は 抽選にて( たった )50名。 
       応募方法は、楽天スタッフブログへのトラックバック( → ここ  )




ペン匿名

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
        


決意表明。







         4月9日。


         上の少年の誕生日。


         破水後、38時間。
         産道をびりびりに引き裂いて生まれて来た大きな君は、
         22歳に別れを告げ、23歳になった。

         前日からメールでやりとりをしてはいたが、
         改めて おめでとうメールを送る。



         彼からは、奨学金申し込みの連帯保証人の署名捺印用紙が届く。

         これが下の少年なら、その用紙のみしか送って来ないであろうところ、
         上の少年らしく、ルーズリーフに一筆書かれている。




          「 ロースクールとは とても ストイックなところらしく、
            なかなか大変そうだけど、それなりに得るものはありそうです。

            でも、できるだけ早く社会に出たい!!

            せいぜい2年後の司法試験を1発で突破できるように、
            頑張ることとします。 よろしく!! 」 





        なんやねん。

        「 有難う 」 も、「 お願いします 」 もないやん。?


        ぶつぶつ言いながらも、一筆入れてくれてたことに顔はニヤけ、
        新しいクリアケースに入れて、仏間に持って行く私 ^o^;。


                  君の、決意表明、だもんね。
                  君の努力が、実を結びますように。

                  君の想いが かないますように。






たっくん3ヶ月

君は、私の天使だった。

いつまで経っても をとなになり切れない
唯我独尊の我儘娘を母にしてくれた。

私の持ちうる限りの最大の感謝と愛を君に。
世界でいっちばん、愛してる。??




ペン萌

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



『 ロフト派 』 or 『 ハンズ派 』






        何度かご紹介し、当ブログのカウプレにもさせていただいている、
        ふせん工房さんち の 透明ふせん『 ETIQUETTE 』。




透明ふせん『 ETIQUETTE 』

左3冊…12mmの『 定番 』商品 ET101
そこから右へ5冊…私の選んだ『 マイふせん 』
一番右端…12mm&24mmの定番 ET1227。




        やっぱり、お洒落で素敵で機能的で便利で、
        かつ、日々真摯に努力され 進歩しておられるものは、
        ユーザーからは勿論、販売店側からもきちんと評価され、支持されていくようで、
        
        あれからどんどん、お取り扱い店が増えていかれ、
        今や、北海道から長崎まで 全国に49店舗。

           東京都が1番多く、
           銀座伊東屋本店を初めとして、東急ハンズ池袋店、
           丸善北千住店・有明店、紀伊国屋大手町店、
           青山ブックセンター本店・自由が丘店・六本木ヒルズ店・丸ビル店
           などなど、12店舗!! \(^o^)/☆

        待ちに待った、我が広島にもご進出っ!

        お取り扱い店舗が増えて行かれる度に、
        自分のことのように嬉しく、誇らしい気持ちを味合わせていただいている。?


-   -   -



        今回のタイトルは、フセン王子さん の

        『 ハンズとロフト、好きなのはどちらですか? 』というタイトルから。



        この度、東京13店舗目、ロフト渋谷店に納品が決まられた由にて、

        納品に際し、ロフト渋谷店さんは、

          「 他店とは違うものを 」  という希望を出された由。

        で、フセン王子さんがトライされていた新コーディネートの見本のなかから、
        ロフト渋谷店さんが5種類を決定されたそうである。


        透明ふせん『 ETIQUETTE 』は、ただ美しいだけでなく、
        製造販売側の手間隙を厭わず、ユーザーの立場に立って、
        「 マイふせん 」として、ユーザーの好きなカラー、ふせん幅を
        コーディネイトしていただける自由度の高さが大きな魅力のひとつ。

        それが大きく生きたことになる訳で、

        それが 「 ロフトらしさ 」「 ロフトカラー 」 をも演出できたり、
        新しく生み出せたり、これからの期待値、可能性がどんとまた広がる。


        なんだか とっても素敵だなぁ、、と思ってしまった私。???





