今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。
月別アーカイブ  [ 2008年06月 ] 

≪ prev |  2008年06月  | next ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年も満開☆ ( 追記あり )






誰だったかな^o^;.jpg





        今年も満開☆☆☆

        この地に来た次の春、少年たちと植えたチューリップ。

        1つ1つの球根を少年たちがそれぞれに担当していたのだったが、
        上の少年が担当したチューリップがうまく咲かなくて、
        悲嘆にくれた彼のために、慌てて買って来たポット苗。


            半泣きだった上の少年が、みるみる笑顔になったのは、
            さすがに、随分昔のような気が、する。。。


        それが爆発的に増え、今ではお庭の北面ずらりと生い茂り、東面まで侵略中。

        冬はパリパリの枯れ枝のようになってるのに、
        春と共に、その枯れ枝から小さな小さな葉っぱが出始めて。

        その枯れ枝部分から、またグリーンの茎になって葉先も伸びていくので、
        なんだか、背も高くなっちゃって、1番高いお子は、130cmもある。

        茎を切って挿しておけば、勝手に根付いてどんどん増えるので、
        ネット友だちにも、随分勝手に送りつけたものである(笑)。


                 、、、で、名前、なんていうんでしたっけ^o^;

 
                    確か、ハーブの仲間とか、セージの種類?だとか、
                    色々教えていただいたんだけどな~~~^o^; ^o^;。 

                        ありのみさ~~~ん (゚゜)\バキ☆



ペン水やり

追記) さすが の ありのみさん に 調べていただきました\(^o^)/☆
『  スイート・ジャーマンダー  』 でした☆
有難うございました\(^o^)/☆☆☆

シソ科 ニガクサ属 耐寒性多年草。
地中海西部沿岸を原産とする多年草。
葉に甘い香りあり。
ハーブの一種とされながらも、一般的には観賞用に栽培される。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



スポンサーサイト
[ 2008/06/30 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(6)

【 深謝☆ 】 40万アクセス突破。





      
      今朝、10時29分に、お蔭さまにて40万アクセスを突破しました! m(__)m


      30万を突破したのは、昨年10月。

      つい先日のように感じますが、
      冬を迎え、桜が咲き、下の少年が巣立ち、夏を迎え。


      カウンターの数字は、単なる数字。
      受け止めるべきは、数ではなく、その中身であることを重々承知しつつ。

      ひとつひとつの数字は、皆さまの足跡ひとつひとつ。

      目に見える 形在るもの として、温かく、有難く、
      変わらず こころ 励まされて来ました。


          、、、時には熱く、時には厳しく。
          時には濃ゆく、わくわくと。
          皆さまと積み重ねていった熱い数字に最大限の感謝を。


??   ??   ??




     『 カウプレ 』 告知 後、皆さまに盛り上げていただき、有難うございました☆☆


40万アクセス、有難う☆☆.JPG


       結果は、

       400003 2008-06-29  10:32:14  EZweb
       400002 2008-06-29  10:31:25  EZweb
       400001 2008-06-29  10:31:19  EZweb
       400000 2008-06-29  10:29:19  *.home.ne.jp
       399999 2008-06-29  10:28:34 *.home.ne.jp
       399998 2008-06-29  10:19:21 *.harenet.ne.jp
       399997 2008-06-29  09:56:46 *.infoweb.ne.jp


       10:29 に お越し下さいました「 *.home.ne.jp 」さま。

       もし、これまでに1度でもコメントをいただいておりましたら、
       どうぞ、私書箱の方へお申し越し下さいませ。 m(__)m
                     ( 個人情報は死守致しますです )。

      ご一緒に喜んでいただきたく、
      『 透明ふせん 』と文庫カバーをお贈りさせていただきたいと存じます。

      もしご辞退なさいます場合や全くのゲストさんでいらっしゃいましたら、
      次回キリ番の 444444番へ繰り越し(笑)させていただきますです。 m(__)m



             午前11時より午前0時まで、お祭り(笑)、ということで、
             リクエストの多かった、もはや定番とも言える
             りうりう25歳の再就職時の履歴書の写真(爆)を
             プロフにアップ致しました。( 現在、当社比、横2倍 ? )

             タイミング悪く、お見苦しいものをご覧になられました方々は、
             どうぞ、速やかに脳裡から抹消され、解毒剤をお飲みになって、
             明るく勁く正しく生き抜いて下さいませませ ^o^;。

                   皆さまへ感謝の想いを捧げつつ。
                   今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(__)m。



ペン謝 ???

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

おかげさまで現在22位です(//▽//)。
3日前まで10番台でしたが、すぐに前後しちゃいます ^o^;



[ 2008/06/29 00:00 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(20)

勇者 ☆ りうりう





       もうすぐ、カウンターが40万を刻もうとしており、
       途轍もない数字を前になんだか、ぼわわ~として落ち着かない。
          、、、こんなときは自分語りだなぁと(゚゜)\バキ☆


       そそそ。 以前からカミングアウトしなくては、と思っていたこと。

       nifty時代からの友人には、今更ですが、
       何を隠そう、私は筋金入りのゲーマー、なのでした。 ( てへ )


      



       実家が厳しかったため、独身時代には、コンピュータゲームは未経験。
       当時大流行のインベーダーゲームでさえ1度もなく。

       ボードゲームやトランプは、大晦日~お正月だけ、と決まっており、
       日頃、母のお手製おやつしか食べられない私は、
       年に1度の駄菓子食べ放題であるお正月を二重の楽しみにしていた。


          小学校時代は、バレー部( 冬はサッカー部になる )に入るまでは、
          男の子たちと野原を駆け回り、あとは本の山に囲まれて倖せだった。

          中学時代は、バレー一色+本。

          高校時代は、バレーと生徒会+本。
                トランプが大流行し、休憩時間に皆でページワンをしたり、
                大貧民をしたり、2人対戦のブラックジャック。
                なかでも『 SPEED 』では、私に敵うひとなく、
                クラスで女王となる(笑)。

          大学時代。 バレーと合唱と、本と、、、、、闘争に明け暮れ。
                社会学は卒論評定が厳しく、例え就職が内定しようと、
                卒論が通らねば卒業できない。
                5年生、6年生がゴロゴロといるなかで、
                2年次からテーマを決め、演習、ゼミとしごかれ、
                髪を振り乱して鬼のように勉学した。

  
       そんな 清く正しく美しい?ゲーム無菌状態だった私なのに。


      



       上の少年を授かり、7ヶ月のおなかを抱えたお正月。

       12月29日から、三男嫁稼業の覚悟をして夫の実家に帰省したとき、
       長義兄んちの少年( 当時小学生 )が、
       ファミコンとスーパーマリオブラザーズを持って帰省し、
       そのマリオの余りの可愛らしさに、一目で堕ちる(笑)。

         「 りうおばちゃんもどうぞ 」

       甥の可愛い声がコントローラーを差し出し、おっかなびっくり触ってみる。

       初めてのTVゲーム。
       コントローラーの通りにマリオが動くことが、信じられず、楽しい。
       歩く。 走る。 ジャンプする。 をををを!!?

       何の意味もないのに、しゃがませたり
       ファイヤーボールを投げて土管に当て、その音に爆笑する。

       皆で観て楽しめ、皆で笑えて。 音も可愛くて。

          普段は、近寄り難いオーラの長義兄も、長義兄嫁さんもやさしい。
          楽しい。 一緒に笑い合えることが嬉しい。

       お正月は、朝から晩まで おさんどんで、座る時間もなく、
       どうかすると嫁たちは、台所で立ったまま食べられるものをつまむ。
       7ヶ月だろうと何だろうと関係なし。

       いつもは辛いばかりのお正月なのに、
       この年は、TVの部屋で、ずっとマリオの音がしており、
       その間中、一瞬だけど触らせて貰った、可愛くて楽しかったマリオの様子が
       頭に浮かびっ放しで、にこにこしながら嫁稼業をこなす。


       6日間の苦行が終わり、よれよれになって広島へ帰る電車のなかで、
       夫にねだって、ファミコンとマリオのゲットを勝ち取る。


        



       だが、当時は、ファミコンが今のDSのように品薄で、
       何処もかしこも売り切れ。 製造中なので予約不可。

       現在のようにネット情報もなく、
       これでは、出産までに入手できないのではないかと絶望し、
       欲しい気持ちに油が注がれ、こころは猛火の如く燃え。

       ところが或る日、市内のデパートに、
       ファミコン限定20台がマリオと抱き合わせで入る、と
       蛇の道は蛇の極秘情報が入って来る。  


       これはもう、並ぶしかない。

       自分が育てられた如く、子どもたちにゲームは与えない。
       たった一瞬で、大人である私があれだけ魅せられたのだ。

       幼い少年時代に巡りあってしまえば、自制心など何するものぞ。
       どんなに夢中になり、どんなに、脳とこころを育てるのに必要な、
       大切な時間を吸い上げられてしまうだろう。

       子どもたちには、できるだけ長く、
       一緒に外を駆けずり回る、たくさんの友と、
       山ほどの本に埋もれて、自身の想像の翼を広げる倖せのなかにいて欲しい。。。


       これまで全く興味の範疇外だったファミコンを買うことを決めた時点で、
       そんな風な「 育児方針 」を決めたため、
 
       私がマリオと遊べる時間は、後、ほんの僅か。

       この機を逃すと、もう、私は生涯、ファミコンを手にすることはないのではないか、
       みたく悲壮な決意で、8ヶ月に入ったおなかで、より確実を期すため
       夫まで連れて、当該デパートに早朝から並ぶ^o^;☆


       開店時には、100人を超す人、人、人が、開店とともに一斉に走る。

       私も走る。 
       走って、走って。
       学生時にこのデパートでバイトをしていたため、
       最短距離の割り出しはお手のもの。

       ピっと指示を出し、二手に分かれ、
       夫には階段で上がってもらい、自分はエレベータに飛び乗る。

       大きなおなかの妊婦が血相を変えて走ったため、無敵だったか?

       おもちゃ売り場7階にて、整理券20番中、12番をゲット~~!!!


