FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。
月別アーカイブ  [ 2009年02月 ] 

寮 ではなく 寄宿舎?  







         下の少年が、金曜夕方に無事戻って来たが、
         試験で徹夜続きだった由にて、寝る、寝る、寝る。


         金土日の3日間のなかで、起きていたのは正味3時間あるかないか^o^;。

         食事もろくろく取らず、トイレにも行かず、死んだように眠っている。


              こ奴、こんなんで、
              ほんとに毎朝独りで起きて、大学へ行けてたのだろうか^o^;。


         夫同様、わくわくと指折り数えて待っていた義母のところへ
         挨拶へ行かせられず、私の方がヤキモキする。


?..   ?..   ?..



         この貴重な3時間のなかで、大学から来た入寮許可証や入寮者心得を渡すと、
         下の少年は、引っくり返ってしまった ^o^;。


         大学敷地内にある寮は3棟あり、

           1棟は、院生対象の簡易キッチン付きの寮。
           1棟は、フツーの寮。
           そして、もう1棟は、附属高校生対象の「 寄宿舎 」。

         で、この度、めでたく彼が入寮を許されたのは、
         彼が1番恐れていた、この「 寄宿舎 」だったのである。 (o_ _)oポテッ

         規律がことの外厳しい、、、、のは、
         保護者にとっては「 安心 」「 安全 」なことではあり、
         基本的生活習慣に、いまひとつ不安のある下の少年にとっても
         「 良い 」こと、ではあろうが、

         この1年間、全くのフリーであっただけに、窮屈ではあろうし、
         「 自主・自立 」的 言の葉からは、乖離しちゃうんだろうな、と思いつつ。

         ネックは入浴時間制限と門限。
         門限は22時で、玄関は23時にオートロックで閉まる。

             
           今度こそ、長期アルバイトを! と 燃えてる少年は、
           果たして22時の門限に間に合うのか??

           また、花粉や黄砂、汗で肌がぼろぼろになってしまう少年にとって、
           入浴時間が決まっているのは、なかなかハード(;;)☆

           確かに、恐れてた寮に決まって、引っくり返りたくなるよね(汗)。

           でもでも、どうぞ、フツーの寮に入寮中の同級生と仲良くなって、
           そちらのお風呂に入らせて貰うようにするか、
           ちゃんと寮長さん? 学生課? に申し出て、
           ヤバいときには、シャワーだけでも使えるようにして貰ってね(祈)。


??   ??   ??



           今回、少年の仲良しグループのうち、
           半数以上が、入寮出来なかった由。 a

           入寮できなかったお子たちは、わぃわぃとアパートを探したり、
           ハウスシェアをしよう! と盛り上がっているらしく、
           下の少年は入寮を許され、それもイヤだと思ってた寮なので、
           かなりヘコんでいる。。。。


               夫や私は、両手をあげて、感謝したのだけれど(滝汗)。


           「 君には申し訳なかったけれど、 
             私たちは とても助かったよ。 感謝してる。 ありがとね。
             、、、、でも、どうして、君が入寮できたのかな 」

           「 そりゃ、おとうさんの年収が低いからぢゃろ? ヽ(`Д´)ノ 」


                  (──┬──__──┬──) はぅぅ。 ごめん。
  


ペン…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト



[ 2009/02/20 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(12)