今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。
月別アーカイブ  [ 2007年03月 ] 

≪ prev |  2007年03月  | next ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春眠、暁を覚えず。






    中国高校バスケット選手権 地区予選。


       呼べど叫べど、布団を剥がしても起きない。(怒)。


    下の少年が、試合、というのに、起きられないのは初めてのケース。
    昨夜はクラブの後、塾へ行き、帰宅したのが11時であったし、
    桧の花粉と相まって、昨夜、眠れなかったのか。


    もう知らん! と 放っておこうとしたが、
    授業とは違い(゚゜)\バキ☆、遅刻するとチームへの迷惑は甚大なものである。

    彼のことだけでは済まないので、必死になって起こし、
    結局、電車には間に合わず、車で送ることに。。。。  orz....

       くそぅ。。。 そんなに甘い母ぢゃないぞ!!

    これが個人戦なら、絶対放っておくし、
    こっぴどく叱られ、信用も信頼もなくし、退部に追い込まれて、初めて
    こ奴の性根が入るのでは、と思う。

    ごめんなさい、では済まないことがあることを、彼はしっかり識るべきである。



       んでも、高3にもなろうというのに、
       そういう赤ちゃんに育てたのは、この私。。。orz....

       んだから、とにもかくにも、ひとさまに迷惑をかけぬよう、
       集合時刻までに送り届けるのも義務のような気もする。


    あれこれ考えつつ、車を発進させ、
    彼も少しは恐縮しているらしく、車内のなかでは互いに無言。
         ( BGM:ブラームス 交響曲1番 ベルリン・フィル/カラヤン '63 )


    山越えを2つする。

    桜はまだだが、山のあちらこちらに辛夷の白が美しく可愛らしい。
    桜と異なり、色が真っ白で△を形取り、数え切れないほど咲いている。。
    その辛夷を右左に見ながらの山越えライン。

    この後は、この後は、いよいよ、いよいよ、ソメイヨシノなのだ!!! \(^o^)/☆

    出立時はあれだけ不愉快だったのに、もうこころが躍り、わくわくそわそわ。
    口元がゆるんで、意味なくへらへら笑い出しそうで。

    そうね、これも私が下の少年の母だったから、味わえた美しさ。
    彼が自力で出立してれば、私は、こうして山越えラインを運転することもなかった。

    こうして、彼を試合場に送ることも、あともう僅か。
    楽しまなくてどーする>ぢぶん。


       山越えラインを下り、下界へ降りて、会場に向かうと、
       向かいに見える小さな山は、一面の山桜で満開だった。  きらきらハート


       でへでへ状態の私は、元気よく彼を送り出し、るんたった♪
       夕食の食材をちょっぴり奮発しよう、とまで考えながら、
       帰路には違うルートを選び、辛夷、山桜、木瓜、連翹を楽しみつつ帰宅。

       桜、もうすぐ、  もうすぐ!!


ペン晴


東京は、今日明日が桜満開だそうですね☆
土日だから、凄い人出かな。。。

風が強そうですが、桜に影響しませんように。。。。



スポンサーサイト

見てはイケナイ。 強制オタクバトン。








    _AZ_さんちに遊びに行って、何気にヌシさんちの別宅へジャンプして、
    『 強制オタクバトン 』を拾っちまった(汗)。 くぅぅ。


    【 見た人は絶対ヤること 】になってますよ。 危険です!
      私のつくったルールぢゃないですからね。 まんま転載します。

     

     ≪ルール≫
      見た人は絶対やること!
      ルールを破ったものは路上でキャストオフ(脱衣)!!
      ただし基本ルールとして、答え終わったら最後に一つ追加する。

     ≪答え方及び判断の仕方≫
      ◎:キャラもストーリーも知ってる
      ○:だいたい知ってる
      △:聞いたことある
      ×:全く知らない  



     私は「マンガはいけません」な、厳しい家に育ったので、
     以下の設問の殆ど、結婚後に遭遇しました(笑)。
     このなかで、独身時代にハマったのは、『ルパン』と『ヤマト』位です。

     後日、私とゲームについても記す予定ですけれど(笑)、
     コミックスにしても、ゲームにしても、
     無菌培養が如何にキケンか、という見本のような人生だと思う(笑)。



     ● NARUTO ◎  かかし先生が好き。
     ● D.Gray-man ×
     ● テニスの王子様 ◎ ははは(笑)。
     ● BLEACH ◎ このあたりは少年たちのお蔭。
     ● ONE PIECE ○ 気付いた時には余りの冊数でゲットできないぃぃ。
     ● ガンダム △ 弟の世代。
     ● FINAL FANTASY ◎ (ゲームのみ)セフィロスぅぅぅ~。
     ● 新世紀エヴァンゲリオン △ 君子、危うきに近寄らず。
     ● ドラゴンクエスト ◎ (ゲームのみ。これには涙、涙の物語が)。
     ● BLACK CAT △
     ● 学園ヘブン ×
     ● ドラゴンボール ◎ 夫とふたりでハマりましたとも。
        TV放映された映画は全て録画済。 少年たちもずっぽり。ゲームは2つ。
     ● 北斗の拳 △ 君子、、、。 
     ● 聖闘士星矢 △
     ● ボボボーボ・ボーボボ △ 下の少年が笑ってた。
     ● HUNTER×HUNTER ◎ 少年たちのお蔭。
     ● 銀魂 △
     ● DEATH NOTE ◎ 最終巻はショックでしたのぅ。
     ● 魔人探偵脳噛ネウロ ×
     ● 少女革命ウテナ △
     ● Dr.スランプ アラレちゃん ◎ DBから遡りました(笑)。
     ● パタリロ! ◎ わはははは(笑)。
     ● 地獄少女 △
     ● エウレカセブン ×
     ● ゼノサーガ △
     ● 新世紀GPX サイバーフォミュラ △
     ● ストリートファイター △
     ● かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ ×
     ● こいつら100%伝説 ×
     ● スラムダンク ◎ 友人から借りてたら少年たちが堕ち、バスケ少年へ。
        彼らのバイブル。 上の少年、巣立ちにつき、もう1組揃えようかと悩み中。
     ● 名探偵コナン ◎ 少年たちが堕ちて、んでもって卒業。 私はしてない(笑)。
     ● ツインシグナル ×
     ● GANTZ ×
     ● ギャラリーフェイク ◎ はぃ。大好きです。
     ● ローゼンメイデン ×
     ● I”s ×
     ● サクラ大戦 △ 君子、危うきに、、、。
     ● どうぶつの森 △
     ● MOTHER ◎(ゲームのみ)糸井さん。。。
     ● ドカポン ×
     ● こち亀 ◎
     ● ついでにとんちんかん ×
     ● デビューマン ×
     ● ドロヘドロ ×
     ● ガンスリンガーガール ×
     ● 寄生獣 ◎
     ● COWBOY BEBOP ×
     ● ぴちぴちピッチ △
     ● アルプス伝説 ×
     ● 帯をギュッとね! ×
     ● 大相撲刑事!×
     ● ハヤテのごとく! △
     ● 機動警察パトレイバー ○
     ● センチメンタルグラフティ ×
     ● 機動戦艦ナデシコ △
     ● スレイヤーズ △
     ● 自由人HERO ×
     ● LOVELESS ×
     ● 桜蘭高校ホスト部 △
     ● 天は赤い河のほとり ◎
     ● 青い花 ×
     ● シティーハンター ◎
     ● 純情ロマンチカ △
     ● MONSTER ◎
     ● 幻想水滸伝 ◎(ゲームのみ、IIIまでクリア)。
     ● おおきく振りかぶって △ 読もうと思っています。
     ● RAVE ◎  少年たちがハマっています。 
     ● メダロット ×
     ● ヒカルの碁 ○
     ● BLUE SEED ×
     ● 覚悟のススメ ×
     ● トライガン ×
     ● 女神転生 ◎ (ゲームのみ)
     ● セーラームーン △
     ● FATE/stay night ×
     ● ハーメルンのバイオリン弾き △
     ● ワイルドアームズ ×
     ● 爆走兄弟レッツ&ゴー! ×
     ● コゼットの肖像 ×
     ● テイルズオブジアビス ×
     ● 聖剣伝説 ◎ (ゲームのみ)
     ● 幽遊白書 ◎ 少年たちがハマり、自力で古本を揃えました。
     ● ジャングルの王者ターちゃん ×
     ● ARZA ×
     ● 世界名作劇場 ◎
     ● ジブリ作品 ◎ 先日の『プロフェッショナル』も観ました。
     ● 気まぐれオレンジロード △
     ● 魔法騎士レイアース ○
     ● アウターゾーン × 
     ● ドラえもん ○ 実は「ノビタのクセに」を許せない。
              のび太とドラえもんとの依存関係も嫌。
     ● ふたりはプリキュア ×
     ● 家庭教師ヒットマン REBORN! ×
     ● ZONE-00 ×
     ● GANGKING ×
     ● ROOKIES ×
     ● サムライチャンプルー ×
     ● PAPUWA ○
     ● HELLSING × 
     ● 仮面ライダーカブト △ カブトに出てたひとがトーク番組に出てたから。
     ● ハチミツとクローバー △ 本屋さんへ行くと何処でも平積み。ドラマ化?
     ● ベルセルク △
     ● シャーマンキング ×
     ● ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 ×
     ● 金魚屋古書店 ×
     ● V-Kカンパニー ×
     ● トリニティブラッド ×
     ● 今日からマ王! ×
     ● フルーツバスケット △
     ● きせかえユカちゃん ×
     ● デルフィニア戦記  ◎ 抱腹絶倒。貸出本にして、あちらこちらに布教中(笑)。
     ● 神戸在住  ×
     ● ジョジョの奇妙な冒険 △
     ● アキハバラ電脳組 ×
     ● こいこい7 ×
     ● 苺ましまろ ×
     ● ゆめのかよいじ ×
     ● 魔法の天使クリィミーマミ ×
     ● バタアシ金魚 ×
     ● 銀河英雄伝説 ◎ 田中芳樹氏との初めての出逢い。
                暫く田中芳樹氏を読み漁りました。 未完、多過ぎ!
     ● xxxHOLiC ×
     ● ダイの大冒険 ◎ ヒュンケルに痺れました(笑)。あの堀さんの声は忘れられない。
     ● メタルギアソリッド ×
     ● MASTERキートン ◎ 豪華本で揃えてます。『パイナップルアーミー』も。
     ● カオシックルーン ×
     ● 悪魔のオロロン ×
     ● 幻燈倶楽部 ×
     ● ケロロ軍曹 △
     ● メルヘヴン ×
     ● GetBackers ×
     ● 封神演義 ◎ 少年たち、大ハマリ。ほんとの原作にも手を出したぞ(笑)。
     ● 蟲師 △ 会社の後輩が、早速映画も観て来ました。
     ● 犬夜叉 ◎
     ● らんま1/2 ○
     ● 攻殻機動隊 ×
     ● シュガシュガルーン ×
     ● あまつき ×
     ● 晴れときどきぶた △
     ● ギャグマンガ日和 △
     ● 戦国BASARA ◎ 田村由美さん、大好き。『BASARA』は私の大切なコミックス!
     ● 荒川アンダー ザ ブリッヂ ×
     ● スターオーシャン ◎ (ゲームのみ)
     ● 地獄先生ぬ~べ~ △
     ● ふたご星 ×
     ● 絶対無敵ライジンオ ×
     ● G戦場ヘヴンズドア ×
     ● 机上の九龍 △
     ● カイジ ○
     ● R2 △
     ● 銀色のオリンシス ×
     ● PEACE MAKER △
     ● dear ×
     ● ベルサイユの薔薇 ◎
     ● 鋼の錬金術師 ◎ 少年たち大ハマり。
     ● 宇宙戦艦ヤマト ◎ 泣きました。ハマりますた。 映画、全部観てます。
     ● 銀河伝説ウィード ×
     ● ツバサ ○
     ● 彼氏彼女の事情 △
     ● 僕と彼女の×××(ペケ3つ) ×
     ● あずまんが大王 × ← _AZ_さん、まんが大王なんだ(爆)。
     ● すごいよ!マサルさん! ◎ 少年たちと甥たち、夫は大爆笑。私は嫌い。意味判らん。
     ● ルパン三世 ◎ ハマりました。映画も観に行きました(笑)。
     ● 魔探偵ロキ ×
     ● SAMURAI DEEPER KYO ×
     ● 最遊記 ×
     ● サムライトルーパー △
     ● のだめカンタービレ ◎ ハマりました。TVも良かった!
         苦手だった玉木くんを美しいと感じ、お人柄も好きになりました。
     ● リボンの騎士  ◎ 懐かし~(笑)。