?      ?
             


       以来、私のゲーマー人生が始まる(滝汗)。


       今、思えば、まさに「 いい大人が、、 」状態で、我ながら呆れる。


       ずっとマリオと『 上海 』だけで大人しく遊んでいたのに。

       つい、世間の評判が耳に入り、中古の箱・説明書なしの
       『 ドラゴン・クエスト II 』を買ってしまったのが運の尽き。


       DQ史上でも、最も難度が高い、と言われていたらしい、それを
       識らずに、「 やくそう 」や「 せいすい 」の意味も知らず、
       「 じゅもん 」を何度も入力し損ね、苦労に苦労を重ね、
       100%自力でクリアしたとき。
            。。。。 泣いて、おりました、私。    ^o^;。
                     大感動で。       ^o^;。
 

       そして、夫三兄弟のうち、長義兄んちの甥、次義兄嫁、私、と
       3人の間に強いゲーマー絆が誕生し(笑)、互いにソフトを交換しては、
       『 DQ 』、『 FF 』を始め、数々のRPGを制覇して行くのである。

       凝り性で極め型の私の情報は、甥からの尊崇の念をゲットし、
       歳下となる次義兄嫁とも話題が尽きず、
       はからずも、TVゲームは一族の友情(笑)に、大いなる貢献をする。


       我が家の少年たちには、
       家にファミコン( 後スーファミ )があることをずっと隠していた。

         最初の「 育児方針 」を頑なに通していたため、である。

       が、或る日、ついに少年たちの前に出すことになる。

         ひとつには、クラスの男子の殆どがしていること、
         自分の従兄弟たちまで、していること(汗)から、
         少年たちがなけなしのお年玉を出し合い、貯め、
         買おうとしていることを識ったこと。

         もうひとつには、PTAの本部となり、
         夜出かけることが多くなり、少年たちだけで過ごす夜が増えたこと。
       やはり大流行していたカードや バトル鉛筆(笑) も買わずに、
       我慢していた彼らなら、きっと大丈夫、だと思ったから。


       時間を厳守すること。 友人宅に上がり込んで遊ばないこと。
       それらを条件に、我が家に、ファミコンがあったことを識った少年たち。
       しかも ドラクエやらファイナルファンタジーやら、
       今をときめくソフトが何本もあることを識った少年たちは、ひっくり返り、

       当分、「 おかあさんってば、自分だけ。?

             めっちゃズルい!! ヽ(`Д´)ノ  」 の大合唱。


       。。。よくぞ、大人不信、に陥らないでくれたものである(滝汗)。


      それでも、嬉々として、彼らが始めたゲームの
      「 先輩 」として、同じ「 ゲーマー 」として。
      彼らの称賛の念を勝ち取り、攻略の相談やらを受け、
      ゲームひとつひとつ、情景ひとつひとつに、
      少年たちの感想、少年たちの感動、を共に味わうことができ、
      そのなかで、彼らのこころの成長も、ありありと感じることができ、

      私は、とても 倖せだった、と思う。



                               字数オーバーのためコメント欄へ(汗)。



ペン汗


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2008/06/28 00:00 ] 徒然草 | TB(0) | CM(33)

『 ほふり 』




      ググりの森を徘徊してて、余りに仰天したので書いておく。



      『 ほふり 』 という名称で、CMが流れているそうな。

       株式会社 証券保管振替機構、という会社のCMらしいのだが、
       我が家は「 証券 」などとは丸っきりご縁がないので、
       これまで全く知らないでいた。

       こちらでも流れてるのかな?>CM。



       で、私が驚愕、恐怖したのは、このネーミングそのものであり、

       それが何処にも引っ掛からず、却下されず、すぃすぃ通過して、
       正式名称となり、こうやって公共の電波に乗り、CMされる、ということ。



    


      
       『 ほふり 』 = 『 屠( ほふ )り 』

       と脳内変換され、嫌なこころもちになる私は、
       日頃から、どっぷりと、ファンタジーの読み過ぎなのか?
                         ( それはあるかも^o^;> ぢぶん )


         否。


       屠る、という言の葉は、
       余程の情況でなくば、現代の読み物でも使用されまい。

       それほど、忌み、穢れを内包する言の葉である。

       それだけに、職業やひとを貶めるときに散々使われて来た言の葉でもある。



    



       忌み、穢れ、という概念は、既にない、なくなって久しい、ということを
       高らかに宣言されたようなこころもちすら、ある。


       ひとがひとを貶めるため、巧妙に人心を支配するために、
       忌みや穢れに対する畏怖の念を利用される時代は遥か遠く。

       そんな理不尽なものは、
       根こそぎなくしてしまえばいい、乗り越えていけばいい、と思うけれど、

       こんなふうに明るく、屈託なく、

       『 ほふり 』 とヤられると、ちょっと違う、ついて行けない、

                  と思っちゃうのは、私だけ、なんだろか^o^;。




ペン引


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : ライフ
テーマ : ひとりごと

タグ : 証券保管振替機構 ほふり 屠る 無神経

[ 2008/06/27 00:00 ] 驚き 桃の木 @@ | TB(0) | CM(12)

小豆、再び。







       木曜日。


       早いもので、もぉ、夫の定休日。

       今日こそは、ぅっかり禁句 は口にするまいと固く決心をし、
       夕食は早々と豚冷しゃぶと決めていた。


       午後3時を回り、2階で仕事をしていた夫が降りてきて、


         「 気分転換に散歩へ行って来る~。
           君も 一緒に行かん? 」

         「 足を捻挫中ぢゃっ!! ? 」

         「 ぢゃ~、独りで行って来る~  」


       まったく。 君は下の少年か?


?   ?   ?



       1時間後、帰宅した夫の手には、
        「 北海道産 大納言小豆 」 300gの袋が。。。(o_ _)oポテッ

       それを私にぐいっと差し出しながら、

           「 ぜんざぃぃぃ~(//▽//)☆ 」

                にぱっと笑う君は、天下無敵。



                         この蒸し暑いのに?
                         この間、食べたばかりやん (-_-)。
                         私用には水羊羹にしよっと。 



ペンはー


にほんブログ村 家族ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



7月より 「 終末期相談支援料 」 凍結。







      4月から、義母の保険証は、我が家の「 扶養 」から外れ、
      『 後期高齢者医療被保険者証 』となった。


      この制度には、巷で散々「 NO! 」の声があがっており、
      私自身、本当に問題だと感じているし、ムカついてるし、
      だいたい、「 後期 」って何! ?
      その言の葉にすら腹を立てているのだが、それについては、また別の機会にする。


      この日、愕然としたのは、義母の

       「 この保険証の裏の何処かへ、
        『 延命治療を望みません 』と書くと ええんじゃとのぅ 」。
       
      う"ぇえええ?

        義母は、誰から何をどう聞いたのか。
        義母は、何がどうあることを望み、
        誰にとって何が「 ええ 」こと、なのか。

        本心でそう願い、そう書こうと思っているのか、
        それとも、今、ご近所でそれが「 流行り 」 なのか。。。

         想いがぐるぐるし、咄嗟に問い直すことができなかった。(o_ _)oポテッ

           自身に何が起こっても、絶対に病院やら施設には入りたくない。
           義父のように、自宅で。 一族全員に看取られて。
           眠るように逝きたい、と願う義母 と
           おそらく、「 看取る 」側になるであろう、私、と。

              既に1度、四肢麻痺の難病に倒れた義母を介護して来ているので、
              覚悟はしてるつもりでも、いきなり呟かれると、心臓に悪い。


      
      
 


     奇しくも、同日、中医協( 中央社会保険医療協議会 )総会にて、
     舛添厚労相が、批判の声が喧しかった「 終末期相談支援料 」について、
     7月1日から運用を凍結するよう諮問し、中医協はこれを即日答申、
     厚労省が正式決定した。

     制定から僅か3ヶ月で凍結されるのは、異例のことであるが、

     「 終末期 」 の治療中止や、自宅強制送還の奨励ではないのか的疑心暗鬼に
     ならざるを得ない、トンでも、な診療報酬をのさばらさず、
     とっとと凍結してくれたことは、逆に、評価しちゃったりもする(汗)のだが、
     ( 4月スタートからこれまでの3ヶ月、
       国立病院に於ける終末期相談支援料の保険請求はゼロだという )

     実は、厚労省の元々の目的である、全年代への導入 への 練り直しであるらしい??

     「 廃止 」ではなく 「 凍結 」であるのがミソで、
     来春からは、対象を成人の末期がんや一部の難病患者らにも広げるのだと。 


     ググっていたら、毎日jpに詳しく判りやすい記事を見つけた。

     『 クローズアップ2008
             終末期相談支援料凍結 「75歳」 「報酬」、 反発招く 』
                              ( 26日の東京版朝刊らしい )



                  私自身の延命治療は望まない。
                  それは、私のエンディングノートにも真っ先に記している。
                  けれど、それ = 自宅介護 では決してないんだけどな。


       毎日jp記事内での、
       井形昭弘氏談( 日本尊厳死協会理事長・名古屋学芸大学長 )のように、
       今回の相談支援料凍結により、自身の終末期に自ら関与する重要性を前提に、
       「 終末期議論 」が進んで行けばいいなぁと思う。


                    法も制度も考えも。
                    名もなき民草のため であって欲しいぞ> 國。



ペン?