        以下、フセン王子さんのブログより。



         全く同じ定番品を全国一律に流せれるのは製造が単純化して楽なのですが、
         このようにお店の雰囲気やコンセプトに合わせたもので
         展開していただければ嬉しいです。
         そういう時代に入っているのですから。




        製造・販売側にとって、

           ( そういう時代に入っているだけに )
           工程を如何にシンプルにして、ミスを防ぎ、経費を抑えるか、
           如何に在庫を少なくして効率を高め、
           如何に売れ筋を徹底追及してデッドストックをなくすか、

        ということが、めちゃくちゃ重視されるものであるのに、


       「 ロフトらしさ 」にこだわり、
        あるいは、個別化、差別化のコンセプトにこだわり、
       「 他店とは違うものを 」という要望を出せることは素敵なことだと思うし、
        それにお応えになれるどころか、楽しんでいらっしゃるフセン王子さんや、
        透明ふせんが 素敵だなぁと。。。^^*☆


     
        
                 皆さんのお近くにも、
                 透明ふせん『 ETIQUETTE 』が ヤって来てるかも。
                 文具売り場でチェック、チェックぅぅ\(^o^)/☆




ペン晴

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



祝☆ご定年





       出社日。



       3日の 『 大感謝祭 』 に 引き続き、

       この日は、週に1日しか出社しない私にお合わせ下さり、
       長年、お付き合いいただいたお取引先さまの営業の御方が
       定年退職のご挨拶においで下さる由にて、

       私は私用で上京する予定だったのを取り止めたのだった。



?   ?   ?



          この御方との初対面は、16年前に遡る。

          ボスの中学時代の先輩でいらした由にて、
          うちの会社の設立当初、試行錯誤しながら四面楚歌にも立たされたとき、
          常にこの御方が寄り添うように傍にいらして、
          蔭に日向に、うちの会社の広告関係を支えて下さったそうである。



       私より10歳近く年上でいらっしゃるのにもかかわらず、
       大変腰の低い、穏やかな御方で、決して出過ぎず、
       ボスから引き継いだ仕事で七転八倒する私を、辛抱強く傍で見守り、
       笊で水を掬うような 私の至らぬところ、見過ごしているところ、を
       さり気にフォローして下さり続けて今日に至る。


       うちの会社の歩みと共に、その御方は一緒に歩んで下さり、
       いつも振り向けば、斜め後方に控えていて下さるような御方で、
      
       今から思えば「 営業ノルマ 」もおありになられたであろうに、
       そんなことはおくびにも出さず、決して「 営業 」をせず、
       かといえば、こちらから依頼をすれば、
       間髪を入れず【 完璧 】な仕事内容でお応え下さる、
       もの凄い御方であった。


       フツーであれば、キャリアを重ねられれば早々と一線を退き、
       管理部門、役員待遇、と出世なさっていかれるのであろうに、
       生涯現役、とばかりに、ご定年のその日まで、
       ずっとうちの会社担当で在り続けて下さったのである。


       その御方が、今月限りで退職なさる――。


       昨年あたりから、ちらっとそれを思っては不安になり、
       ぃゃぃゃ きっと「 顧問 」な形で残られるだろう、などと虫の良いことを願い。

       3月に入って、この御方より、
       慰留の話はあったものの、自分はきっぱり引退する旨を伺って衝撃を受ける。


         「 暫く、数字や時間に追われる日々から距離を置きたいのです 」。

         「 この歳まで大病せず、定年の年に 末っ子の大学卒業式に出られ、
           息子から『 行かせて貰ってありがとう 』というメールを貰い、
           もう想い遺すことは、ないのです。

           長らくおつきあいいただき、本当に有難うございました 」。


       私の方が涙目になってしまうような言の葉をいただき、
       それでもいよいよほんとに最後の月、となっても もうひとつ実感を持てず、
       ぴんと来ないでいたのだったが、ついに この日を迎える。


         その日には、格別お世話になった有志メンバーでお花を贈ろう、と
         話していたため、実際にお花が届いて目にした途端、
         急に現実だと認識してしまい、どきどきしてしまう。


         お花は、花束だとご帰宅まで大変だったり、
         重なるとご自宅でも大変、ということから、鉢植えを勧められ、
         数ある鉢植えのなかから先輩が選んだのは、
         淡いピンクの胡蝶蘭 『 ハルガスミ 』だった。



         え、胡蝶蘭?? と 実は 一瞬思ったけれど、
         これが実に優しく 可愛らしく、観てて飽きない。

         さすが先輩。?  good job(//▽//)☆


?   ?   ?