    ふぅぅ。
    ほーら、私ってば、オタクぢゃないし。 うっすぃもん(爆)。 ね、ね、ね。

    んで、私の追加は、『 雨柳堂夢咄 』(笑)。


               「 強制 」はムリでしょう。
                拾ってみようと思われる御方にどうぞ(笑)。

                だぁあああ!! 休憩が休憩にならんかった!!ヽ(`Д´)ノ(自業自得)


ペン疲



[ 2007/03/30 16:16 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(29)

少年たちのヒヤシンス







    夫が、年末にお客さまにいただいたヒヤシンスの球根2つ。


    育ててくれ、と言われ、水栽培かな。。??
    でも、水栽培も炎の指の私なら、枯らしそうで嫌だな、、、と思ってたら、
    帰省した上の少年と下の少年が、2人で裏の休耕田へ植えてくれた。 


    3月になり、ネギを抜いたり、野菜屑の処理に休耕田へ行く度に覗いていた。



    知らない間に芽が出ており、固い緑の蕾もついて、
    写真を撮っておかねば、、、と思ったのが、確か、つい4日前。


    なのに、今夕、ヒヤシンスを覗いて驚く。

    蕾に色もついていなかったのに、たった4日間で、これは??


少年たちのヒヤシンス



    盛りを過ぎちゃってる。。。?   orz....

    ここ2日間の気温で、急に花を咲かせたのね。(悔)


         バスタオルに現を抜かしてる場合ぢゃなかった >ぢぶん。


    夫に写メール。 → 夫大喜び。
    上の少年に写メール。 → まだ返答なし。
    下の少年に写メール。 → 帰宅後、「 これ何? 」。   orz....


        「 お正月におにいちゃんと植えた球根!! ? 」


        「 ぅわ!! そーなん?  」


        「 で、どっちが仁のヒヤシンスなの? 」


        「 へ? 。。。判らん。 埋めるのと水をあげるので分けたけん 」


        「 ふ~~ん? んで、仁は、埋めた? 水をあげた? 」


        「 う"~ん?? もう覚えとらんしぃ 」


         ヽ(`Д´)ノ。   。。。。 さては、全部、兄にヤらせたか?>下の少年


ペン水やり




ジャンル : ブログ
テーマ : こんなことがありました

タグ : ヒヤシンス 庭の花

[ 2007/03/29 00:00 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(5)

やっとタイヤ交換~。





    水曜日。


    前日の出社で身体が芯から疲れてて、1日ゴロゴロしていたかったけれど、
    先週、東広島市のディーラーに、タイヤとエンジンオイル交換の予約を
    2時半に入れてしまっていた。。。。orz....

    2時半なので、元気だったらレディースディで映画を観て、
    嬉し楽しのBOOK・OFFへ行き、それからタイヤ交換をするつもりだった。

   
       。。。映画どころか、2時半に東広島へ行くのもおぼつかない雰囲気。


    それでも久々のBOOK・OFF行きを餌に、エイヤっと自分に喝を入れ、
    書籍購入リストを更新してプリントし、車を発進させたのは、午後1時過ぎ。

    若干の渋滞だけで、思いの外早く着いたので、
    ディーラーへ行く前に『 ナフコ 』で、珈琲フィルターを購入。

        珈琲フィルターは、『 ナフコ 』が1番安い。 100枚で128円。

    ただ、1~2人用も3~4人用も同じ価格なのが、ちょっと不満。

    そして、漂白フィルターが128円で、無漂白フィルターが129円。
    この価格差1円、というのも微妙。 無漂白の方が安かったらいいのにな。。。
    でも他店より断然安いので、必ずナフコの無漂白を買う私。

       価格は同じだけれど、少しでも資源の節約にはなるので、
       無漂白の1~2人用100枚を5パック(汗)。

    以前、1日に5人分を2回入れてた頃に比べれば、今は、1日2杯まで。
    制限遵守、頑張っているが、珈琲メーカーを使用しなくなり、
    フィルターは1杯に1枚必要となってしまった。
    気がつけばなくなっているため、どうしてもストックが要る。

    。。このストック癖をなくさねば、いつまで経っても片付かないよなぁああ>ぢぶん。


ふたば



    無事、タイヤとエンジン交換が終わり(ディーラーさんだから無料)、
    段々テンションが上がってきて、BOOK・OFFへ。

    この時期、広島大学の卒業生たちが一挙に蔵書を放出するので、
    掘り出し物がた~くさんあるはずなのである。 ???

    確かに充実してたけど、頼みの100均コーナーには余りなく、結果、今回購入は42冊。

    考えてみれば、冊数もいつもの半数以下で済んだ訳だし、
    新刊ぽちしようとしていた本を100均に見つけて嬉々としてゲットし、
    かなりのテンション。

    勢いづいて、自分でも「をぃをぃ」と思いながら、シネマのある大型ショッピングプラザへ。

    今から観たら、帰宅時間は午後9時になる。
    下の少年が帰宅するのは、10時半とはいえ、やはりちょっと抵抗感。

    だったら、行くな!と自分に突っ込みつつ、でも向かう足を止められず。

    幸い、観たい、と感じるものがなくて、正直ほっとして(笑)、
    夕食の食材を買うために食料品売場に降りたのが運の尽き。


       なんでなん?

       食品売場に、贈答品用ブランドタオルの難ありワゴンセールが。。。( ┬_┬)。
       柄も素敵で、大判のしっかりしたバスタオルが1枚500円なのである。 ( ┬_┬)。

         タオルフェチの私にこんなもん、見せたらあかんやろ。。。(号泣) 

                        。。。我慢に我慢して、8枚にとどめました(゚゜)\バキ☆

       なんでこうも物欲にブレーキが掛けられないのだ>ぢぶん。

       すっかりヘコんで、消耗しきって帰宅。


           東広島市は標高が高いので、桜はまだまだ。
           木蓮も辛夷も、開こうか、開くまいか迷ってる感じ。

           早く来い、来い、春よ、来い!   
 
ペン汗



[ 2007/03/28 00:00 ] 行きました^^*☆ | TB(0) | CM(32)

さくら、さくら、さくら。







   出社日に、渋滞にハマり、いらいらしつつ、ようやく抜け出すと、
   そこは、私の実家の在る懐かしいお山。

   まだ、ソメイヨシノには早く、うっすらと登山道が蕾のピンクに染まりつつあるも、
   ぽちぽちと山桜の白が彩り、胸が高鳴る。 


      このわくわく感。 そわそわ感。
      待ち遠しくて、待ち遠しくて、どーしよーもない落ち着きのなさに、
      我ながら、可笑しい。

           この時期は、、、、お手上げだよ>ぢぶん。



   目いっぱい余所見運転になりそうな自分を叱り付けながら会社到着。


   こころここにあらず、な私(゚゜)\バキ☆に、昼食時に、みんなから。
   アマゾンの黄色のプレゼント包みを渡される。

   そして、ドジ之介・ドジ太郎の片割れである先輩お手製のイチゴアイスクリーム♪ 


?



邪魅の雫限定特装版




    くぅぅ。   ぽっかんと口を開けたなり。

    お誕生日のプレゼントだって。

    もちろん、『 邪魅の雫 』 は情報をいただいて即ぽちして、ゲットしたなり。

    んでも、当時は特装版は予約制で、未だ入手出来なかったし、
    京極堂もここまで冊数が進めば、布教用に貸出用として複数冊持たなくても、
    布教した方々は、みんなどうかすると私より早く自力でゲットされるので(笑)、
    近年は、複数冊持たなくても良くなってたのだ。


    これは、誠に持って、贅沢な。
    まるであたかも 京極堂マニア になったような気分である。 違うのに(゚゜)\バキ☆


        ありがと~~\(^o^)/☆ とても自分では買えませんでした。

        んで、この厚さにぴっくりした後輩たちが、
        次の布教相手だと決定しました(笑)。


    復路にちょこっと実家に寄り、縮緬細工のたぬきくん を母にプレゼントする。

    母は、私が来るであろうと見越していたらしく、
    可愛くラッピングしてくれた 母のオートミールクッキー が!! 