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



[ 2008/06/25 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(6)

ガス代ってば 高過ぎ(;_;)☆







       土曜日に、久々?のドジで左足を捻挫したが、
       左足だから運転できるしぃ♪ と、出社する。


       ケータイをマナーモードにし忘れてたため、
       夕刻、高らかに『 ドラゴンクエストIII ロトのテーマ 』が。(滝汗)


         後輩たちに、「 をををっ 」 と言われつつ、( ヒかれちゃった? )
         何事!? と、左足を引き摺りながら、慌ててロッカールームへ。


       少年は、すっかり母の出社日を忘れてたようで、
       脳天気に、前期単位を左右するテストの報告と、ガス代の報告。(o_ _)oポテッ


      



       4月分のガス代が5000円を突破していたため、少年から驚いて連絡があり、
       私もネットでチェックしたり、ガス会社へ問い合わせたりしたのだった。

         上の少年は京都の都市ガスで、平均2300円前後で、電気代が1700円程度。
              ユニットタイプの小さなお風呂なので、毎日殆どシャワー。
              調理は、電熱コンロ1口のみ。

         下の少年は、プロパンガス。 電気代は2400円程度。
              セパレートタイプの大きなお風呂で、しっかり毎日。
              フツーのガスコンロ2口+魚用グリル。

       この違いは、こんなにも料金的に大きな違いとなるものなのか、
       我が家はガスではないので、さっぱり判らない(汗)。

         ネットで調べたところ、プロパンガスの適正価格としては、
              基本料金が 1200円~1600円。
              消費ガス  300円~360円/1立方メートル。

         この「 適正価格 」よりは、確かに基本料金も消費ガス料も高い。


       少年は、勇気を奮い起こしてガス会社へ問い合わせたそうであるが、
       答えは、

           「 そんなもんです 」。


       曰く、お風呂に掛かるお金はかなりのものであり、
          それは、1人で入浴しようが、5~6人で入浴しようが、
          追い炊きをしなければ、同じ料金である。
          後の違いは、煮物が多いか少ないか位のものである。 との由。


       なるほど~~。 ちょっと納得。
       ガス会社に問い合わせたなんて、偉いぞ? ?>少年!


??   ??   ??


       で、お貧乏な私たちの対策としては、お風呂をケチるしかない。
       少年は、花粉や汗を毎日落とさねば、肌が大変なことになるため、入浴は必須。
       だもんで、た~~っぷりお湯を張るのではなく、ちょっと少なめに入れ、
       追い炊きなどせず、お風呂が入ったらすぐに入浴するように。

       洗顔ぐらいでは、給湯器を使わない。
       食器類は、手指の湿疹化が怖いので 『 ピリカレ 』を使うが、
       それもできるだけ使わないように、給湯器を使用することを奨励。
       但し、種火をつけっ放しにしない。 こまめに消すこと。

       それで、どの位違うか、1ヶ月様子をみて欲しい、と言ったことを
       彼は覚えてて、電話報告してくれたのだった^^*☆


          結果は、600円減! \(^o^)/☆


       ヤったね? 凄いね? 偉かったね?


          散々褒めたら、少年曰く


       「 最近、料理、サボりがち ぢゃけん 」



                                。。。。。 ヽ(`Д´)ノ
 



ペン嘆


にほんブログ村 家族ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



たっくん、2度目のセンター受験。







      日曜日。


      母の日に、旧司法試験の単答式試験を受験した上の少年。

      結果発表の日時まで互いに確認していたが、
      その日にメールが来なかったため、夫も私も忘れたふりをして来た。

      さすがの上の少年も、合格率0.3%には届かなかったらしく、
      それなりにヘコんだのだろう、と想像してる(汗)。


      心機一転、この日は、法科大学院入学のためのセンター試験。
      前日に、エールをメールで送ったのだったが。 



         夜にメールあり。


         「 自己採点したら、だいぢゃぶだったから報告~~\(^o^)/☆
           あとは法律で勝負するから 心配無用! 」


      \(^o^)/☆\(^o^)/☆

      少年の目指す、在学中の大学の法科大学院の
      足切りを喰らわなくて済むらしい。 
      
      
      ずっと独りで、こつこつと頑張って来た んだもんね。

      次はぃょぃょ11月。 イイ感じでクリアできますように。


                「 受験生の母 」な想いをちっともしなくて済んでて、
                  それをいいことに、全く、脳天気な母で申し訳ない。
  
                  でも、いつもいつの日も。
                  君が選び、君の歩む道に 間違いはない、と信じてる。
                  君の健康、そして君の倖せ、祈ってる。



ペン感謝.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
         


ヤっちまいましたよ!(o_ _)oポテッ







       いつもながら、なんっっって ドジなの! > ぢぶん



         「 りうちゃ~ん! 」


       いつもの義母のお呼びに、めいっぱぃ脱力しつつ、
       慌てて立ち上がったら、グギって、左足首が歪んでよろける。


          あり? グギ?


       床に座椅子で、ノートPCを開け、一心不乱に仕事してて気付かなかったが、
       どうも、左足が痺れてたらしい(滝汗)。


       その間も、

         「 りうちゃ~ん! りうちゃん!! 」

       ドアをぶち破りかねない義母の勢いに、

         「 はいはいはいっ! ? 」

       だいぢゃぶよね?と、身体を立て直し、走って玄関まで出ようとしたら、
       今度こそ、グギって。   ( ┬_┬)。

 
               ばったり倒れた私。

               この巨体を支えようとした、健気で可愛想な左の足首は、
               現在、ぱんぱんに腫れて、湿布中。
                ( 唯一私のカブれないのは『 パテックス 』)

               火曜日、出社、できるかなーーーーー( ┬_┬)。


ペン傷2.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2008/06/22 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(36)

【 カウプレ告知 】 カウントダウン m(__)m。






★ めざせ! 透明ふせん! ★



40万の数字が近付きました。m(__)m


後ほど、トップページも記載致しますが、
こちらでもアナウンスさせていただきます。

私自身が思いがけないカウプレをいただいたこと を機に、
始めました、キリ番を踏んで下さいました御方への御礼。


こちらに1度でもコメントをいただいておりましたら、
ささやかですが、感謝感謝の私の気持ち。


この度は、 透明ふせん 『 ETIQUETTE 』( マイふせん )
文庫カバー( 透明5枚、ブラック10枚 )
お贈りさせて下さいませ。 ?


「 ゲストさん 」でいらっしゃいましても、
こちらで1度でもコメントをいただいておりましたら、
どうぞ、私書箱でお知らせ下さいませm(__)m。
* 個人情報の漏洩は決して致しません。



?  ?  ?
      

「 カウプレ 」に つきましては、
その番号に行き着くまでの、1つ1つの番号が嬉しく、有難いものであり、
キリ番ゲットの御方だけにプレゼント、ってどーよ?というスタンスでした。


でも、カウプレをいただく側となって、
たまたまその番号を踏んだ私に、お送り下さった御方のお気持ち、
その御方のお喜びをお受けできた、その「 幸運 」が嬉しく、
素直に有難く、あたたかな気持ちになれて、嬉しく。

そんな気持ちを、私も皆さまにお返しできたら、と思っています。


透明ふせん定番とマイふせん.jpg   ブックカバー1200枚(汗)。.jpg

『 透明ふせん 』は、右側のマイふせん( りうりうアレンジ )を☆
左側は定番なので、皆さまでお求め下さい(//▽//)☆

文庫カバーは、透明5枚、ブラック10枚を。
ブラックはなかなか手に入らないと思います。
表紙、タイトルを識られたくない本に(爆)。




 
?  ?  ?



「 333333 」から、あっという間の40万へ。


ヘコんでヘコんで。
もう立ち上がれない、と思っていた私が、

アクセスすれば、私が在ってもいい場所があり、
うだうだなつまらん繰言を受け止め、
あたたかく、時には厳しく、返して下さる皆さまがいらっしゃり。


いつもいつも、皆さまのお蔭で、とても温かで。
時には熱く、濃ゆく、わくわくな日々。



あたたかな皆さまのご厚情をこころから感謝しつつ。m(__)m。








ペンキリ番

40万ぴったりな御方がいらっしゃらない場合は、
444444へ繰り越させていただきますm(__)m。

キリ番イベントとしては、
現在の画像、、、は、とてもお出しできませんので、
恒例?となりました25歳、履歴書画像(笑)を12時間、
プロフにアップ致します(爆)。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




[ 2008/06/21 19:55 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(20)

プリティローズ☆








       金曜日。


       義母の付き添い 兼 運転手で、K市中央の総合病院へ。


       狭い車内で、義母に真横に陣取られると、色んな意味で精神的に良くないので、
       「 シートベルト 」を理由に、これまでずっと後部座席に座って貰って来た。

       今月からその理由がなくなったため、もしかして真横に?? ^o^;☆


       けれど、これまでの歳月の御蔭か、
       すっと当然の如く後ろに乗ってくれたので、ほっとする(゚゜)\バキ☆

       如何にも不慣れな様子な義母は、シートベルトをなかなか締められず、
       エンジンを切り、いったん車から降りて、義母のベルトをチェック。

       ゆったりと座っていた義母は、
       センター座席用の金具に装着しようとしていたのだった(汗)。

       その御蔭で気付いたのだが、一応5人乗りの愛車Fit。
       後部に3人座ってシートベルト、、、は、ちょっと無理がある。
       センター座席の幅が。。。せいぜい小学校低学年まで、ではなかろうか~。

       、、、Fitに5人も乗ることは稀なので、いっか^o^;☆

            友の孫たちは、もうすぐ2歳の女の子を筆頭に4人。
            4人分のチャイルドシート。。。。くらくらするぞ(滝汗)。


      
        



       午後2時。

       いつもの如く、義母の繰言パワーになけなしの気力を搾り取られた感で、
       よれよれになって帰宅。

       したらば、玄関横にちらり。 ピンクの色が私を呼ぶ。




プリティローズ2.jpg




       わーぃ! 咲いてる~~~\(^o^)/☆ 


       母の日が終わり、売れ残って、やさぐれ感のあるカーネーションたちから、
       呼ばれた気がしてゲットした 250円也 の ちっちゃなカーネーション

       咲ききったお花を摘み取った後、直植えしたのだったが。

       また元気に蕾がちょこちょこ出ていたのを見つけて嬉しかった。
       それから知らない間に、咲いてくれたんだね。???