         後任の御方は、お取引先さまの切り札エースでいらっしゃる由。

         転勤・異動の多い他社さんのご挨拶回りと、まるで同様な手順で、
         名刺を交わし、ご挨拶を交わし、
         未だ信じたくない私のこころだけ残して、
         淡々と着々と引継ぎの儀が終わって行く。


             どうしやうどうしやう。

             今更ながらに、大切な場面場面で
             この御方に助けられて来たことを 思い知らされる。
 

                自分が退くときは、どうぞこんな想いを誰もしないやう。

                    、、顔はにっこり笑いつつも
                    頭のなかが 訳の判らないことでとっちらかる。


                       視界の隅に、ハルガスミを抱え
                       スタンバイしている先輩が目に映る。


                          あぁ、もぉ、しっかり! > ぢぶん。

                          伝えきれない感謝のこころを しっかり伝えるのだ。

                          ふぁいと、ふぁいと  > ぢぶん。



ペンSAD

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/07 00:00 ] 徒然草 | TB(0) | CM(6)

蓮華王院。







       25日。  京の旅、最終日。



       丸2日、歩き通して来ており、私自身の膝も爆発状態。
       湿布の上から、持参して来ていた術後の仰々しいサポーターでしっかり固定し、
       同じくさすがに疲れた様子で「 もぉ歩きたくない! 」状態の母を

          駅からすぐだから。 境内もそんなに歩かないから。

       と拝み倒して蓮華王院に向かう。


          蓮華王院本堂――三十三間堂――。
           京都に在るときは欠かさず通う、私の大好きなお堂である。


          まずは 自分の知人に必ずそっくりな御方がいらっしゃる、という、
          千体の等身観音立像に驚き、圧倒されつつ進むと、
          お堂中央の斜め上方に、ご本尊の大きなお顔がぼぉっと浮かび上がり、
          殆どの参拝者が驚愕されるのではなかろうか。

          初めて参拝したときの私がそうであった。
          ただただ惚けてしまい、茫然とお顔を見上げた途端、
          目を閉じていらっしゃるかに観えていたご本尊の目が開かれ、
          視線が合った気がして、動けなくなったものだった。


          以来、京に在るときは、時間を見つけては、
          化野念仏寺、太秦の宝冠弥勒菩薩と こちらと。
          身の引き裂かれる想いで、どちらかを選んでは通ったものである。。。





蓮華王院2.jpg







        早い時刻が幸いしてか、団体さんが殆どおらず、
        ゆっくりゆったり、思う存分、こころを飛ばす。?


        したらば、お坊さまが入来され、香が焚かれ、りん が鳴り、
        ご本尊の前でお経があがり始めて びっくりする。

        もはや数え切れない位、通った蓮華王院であるが、
        お坊さまの読経される場に遭遇したのは、初めてであったから。



              お坊さまの読経をおよろこびになられているご様子の
              千手観音菩薩が 見下ろしておられる視線に包まれて。

              ただ無私無心に 「 世界平和 」を祈る母。

              その隣の私は、といへば、
              宗派を違えど、ブディストネームをいただいたばかりで。

              なんだか、千手観音さまにまでにっこり寿いでいただいたやうな、
              そ~んな極めてちっぽけな 自己本位な こころもちで。

              でも 間違いなく敬虔なこころ で ふたり 手を合わせ。

              大満足の吐息とともに、お庭へ出る。


 
蓮華王院山茶花.jpg


      山茶花、連翹、雪柳。

      春を告げる花々が満開で。
















蓮華王院桜2.jpg

      染井吉野には
      やっぱりまだ早いけれど、

      秒読み状態であるのが 判る。



      私たちと入れ違いのように
      入ってきた観光バスに、

      静かにゆっくりできた幸運に
      感謝する。   




蓮華王院.jpg



いつも思う。

こちら側の門が開かれ、門を背にしたこちら側へ
お堂が一斉に開け放たれるその様子。

正面から 千一体の千手観音の全容を拝謁できた御方は
一体 どなただったのだろう、と。

千手観音のお姿は、一体一体、金色に輝いていらしただろうし、
陽の光に、その燦然と光り輝くお姿は、目も眩まんばかりであったろう。


もし 凡人の私などが その場にいたら、
目がつぶれてしまう と 畏れ平伏しちゃうか、
きっとそのまま 魂を抜かれてしまうんだろな(汗)。





また。

きっとまた必ず と こころに誓い。

そのときもまた、母と来れたなら、
これ以上の倖せは ないのだけれど。




ペン感謝.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




[ 2009/04/06 00:00 ] 行きました^^*☆ | TB(0) | CM(10)