母上クッキー



    それに、おめでとうのカード。 はぁと
    しっかり、海老で鯛を釣った気分(笑)。 


    帰宅して、カードを覗いたら、お小遣いが入っていたなり。。。きゃ~~☆☆☆  ペンはーと



ペン数7 ペン数7 ペン数7

この日でブログ開設777日ですと。
幾多の山、谷、荒波越えて、続けさせて下さった皆さん、有難う☆☆




[ 2007/03/27 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(20)

ヤマダ電機 『 親切係 』







    うちのお店で、液晶テレビをPCに繋げ、店内から外へ向けて情報発信するため、
    新しく、大型の液晶テレビを購入することになった。


    機種は殆ど絞り込んだが、問題は価格。

    お店にとっては大きな買い物であるから、休日を遣って、ネットでの価格比較は勿論、
    地元のデオデオから、ベスト電器、ヤマダ電機、コジマと実際に足を運んで
    それぞれ比較検討をした。

       ダントツに安かったのは、ヤマダ電機である。


    担当の御方が、名札とは別に 『親切係』 という
    大きな丸いプレートをつけておられ、

    実際に懇切丁寧で、押し付けがましくないよう、
    上手に商品についてのあれこれの説明をされながら、
    1円でも安く購入したいこちらの気持ちを良くつかまれ、決算時期も相まってか、
    10万円台の商品が、ネット最安値の価格より、3万円近く安い値段になる。@@

    この価格差はとても大きく、有難いことであったが、
    夫や私の性格上、
    会社の備品を購入するためだから、頑張って価格交渉ができたのであって、
    これが自宅のためであったら、果たしてここまでできたかというと、
    甚だ疑わしい。  ぃゃ、絶対できない(汗)。


    実際、誰もがこうして常に商品研究、販売店比較をして、
    シビアに価格交渉できる訳ではないと思うし、
    いつもは、売り場に掲げられたお店価格でそのまま支払っている私としては、
    最大限のご努力をして下さったヤマダ電機の親切係さんには申し訳ないが、
    今回の3万円近く安くなったことに対して、有難いと思いながらも、
    私的な部分での自分が、正直、余り嬉しくない気分を味わった。


    交渉しなければ、この3万円は支払っているのである。


    また、この3万円分の皺寄せは、いったい誰が被るのか?
    、、、普段の私。 価格交渉できないお客さま、である。 (o_ _)oポテッ


    現在、大型家電店において、大画面の液晶・プラズマは、
    韓国製どころか、中国製まで入り乱れての大激戦で、
    各社とも極端な値引きで1台でも多く、という特別な状況下にあるとしても、
    どーにも釈然としない。。。


    で、後日。


    結局、このヤマダ電機がやはり最安値であったために、
    現金を用意して、購入のためにヤマダ電機へ行く。

    TV売り場で、「『親切係』のプレートをつけられた○○さんを」と言うと、
    ○○さんはお休みで、やはり同じ『親切係』のプレートをつけておられる御方が、
    「 私たちは、全員がつけているのですよ 」 とにっこり。


        んんん~? と一瞬、違和感。


    社員皆が、親切プレートをつけるのなら、意味ないぢゃん、と感じたのである。


    それは、私が、勝手に、
    「 親切係 」と銘打つのだから、何らかの社内基準があるのでは、
    と思い込んでいたからであることに気付く。


       例えば、「売り場の責任者」。
       例えば、「1番の笑顔」という自他推薦。
       例えば、「クレーム担当者」 等々。


    ヤマダ電機の場合、全員が胸につけるのなら、
    これは、社員全員が親切係なんですよ、というアピールと、
    全社的なスローガンのようなもの、ということになる。


    確かにあんなに大きな『親切係』というプレートが胸に在れば、
    いつどんなときでも、きっとお客さまに対して、誠心誠意。
    全身全霊で親切で在ろう、という意識付けにはなるであろう、と思った。



    でもでも。


    基本は、そんなプレートがなくても、親切であること、ではないか、とやはり思う。

    全社員が「親切係」という、そんな全社的なスローガンは、
    社内のこととして、内々にポスターのように張り出しておくものであり、
    表で公言するようなことでもないように、感じる。

    そんなプレートがなくとも、
    数多くの同業他社のなかから我が社を選んで、わざわざ足をお運び下さったお客さまへ、
    まずは感謝の想いで在れるかどうかが問題になるのだと思う。


    そういう姿勢を持つ、会社で在るかどうか。
 

    ネットで、店舗がなくともぼんぼん家電が売れて行く時代に、
    既存店は、どう、闘っていくのか?

       face to face の 強み のみ。

    。。。これしかないのではないだろうか?


    会社そのものは勿論、社員ひとりひとりに、お客さまが貴重な時間を割いて、
    わざわざ当社をお選び下さり、足を運んで下さった、という意識があれば、

    自然に感謝の想いが溢れ、声も笑顔も弾み、きちんとした挨拶ができ、
    お客さまの立場に立った接客ができるはずである。


    お客さまの立場に立てば、生半可な商品知識で店頭に立つことを、
    自分に許せないはずであるし、
    お客さまの差別化も、お得意さま、上得意さま、等々に留まり、
    必要以上の区別、差別を行なわず、やたら不公平な価格設定もできないはずである。


    幸い、私たちはこのヤマダ電機で、「さすが親切係さん!」と思う接客を受け、
    親切にしていただいたのであったが、

    ネットでググってみると、果たして
      「『 親切係 』のくせに!」 といった、
    批判、苦情、不満満載のブログや掲示板が多数ヒットした。

    なかでも、「親切係」さんに、ぞんざいな扱いを受けたひとの、
      「 会社は、お金をかけてこんなプレートをつくるより、
        もっと前にすることがあるのではないか 」
    という痛烈な意見には、思わず拍手。

    こうした批判記事ばかりであると、
    ヤマダ電機にとっては、『親切係』のプレートが仇になっているようにみえるが、

       逆に、プレートの存在でもって、
       そのプレート通りでなくば、どうなるか、と
       ストレートに社員を育てようとしての試みであるのか??

       獅子が我が子を千尋の谷につきおとす如く?

       、、、リスク、高過ぎ。




          ともあれ、『 親切係 』のプレートには、思わぬ刺激をいただいた。

          他山の石、他山の石>ぢぶん。


ペン問



[ 2007/03/26 00:00 ] 徒然草 | TB(0) | CM(9)

いっぱい泣いた日。





   

   昨夜の世界フィギュアでは、とにかく泣かされました。

   午後11時半に帰宅し、録画していた世界フィギュアを観て。


     正直、無理だと思っていた真央ちゃんの大逆転1位に泣き、
     直後の真央ちゃんのインタビューでもらい泣きし、
     それをまたひっくり返したミキティに泣き。

   
   朝、TVをつけて、能登の大きな地震に驚き、
   春高バレー、女子決勝戦にもらい泣きし。


   世界フィギュア エキシビジョンの前に、
   懲りずにまたまた、昨夜の録画をもう1度観て、真央ちゃんに泣き。


      「 感動を有難う 」 って、こんなときに言うのだろうと。


   ひとが己れの限界に挑み、それを克服しようと努力を重ね、更新していく姿。

   まずは己れを識り、己れを生かし、己れを極め、そして己れを破る。
   何よりも恐ろしい敵、越えられない壁は、自分自身。

   そしてそれでも尚、その先に他者が在る。。。。




        単純に、スポーツってやっぱりいいな、と感動し、
        スポーツ以外での磁場ではどうか、と、あれこれ考え、

        
        なんだか久々に、独りあれこれと哲学した日。
        誕生日の翌日にふさわしく? とてもいい時間を貰ったように思う。


        余震の続く能登方面。 どうぞこれ以上の被害が出ませんよう。


ペン滑



[ 2007/03/25 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(13)

久々に。






   昨日、バレークラブのチームメイトから久々にメール。


     『 りうちゃん、飲みに行こ~? 』  


   彼女は、私より6歳年下だけど、クラブでは先輩(笑)。
   彼女の上の娘さんと、うちの上の少年が同級生。
   この地に転居して来た私が、PTAのバレーに参加したのに目をつけ(笑)、
   1年間口説かれ、2年目に無理矢理、クラブに入部させてくれたひと。

   バレーができなくなった、あの膝の大怪我の年、私が主将で、彼女が副主将で。

   うちのクラブが文科大臣賞を受賞し、ふたり一緒に上京し、表彰して貰った。
   その折には、東京のネット友だちが皆で計画して下さり、
   そこへ彼女も一緒に、楽しいひとときを過ごさせていただいた。


   クラブではいつも一緒で、公私共に大の仲良しだったのに、
   私の怪我で、どうにも復帰できない、と確定してからは、
   どうしても物理的な距離ができていった。


   バレーはできない。 義父母が病に倒れる。 そして、私自身の不調の嵐。。。

   彼女からしてみれば、それまでずっと一緒だったバレー一色(+PTA)の生活。

    ( 週2回・各3時間の練習に、シーズンは土日試合で、週の半分がバレー漬け。
      強いチームなので、遠征も度々 )

   バレーに泣き、バレーに笑う、その日々が、どんなに倖せなことであったか。
   みんなそれぞれに家庭や仕事の事情をあれこれと背負うものではあっても、
   それでもなんとか、これだけバレーができる環境に在れること自体が
   どんなに倖せで恵まれていることなのか。

   彼女も私同様にそう気付き、私にバレー絡みの話はできなくなった、、と言う。

   立ち位置が違う、ということは、
   想いがその場で共有できなくなる、ということに繋がり、
   同じコートで共に汗を流し、涙を流す絆の積み重ねが、断ち切られる、ということ。
   これまでの積み重ねは風化しなくとも、「これから」は、もう、ない。

   ひとつひとつの試合に対する涙は、もう同じ、じゃない。
   説明を聞かなくては判らない、彼女とは、遠い位置に自分が 在る。。。


   チームメイトたちから置いて行かれる哀しみや、置いて行かれる苦しさは、
   丸3年も経てば、新たには生まれない。
   風穴にビュービュー風が吹き込んでも、穴を穿つ痛みはなく、
   ただ、穴を通り過ぎて行くだけ。