       ミニバケツのなかに居たときは、1円玉よりちっちゃな可愛いお花だったのに、
       こころなしか、お花の大きさが大きくなってる^o^;。

       手前に寄り添うように、朝顔の双葉も顔を出して。



                      元気づけてくれて、有難う(;_;)☆☆

                      どんな小さなことでも、パワーは 前向きに使おう。

                      恨み、つらみ、陰口、噂。
                      そんなものに費やすこころも時間も要らない。
                      みんなみんな、後ろ向き。 百害あって一利なし。

                      後ろ向きのパワーの方が、
                      暴力的にひとを巻き込んで行くような気がする。 


                      追従しない。 斬り捨て斬り捨て、  
                         前へ 前へ > ふぁいと > ぢぶん




ペンはーと


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



[ 2008/06/20 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(6)

カレー と ハッシュドビーフ。







 
      夫の定休日。


        「 今夜は何が食べたい? 」

      つい、訊ねてしまって、 しまったぁあああ! ヽ(`Д´)ノ




        慌てて手で口を押さえるも、時、既に遅し。

        夫は、 キラ~ン♪?と目を輝かせて、


       「  カレー 、つくってくれるん!!
         ぃやった~~~~\(^o^)/☆ ????





      、、、やっぱり。(o_ _)oポテッ

      聞いちゃダメ、聞いちゃダメなのよ( ┬_┬)>ぢぶん

      聞いたら、絶対 カレーになることに決まってるんだから。(-_-)
      既に嬉し過ぎて半分踊ってる夫に、今日は嫌、とも言えず。



            今日はどうしてもカレーを食べたくない気分だったので、
            夫にはカレーを。

            私自身は、余り違うものだと夫が気にするだろうから、
            デミグラスのハッシュドビーフにすることに(汗)。


              たった2人の夕食なのに。
              それも一緒に食べるのは1週間ぶりなのに、
              別々のものをつくるのもなぁ、、、と思うも、
              今日は、どうしてもカレーを食べたくない。 

              我が家のカレーには、ジャガイモを入れないので、
              ハッシュドビーフなら途中までは全く一緒でイイし、バッチリかも^^*☆
   

      かくて、夫は薄切りビーフカレー。 私はハッシュドビーフ。

      とても美味しくできたけれど、
      どちらも揃いのお皿で、揃いのスプーンでいただいたけれど、
      なんとなく、お互い、ちょっと淋しかった?


              元々、朝は、ご飯党の夫と上の少年。
                    パン党の私と下の少年。


              何がなんでも朝は山盛りのご飯、という同居時代の後遺症で、
              私は朝に全くご飯が食べられなくなった。
              下の少年もまた、そうであるようだった。

              だもんで、朝食はご飯とパン。
              2:2で、別物を食べてた時代をふっと思い出す。

              全員の出発時刻が2時間近く違うために、
              夫 → 上の少年 → 下の少年、と、皆がバラバラに食べ、
              独りで食べるのは可愛想と、そのどれもにつきあって侍ってた私。



       朝のパンとご飯の違いには、余り違和感がなかったけれど。
       やっぱり、自宅での夕食は、一緒に 同じもの を食べなくちゃ、かな(汗)。




ペン弾


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



今年は梅ジュース。







今年は梅の当たり年のようで、
半端ぢゃない量をあちらこちらからいただき、既に苦鳴。


義母の山にもたくさん生るのだったが、
車が入らない山道を小一時間も登らなくてはならないために、
梅も、桃も、栗も、キウイも、放り出して5年になる。

だもんで、周囲の皆さんが梅をどっさり持って来て下さる。


?   ?   ?


5年も経てば、義母の山は荒れ果て、
フツーの野山に戻っていることだろう。
道もなくなっているかも知れない。

蕨、筍の季節から栗の季節まで。

収穫の楽しみだけ、味合わせていただき、
楽しく過ごさせて貰って来た。

今も、特に栗の季節になると、
長義兄までそわそわするのであったが、
いつ猪やマムシと遭遇するか判らない危険な状態のため、
義母から立ち入り厳禁を申し渡されている。


昔はそこも、義父母の田んぼであり、
器具倉庫となる小さな手製の小屋はあるが
そこまで日々、お弁当を抱えて農作業に通っていた、というのが凄い。

夫三兄弟は、蛇などから守るため、農作業の間中、
段ボールの箱に入れられて育ったそうである。

私にはとてもできないーーーー。




バレーボールを引退して以来、不調もあって、
私はアルコール類を殆ど飲まなくなった。
年に数回程度の「 断酒 」状態と言っていい。

元々余り飲まない梅酒などは、
もう何年ものになるか判らないほど、
大量に床下収納庫に眠っている。

だもんで、昨年から梅ジュースを漬けるようにしたのだが、
昨年は蜂蜜で漬けたので、今年は氷砂糖。

したらば、2つのスーパーで、氷砂糖が売り切れ状態。
町内皆が、一斉に梅酒を漬けているんだな、とちょっと笑う。



少年たちが居なくなり、冷凍庫も少し空きができたので、
今年、初めて、梅を冷凍してから漬けてみた。

エキスが出始めるまでの差がどれぐらいあるか、楽しみ?



ペン探.gif

氷砂糖を求めて隣町まで


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



友人からの告知。







      会社からの帰り、閉店前のスーパーで、PTA時代の友人と出遭う。


      3年ぶりの彼女は、頬がこけて、驚くほど痩せて目がギラギラしていた。


      驚いたが、尋常ではない痩せ方なので口には出さなかった。
      が、彼女の方から、まず私の膝の様子と義母の様子を、
      お天気話のように訊ねて来ることから始まり。


       「 痩せたでしょ? 20kg痩せてね、もう40kgないんよ 」


      そして。

      実は8年前、自分に乳癌が見つかり、手術をしたが、
      余命3ヶ月と言われていた、と言う。

       「 それでも絶対生きちゃる、可能性が0.01%でもあるなら、
         その0.01%に賭けちゃるけん、先生、見とりんさい! ゆーてね、
         もぉ、8年生きとるんよ!
         3回、再発したけどね、なんとかここまで来たわ  」

      と凄絶な笑いを漏らす。
      中学PTAのときは、抗癌剤が酷くてずっと鬘を被って来たそうである。


          では貴女は、ずっと大きな病を抱えながら役員生活をして来たのか。
          あのときも、あのときも。
        
          PTAの委員長だった彼女を支え、あれこれ動いた年度のこと。
          彼女が執行部だった年度のこと。
          少し思い返すだけで、彼女絡みで阿鼻叫喚だった諸々がずらずら並ぶ。

          けれど、そのときも、貴女は常に爆弾を抱えつつ、全力投球をし、
          夫君のご両親に、文字通り 「 仕え 」 ていたのか。

      
      言の葉が一葉も出せない私に、彼女は畳み掛ける。
      フツーにスーパーのカートをひいたままで。


        「 でも、今回はさすがにダメかも知れん。
          骨まで来とる、と言われたし、もう1週間、下痢が続いとるし 」


      逢えて良かった、と彼女は言う。


        自分は古くて恐ろしい義父母に反抗もできず、黙って仕え続け、
        ありとあらゆる役も引き受け、ただただ頑張って来た。
        自分は菜食であるし、自分の父母方には、癌に倒れたひとはひとりもいない。
        なのに、こうなったのは、偏にストレスからだと確信してる。

        りうりうさんは私に似てる。

        だから、私のようにならないように、どうしても一言言いたかった。
        自分のこころを守るのは、自分しかいない、と。


      そして。


          もう逢えないかも識れないけど、悲しまんでね。
          私は、義父母から解放されて、喜んでいると思ってね。
          
          りうりうさん、識っとるかも識れんけど、
          私は貴女が好きだったよ。

          、、、自分を見てるみたいで、歯痒かったけどね。








      彼女と別れても、暫く動けなかった。


      閉店の音楽が聞こえて来て、我に返る。



          なんという人生。

          なんという凄絶なものを抱えて 彼女は歩いて来たのか。

          そして、私は彼女に似てる、、、のか???



      余りに大きな病を抱えた当時の彼女に、
      今、自分が生きて在ることの倖せやら感謝のこころが
      全くないように思えてならなかったのは、当たり前、だったのだ。

      怖いものがなくて、当たり前、だったのだ。

      夫君のご両親にはダメだったけれど、
      その他の場所では、言いたいひとに言いたいことを言う。
      だって、いつ言えなくなるか、判らなかったから。 



          「 子どもがいたから 」

            ただそれだけで頑張って来た。 と言う。

            大きな病と闘う力は、周囲の全てを憎み、恨むところから引き出して。




                  私はただただ驚愕し、
                  ただただ彼女のこころの平安を祈るしかない、けれど。

                  彼女の生きる力が、恨みや憎しみからなのなら、
                  こころが平安であっては、ダメ、なんだろうか。

                  何重もの衝撃を抱え、私はただただ途方にくれる。




ペンSAD


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

追記) 友人の特定化につながるかもしれない部分を
70行、非公開日記へ移行させましたm(__)m。



[ 2008/06/17 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(14)

『 墨田の花火 』





墨田の花火☆.jpg




ちいさなちいさなお花が好きな私には
紫陽花は苦手なお花なんだけれど、
額紫陽花には、ほろりとすること多く、
その度に、紫陽花って、
ちいさなお花の集合体なんだということに気付かされます。


『 墨田の花火 』なんて、
ほんと 如何にも儚げな感じが好きなのだけれど、
実家の母宅の『 墨田の花火 』は
緑の指の母のお蔭で、めちゃくちゃ元気いっぱい(笑)。



ググると、紫陽花のなかでも1番人気らしいですね?
これまで、紫陽花を買う、という意識を
全く持っていなかった私(゚゜)\バキ☆

びっくり。 お高いんだ~~!!