蕗☆







      「 蕗 」という字は、好きな字のひとつだけれど、
       もうひとつの 「 苳 」という字はもっと好き。???

       でも、蕗という新字体は 人名にしか用いられないそうで。
       苳、という字は どうなのかな。。。。


         子どもの頃、蕗の薹と蕗は、別物だと思ってた。
         蕗料理は、葉も茎も、苦手だった。

         歳を経たから、なのか、地域的に食材に恵まれたのか、
         現在は 蕗のたいたん、は、大好きな煮物。


??   ??   ??



       ご近所から、思いがけず 見事な蕗を 一抱え いただく。???

       義母にお裾分けに走った後、何をつくろうか迷いながら帰途につき、
       茎は厚揚げと炊き、葉っぱは蕗味噌にしようと決定。?




蕗
         大量なので、2回に分ける☆

         洗って 葉と茎に分け、
         茎は鍋サイズに切って
         塩で板ずり。

         採れ採れの新鮮さを
         てのひらで 嬉しく感じつつ。





板ずり~。.jpg



         そのまま蕗を熱湯で茹でて 皮を剥き、4~5cmに切り。

         厚揚げは熱湯で湯通しし、油抜きをしてから、
         大きめが好きなので半分にカットするだけ。

         鍋にかつお出汁を煮立てて、蕗を入れて厚揚げを乗せ、
         醤油、酒で味を調え、鷹の爪を入れ、
         再び煮立ったら蓋をして10分ほど煮含める。


蕗と厚揚☆.jpg
         めちゃうま~~(//▽//)☆

          私はこんなに蕗を炊くのが上手だったか??
          私はこんなに蕗が好きだったか??

         思わず自画自賛しかけて、
         蕗 そのものが 違うのだと 気付いて苦笑。

         んでもって、
         こんなに大量につくってどーするの、と
         思ったけれど、2日間で倖せに完食~?
 


蕗の葉



蕗味噌.jpg
           これまた大量の葉っぱは、よく洗って塩茹でにし、
           水によ~~~く晒した後、縦横にみじん切りに。

           味噌を火にかけ、お酒と味醂で緩め、
           鰹節と白胡麻を投入して練り上げ、
           最後に蕗の葉を入れて、
           蕗風味をたっぷり閉じ込めた 蕗味噌完成!!!

           頂き物の佃煮の空き瓶3つと後ろのタッパー分、たっぷりできて、
           ご飯が すすむくん で、ヤバいです(@ ̄¬ ̄@)♪



ペン快晴

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ミュージカル 『 反省会 』






         土曜日。


         あの日 から、もう3週間経ったのだ!! と

         皆それぞれに、しみじみしながら、驚きながら、の
         反省会。 ( という名の  飲み会  食事会 )


         町内で1番美味しい、と言われている、地魚料理が売りの、
         ドライブインのような料亭で 午後6時半より。


            ここは、クラブバレーの大試合の後の打ち上げや、
            単PTAの年度末の打ち上げやら 町Pの会食やらで よく使う場所。


         海沿いのお店で、海にせり出すように全面ガラスになっており、
         眺めも良し、味も良し、料金もリーズナブルで、常に満杯の人気料亭である。


         勝手知ったるお店であるのに、この日はなんだか初めて来るやうな、
         お店までがよそよそしく、居心地悪く感じられてしまうのは、
         きっと 私が 【 反省会 】 なるものに身構え、緊張しているから。


 
?   ?   ?