   でも、「 友 」が遠くなる哀しさは、
   やっぱりやっぱりいつだって私のなかに在る。



     今年度、彼女は主将だった。

     チームメイトも、皆、歳を重ね、自らの体力・筋力との闘いが厳しくなり、
     親たちの介護も降りかかって来始め、若いひとたちも増えて、
     世代交代の苦しい時期に差し掛かって来ている。

     また、長年私たちを育てて下さった監督が3年単身赴任をしていた間、
     監督代行となっていたコーチと、
     単身赴任を終えて帰ってきた元監督との間が
     険悪ムードになっている様子も外から観ててよく判る。

     昔気質の鬼監督とチームメイトの間に入るのも辛いのに、
     昔気質の監督と、いわゆる新人類めいたコーチとの間は、、、(げっそり)。


   彼女の下の息子さんの受験の年。
   よく1年間、愚痴をこぼさず、頑張ったと思う。

   彼女の慰労を兼ね、お誕生日の今夜はハジけて来よう^^*☆
   彼女とふたりきり、なんて何年ぶりだろう^^*☆

      ( 彼女は相変わらずザルのような酒豪だし、
        今の私は飲めないんだから、割り勘にはしないで欲しいぞ(゚゜)\バキ☆ )

   誰も居ない、淋しいお誕生日だったけど、
   先ほど、上の少年からメールも貰ったし^^*☆

   笑って、泣いて、楽しんで来るぞ~~~~\(^o^)/☆


ペンはーと



縮緬細工。






    連日、フィギュアと春高バレーでよれよれになっているが(゚゜)\バキ☆、
    珍しく金曜日に夫が休みとなったので、映画を観よう!と
    フライデーファーストショー狙いで、早朝に出発しようとした途端、義母から電話。
    60分16秒也。 

    すっかり出端を挫かれ、気力も吸い尽くされ、映画は断念。
    目的のないまま、それでも夫の誘いで東広島市へ出掛ける。

    大きなショッピングプラザに行ってみると、
    作品展示即売会が催されており、古民具や古布和小物、竹細工、山野草、
    リサイクル和服、古布たちが所狭しと並べられており、
    ひとつひとつ眺めて楽しんだ。

    縮緬細工は、どれも美しく、可愛らしく、見事で、
    実家の母を連れてきたら、根が生えてしまうのではないかと思い、
    携帯で写真をあれこれと撮らせていただく。


鯉幟2

鯉幟3



       これをメールしたら、きっとつくってくれるぞ!! (゚゜)\バキ☆

       つい、母へは、可愛いたぬきくんを買った。(これもつくってくれるぞ!
       基本形はお手玉のようだ。 大きさもそんな感じ。
    
たぬきくん



    明日のお祝いに、と夫からは名刺入れを買ってもらう。

    長年、私好みのアルミ製のシャープな銀色名刺入れと、
    金メタルに蓋部分が斜めになったデザインの、黒のハードな名刺入れを愛用していた。

    けれど、どちらもちょっと若過ぎ、クール過ぎ、に感じるようになって来たことと、
    特に銀色のものが、ここ数年、100均で売られているものと
    遠目、似ているので面白くなかった。

    以前にそれを愚痴ったことを覚えていてくれたらしい。

    今回は皮製のものにしようと、
    スモークがかったピンクとか、パープルとかベージュとか、
    女性物に珍しく迷ったけれど、やはり私のカラーは、ブラック。

    手触りのいいものは、8000円以上してくるので、それらは諦め、
    R・KIKUCHIのブラックで、ステッチがロイヤルブルーのものにした。

名刺入れ☆
    

    光沢とがちょっと気になるが、使っていれば落ち着いてくれるものと期待して。

    夫には、カッターシャツを4枚。

    手帳を欲しがっていた下の少年に、手帳。

    義母へは、紅白で聴いてハマっているらしい、『 千の風 』の入った
    秋川氏の『 威風堂々 』を求め。





    レストランで食事をし、午後4時に帰路につく。

    私は、すっかり疲れてしまって、帰るなり爆睡。


    「 今日はもう帰るよ! 美味しいもの、期待してるよ! 」

    という珍しく早い下の少年のメール着信音に起こされ、慌てふためく。


    。。。こんな日も、たまにはいっか。

      
               明日から、下の少年は遠征。 5時起きで集合場所へ送って行く。
               夫は、寮へ、という、バースディイヴ。   


ペン晴



3月通院日。








   本日は3月の内科通院日。

   あの 「 逃げられたっ! 」 事件から、もぉ、1ヶ月経ちました。。。。早っ。


    メインは膵臓のチェック、ということであったが、
    これまで、私の周囲で膵臓を傷めた知人は、2度目の職場の同僚のみ。
    異常を発見しにくい臓器である、ということしか予備知識が余りなかった。
    
    でも、つい先日、tiara_pittさんのおかあさまが千の風になられたばかり。
    膵臓癌に倒れられた、とお聞きした時に、随分ネットで調べたのだが、
    それが、役立つことになるなんて。

    。。。「 五臓六腑 」のなかに入ってない膵臓。
    古くて新しい臓器、なんだそうである。

    役目としては、
    ● 消化液をつくり、それを消化管内に分泌する。
    ● 血液中の糖をコントロールするインスリン等のホルモンを生産し、血液中に放出する。

    エコーでは、異常はおそらくない、との由であったが、
    技師の御方がエコーを当てられる部位という部位が、
    日頃から筋肉痛のように痛む場所そのものなので、ちょっとビビる。

        んでも、慢性膵炎だったら、 体重減少 するハズだし。。。(笑)。

    血液検査の結果では、膵臓異常を示すアミラーゼの値が高く、
    異常あり、とのことで、また日を改めてCT検査へと突入することになる。

    せっかく朝食を抜いて来ているので、
    このままCTシフトで済ませて下されば嬉しいのに、
    大病院だとそういう融通は利かないんだよね。。。


怪獣くん



    エコーの画像とカルテを厳封されたバッグに入れて、内科へ戻る途中、
    車椅子に乗ったご年配の男性を取り囲むように、一族と思しき人々が6~7名。
    がやがやと脳外科のフロアへ向かっておられるのが目を引く。

    なんだか見覚えがある気がして、足が止まる。
    付き添っておられた男性が、「 あ、りうりうさん、、、! 」。

    驚いて車椅子のご年配の男性を注視すると、うちの班の長老のおひとりだった。

    転居当初は、色々とお気遣いいただき、お世話になったものだ。
    昨年は、班長であったために、何かとキツイ叱責もいただいたのだが。

    つい先週、犬を散歩に連れ出しておられたのを見掛け、ご挨拶をしたばかりだったのに、
    車椅子に乗っておられると、とても小さく、儚く観える。。。

    咄嗟にその場に相応しいような言の葉も紡げず、ただ会釈をするばかり。

      「 あぁ、りうりうさんか 」  私に気付き、片手をあげて挨拶される。

    長老さんと、取り巻く方々に会釈して、その場を辞したが、気になってたまらない。

    義父より2歳年下と聞いている。
    とてもお元気で、毎日、朝夕、犬を散歩させておられ、
    班内の皆に声を掛けて回っておられる、おそらく班の1番の長老である。 

    あのご様子では、大事ではいらっしゃらないであろうが、
    朝、何かがあって、一族で病院に来られたのだろう。


              どうぞ、大事ありませんよう。
              みんな、元気で、美しい桜を愛でることができますよう。


ペン霧
 



[ 2007/03/22 16:01 ] 行きました^^*☆ | TB(0) | CM(8)

お彼岸中日、おはぎ考。







   実家のお墓参りはできなかったけれど、義父のお墓と、仏壇にはお参りをする。

   牡丹餅(広島では、この時期でも『 お萩 』と言う)をつくるのをサボってたら、
   近くに住む、義父の姪が義母にお裾分けをしてくれて、助かった(゚゜)\バキ☆



     以前も記したが、この地では「牡丹餅」とも「お萩」とも言わず、「お団子」という。

     義母のお団子は、自家製の小豆で手間をかけて漉し餡にし、
     これまた自家製のもち米(稲作時代)をすりこ木で搗いて餅にし、
     この餅のなかに餡を入れて、外に青黄粉をまぶす。

     私の実家のお萩は、なかはお餅、外に餡。
     もしくは、甘い黄粉をまぶすだけで、なかには餡なしのもの、の2種類であったので、
     最初に義母のお萩に遭遇したときは驚いた。

     でも、自家製の小豆、自家製のもち米でつくる「お団子」は、とても美味しかった。
     青黄粉も、最初ぎょっとした色にも慣れれば、どうということはなく、
     香ばしくて、栄養価も高いようで、美味しい。(値段も少し高い)
     和菓子の苦手な私にしては、珍しいことなのである。。。
          (和菓子嫌い、餡嫌いは下の少年の方が徹底している)

     手間のかかる漉し餡を義母が辞め、粒餡にして5年経つ。
     それで十分、と思いながらも、時折、義母の漉し餡を恋しく思うことがある。。。



     義母は、義父の姪がわざわざお裾分けに持って来て下さったお団子を、
     喜びながらも「粒餡」だし、「青黄粉」でないことを残念がり、
     2個だけお仏壇に供え、残りは全部我が家へ下げ渡されてしまった。
     私は1つだけいただき、後は和菓子好きの夫へラップをして冷蔵庫へ。

     お餅が固くなってしまうけれど、
     夫には蒸すか、レンジで温めて食べて貰うことにする。。。



怪獣くん




   ?? お萩 or 牡丹餅

      
     何故、広島では、春でも「 お萩 」というのか不思議で、
     昔、調べたメモ書きたちと、今回ググって確認したものから。

     諸説あるが、春でも秋でも「 おはぎ 」という地域は少なくないようでちょっと安心。

     春秋の彼岸に食するのは、
     悟りの境地である彼岸へ、苦しみに満ちた此岸から渡るための仏道修行に励む7日間で、
     春の牡丹餅、秋のお萩を祖先に捧げ、霊を慰め、自分自身の功徳を積むため。

     元々、日本古来の太陽信仰から始まっているらしい。
     春には豊穣を祈り、秋には収穫を感謝し、太陽が真東から出て真西に沈む春分、
     秋分の日に「かいもち」として、神に捧げていた。

     そこへ彼岸の中日が春分・秋分であるという仏教の影響を受け、
     春秋のお彼岸に食べるものと定着する。

     サンスクリットのbhuktaやパーリ語のBhutta(飯)が「ぼた」となり、
     mridu , mudu(柔らかい)が「もち」となって「ぼたもち」に。
     
     そのぼたもちは、語感から、牡丹の花をかたどって丸く大きく豪華に作り、
     秋に、小豆の粒が萩の花の咲き乱れるさまに似ていることから、
     秋の七草の萩の赤紫の花をかたどり、小ぶりで長めに丸められて
     「萩の餅」→「おはぎ」となる。

     秋の彼岸は、小豆の収穫期とほぼ同じであり、収穫直後のまだ柔らかい小豆を
     餡にするために、皮も柔らかく、一緒につぶして粒餡とする。

     春の彼岸は、冬を越した小豆となるため、皮が固い。
     そのため、皮を取り除き漉し餡でつくる。 ← 、、これは理に適い、納得。( ..)φ


          この彼岸に、私はおはぎをつくらなかった(汗)。
          擂り胡麻(白ゴマ・黒ゴマ)をまぶしたり、青のりをまぶしたりして、
          三色おはぎにして楽しんだのは、広島時代である。

          それも、小豆の好きな夫が喜ぶから、つくっていたのだが、
          そうでなければ、きっとつくらない(゚゜)\バキ☆
          下の少年が独立したらどうなるかな。
          お嫁さんが、おはぎを特別好きでなかったら、
          お彼岸に、お墓参りはしても、
          おはぎを食べる習慣は、なくなっていくのかも。。。??