   



ペンわー



ご心配いただき、有難うございました☆☆
毎日ふぁいと、ふぁいとです。

本文は、真夜中に私が訪問を受けたことから始まりましたが、
他家のプライバシーに多大に踏み込んでおり、
他家の今後の展開に、万一マイナスになってはいけませんので、
非公開日記の方へ移させていただきますm(__)m。

皆さまのメッセージには、落ち着きましたら
ひとつひとつお返事させていただきますね。


ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2008/06/16 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(8)

情況危殆。






瑠璃柳☆.jpg



実家の『 瑠璃柳 』。

ナス科だけあって、まんまナスの花(笑)。
地下茎で増えるらしいこのお花は、現在高さ2m程。

別名は、琉球国から渡来したので、『 琉球柳 』、
他に『 鈴懸け柳 』など。




ペンはーと

ご心配いただき、有難うございますm(__)m。

日々、ふぁいとふぁいとで頑張ってます。
日記本文は、非公開日記の方へ移させていただきました。
落ち着きましてから、ひとつひとつお返事させて下さいませm(__)m。


ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2008/06/15 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(24)

岩手・宮城内陸地震、M7.2







       14日、午前8時43分、岩手県南部を震源とする地震があり、
       宮城県栗原市や岩手県奥州市で震度6強、宮城県大崎市で震度6弱など、
       東北を中心に関東や北陸までの広い範囲で強い揺れを観測した。
       東北各県の集計では、午後11時半現在、宮城、福島、岩手の3県で計6人が死亡。
       岩手、宮城を中心に東北各県で11人が行方不明、159人がけがをした。
       家屋の半壊は42棟にのぼった。

                         15日 朝日新聞大阪支社版 朝刊1面





       14日午前10時過ぎ。
       それまで、一心不乱に本を読んでいたため、何も識らず、
       たまたま、珈琲を立てて、何気なくTVをつける。

       飛び込んで来たニュースは、東北地方の地震――。

       土砂崩れや道路の隆起、分断の画像に息を呑む。


         マグニチュードが7を越える地震が国内で起きた、ということ。
         しかも震源地は内陸部であることから、
         嫌でも先の中国・四川省の大地震を連想し、思わず天を仰ぐ。


       その段階で、「 死者2 」という数字が容赦なく出ており、
       他に心肺停止状態の御方が1名いらっしゃるとのアナウンス。

       地震規模に比して、犠牲となられた御方の数が少ないことに、ほっとしながら、
       それでもいのちを落とされた方々がいらっしゃること、
       激しい余震が続いており、予断は許されないこと、
       土砂崩れの下に、何人もいらっしゃるかもしれないこと、、、

          あれこれと ぐるぐる想いが彷徨う。


    
      

       

       後のニュースで、震源の深さが 8km という浅さを識る。

       この浅さは尋常ではないのではなかろうか。

       震源地が浅ければ浅いほど、余震も強く長く続き、被害が大きいのだ、と聞く。
 
       彼の阪神・淡路大震災も、内陸・都市直下型地震であり、
       震源地は深さ 16km と浅かった。

       断層が横にずれることにより起こったもので、
       大きなエネルギーが一挙に解放されるタイプであったと言う。


       今現在、死亡者、行方不明者、重軽傷者数が、
       不謹慎な言い方ではあるけれども、地震規模に比して少数に留まっているのは、
       偏に被災地が山間部中心であったため、でしかないのでは。


       その分、被災された方々の数字こそ少なくても、
       正確な被災状況の早期把握は困難であるし、山村集落は分断されており、
       深刻な二次災害が起きる可能性も大きい。
       それを如何に最小限に抑えるか、に私たちの人智と努力が試される。



          地震は本当に怖い。
          自分のよって立つところの大地が揺れ、裂けるのだ。

          1晩で余震は200回を数えたらしい。


            どうぞ、これ以上、被害が広がりませんよう。

            亡くなられた方々のご冥福と、
            行方不明でいらっしゃる方々がご無事で救出されますよう、お祈り申し上げ、
            被災地の方々に、こころよりお見舞いを申し上げます。




ペン猛走.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2008/06/14 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(4)

透明ブックカバー 大人買い。 (o_ _)oポテッ







       昨夏、この状態 に  夫が  音を上げ、るんたった♪で書棚を2棹購入したのに。

       しかも、1棹は600冊入る書棚だったのに。

       気がつけば、入りきらない50箱の100均文庫本BOXがぞろ一杯。 (o_ _)oポテッ
          ……これであちらこちらに遊びに行ってる「りうりう文庫」が戻って来たら、どーするんだ>ぢぶん
        


       んでもって、つい先日、 気に入ってる 透明ブックカバー を300枚。
       買ったばかりだと思っていたのに、ちょこちょこ掛けていたら、もうない(o_ _)oポテッ

         また買わなくちゃ、とクリックしてみたら、
         時節柄、 かなり高騰 してるので、しばし躊躇する。


       むぅぅ。

       これからもどうしたって必要なんだし、なんとか、安価に入手できないか??

       ググってググって、
       ネットカフェやレンタルショップ店用らしい業者さんを見つける。


          … 安い  


              んでもって、透明なものとは別に、
              黒色に印刷している、というカバーも見つけ、
              好奇心に耐え切れず、そちらもつぃポチっと。 (o_ _)oポテッ





かくて、本日、ドサっと我が家に届いたのは、


ブックカバー1200枚(汗)。.jpg

透明文庫カバー 1000、黒色カバー 200、
計、1200枚也。

あはあはあは。

黒いのは カウプレ にしよっかな~(゚゜)\バキ☆



ペン汗


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



再見☆蛍







       夫が連休だったので、
       昨夜は、いつもは翌日に遠慮して食べられない大蒜たっぷりの餃子をつくる。

       カレーに次ぐ好物であるため、とっても上機嫌な夫は、下の少年並みに囀る。


       連休2日目は、2階と1階でそれぞれに仕事をしながらも、
       折々に他愛もなく夫と笑い転げているうちに夜を迎え、
       おそらく最後だろうから蛍を見ようと散歩に誘われる。

       弱々しい、如何にも息絶え絶えのような蛍たちは哀しいから、見たくないと思い、


           もう、居ないんぢゃないの?
           先週、先々週と満喫したぢゃん!


       散々抵抗したのだったが、
       火曜夜の帰宅時に、まだとても元気な蛍が2匹、
       自分の自転車について飛んで来たから大丈夫、という夫の言の葉に負け、
       渋々と家を出る。


       いつもの小さな橋まで来ると、ふわっと蛍が橋の下から飛んで来る。
       ほっとした気持ちで橋を渡ったのだが、案の定、蛍は殆どいなくて、
       草蔭でひっそりと、疲れたような淡い光を宿しているのが数匹程度。


           飛んでる蛍は、遅れて来た蛍なのか。
           草蔭の蛍は、自分たちだけ長生きしちゃったことを哀しんでいるような、
           そんな光に見えて、哀しい。

           夜の風は冷たく、
           これから夏が来るのに、秋の終わりのような侘しさがたまらない。


       夫に連れ出されたことを後悔していたら、先に進んでいた夫が私を呼ぶ。


           こっちにはまだいるから。 来てごらん。


       2週間前、300匹はいた場所。
       今は30匹ぐらいの蛍が散らばって木々の間に光っており、
       そのうち5匹が、川の流れに沿って、すぅぅっと舞って飛ぶ。

       随分減っちゃったけれど、これだけいたら、まだ少しは淋しくはないかな。
       私は淋しいけれど、しっかり観ておこう。 


           美しい情景と大切な気持ちを、有難う☆☆
           また、来年。 君たちの子どもたちに逢わせてね。


       夫とふたり、どちらからともなく、もぉ、いいね、と踵を返す。
       互いになんだかしんみりしてしまった帰り道。

       我が家の玄関まであと少しになったとき。


           すぃぃっと後ろから蛍が私たちを追い越し、
           我が家の愛車周りでくるくると舞う。


       夫も私も思わず声を上げる。


           そんなハズはないのに、
           おバカな私は、あの蛍 が別れを惜しんでくれたのかと思う。

         
       夫は「 今、ここで遊んでたらダメぢゃん。 はよぅ、川へ帰りんさぃ 」。


       バイバイ と夫と手を振りながら、蛍を見送る。


       くるくると元気良く愛車の周りを舞った蛍は、南側へと飛んで行く。
       そっちは河岸工事をした方角だけれど、、、だいぢゃぶだよね。


                          再見、再見、また来年。
                          君たちの子どもたちと。 元気で、また。





プーさんと蛍

ディズニーストア でプーさんと蛍の壁紙発見!???


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



[ 2008/06/12 00:00 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(4)

ふたりきりの 露天風呂(//▽//)☆







       、、、という訳で。


       無事に『 夢の宿 』に到着し、
       曇天のなか、暮れなずもうとしている瀬戸の海を独りで満喫しながら、
       露天風呂にゆっくり浸かり、気がつくと午後7時前。


       まだ明るいけれど、お腹は空いたし、
       サヨコさんも、もう到着していらっしゃるのではと思い。

       ホテル内と別館へは館内着( 作務衣 )でうろうろしてイイのだけれど、
       到着直後なら、館内着ではいらっしゃらないかも、と思って、
       Tシャツとスパッツに着替えてフロントへ行ってみる。


       フロントには、サプライズでこっそり来ていることを伝えてあったので(゚゜)\バキ☆、
       サヨコさんが既に到着されていること。
       別館の活魚料理のお店で食事をされていることを教えていただく。


            ついに、この瞬間が~~!!! 


       だ、だうしやう。

       ここに至って、めちゃくちゃ緊張する私(゚゜)\バキ☆


         よくよ~~く考えてみたら、単なるサプライズぢゃ済まない。

         初対面なのに、お食事時にいきなり、押しかけて行って
         一緒にお食事して、「 では さようなら 」ぢゃ 済まない。
         ここって、ここって【 温泉 】ぢゃん!

          の お付き合いをしてしまうことに、なるんぢゃん?


         サヨコさんとは、何度もメールでお話はさせていただいて来たし。
         サヨコさんは、私の高校の大先輩だったし。
         お話もすご~~く合って、弾んだし、
         「 お友だちっ 」「 だいぢゃぶっ 」って、思っているけれど、
         それは、私「 が 」そう思っているだけであって、
         サヨコさん「 は 」そうではないかも識れない。

         例え、ふたりとも「 お友だちっ 」って思ってたとしても、
         もし、お逢いしてみて、お互いが、或いは片方が、
         「 ちょっと違う 」 みたく、ヤな想いをすることだってあり得るし。

         あ、それにサヨコさんは、大病をされたので、
         手術痕を とても気になさってておられるかも。 a a


              く~~!!