         先生方や、裏方を務めて下さった地元のスタッフの方々もいらしてて、
         先生と主役級な方々を中心として盛り上がる。

         先生は年末にご自身の地元のミュージカルの公演をされ、
         この度私たちの公演があり、
         さらにその直後、県北の市民ミュージカルの公演を終えられたばかり。

         また既に今年度のそれぞれの台本を書き始めておられる由にて、
         精力的なご活動、ご活躍に、ただただ頭が下がる~~~^o^;。



?   ?   ?



          「 ぅぎゃ~~~ヽ(`Д´)ノ 」


         突然、4月から保育士として保育園に就職し、
         担任も持つことになった 主役級の20歳の女の子が ひっくり返る。


         それはこの地の名物 『 白魚 』 が、
         カクテルグラス状の陶器のなかで、ポン酢から逃れようと、
         一斉に「 滝登り 」をしているのを配られたから、である。


         ぴちぴちと元気よく跳ねている白魚たち。

         彼女は地元でありながら、この日が『 白魚 』初体験なのだった。

         私も毎年とまでは言わぬまでも、何度となく遭遇してきたが、未だに慣れない。
         好物でいらっしゃる方々には申し訳なくも、やはり可愛想で、
         そこまで いただきたい! とは思わない、思えない。( ┬_┬)

         おとなたちは、「 今だけの贅沢 」と相好を崩し

           口のなかでぴちぴちを楽しみ、つるっと喉越しを楽しみながら、
           噛まずに呑み込むのが通だ、と言う派と
           いやいや、ぷちっと噛まねば甘みが判らず、
           ほんとの白魚の旨さを判ってない、勿体ない、と言う派とに分かれ、

         ひたすら言い合いをしているなかで、
         「 ごめん! ごめん!! 」と涙目になっている20歳の女の子同様、
         私も 黙ってこころで泣く(;;)。



?   ?   ?



         次々と山海の珍味が出され、会が進むにつれ、
         シビア~な先生からの総合評とともに、
         今日はお昼からお花見でお酒三昧なんだ~♪と上機嫌な主役級な方々からの
         反省、気付きがそれぞれに飛び出し始め、

         お子たちをどう育てるか、等々、前向きに話が盛り上がるなかで、
         しっかり、私がメンバーに組み込まれていることを識る――。



              きっつぃ先生からは
              「 途中参加のせいか、舞台の発声はまだまだやし、
                ふっきれてないよねー。

                でも 歌  だけ は うまいから、
                今年は最初から鍛え甲斐がありそうだよね( にっこり ) 」

                         工エエェェ( ̄▽ ̄lll)ェェエエ工工


                  今回の役どころで、キャパがぃっぱぃぃっぱぃであること。
                  長い台詞は到底覚えられないし、
                  私の膝では 飛んだり跳ねたりは もうできないこと。

                  今年もお世話になるにしても、
                  せめて、今回程度の役にして欲しいこと。

                  脂汗を流しつつ、あれこれ申し開きをしたけれど、
                  何から何まで 次から次へと却下されるのは

                               なんでやね~ん ヽ(`Д´)ノ



ペン引

地元ポランティアスタッフの方々には
手作りの感謝状と、
アザレアの鉢植えをそれぞれにお渡しし、
とても素敵な空気で お開きとなる。

未だ硬直している私だけ 残して( ┬_┬)。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



「 大感謝祭 」






        勤続16年の後輩が、この度めでたく入籍し、
        北国への夫君の転勤に伴って、きっぱりすっぱり退職することになり。



        イントラネットを駆使すれば、
        遠方に在っても形を変えた勤務は可能であるのに、
        どんな形であっても 繋がっていたい、と慕う若い後輩たちに

           おそらく2度と広島には戻れない、
           自分は、きっとこの先、とても務まらない、、、との由にて。


      「 送別会 」という言の葉の響きを嫌がった本人や若い後輩たちから、
      「 大感謝祭 」のいう名の食事会を行うことになる。



           私は下の少年の引越しの後、
           続いて私用にて上京する予定にしていたのだったが、
           何より優先すべきのこの大感謝祭をはじめとして、
           これでもか、というように、次々とスケジュールが詰まっていき、
 
           分身の術が使えたら、と、
            未練たらたら  上京を取り止めたのだった。



       