ペン?



高3になる春。







    会社からの復路、

    固い蕾から、白く覗き始めた真っ白な辛夷!!!

    ちょっとフライングした数輪のソメイヨシノも見つけ、とてもとても嬉しかった。 


    早春から春をすっ飛ばし、初夏の陽気が続いた後のこの冷え込みは、
    温暖化にストップを掛けたい地球の懸命なあがき、意志にも思え、
    それに応えた 先日のつくしんぼ
    春の先触れをしてくれるような辛夷、木蓮。


       逢えて嬉しい、といつも思う。

       今年も 逢えて 嬉しい。

       春が来てくれて嬉しい。 


    。。。来年は、いよいよ、少年の巣立ちの春。
       どんなこころで辛夷を目にすることができるのか、めちゃくちゃ不安。



           少年の歩む道だから、私には何もできないけれど、
 
           せめて、食生活に気を配り、生活習慣ビシバシ。
           この超絶甘えんぼの赤ちゃんを、なんとか巣立てるように。

           もはや自己満足でいいから、私自身に悔いの残さぬ1年にしよう。。!!


ペン晴



岩盤浴 (円座編)







    息苦しいのが大の苦手な私は、サウナがダメ。

    だもんで、『 みはらし温泉 』では、入湯以外は、もっぱら箱蒸し。
    これだと首から上が出ているので、冷たいタオルを顎の辺りに掛けておけば、
    どんな長期間でも入っていられる。( できれば本が読めたらいいのに。。(゚゜)\バキ☆ )

    箱蒸しのない方の浴場には、ミストサウナルームができたので、こちらにも喜んで入る。。。
    でも、あまり長時間は、無理。。。


    筑波山の蝦蟇よろしく、たっぷりの汗をかいた後の水風呂は、生き返った心地がするし、
    復路では、身体も凄く軽く感じるし、肌の調子が整うことを実感する。


    、、、だもんで、息苦しくない、気持ちいい、
    ただ、寝転んで、気ままに眠って良い、と聞いた「 岩盤浴 」に
    行ってみたくて仕方がないのであるが、この地に在ってはなかなか無理だし、
    先立つものもない。。。。(o_ _)oポテッ


     先日行ったスパでは、岩盤浴のような熱い石の床で、鳥の声をずっと流し、
     アジアンテイスト満載の広いコーナーがあり、とても気持ちよく汗をかいた。

     大量のコミックスや雑誌が置いてあり、何時間でも寝そべっていられる。
     (『 花より男子 』全巻を読了してしまった(爆))

     身体が熱くなり過ぎれば、隣接してクールサウナがあり、
     そこは15分ごとに、人工の雪が降る。。。。!! 

     熱い石の床は気持ち良く、タオルケットを敷いて横になり、
     読書三昧、コミックス三昧。。。。
     このうえなく倖せで病み付きになりそうだったが、、、、、


    哀しいかな、そこは、男女共用スペースで館内着着用の利用に限られており、
    五分袖スパッツの館内着は、 化繊 。( みはらし温泉は綿100%のムームー風 )

    ヘタをするとカブレたり、汗疹になりそうで、不快。
    やむなく、下に持参した綿のTシャツを着用したが、
    これで大量の発汗をするとどうにも着心地が悪く、
    そして、このスパの水質は、どうも私と相性が悪そうなのである。。。。orz....


         
        えーん。 折角お手頃価格(24h・2129円)で、
             とっても素敵な場所を見つけた、と思ったのに。。。


        岩盤浴、行きたいよ~~~ヽ(`Д´)ノ


怪獣くん




   スギ花粉はピークを過ぎたようだが、私にはヒノキもあるので、
   どうも身体がしゃんとしない。 

   隣町に大きな薬局がオープンしたので、買い物の帰りに寄って、あれこれ観てたら、
   入浴コーナーが充実しており、様々なグッズが溢れていた。

   流行には踊らされない!! のがモットーのハズなのに(笑)、

   『 デトックストーン 岩盤浴 』 というのが気になって仕方ない(笑)。

   で、散々迷った揚句、円座タイプになっていて、
   浴槽に円座を鎮め、そのうえに座って入浴する、というものを
   2回スパに行ったと思うことにして、贅沢に目を瞑り、買ってしまった。



円座岩盤浴

円座のなかに4種類の温浴石(ゲルマニウム、ラジウムなど)が
ボール状になって入っている。 3980円也(税別)。
マイナスイオンもかなり出るらしい。


楽天では、3800円(税込)からのよう。 あ"、3591円のところもあった!!(右)


   




       真夜中に、文庫本2冊持って入浴(笑)。

 
       気になる成果は。

       身体の温もり方がやはり違う。 よく発汗する。 
       円座に座ると、半身浴の姿勢も落ち着きやすいことに気がついた。

       何より、最近は鬱傾向にあり、入浴するのも面倒でイヤだったのが、
       入ってみよう♪、、という気にさせてくれる。
  

                  よ~し、ヨーガも再開しようかな(←こればっかり)。

 

ペンお風呂



新アサヒ本生 『 アクアブルー 』 当たりました\(^o^)/☆







     アサヒビール、麒麟麦酒のメルマガを受け取るようになって何年にもなる。

     でも楽天にも登録しているniftyのアドレスなので?
     スパムやアダルトサイトの迷惑メールのなかに埋もれて、
     ここ2年位、真面目に開封していない(゚゜)\バキ☆

     迷惑メールといえば、
     私のメインアドレスだったniftyは、私のHP(放置状態)からアクセスできるのと、
     昔の英数字のコードアドレスでも受信できるようになっているためか、
     最近は、たった1日で800通とか、900通とか、雲霞の如く。
     
     、、、削除していく手間を思うだけで、憂鬱になる。 海外からも多い。
     
     先週末、意を決してniftyメールを整理中、
     アサヒビールの試飲キャンペーン案内のメールを見つけ、
     久々にサイトに行って、クリックしてみた。

     。。。実はこれが、出せば必ずといっていいほど当たる、有難いキャンペーンなのである。

     これまでにアサヒ3回、キリン2回。 多分、外していない。
     ( 私は大きな籤運はないのに、小さな?籤運には強い きらきらハート )


     今回も、ぴんぽ~ん、という心地良いチャイムと共に。 早っ。 


アクアブルー♪

なんだか缶の中身がビールでないようなアクアブルー色です。

今回、好きなビールは?の答えに、『 キリン一番搾り 』と
正直に書いてしまった(゚゜)\バキ☆ それが、良かった? 悪かった??


ペン喜
      



[ 2007/03/18 22:18 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(16)

つくしんぼ。








      4日の溝掃除 の日は、初夏のような陽気で、
      溝の周囲にすっかりタケてしまった つくしがたくさん。

    
      ふきのとうも満足に観ないまま、早春の時期を過ぎてしまったのか、と がっかり。


      このまま夏に突入するような温暖化の勢いも恐ろしく、
      何かと物思う春になりそうだったけれど。


        ここ数日の寒さに、
        「 つくし好み 」 の 気温となったか、いそいそと顔を出していた。 



つくし.jpg



なんだか、すご~~~く 嬉しかった ☆☆☆



。。。。春は やっぱり 春 で あって 欲しい。

      

春がなくなるのも、
沈黙の春になるのも、

こころから イヤだ と 思った。


そうなるのも、ならないのも、
私たちに かかって いるんだよね?


ペン水やり
  


[ 2007/03/17 21:39 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(12)

『 水道光熱費 』







    国会で、大臣や元・大臣の『 水道光熱費 』が取り沙汰される時代とは。

    、、それも今をときめく?農林水産大臣だったり、元・法相だったりするんだから。

    。。。。。余りに情けないから、書くまいと思ってたけど、やっぱり書く(笑)。




   5日の参院予算委員会で、

   「 水道・電気・暖房が全て無償なのに、何故水道光熱費が年間507万円もあるのか 」

   という質問に対し、松岡農林水産大臣は「 ナントカ還元水とかいったものを付けている 」。

   このことについての9日の記者会見で。

   「 1本5000円の(ボトルの)水を飲んでいるのか 」と聞かれ、
   
   「 今、水道水を飲んでいるひとはいないでしょう 」  ( 毎日新聞 )


?  ?  ?



   14日、参院予算委員会で、民主党・蓮舫氏が、

   
   「 美味しいきれいな水を供給するため努力しているひと、
     経済問題で、ミネラルウォーターを買う余裕のないひとたちに配慮を欠いた発言だ 」


   と糾した論に、私は全面的に賛同する。


        農林水産大臣、水産の「 水 」の字が泣くぞ。

   
   不誠実な応答ばかり繰り返し、その不透明さが浮き彫りになる。
   明らかな【政治資金規定法違反】。

   野党には願ってもない突っ込みネタになれたところが、
   民主の中井元法相の資金管理団体の水道光熱費問題も浮上。

   自民、民主、互いに突っ込むに突っ込めず、痛み分けの様相だなんて。
   民草としては、余りに情けなし。

   こうしたことに、勿論、貴重な議論の時間を取られたくはない。
   しかし、議員としての資質まで問われかねないことをなぁなぁに済ませてはならない。


      え? 皆さん、脛に傷持つもの同士で、「みんなそんなもん」だからなの?
      一般庶民と余りに掛け離れてて、国民の代表って威張って、いいのかなぁ。
      あ、選んだのは、私たち?  (o_ _)oポテッ


     文科相、厚労相、農水相。
     この相次ぐ失言パレードには、もはや開いた口が塞がらず、顎が外れそう。



   。。。いよいよ、統一地方選挙。


   民草は、気を取り直し、しっかり観て、しっかり聴き、しっかり考え、選択し、

   必ず、必ず、選挙に行こう!!!