              それなのに、自分の肌の調子も崩れまくって来たために、
               「 そうだ! 私も行っちゃおう! 」って、
              サヨコさんの方のご都合を伺うことなく、勝手にヤって来ちゃうなんて、
              もしかして、もしかして、私は、とってもイタイ奴。。。 


         嗚呼、そんな基本的なこと、
         もっと早くに気付けよ>ぢぶん  


      



       今更の如く、後悔でいっぱいになりつつ、
       本当は、くるっと回れ右して帰りたくなりながら、足を別館へ運ぶ。

       そして、決める。

       もし、サヨコさんが、個室になってるお座敷でお食事されてたら、
       このままお声は掛けまいと。

       で、私はホテル内ではメガネを外す。

       そうすれば、何も観えないから、私自身がサヨコさんを探すこともないし、
       意識しないで済み、「 私だけが識ってる 」不公平さは薄まるハズ。


       もし、サヨコさんが個室に入っていらっしゃらなければ、お声を掛ける。

       不幸なことに、お互い悲しい出逢いになってしまったら、
       これ以上気まずくならぬよう、私はホテルに宿泊してることは黙し、
       別館へ移って、もうお逢いすまい。
       ぅん、そうしよう。。。。


            そう決めて、料亭に入ると。


            中ほどのカウンター席に、
            独り、すらりとした長身をピンクの作務衣に包み、
            美しい姿勢で、お銚子を傾けていらっしゃる女性が目に留まる。

            あぁ、素敵。 きっと、この御方がサヨコさん!! ??? 



?   ?   ?



        サヨコさん ?


      おずおずと声をお掛けすると、その御方は驚いたように振り向かれ、「 ??? 」


        りうりうです。。。


      瞬間、立ち上がられ、全身全霊で歓迎して下さったのが伝わり、
      不覚にもちょっと涙腺が緩む。


      それから、たくさんお話し、お土産の 『 透明ふせん 』 もお渡しし、
      午後9時を回るまでご一緒して、お部屋の前でお別れする。
      特に明日をお約束する訳でもなかったけれど、
      なんだかとても満ち足りた気持ちで嬉しくて。


      それから私は夜通し、独りで温泉に出たり入ったりし、
      早朝、曇天により、朝焼けを見られそうもないので、一眠り。


      目が覚めたら午前9時になりそうだったので、慌てて朝食バイキングの券を探す。

          、、ない (o_ _)oポテッ

      バッグをひっくり返して、見つかったときには9時を過ぎており、
      その券には、「 朝食は9時まで 」。 (o_ _)oポテッ


      サヨコさんとモーニング珈琲をご一緒できたかも知れないのに、ダメぢゃん。


      仕方がないので、チェックアウトまで温泉に浸かりまくろうとお部屋を出ると、
      エレベータ前のホールのソファに、コバルト文庫を繙くサヨコさん。 


       「 朝食でご一緒できなかったから 」 とサヨコさん。

       「 りうりうさんにギャルファッションを観ていただきたかったの 」。


      ちょっとはにかみながら、そうおっしゃるまで気付かなかったほど、
      しっくりと、でも可愛く着こなしていらっしゃる、そのお洋服は、
      娘さんと銀座で購入された、という、
      ブログで書いてらした、「 ギャルファッション 」だった。?



      サヨコさんは。

      私よりも10歳年上でいらっしゃるのだけれど。
      しかも湯治にいらしてるので、すっぴんでいらっしゃるのだけれど。

      お若い、なんてもんぢゃありませんでしたです。
      お綺麗、というより、可愛らしい御方で。
      それがお化粧されると、まさしく「 妖艶 」になられるのだなぁと実感する。


      朝1番に露天に入って来られた、というサヨコさんと、
      朝風呂をご一緒することになり、大浴場をヤめてホテル屋上の露天へ。

      曇天だけれど、朝の光のなか、瀬戸の海を見下ろしながらの
      二人きりの露天風呂は、なかなか清々しく、心地良く。


          私が男性だったら、いとおしくて、
          サヨコさんを折れてしまうほど抱きしめたくなっちゃうのだろうなぁ、、って
          ふっと思っちゃいました^^*☆


      サヨコさん、素敵な時間を有難うございました☆☆

      11時のチェックアウトぎりぎりまでご一緒し、再会を約しつつお別れ。

      『 夢の宿 』さんは、私が食べ損ねた朝食代を返して下さいました(感謝!)。


      私は、そのまま別館で、夜まで湯治を続けるつもりだったのに、
      夫から「 水・木と連休になったので、今、自宅に居る 」というメール。a 
        工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
                ほんとは、帰路に、映画まで観ようと思ってたのに。。。(゚゜)\バキ☆


      可愛想なので、仕方なく、予定を変更して自宅へ。

      曇天のため、窓を全開にして走ると湯上りの肌に、風が早朝のように心地良い。


                左手に瀬戸の海。
                右手に、今、満開の栗の花々、ジャガイモの花々。

                              かくも この世は 美しき。


 

ペン快晴

ホントは曇天

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


                     誤字訂正(o_ _)oポテッ。
                     本文は【 Last updated 2008/06/12 3:24:40 AM 】のママ。


[ 2008/06/11 00:00 ] 行きました^^*☆ | TB(0) | CM(24)

湯治へ。







     ひぃん。


     夫に 「 馬鹿 」 と言われてしまひました( ┬_┬)。


       私が夫に言うことはあっても   まさか
     夫にこんな屈辱的な言の葉をぶつけられるとゎ~~~ヽ(`Д´)ノ。



?   ?   ?



     、、、というのも、毎年毎年、この時期に、
     上下瞼の睫毛の際が、紫外線か黄砂か、花粉にヤられて、最初は痒いだけなのに、
     浸出液が出る程湿疹化し、目が開かなくなる程酷くなっちゃうため。

     夫のお気に入りで、私自身も少々自慢だったりしてた長~ぃ睫毛も、
     一昨年は、全部抜けてしまった(──┬──__──┬──)。。。。



     夫曰く、有効的な手段を講じず、
     毎年毎年、懲りずに同様の悲惨な状態になること自体を許せないのだ。 ってねー。

     そんな「 有効 」なる予防策や手立てがあるなら、誰も苦労せんわぃヽ(`Д´)ノ
     劇的なるお肌の弱さで泣くひとなんか、この世に居なくなるわぃ~ヽ(`Д´)ノ


     夫は、

     こんなの   と こんなの   を合わせたような

       養蜂家さんが被っているようなものを被るか、
       ヴェールで首から上をぐるぐる巻きにして、
       この時期は1歩も外に出るな、なんて ほざいておられますですぅ~。



       、、ということで、早く治したいので、『 みはらし温泉 夢の宿 』に、
       ツインのシングルユースだけれど、予約が取れたため、
       急遽、一泊して参ります~~~。
        ( 無理を言って、出社日を月曜にした我儘もの(゚゜)\バキ☆ )

       当日、同じ夢の宿にご宿泊の土壇場サヨコさんとご一緒になれるかどうか。

       んでもって、一人旅ご満喫中のサヨコさんには、ご迷惑であるかもしれないし、
       サプライズ、ということで、サヨコさんには、内緒で
       『 透明ふせん 』 のお土産も持って、行って参ります(*`◇´*)/☆


                 今から出ますが、無事、お逢いできるでしょうか。

                 私の目は腫れまくりだし、
                 体重と来たら、私の生涯で最重量状態なので、
                 サヨコさんには、衝撃の出逢いかも(滝汗)。

                               この顛末は、次号を待て!(笑)



ペンお風呂


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



[ 2008/06/10 13:55 ] 行きました^^*☆ | TB(0) | CM(10)

着きました( ̄▽ ̄〃)☆




無事到着し、一時間、温泉に浸かって来ました。

不調の箇所があちらこちら。
激シミるので、ただただ唸りながら、忍の一字。


画像は私のお部屋から☆
ツインなので、かなりゆったりしています(^-^)☆

ここからは日没と藍に染まる空が見られないので、
これから屋上の露天風呂へ行って来ます☆

曇ってるから、余り期待できないかなぁ…。




 * サヨコさんのお部屋は、廊下を挟んで、
   斜め向かいの位置だそうでした☆

   お食事のときにお逢いできるかな?(^-^)☆



                  * タグをつけて再アップしました。
                    本文は、【 Last updated 2008/06/10 05:48:29 PM 】以降
                    手を加えておりません。




[ 2008/06/10 00:01 ] 行きました^^*☆ | TB(0) | CM(10)

仁くん、自動車教習所へ。






       下の少年より、自動車免許取得について、
       夏休みに入ってからではとても混雑するため、
       今のうちから、教科だけでも、日に1時間でもクリアして行きたい、とメール。


         「 ついては 26万円  よろしく~。 ХХ 」


       って。。。。(──┬──__──┬──)。


       これでも「 お友だち割引 」とか、「 大学生協割引 」とかで、
       2万円安くなったのだとか。



          我が家では、少年たちの自動車免許取得費用までは、
          父母が出す、という約束である。
          ただし、見極めや仮免などに落ちた場合の追加料金は少年たち持ち(笑)。

          上の少年は、それを見越して、規定料金+2万円上乗せの
          何度落ちても追加費用の掛からない「 学生パック 」というのに
          申し込んだのだったが、学科も実車も1度も落ちずにクリア

          どちらかといえば、せっかく何度落ちても良いコースなのだから、
          教習所内で何度も落ちて、しっかり車幅感覚、運転技術を磨いて欲しかった。
          2万円返せ~!!ヽ(`Д´)ノ、、 と思ったものである。


          下の少年はそれを識っているので、普通コースにしたようだが、
          マーフィの法則で、下の少年は落ちまくるのではないかしらん(滝汗)。


       来春にはキャンパスが変わり、山の奥のそのまた奥の寮となるため、
       今年度中にチャレンジするであろうことは予期していたが、
       夏の賞与以降にして欲しかった。。。。(o_ _)oポテッ


          4人家族の4重生活。
          もはや、鼻血も出ないというのに~~。(;_;)☆



?   ?   ?