        今頃は、東京で桜を眺めていたのではないか、、、と
        気もそぞろに広島へ向かえば、懐かしい山々に美しい染井吉野が迎えてくれる。



             嗚呼。 ごめんね。

             君たちは 私を呼んでくれていたんだ――。



        大感謝祭がなかったら、きっと今年は君たちに逢えなかった。
        大感謝祭に感謝だよね、と こころ入れ替え、
        濃ゆくなりそうなこの1週間を頑張って乗り切ろう!と活を入れる。


        場所は 広島市西部の 一見普通の瀟洒なお宅に見える 隠れ家的料亭。


        1度、皆で会食をする機会があったのだが、そのときは欠席した私。
        グルメな後輩たちが、またここで、と希望するのは、
        余程素敵なお店であったればこそ。

        「 大感謝祭 」=実質 送別会、というのは淋しいことであるが、
        おめでたいことではあるのだし、
        「 お飲み物代別 6000円也 」の 春のお膳を楽しむことに決める。


       



        職場集合で、私は愛車を職場の駐車場に置いて行くつもりであったが、
        帰宅するのに不便であろう、との皆の配慮で、
        皆が乗るタクシー2台で前後を挟んでいただき、
        不慣れな土地へと愛車を走らせる。

        到着した場所は、識っていなければ、到底気付くことのできないお宅。
         ( 実際、業務終了後、タクシーで駆けつけて来た夫は、
           本人も不慣れであり、運転手さんもご存じなく、散々迷ったらしい )

 
        「 お待ちしておりました 」

           ( 連絡をいただいて、本当に嬉しく、
             準備万端整えて、こころよりお待ちしておりましたよ )。

         ほんとにそう思っていらっしゃることがお顔に出ておられるような、
         私たちと同年代であろう女将さんのあたたかな笑顔に迎えられ、

         見事な壷に 桜いっぱぃ活けられたお部屋で、春のお膳を囲む。


          日に何組、1組は12名までしか受けないという完全予約制でなくては、
          とてもできないであろうと思える、
          お味は勿論、器、盛り付け、、、その全てが
          やさしくてあたたかで 手の込んだお料理であった。


          いったぃ全部で何品出て来たことだろう。

          小鉢が次々と出されて来る。



春の膳.jpg     春の膳2.jpg



         うど、たけのこ、つくし、わらびのつくね、
         桜の花びらを象られた百合根。。。。


         さりげに、それぞれの小鉢に「 寿 」の意味があることを。

         「 子孫繁栄 」、「 福 」を祈念してのお料理であることを
         女将さんが耳打ちくださり、後輩が目を潤ませる。


         出されるお料理全てが美しく、美味しく、
         和やかな あたたかな席で 感嘆しつついただいて。




         こちらで出される冷酒は 山口県旭酒造の『 獺祭( だっさい ) 』。

         蔵元めぐりをするほど大の日本酒好きの彼女のお気に入りであるため、
         宴もたけなわ時分に 本日のお土産、として
         1番高い1升瓶を用意してきており、皆から拍手と共に贈る。

                   運転のため 飲めなかった私は、
                   いつか絶対っ!!!  




         最後のデザートを出された後、にこやかに女将さんは彼女に向けて

           お帰りの際は、床の間の桜に触り、全部散らして行くように。

         との旨をおっしゃり、聞いていた私たちは硬直する。




                      すっぱりきっぱり。

                      今を盛りと咲く花を 自ら散らし、
                           後ろは振り返らない。

                      これが 貴女の選んだ 道 ですね、と。

                      幸多かれと こころより お祈り申し上げます と。 


ペン驚


この日の見事なお料理を忘れられない。

でも、女将さんのおもてなしは きっと一生忘れられない(滝汗)。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



入寮完了!






       下の少年の引越し作業、手伝い最終日。

       天気予報は「  」だったが、自他共に認める晴れ女の私。



       前夜、勤務先から新幹線で現地入りしてくれた夫に、不動産屋さん関係を任せ、
       『 LIFE 』、『 Fit 』に荷物を積み込み、
       下の少年先導にて出発するまで 雨は降らず、
       移動中に土砂降りとなり、寮に到着して荷物を出すときには晴天に ?