ペンはー

都知事選に目が離せませんが、我が広島、県も市も大変です!






[ 2007/03/16 22:13 ] ニュース | TB(0) | CM(10)

ユーハイムのバウムクーヘン☆








ホワイトディだったのか。。。!!



寮から帰宅し、るんたった♪で手渡してくれた夫に、
「 どうしたん? これ、誰から? 」 と聞いてしまった私。。。。  (o_ _)oポテッ





ペン焦




『 どんだけ~? 』 (ちょこっと書き換え)







   2月に TV『 リンカーン 』を観るともなく観ていて、
   以来、気になってたまらない(笑)言の葉がある。



    『 どんだけ~? 』 。
   


   芸人さんが普段交わることのない人々と1週間過ごすという、
   『 世界ウルリン滞在記 』の第2弾。

   ひとりの芸人さんが「 新宿2丁目 ゲイのマーチングバンド 」に仲間として入り、
   1週間みっちり一緒に練習をして、コンクールに出場する。

   この1週間では、いろんなできごとが起こる。

   なかでも、マーチングバンドのリーダーが、自分がゲイであることを自覚して以来、
   10年間、自宅に全く帰ることができず、連絡もできないでいたのが、芸人さんの助けを得、
   勇気を奮い起こして帰省し、両親にカミングアウトするシーンはどきどきした。
   ご両親の驚きと衝撃。 でも、最後は涙、涙で受け入れ、応援していこうとされる。

   チーム自体も、練習の厳しさに、仲間割れしつつ、互いに説得したりされたり。

   紆余曲折のうえ、皆が最後にはまとまっていき、素晴らしいマーチングを披露する。

      芸人さんも、苛酷なパートを任され、必死で練習し、懸命に頑張るので、
      皆も段々とこころを許し、「仲間」になっていく。

   第1弾は、芸人さんが「渋谷センター街のギャルサー」のパラパラを踊るチームに入り、
   全国大会へ出場する。
   これもまた、1週間びっちりの練習で、最初は反感を持たれたりするなかで、
   芸人さんは、徐々にチームに受け入れられていき、全国大会も大成功する。
  
   第1弾、第2弾、ともに、仲間との最後の別れは、涙、涙だった。



      で、そのなかで、
      ゲイの御方が好んで度々使っておられた『 どんだけ~? 』というのが、
      密かに マイブームなんである(笑)。



   最初、余りに頻繁に、それも何の脈略もなく『 どんだけ~? 』が出てくるので、
   この芸人さんの持ちネタ、ギャグだと思っていた。
   それをゲイの御方が「 芸人さん、ウェルカム 」の意味で連呼しておられるのだと。

   しかし、ゲイの御方曰く、

     「 え? 意味なんてないわよ。
       ただ、どんなときでも、これ言うとテンション上がるし、笑えんのよぉ 」

   おっしゃる通り、皆が寄ると触ると、「 どんだけ~? 」。 大爆笑。
   職場のスタンドバーで、乾杯しながら、「 どんだけ~? 」。 爆笑。
   相手のプチ自慢に、「 あんた、どんだけよ~? 」。 爆笑。 笑いの渦。


      、、観てて、一緒に笑っちゃう。 笑えちゃう。


怪獣くん




   笑いながら、感心もする。

   おそらく本来は、『 ●●ってば、どれだけ○○なの? 』というような、
   驚いてしまう程の【 非難 】の感情が込められていたのだろうけれど、

   わざと?意味脈絡もないところで使ってふざけたり、
   本来の意味で使うときも、言い方が明るくて、可愛い。
   抑揚のつけ方で、変化も出る(笑)。 便利~。

   
    ●●が、なんぼのもんぢゃぃ! っていう鼻息の荒さも、
    「 どんだけ~? 」 で終わり(笑)。
 
    広島弁でご立腹の壮年男性だったら、
    「 なんぢゃ~いぃよるんなら!? 」( = なんとおっしゃっているのですか?)

    と凄む恐ろしい場面でも、おそらく「 どんだけ~? 」と笑いで済む。



    憤り、怒り、疑念、揶揄、、、そして自嘲までも。

    シチュエーションにより、抑揚のつけ方ひとつで、どうとでも遣え、
    場の空気を、同調の色合いに染めていく。

    笑いにも誤魔化かせたり、なんと便利な言の葉か。



    、、、以来、「 どんだけ~? 」が耳について離れず、
    トーク番組などで、誰かが 「 どんだけ~? 」と言ってたりすると、
    「 出た! 」とひとりでウケていたのだが。


    ググってみて、ちょっと笑ってばかりはいられないかも、とも思った。


       「 どんだけ~? 」とは、ギャル業界用語の最たるもので、
         語感だけで心情、感情を表現するのにとても便利な言の葉云々。


    嗚呼、確かに。

    流行語みたく、連発して笑ってる間はいいけれど、
    長年のワープロ遣いで、漢字は読めても自分で書けなくなってきてる私のように、
    「 どんだけ~ 」等の語感を楽しんで連発し、抑揚だけでの意思通達に慣れてしまうと、

    対人関係において、語彙が少なくて済む、ということ。 は、
    実に楽でイイようなものの、しかし、それでは、ここぞというとき。

    有事において、万人?に共通?であろうところの正しい日本語、美しい日本語、
    正確な日本語を、自ら発し、紡いで行くことができなくなってしまうのではないか。

    自己の内面において、自らをみつめ、研ぎ澄ませ、
    思惟を重ねていくこと、厳しく検証していくこと、も、困難になってしまうかも。


             、、、実際、顔文字は可愛くて便利で、
             行間も、互いの距離感をも埋めてくれたりするけれど、
             顔文字抜きで言の葉だけで表現することに
             「 努力 」が必要となって久しい私。 あぅぅ (o_ _)oポテッ (←ほら)


ペン曇



[ 2007/03/14 15:44 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(8)

NHK プレミアム10 『 小椋佳 63歳のメッセージ 』






    先週から楽しみにしていた『 NHKプレミアム10 』。



    小椋氏の曲はとっても好きだったけれど、
    申し訳なくも、このひとご自身のことは余り識らなかったので、驚きと感嘆と。



      42歳のとき、次男さんが14歳で、原因不明の脳梗塞に倒れられ、
      一時は物も言えず、心身が麻痺されていたが、
      或る日突然、小椋氏が子どもたちのための曲を書いて歌うと反応されるようになり、
      10年の闘病を経て、「健常」に近い状態にまで快復。
      現在、ニッポンでも数少ない、琵琶をつくるひとになっておられること。

      49歳で銀行を退職された後、再び東大へ学士入学され、そのまま院に進まれ。
      6年間、誰よりも早く大学へ行き、毎日8時、9時まで勉学されたこと。

      『 歌綴り 』 『 歌談の会 』と 新しい音楽の試みが次々と評価され、
      薩摩琵琶復興にも力を注がれるなか、
      57歳で癌の告知を受け、胃癌摘出種手術を受けられたこと。

      癌を克服され、
      現在は、『 歌綴り 』、『 歌談の会 』をますます充実させられ、全国を回る。

       3月30日には、ミューザ川崎シンフォニーホールにて、
       『 未熟の晩鐘シンフォニーコンサート 』の予定。

      津軽三味線奏者・民謡歌手の高橋孝氏を高く評価され、
      全面バックアップをされていること。。。。


      等々、全く何も識らなかったので、目を丸くして観た。


      そして、『 甘いオムレツ 』、『 山河 』、『 未熟の晩鐘 』。

             新しい、でもやっぱり、小椋佳、を聴いた。


       『 山河 』や 『 未熟の晩鐘 』は、
        昔のものより随分哲学していらっしゃる、と聴いた。
        あの素直でかつ深遠な、美しい言の葉とは違い、哲学。 だった。

         でもそれは、そのまま、
         次男さんが病に倒れられた日から、今日までの、
         小椋氏の魂の軌跡でいらっしゃるのだろう、と思いつつ聴いた。

         昔より、声がよく伸びていらっしゃる。

       『 未熟の晩鐘 』は、そのまま、ジブリなどのエンディングのよう。。。

         と聴いていたら、シンフォニーコンサートをされてるんですね。



  
        くぅぅ。
        新しい小椋氏の曲は、もう数回聴けば馴染むと思う。

        今は、『 スーパー・ベスト I Debut 』 ( 楽天取り扱いなし )

        '03年に新録音で出された、という『 スーパー・ベスト II  Deja vu 』




            ぽち、しちゃいそうで、キケンです! a


ペンミュージック



[ 2007/03/13 00:45 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(10)

へんてこ な 夢。






    午前4時を回った頃、ようやく寝付けて、
    5時50分にはいつも通り、携帯のアラーム『 He's a Pirate 』(笑) で起床。

    なんとも言えぬへんてこな夢だったので、覚書。



ひよちゃん6




    謎の団体旅行で、JR電車で北陸から東北へ向かい、北陸へ下る途中。

    ブログ仲間の旅行であったのか、あそびすとさんやyuinekoさんたちが一緒。


    何故か、東北の何処かの小売店へ郵便局員として、ひとりで郵便物を届けるも、
    先方は佐川急便のスタッフと思い込んでいて、
      「 ご苦労さん。 これを持って帰ってね 」と
    佐川便の伝票を貼ったものを渡される。

    違います、困ります、と何度も声をあげたのに、
      「 いいから、いいから 」と取り合って貰えない。


    途方にくれつつ、そこから、ずっと道中、その包みを持ったまま思案する。


      偶然は必然。

      自分が宛先(同じ東北の市内)まで直接持って行った方がいいのか、
      佐川の窓口を探し、自腹で送付手配をしたのがイイのか。

      横では、ブログ仲間のどなたかが、私の代わりに立腹してくれて、
        「 着払いで送って、宛先から送り主に請求して貰っちゃえ 」と。


    そのどれもできないでいて、
    その地でのみんなの友だち、 所ジョージさん ちへ遊びに行く(爆)。

    所さんちは、何故か食べ物屋さんで、ご当地で評判のお店。

    多分、手巻き寿司みたいなもの、なんだけれど、
    これが、ホットサンドメーカーのようなものに挟まれて出てくる。

    焼き海苔がほんとに焼かれてて(笑)香ばしくカリカリ。
    海苔側の寿司飯も焦げてカリカリ。

    中の具は、シャウエッセンを輪切りにしたもの、キャベツの千切り。。???

