FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。
月別アーカイブ  [ 2007年04月 ] 

カエル。







    天気予報通り、午後から雨が降り始め、夕刻には、停電になるほどの雷雨。

    これで、すっかり桜が散ってしまうでしょうか。



        喜んで、カエルが鳴き始めました。



    私はカエルのなかでは、アマガエルしか、可愛いと思えないのだけれど、
    カエルの声は、風物詩である、と、思う。

    この地に転居して来た頃は、
    夏の夜には耳が割れんばかりのカエルの合唱だった。

    都会っ子で、カエルが苦手な少年たちは、
    初年度は、カエルに遭遇する度にきぃきぃぎゃーぎゃー言ってたけれど、
    それではこの地では生きていけないので、段々と慣れて行った。

    一昨年、アマガエルを掌に乗せた下の少年を見て、
    成長したものだと、思わず笑ってしまったのだったが。。。


    年々、水田の減少とともに、カエルの声で眠れない、という程ではなくなった。

    風物詩の権化のようなウシガエルの声も殆ど聞かなくなった。


    海外でカエルなどの激減・絶滅を引き起こしていると考えられている
    「 カエルツボカビ症 」が、日本でも確認された

    パナマでは、たった2ヶ月で、地域のカエル個体群が全滅したといわれている。




        もし、ニッポンでもカエルが絶滅したら。

           カエルが食べていたハエたちの増加。
           カエルを食べていた鳥、ヘビたちの危機。

        食物連鎖の狂いは、すぐにニッポンの農林業の危機へ結びつく。


        恐ろしい「 カエルツボカビ症 」は、
        まだ、飼育されていたカエルの死体から見つかっただけだが、
        これが、野外に出回ると大変なことになる。

        どうぞ、野外へと拡大して行きませんように。


           どうぞ、これ以上、ニッポンの自然が歪んで行きませんように。

                                そのために できることを できる形で☆


ペン雷




スポンサーサイト



[ 2007/04/13 23:59 ] メモ メモ ( ..)φ | TB(0) | CM(14)