           「 君の 凄~ぃ 女神? のやうな
             美しいおかあさまの霊験って、やっぱり凄いぢゃんんん???? 」


       思わず、晴れ女を自画自賛した言の葉を、
       これから少なくとも3年間お世話になる寮内の様子に、
       海の底までヘコんだ様子の少年は、ものの見事に無視してくれる。ヽ(`Д´)ノ



視界360度.jpg   ここの6階~☆.jpg




360度、山々の緑に囲まれ、

近未来都市のやうな ぴかぴかのキャンパスで。

ふぁいと、ふぁいと>下の少年!




理学部.jpg   キャンパス.jpg

** キャンパス全景は現地の不動産屋さんのチラシから拝借




床が土足のPタイルのため、
急遽パイプ式のロフトベッドの購入に踏み切る。


下宿生活にロフトベッドなど、頭から贅沢!!
と、思っていたので、実際に夫と現地を観ることができ、
これなら無理もない、と納得できたことは大きい。


ロフトベッドは、時期的に何処も在庫切れ状態ななかを、
1日掛けてネット中を彷徨い、
三方に筋交いがあり、宮棚、コンセント付きで、
ようやく納得行くものに辿り着き、
希望日に納入いただける由にて、
狂喜乱舞で、ぽちっとゲット\(^o^)/☆



     仁くんロフトベッド.jpg


心配していた組み立ては、友人たちが手伝ってくれた由。

有難いこと(;;)。
たくさんたくさん御礼を言うように>少年


しかし、せめて、布団を綺麗にして写さないか(汗)。>少年



ペン探.gif


これから、ここで3年間。

辛いこと、イヤなこと、哀しいこと。
そして、寮の友人たちとの日々。

君の経験値を増やしてくれる、
珠玉のやうな毎日でありますよう。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



目指せ!仁仙人☆





人家のない、高速道路のインターにつながる良き道をひたすら登る。
電光掲示板には『 雪・凍結注意 』。



登り切ったところに、近未来都市が現れる。

視界 360°。
山々の稜線に囲まれ、雄大なる自然の懐に、
広がる 計算し尽くされた人工美。

ここまで山の中だと、いっそ気持ちが良く、空気は松の匂い(笑)。

夜間は、どんなに星が綺麗なことだろう。



確かに、寮生9割以上が車、というだけあって、
寮の駐車場に並ぶ車の数は半端なく、
仁同様、若葉マークの軽自動車がずらり。


なかには、札幌ナンバーのピカピカな若葉マークな軽自動車も @@。




「 まぢ、ありえん ヽ(`Д´)ノ 」。


寮の部屋は、引き戸の土足のまま入室するようになっており、
床はPタイル。 埃、ダニの心配はないが、とても冷たい。。。
炬燵を置くには、一工夫必要。

ベランダあり、エアコン付。

しかし、広さは覚悟してたとはいへ、これまでの部屋の三分の一。
机とベッドはつくりつけ、と聞いていたが、それはなく、
スチール製のロッカーがある以外は、収納スペース皆無。


とりあえず冷蔵庫とレンジだけ置き、
床に積まれた山のような荷物に埋もれて茫然とする少年。




「 んぢゃね ХХ 」

元気でね、と、出発しようとすると、

「 僕も、山を降りたい  」。




あはあはあは(笑)。

まるで、山から下界へと脱落していくお坊さまのやうな言いっぷり。

確かに、修行には最適な環境で、
瀧でもあれば、仙道を極められそうだよね。


このお部屋には、収納もでき、座禅も組める
「 箱畳 」をプレゼントしたいです((((^-^;。




、、、、このキャンパスは、ぢぶんで選んだんだもーん。

知らんもーん。




寮は、それでも新しくて、比較的きれいな部屋だと思う。
これまでが 余りに破格に恵まれた環境だったんだよん。

きっと この寮生活が、これからの君の力に、自信に、宝になる?

元気でふぁぃと なりよ~(^o^;



ペン励

写真はテニスコートへ向かう道路から写した
下の少年の寮外観。( 彼の部屋は南側6階 )



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



                             ** タグ、ペンちゃんをつけて再アップ。
                                        本文は【 Last updated 2009.04.02 14:55:56 】 に若干補完。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。