       この26万円を何処から持って来ようかと思案にくれつつ一夜が明け、
       翌日のポストには、 税務署からの封書

       固定資産税やら自動車税の振替済通知にしては、なんだか厚みが。

       開封して暫く硬直。
 
 
       所得税予定納税通知 ?? a


         よ、予定納税? 仮納付?

         3月にどっかんと支払ったばかりなのに?
         今年分を前もって支払うのですと?? a

         聞いたこと、ありませーーん。
         慌ててググって、頭、真っ白。

         そうこうしてたら、後期の学費請求もヤって来るよね。
         いったぃ何処から持ってくる??


                   限りなく 破産状態。 (──┬──__──┬──)



ペン哀

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



[ 2008/06/09 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(8)

続 ・ 透明ふせん 『 ETIQUETTE 』







      あはあはあは(滝汗)。




透明ふせん(汗)。.jpg




         .......。



         そうです。 ヤっちまぃました。  orz.....


         6月4日の日記に書いたばかり の 『 ETIQUETTE 』ですが、
         見事に、ミイラ取りがミイラに。 (o_ _)oポテッ


         フセン王子さま にお願いして、お送りいただいてしまいました(汗)。


         しかも、定番だけぢゃなく、
         好みの幅、色をセレクトしてセットしていただいた、『 マイふせん 』 まで。   



透明ふせん定番とマイふせん.jpg


左側が定番色。
右側が『 マイふせん 』、私好みのお色たち。





         あはあはあは。


         さすがに自分に呆れたので、
         うちの職場の可愛い後輩たち( やっぱり文具フェチ傾向 )にも
          散々 見せびらかし  分けてあげよう、と思っています。



         んでもって、

         後日、正式アナウンス致しますが、キリ番大台が近付いて参りましたので、
         定番のブックカバーと、この『 ETIQUETTE 』を
         カウプレ にさせていただこうと思っています^^*☆ ?

                            どぞどぞ、お楽しみに??




* フセン王子さまには、「 現在企画中 」のものを
2packも オマケして下さいました。
めちゃくちゃ嬉しいです。 有難うございます☆☆


透明ふせん企画中.jpg


* 『 ふせん工房 』のサイトは こちら


ペンはーと

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




最後に残った勝利者が 本当に 手にするもの。







       決めた!



        植田JAPAN、五輪出場決定、おめでとう!!!


        第4セット目の展開は目を覆わんばかりのものであったが、
        格上のアルゼンチンを下した結果は大きい。

        こうなってくると、初戦のイタリア戦を落としたことが、本当に悔やまれる。

        が、まだまだ五輪前哨戦。

        今の間に、課題を浮き彫りにし、それをじっくり潰して行こう。


?   ?   ?



       五輪出場を決めた瞬間の植田監督の


           ●■〓  な姿には 泣き笑いをしてしまう。
                     もはや、伝説の 『 うえだおれ 』。



       試合後のインタヴューの言の葉には、
       再読了したばかりの『 でたまか 』本文と重なり、一段と胸が熱くなる。




         最後に残った勝利者が本当に手にするものは、栄誉でも名声でもない。
         勝てなかったすべての人々の想いという、重いものなんだ。

                        『 でたまか 』 青雲立志篇 P.50
                         鷹見 一幸 / 角川スニーカー文庫





        「 いま、ここにいないみんな、有難う 」



              植田JAPANは、 
              コートに立てなかった皆の汗と涙を背負い、メダルを目指す。

              それは、國のためなんかぢゃない。
              お國の威信やら、プライドやら、そんなつまらんもんのためぢゃない。


                この 國 のなかで、
                様々な環境、事情、願い、想いを抱えて、それぞれに。
                頑張って頑張って頑張って来た、
                アスリートたち、スタッフたちみんなの汗と涙を踏み越えた、

                その先にあるものを 皆と一緒に つかむため。

                努力の方向が間違っていなかったことを、確認し、
                さらにその先を、次世代に指し示す、ため。



       ふぁいと、ふぁいと>植田JAPAN!

         皆の夢、希望、勇気は、自分たち自身が確かに掴んで実感してこそ。

       ここからが、また、新たなスタート。



ペン頑張れJAPAN


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ




[ 2008/06/07 00:00 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(8)

【 悼 】 氷室冴子氏







       夜。


       独り、植田JAPANの勝利を噛み締めつつ、
       夫からのおめでとうメールに返事を打っていたら、氷室冴子氏の訃報が飛び込む。

       驚いて、ネットニュースを読んでいたところに、
       nifty時代の友人から氷室氏の訃報を知らせるメール。
       PTA時代の友人からも、そして、ブログの掲示板にも。。。

       それだけ私同様に、皆が驚愕しているのが伝わってくる。
       肺癌で逝去された由であるが、
       病に伏していらっしゃることを識らなかったので、私自身、本当に驚いた。




       私の本棚には、『 雑居時代 』、『 ざ・ちぇんじ 』、『 ヤマトタケル 』、
       2度手放し、3度揃えた『 なんて素敵にジャパネスク (全巻)』、
       エッセイである『 冴子の東京物語 』、『 冴子の母娘草 』、『 ホンの幸せ 』、
       そして、なかでも。
       とても大事にしている『 銀の海 金の大地 』、シリーズ全11巻が、ある。





      





       私の学生時代からのご活躍で、お名前だけは識っていたが、
       当時の私は、純文学少女(汗)。

       氷室氏との出会いは、結婚後、それも漫画の原作者、としてであった。


       漫画や雑誌はご法度である厳しい家で育った私は、結婚後に箍が外れる(滝汗)。

       結婚後に入社して出逢った友は、月刊の少女漫画誌を 全て 買う つわもの。

       さすがに、小学校低学年層をターゲットとする、
        『 ちゃお 』 や 『 なかよし 』は 枠外だったが、
       その他の少女漫画の月刊誌は、 全て 、である(滝汗)。


       その友は、漫画分野に無菌状態である私を、最初は胡散臭がり、それから面白がり、
       その後、彼女の読了後の漫画雑誌を 全て 私にまわしてくれるようになる。


       当時、『 あすか 』などの創刊や、特別隔月刊なども相次いだため、
       彼女に半額援助を申し出て、ふたりで読み尽くした。

       何事も「 続く 」が嫌で、気になって手につかなくなる私は、
       彼女からまわされる雑誌を段ボールに何箱も詰め込んで、
       1作ごとに、何ヵ月分かを一気読みする形でクリアして行った。

       新婚の2DKの狭い新居。

       氏神さまの前で、家族だけの平服挙式だった私たちは、
       家電や家具もできるだけ独身時代の夫のものを使い、
       私の嫁入り道具は、どうしても手放せなかったスチール本棚2棹。
       なのに増え続ける漫画雑誌の段ボールに、夫は溜息をついたものである。


??   ??   ??



       彼女からのご縁で、白泉社の雑誌に掲載されている氷室氏原作の
       『 ざ・ちぇんじ 』(山内直美氏)と出逢う。

       『 とりかえばや物語 』を原典とするも、設定以外は全くオリジナルで、
       時代考証もへったくれもないのだが、
       何より山内氏描く綺羅姫の艶やかで美しいこと。

       毎号ピンチを迎えながら、十二単を蹴っ飛ばして輝く綺羅姫の姿は、
       理屈抜きで楽しめた。

       原作も読んでみよう、ということで、氷室氏の作品を総ナメにして行き、
       エッセイの『 冴子の母娘草 』で、氷室氏そのものを好きになり、
       なかでも『 銀の海 金の大地 』シリーズをとても大事に、大切にして来た。


         ついうっかり、随分年上の御方だという認識をしており、
         失礼ながら、近年は筆を折られたのか、と、勝手に思っていた。

         少女小説 = 氷室冴子氏 という時代が、確かに在った。

         そこから「 コバルト文庫 」のレーベルは随分と変化し、
         「 少女小説 」そのものが多岐化していった。
         各社がこぞって、レーベルをつくり、ジャンルも特化していく。

         良くも悪くも、氷室氏は、この時流を、お避けになられたのだろうか、
         などと、勝手に憶測したりしていたのだったが。


         ググってみれば、己れと僅か1歳違い、ということに愕然とする。

          
                 おかあさまは、健在でいらっしゃるのだろうか。

                 今夜は『 冴子の母娘草 』を繙き、ご冥福を祈る。




ペンSAD



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



                           ** TBをお返しするため、再アップ。
                                       本文には【 Last updated 2008/06/07 07:35:35 PM 】以降、
                                       手を加えておりません。




[ 2008/06/06 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(17)

続・続・蛍。







       夫の定休日。 ( 早っ )


       前日の激しい雨のために、2日越しとなった洗濯物。
       夕刻、その乾き具合を確かめつつ、ベランダからぽぃぽぃ中に放り込む。


       全部乾いていたようだったので、るんたったでベランダから入ろうと、
       床いっぱいの洗濯物を避け、まさに足を置こうとしたその場所に、
       なんだか、黒い虫みたいなものが見えた気がして、
       ぞわっとしつつ、おっかなびっくり近付いてみる。


            あれ~。 もしかして、君は、蛍。a


         洗濯物と一緒に取り込んでしまったのか、元々家のなかで迷っていたのか。
         いつもの艶々と黒々とした感じぢゃなくて、
         何だか表面が干からびた感じで、元気がない。 (;_;)☆

         私の手のひらの上でひっくり返り、足も動かさない。

         でも、発光してる。 1節だけだから、これは雌。

         日蔭の草の上におろしてみたが、しがみつくこともなく、ぽろりと落ちる(;_;)。

         もう一度、今度は葉っぱが重なっているところにそっと置いてみる。


             単に、水分が足りなくて弱っているのでありますように。
             寿命、なんかぢゃありませんように。


         祈るような想いで、井戸水を指先からぽとぽと葉っぱに落とす。
         ぴくとも動いてくれないけれど、発光はしてるから、
         きっと私が見えなくなったら 飲んでくれるよね。

            も少し も少し、頑張って。

         夜になったら、川まで連れて行ってあげる。
         もし、貴女が もうダメだったとしても。
         皆が待ってる、あの川へ必ず連れて行く。
            んだから、も少し 頑張って。 



      



       午後9時。
       新月のはずであるが、糸のような月が山の端へ落ちる。

       ダムまで行こうと張り切る夫に、
       蛍を連れて行きたいから、ちょっと待って と、
       南側のベランダに回り込もうとしたとき。



       一匹の蛍が すっとあの草から飛び立ったように、休耕田へと舞う。


       休耕田いっぱいに、嬉しそうに何度かくるくると舞った後、
       唖然と突っ立つ私の方へ飛んでくる。
       まるで、私を待ってたかのように。


           ウソだ。

           もし、君があの彼女なら、デキ過ぎだ。


        頭ではデキ過ぎだと否定しているのに、弱っていたあの蛍なら嬉しいと思い、
        私の周りを舞うような形で飛ぶ蛍を きっとあの蛍に違いない、と 思ってしまう。


           手を伸ばせば、きっとこの指に とまってくれる。


         そう思わされるような、私の正面から肩の上、頭上へと舞いながら、
         夫が近付いて来たのを嫌がるかのように(笑)、
         すぃっと直線を描いて、北側の水田へ飛んで行く。

         自力で、還りたかったんだね?