    食べようとしたら、正面にいた、底抜けに明るい所さんが、
    私の持っている手巻きの具のところに胡椒とマヨネーズをぶっかけて来る。

    ぎぇえええ!と思ったけれど、これが案外イケて、
    焼き手巻き寿司??が、すご~ぃジャンクフードになってて。

    みんなで驚きながら、美味しくいただきながら盛り上がっているのに、
    私はひとり、例の佐川便を所さんへ託し、
    所さんちから佐川へ出して貰えないか、と悩んでいる。

    でも、結局言い出せず、電車の時間は迫り、やむなく持ったまま電車に乗り。

      みんなはバラバラに座って、疲れて爆睡してる。

      私もうとうとしつつ、佐川便が気になってならず。

    電車が速度を落とし、ホームに入っていったので、
    ぼんやりと駅名を眺めるともなくみていたら、次の自分たちが降りる駅。
    みんなは爆睡。

      「 @@#$%&’!!! 」

    心臓がハネあがり、大声で他の乗客の迷惑もかえりみず、皆を起こしてまわる。

    電車が発車しそうになったため、座席に荷物を取りに行けず、
    手にしていた小さなバッグと例の佐川の包みだけ抱えて降車。

    電車は無情にも出発し、予定のあるみんなには、先に行って貰い、
    駅員さんに事情説明して、車掌さんへ連絡して貰い、
    荷物を確保していただこうと、駅員さんを必死で探す。

    電車はどんどん遠ざかり、みんなの後姿も見えなくなる。
    私は、焦って焦って駅員さんを探す。。。。そしてアラームで目が覚める。

  
                         。。。orz....


        はぅぅ。 朝からぐったりなりよ。

        どんなことから、こゆ夢になったのか、
        夢見占いをしなくても、それぞれ解釈できそうだから胃が痛い。

      それにしても、みんなのお友だちが「 所ジョージ 」さんというのは。。(笑)。
      夢のなかでも、この部分は夢だと判っていて、笑っちゃった。
      夢のなかで、この夢はブログネタになるぞ、と思ってる自分が可笑しい。(笑)。


ペン嘆



[ 2007/03/12 14:04 ] メモ メモ ( ..)φ | TB(0) | CM(12)

げぇ~ん。







      ぴんぽ~ん。




      。。。日曜日の昼下がり。

      いつも、この時間に来られる、といへば、地域の御方。
      それもろくでもない(゚゜)\バキ☆用件で、と決まってるのだけれど。

      。。。。ゃっぱり さうだったし。     orz....




      ドアを開けると、新班長さんと ○○さん

      先月の溝掃除時に言われた 河川維持工事の範囲拡大の陳情 について。

      合同庁舎へ陳情に行くだけでなく、要望書、嘆願書も携えて行く。

      ついては、要望書、嘆願書の作成をりうりうにお願いしたい、と。 ペン凍



 
       「 え"~~。? 私にはとてもできません 」

       「 ぃやぃや、りうりうさんは、小学校の体育館建て替え運動をされたし、
         そんときに、議会へ嘆願書を出しちゃったけん、お手のものじゃろ? 」


           ぐ。。。


       「 それでは、叩き台を作らせていただきますから、後は皆さんでお直し下さい 」

       「 ぃやぃや、りうりうさんも副班長じゃけん、
         陳情にも一緒に行って貰わにゃいけんし、
         代表者としての署名もして貰わんにゃぁ。

         ほじゃけん、最後まできっちり作って貰わんにゃいけんのよ。
         みんなの署名を集めるのも、一緒に歩いて貰わんにゃぁの 」


                げぇん。 ( ┬_┬)

                私は、単に 清掃をしたくない だけ
                河川「 維持 」工事には反対なんですけどーーー。
   

ペン哀



[ 2007/03/11 20:37 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(14)

区長選挙 は どーなる。






   うーみゅ。


   昨年、お元気だった区長さんが 突然に逝去され
   私たち班長は 右往左往 したのだったけれど、

   無事、私の班から、 来年3月までなら と 新区長さんが誕生 したのだったが。



    先月の溝掃除の帰り道、新班長さんに呼び止められ、

      「 これからも、このままこの区長さんで 」 と言われ、

    思わず 「 はぁあ? 」 と大声が出てしまう。


      「 ぃゃ、この区長さんなら、
        うちの○○さん(うちの班の長老を目指す御方)も今年が定年で時間も取れ、
        全面的にバックアップできると言われているから、
        区長さんは、名前だけ貸してくれりゃぁええし。

        それでも区長さんが、どうしても降りる、と言われたら、
        そのまま○○さんが区長になりゃええし 」


    私の目は、点になっていた、と思う。

        。。。。ありえない。

        この区の区長選出に関する規定がどんなものかは識らない。
        でも、少なくとも昨年の区長選挙は、比較的公明正大なものだった。

        それからしても、「 3月まで 」と受けられた区長さんに対し、
        4月からもお願いするのなら、各班長が揃ってお願いしに行くのが筋であろうし、
        それでもNO!と言われたなら、
        新たな区長さんを 選挙によって選出する のが筋ではないのか。

    このまま「 3月まで 」を「 なかったこと 」にして、
    ずるずる行ってもいいものなの?
  
    それに、そんなに○○さんが区長をしたいのなら、立候補されれば良い話。
    各班長が、○○さん立候補を各班へ持ち帰り、信任票を集めれば綺麗に決まる。


      んでも、新参者が、そんなことを賢しげに言う訳には行かないので、

        「 区長さんには、4月からも、とお願いに行かれたのですか 」

      と訊ねるにとどめる。
      気になっていた衛生委員さんの後任について訊ねれば、

        「 そんなもん、区長さんがそのままヤりゃぁええことじゃ 」 で お終い。
 

      あんまりなので、少~しだけ申し上げる。

        「 私は、現区長さんが『 3月までなら 』と、直接伺っているので、
          副班長として、このまま黙って4月を迎えることはできません 」。

      ひゃ~~~(汗)。a

      新班長さんは、不機嫌に去って行かれて、そのまま。
      この度の溝掃除でも、そんな会話など全然なかったように無視されている。


                  どうしやう。。>ぢぶん。

                  このまま、誰も、何も、動かなかったら。。。!!


ペン困
    


[ 2007/03/10 23:41 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(4)

あなたのジョーシキ 私の非常識。




   ピアノ教師をしていらっしゃるとらトクさんち で、
   時折、「 若いおかあさん方 」のマナーやご姿勢を拝読する。


      例えば、お月謝を 「 ほぃ、 集金  」 とぽぃっと渡すお子たち。
      それをなんとも思わないおかあさんたち。

      出張レッスン先で、「 ため息 」と一緒に月謝袋を渡されたり。

     「 ピアノの先生って高給とりやってママが言ってたよ 」 と生徒さんに言われたり。

     「 面倒やし引き落としにしてくれんけ 」 とタメ口で言うおかあさん。。。


   これまで 拝読する度に驚いたもので、
   今、こうして書き出してみても、改めて驚いてしまうが、
   今日のこの日は 脳がぶっ飛んだ。


      いつもよりお月謝袋がパンパンに膨らんで重い。
      とらトクさんが中を確認されたところ、

    1000円分がまるまる10円玉だった 由。 ショックショック


   。。。ありえない!  ありえない!
   余りのことに、私には、もう、ネタ、としか思えない。
   ていうか、むしろ、ネタであって欲しい。しょんぼり


   10円玉を 100枚数えて入れたおかあさん。  大変だったでしょ?

   んでも、先生も、それを100枚数えて確認しなくちゃならないこと、気付かない?

      自動販売機にだって、小銭の投入枚数に制限がある。
      小売店でも拒否権がある。

   それを、お子たちがお世話になっている先生にお月謝で出すなんて、ありえない!

      私たちの時代は、できるだけ新札で。
      おつりは絶対要らないようにきっちりと。
      これ、鉄則だったように思う。
      私は、何かでお金を集められるときなどは、今も必ずそうしてる。







   先日も、とある御方のブログで、
   ご同居のお義父さまからのあれこれの物言いにヘコんでいらした御方に、
   「 申し訳ないけれども、私はお義父さまに一票 」と書いてしまった。

       運動靴を洗面台で洗う。
       お子たちにTVを観せながら、散髪をリビングでする。
       外で使用したピクニックシートを部屋のなかに持ち込む。。。。

    この御方は、この御方なりの理由があってそうされているのだが、
    こうしたことに、いちいち義父上から小言を言われ、嫌でたまらない、のだと。

    で、私は、私もお義父さまと同じ考えだから、お義父さまのお気持ちが判るかも、
    とつい、書いてしまって。

    したらば、お返事は、

       自分の実家ではこうしてきたし、そのイエ、そのイエで 常識 が違う。
       だから、大勢で共に暮らすことは難しいのだ。

    ということだった。



    。。。私も夫の両親に、様々なことを注意され、叱られて来た。

    その都度、自分の至らなさが悲しかったし、
    最初からの同居ではないから、私のヤり方、というのは既に確立していて、
    納得できないことについては、実家との余りの違いに実家が恋しかった。


       それとこれとは同じ?


    ひとにはそれぞれの価値観があり、それは、互いに尊重されるべきものであるけれど。

    何か、何処か違う。

    どちらも「 常識 」、と思うなら、
    共に暮らしたりしていく上で、この違いは大きく、どうかすると重たいので、
    常識のすり合わせが必要なのではないか。

    自分が「 常識 」だと思うことの理解も求めず、年長者に譲ることもせず、
    「 煩いから 」と、見つからないように隠れて、自分流儀を貫くのは、
    私には不和の素のように思われてならない。
 

    、、、話がそれた。。。。(o_ _)oポテッ


      例えば、「 先生 」に対し、畏敬の念を抱け、と強制するものではない。
      自然と畏敬されるような、尊敬されるような、
      お子たちに目標として貰えるような先生たれ、と思う。


        でも、例えば習い事のレッスンに、幼いお子たちだけを来させ、
        親が全く面識も交流も持とうとしなくて、どうやって、
        その先生を「 良し 」とし、大切なお子たちを委ねられるのか?