             その光が見えなくなるまで、暫く動けなかった。
                 まるで、ドラマみたい。 信じられない。

           「 今の、、?? 」

         そう訊ねてくる夫に、そうだと思う、と返し、
         念のため、夕刻に蛍を置いた葉っぱのところまで行ってみる。

             居ない。 





                            きっとあれは、あの蛍。
                            きっと、元気になってくれた、あの蛍。?


ペンジャンプ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



[ 2008/06/05 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(12)

透明ふせん 『 ETIQUETTE 』。






        以前、私に輪をかけた(笑)文具フェチでいらっしゃる、
        ありのみさん ち で、『 透明ふせん POST MEMO 』なるものに出逢い、
        早速、真似っこして、モニターに立候補し、
        素敵な透明ふせんをお送りいただいたのであったが。








        上の画像では、別段変わりない、フツーの付箋に見えるが、
        これが大変お洒落な【透明】フィルムで、
        綺麗で、可愛くて、使い勝手が良いのである。

        1枚1枚がスケルトンだから、手帳や本に、マーカーをひいた如く。
        工夫、発想次第で、いろんな使い方ができる。

        ヤミツキになりそうなのであるが、ただただお貧乏な私であるので(悲)、
        ケチって、ケチって、なかなか普段使いにはできず、
        開発された方々には、おそらく不本意でいらっしゃるであろう、
       【 特別 】なときにつかう、【 イベント付箋 】になってしまったのであるが。(o_ _)oポテッ 


        お送りいただいた折に、すぐに御礼方々、感想をお送りしたものの、
        ありのみさんのようなきちんとしたご報告ができないで、ずるずる。。(゚゜)\バキ☆


        このほど、当時のご担当者さまから、
         あの 銀座伊東屋さんにて発売となった旨、ご連絡をいただく。


        ご担当者さまの肩書きが違うことに気付いて、あちらこちらにジャンプし、
        『 POST MEMO 』を精力的に開発指揮をされていたこの御方が、
        円満退職され、プライベートブランドを立ち上げられ、
        透明ふせん『 ETIQUETTE 』 を商品化なさったことを識る。


        私がモニターとして透明ふせんを頂戴してから、3年(滝汗)。


         あの 銀座伊東屋さんで。

        3Fの付箋売場と、地下1Fのカジュアル・ステーショナリー売場の2箇所で。
        39種類もの組み合わせを楽しんでいただけるように陳列されるようになるまで、
        どんな地道なご努力を重ねられたことだろう。

        この御方とは、ほんの数回のメールのやり取りであったが、
        単なるビジネス文書ではない、誠実さ、温かさを感じさせていただいていた。

        真摯にモニターの方々のご意見に耳を傾けられ、昼夜考え、可能性を広げ、
        改良に改良を重ね、そしてこれからも進化して行こうとされている。


        3年、とは、短いのか。 長いのか。

        過日、自分自身のブログ開設3年にあたり、様々に述懐したことを思う。

        様々な方々が、様々なご自身の磁場で、
        それぞれに凄い3年を闘っておられるのだよなぁ、と今更ながら。



        『 POST MEMO 』も素晴らしかったが、
        『 ETIQUETTE 』はそれらをしのぐ、
        たくさんの改良工夫がなされているようである。


        なんで付箋が『 ETIQUETTE 』なのか、首を捻っていたところ、

          ● ワインのラベルがエチケットと呼ばれていること。
          ● 付箋は、英語で、ラベルと呼ばれていること。
          ● いつの日か、いつかこの付箋が、『 手帳のエチケット 』、
            『 本のエチケット 』として、愛されるように。

        そんな想いが込められているそうである。( ..)φ


        私の憧れの銀座伊東屋さん?へ お出かけの際には、
        是非、観てあげて下さいませ(//▽//)☆

        文具フェチの方々は、ちょっとキケン、かも識れません(笑)。
        39種類の組み合わせを、全部揃えそうな方々(←複数)が、目に浮かぶ。。。(笑)。


          *『 文房具を楽しく使う 』著者・和田哲哉氏のサイト、
           『 Stationery Program 』 で、詳しいレビューが掲載されています。

          * このご担当者さまは、『 フセン王子 』となられ(笑)、
            楽天ブログでご活躍中でした(驚)。 →『 フセン王子のBLOG 』

          * 『 ふせん工房 』のサイトは こちら



ペンわー

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



『 有朋自遠方來、不亦樂乎 』。







       出社日であったが、先週よりずっと上下瞼が痒くて腫れており、
       つい擦ってしまうため、ついに浸出液が出始め、右目が潰れてしまった( ┬_┬)。

       火曜日までに直そうと、粗塩とにがりで頑張ったのだけれど、ダメだった。

       だもんで、仕事も立て込んでいるも、片目では運転ができないし、
       左目もほんの僅かしか開いていないため、お休みをいただき、
       印刷会社さまに自宅宛校正紙をお送りいただいて、自宅勤務~。


       ブログを読み返せば、やはり昨年も同時期に同症状で苦しんでいる。

       この時期の紫外線と黄砂、ヒノキばかりでなく、
       私には、カモガヤもあるのかも。 (o_ _)oポテッ


       印刷会社さまから校正紙が届かないと仕事にならないので、
       午前配達、というのをひたすら待つ。

       11時を回っても到着せず、
       本日中に2社分とも、全て校正して戻さないとならないために焦る。

       12時前にやっとピンポンと鳴り、2社分同時に到着。

       ヤレヤレと飛び出して行って受け取り、厳重梱包を開封していたら、
       再びピンポンと鳴る。


            「 宅配便でーす 」

              え"。


       たった今、仕事を受け取ったばかり。
       別に通販も頼んでいないし、冠婚葬祭関係にも心当たりがない。

       いったい何処から何が。。。??



?   ?   ?



       クール便?

       差出人のお名前は、そらしどママさん。 え? 何? 何故?

       可愛い長方形の、小さな銀色の保冷バッグを手渡される。

       あれ? この大きさ、この重量の感じは、もしかしてもしかして???




       チャックを開けると、紛うことなきそれは、 バター!!  ??

       もうず~っと こちらのスーパーの店頭から消えている貴重なバター! ?

            それも3箱も( ┬_┬)。
            わざわざクール便で( ┬_┬)。


       4月28日の私の日記 『 バターがない!! 』 を読まれ、
       農家に嫁がれた姪っ子さんからバターを入手しておられたため、
       りうりうにも送ってあげよう、と思って下さったとのこと。 ( ┬_┬)。


       姪っ子さんのお話によると、姪っ子さんのご近所である酪農家には、
       バターがたくさんあって、業務用の缶入りも有るとの由。

       有るところには有っても、流通ルートが限定されれば、
       一般には出回らないのでしょうか。
       その酪農家さんが、ネット通販されたら、瞬殺で完売されるんぢゃないかしらん。。。

       それを、有難くも勿体無くも、こんな形で思いがけなく送っていただくなんて( ┬_┬)。



有朋自遠方來、不亦樂乎。


ペン感謝.gif

我が家のバターのストックは、あと1個になっていた。
大事に大事に、我が家の冷凍庫の1番特等席に、収めさせていただく。

クッキーを焼いて少年たちに送っちゃおうか、なんてつぃ思っちゃう。
ママさん、本当にわざわざ有難うございますm(__)m☆




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



[ 2008/06/03 00:00 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(0)

『 会議は踊る 』






       『 会議は踊る、 されど進まず 』   ―― ウィーン会議 ――



      この言の葉は識っていた。

      でも、この日、ボスが社内ネットに記した次の言の葉は識らなかった(滝汗)。





          会して議せず、
    議して決せず、
     決して行わず、
       行って責任をとらず。




      ( ..)φ


      10数室ある、ネット会議室のテーマ別会議室。
      ある目的のためにもう一室増やしたい、という要望に対し、
      現在も多過ぎて巡回に手間取っており、各店によってタイムラグは大きいため、
      これ以上は、非効率的である、という本部からの回答のフォローである。

      色々ググるも「 古い諺 」としか原典が見つからず。

      この4行に、昔のPTA時代を想起させられ、かなり悶々とする。
      あれはあれで、良かったんだ、とも思いつつ。

      んな状態に、あろうことか、うちの会社が陥ってはならない。
                           考えるべし>ぢぶん


       ● 会議の質と生産性。

          ・ 会議進行役の技量、権限、職責。 また、それらのバランス。
          ・ 会議参加者からの信任度合。
          ・ 会議の目的・目標に対する参加者の認知・知見レベル差、温度差。

       ● 組織の質と生産性。

          ・ 組織の活性度合。

       ● 時は金なり、いのちなり。

          ・ 会議は、明日に向かい、明日のために行うもの。



ペンメモ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



[ 2008/06/02 00:00 ] メモ メモ ( ..)φ | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。