        レッスンを観もしないで、多人数で一斉にできる珠算塾などと比較し、
        「 ピアノ教師は高給取り 」などと、どうしてお子たちに言えるのか?

        お月謝に 千円分を10円玉で出すことができるのか?


      ジョーシキ対比表、みたいなものをつくってみたら、
      年代別の余りの違いに笑えるかも。  あ、40代は 1年毎に表にしてみて欲しい。。。(笑)



…



ジャンル : 学校・教育
テーマ : 習い事

タグ : 常識 常識と非常識 価値観 価値観の違い 月謝 世代差 尊重

[ 2007/03/09 22:30 ] 驚き 桃の木 @@ | TB(0) | CM(39)

『 マスターズ甲子園 』








   先週、広島時代に大変お世話さまになった整体の先生から連絡を受け、
   ちょっとお手伝いをし、木曜日に完了、となった。


   そのお手伝いとは、、、先生の原稿整理である^^*☆


     3人の娘さんのおかあさまでいらっしゃる先生は、
     小中高大とバレーボールを続けて来られて、大学は日体大。
     超本格的バレーボーラーの大先輩でいらっしゃる。

     しかし在学中に大きな怪我をされ、選手生活を断念。

     その折にめぐり逢ったトレーナーの先生に大きな感化を受けられ、
     スポーツ医療の道に進まれ、独特の整体の道に入られた。


   やさしくて、明るく朗らかで、腕もピカ一の先生は、大人気で、
   どうかすると1ヶ月先まで予約でいっぱい。

   人づてにこの先生を紹介いただき、仲良くしていただいて。
   。。。私とこの先生とのご縁は、下の少年の誕生前まで遡る。


      以来、ピンチにはいつもこの先生に助けていただき、
      お蔭で、この地に転居してしまって、
      どんな整体の先生にも満足できなくて困っている(笑)。


怪獣くん



   原稿内容は、先生が何処かに発表される依頼原稿で、
   先生の三女にあたる娘さんのお連れあいさんが、
   マスターズ甲子園の県予選に勝ち抜き、本選に出場されることになったこと、
   先生がそこから得たこと、学んだこと、といった手記だった。



       同窓生同士が、仕事の合間を縫って懸命に練習し、
       紆余曲折のうえ、県予選を勝ち抜き。
       憧れの甲子園に立って、プレイする選手たちの倖せそうな顔、顔、顔。

       娘さんのお連れあいさんは、高校時代はベンチにも入れない補欠であったため、
       甲子園の電光掲示板に自分の名が入れられ、アナウンスされた時には足が震え、
       自然に涙がこぼれた、という。



   先生は、夢を叶えられた娘さんのお連れあいさんにこころから拍手を送られ、
   最後に、こう結ばれる。


     高校球児には、誰も戻れない。
     しかし、あの時の気持ちにはみんな戻れる。
     そして皆、思いを忘れず自分を信じて、夢を追い続けることはできるのだ。

     私はこの感動を忘れない。
     私も夢に向かって(ほんの小さな夢だけれど)これからも前に突き進んで行こう。
     楽しく、軽やかに歳を重ねて行こう。




   先生との初対面で、「整体の先生」のイメージには程遠い、
   若くて可愛らしい先生に、とても驚いた。 当時、40代前半でいらした、と思う。

   その後、診療所も大きくなり、市中央に転居され、仕事を取り、離婚され、
   3人の娘さんを育てられ、今ではたくさんのお孫さんに囲まれていらっしゃる。

   先生の原稿は、目をみはるような達筆で、
   私が手を入れさせていただくようなところは、殆どなかった。

        「 もうすぐ還暦よ~~! 」

   と、変わらぬ笑顔と若々しいお声でころころとお笑いになる。

   
   変わらない先生と、先生が活き活きまるごと!の原稿に、
   なんともいえない感動を私もいただいて。


      ひとは、それぞれに、夢、想い、願い、を持てないと、
      ( 健全に )生きていけないのではないか、と思う。

      夢を持てる社会であること、環境であること。
      何より、夢を持てる自分である、ということ。

      生涯を通じ、自分の能力・志向を大事に、夢に向かって精進し、努力していく力は、
      最初に夢ありき、ではないのか、といったような。



      全ての子どもたちに、夢を持って活き活きと前向き努力で毎日充実!
      、、、 といった日々を過ごして欲しい私たちは、

        まず、自分たちが夢持って、わくわく、毎日を楽しまなくちゃ、ですね。

      子どもたちにとっては、今や、私たちがマスターズ!! 

            、、、って、胸張って言える自分たちであろう。 ぅん。。。(o_ _)oポテッ

ペンこけ



[ 2007/03/08 00:00 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(2)

お気に入りのジャケットを 捨 て ま す た (o_ _)oポテッ









   昨日、会社から帰りに、我ながら贅沢だ!と、さんざん迷ったけれど、
   やっぱり有言実行したくて(笑)、
   ブログに、ルタオの『 ドゥーブル フロマージュ 』の画像を載せたくて、
   チョコ好きの後輩たちには、ルタオの『 ナイアガラ 』を食べさせてあげたくて、

   「 広島そごう 」へ車を向ける。

   ひとも車も多くて、一方通行も多くて、このあたりは鬼門。
   やっとの思いで地下の駐車場に入れ、地下街を抜け、
   そごうの地下売り場を目指し、ルタオにめぐり逢う。 はぁと

   『 ドゥーブル フロマージュ 』♪ 1200円。(税別)

   『 ショコラ ドゥーブル 』♪ 1500円。(税別)

   まだ、食べてないのに、この品質でこの価格は安過ぎではないか、と嬉しい( ┬_┬)。


   『 ドゥーブル フロマージュ 』と『 ショコラ ドゥーブル 』。
   
   優柔不断の私にどちらか1つ、というのは無理な話で(゚゜)\バキ☆、
   2つ、包んで貰っていたら、

     「 明日、『 ストロベリー ドゥーブル』 が到着するんですよ☆
       よろしかったら、14日までにまたおいで下さいね~~☆ 」

            きゃ~。
            んでも、残念だけれど、正直、今日到着してなくて良かった。
   
            だって、3つも買うところだったもん(゚゜)\バキ☆



怪獣くん




      そんなこんなで帰宅して、夕食を作りかけ、お風呂を入れようとしたら、
      お湯が出ない。。。。 a

      気をつけてたんだけどな~~~( ┬_┬)。


        我が家は、オール電化、と言いつつ、給湯器だけ、灯油なんである。
        建てる際に、全て電力で、とお願いしたのに、
        メーカーさんの強~ぃ勧めで、灯油になった。

        80Lのタンクなのだが、これが冬場はあっという間になくなり、
        灯油補填の手間に、初年度から後悔した。
        昨年来の灯油高騰にも、参って、いる。。。


     灯油がないのにお湯を出そうとすると、給湯器に空気が入り、面倒なことになる。
     外の給湯器のカバーをドライバーで外し、空気を抜かなくてはならない。 orz....

     予備の1缶を注油し、給湯器のカバーを外して、空気を抜こうとしたが、
     1缶分の灯油では、圧が足りず、空気が抜けない。 

     仕方なく、午後9時をまわったのに、山をひとつ越えて、隣町のGSへ。

     途中の峠にある温度計は、 マイナス2度


     それまでも外で作業をしていたため、手指がすっかりかじかんでおり、
     ポリタンク4つ分、灯油をセルフで入れていたら、
     給油ホースをしっかりつかめていなくて、ホースが暴れ、
     灯油をかぶって、しまった。。。。。 orz....




     かくて、『 ドゥーブル フロマージュ 』と『 ショコラ ドゥーブル 』、
     2つも買っちゃった贅沢の罰は、早くも当たり、

     それから、無事にお風呂を沸かせたのは、午後11時近く。

     灯油を吸って重くなった、
     お気に入りだった、真紅のマンシングのジャケットにさようならを言い、
     チャック部分を分別して、泣く泣くゴミ箱に捨てたのである。

     そのうえ、灯油にまみれた手指は、すっかり湿疹状態になってしまった。



     。。。。 昨夜のるんたった♪の日記は、

           ヤケクソ だったんだよ~~ん( ┬_┬)。


ペン哀



ルタオ 『 ドゥーブル フロマージュ 』 ♪








にょほほほほ~~~~~~~きらきらハート きらきらハート



ルタオ 『 ドゥーブル フロマージュ 』♪

有言実行?(゚゜)\バキ☆
ルタオ 『 ドゥーブル フロマージュ 』 ♪♪

ベイクドの部分がね、しゅゎしゅゎ~って、音がする。。。^^*☆





にょほほほほ~~~~~~~きらきらハート きらきらハート



ルタオ♪


『 ショコラドゥーブル 』♪  奥のは『 ナイアガラ 』♪♪



☆\(^o^)/☆ ペン波小1ペン波小1 ☆\(^o^)/☆




ペン萌

『 ドゥーブル フロマージュ 』は 隣の元班長の彼女と「半分こ」したし、

『 ナイアガラ 』は 来週、会社に持って行くもーん。





3月 溝掃除。






   4日は、3月に入っての第1日曜日。

   よって気の重た~~ぃ、恒例 溝掃除 。

   年、改まって早や3度目。 時が飛ぶように過ぎて行く。


  
      5月も半ばのような日和にて、紫外線+花粉の嵐。( ┬_┬)。

      例によって、 ぁゃしぃ _AZ_さん (笑)に 負けない重装備で、
      日焼け止め、サングラス、顎まで立てた綿のタートルネック。
      帽子にマスク、ウィンドブレーカー。


      汗だくになって、
      膝に来る~~、腰に来る~~~、動悸が打つ~~~と一心不乱。

     
      気がつけば、足元のつくしがもう、すっかりタケてしまっていて、
      なんという気候なのだ、と恐ろしくなる。
      そういえば、ふきのとうも見掛けぬまま、春に突入した感じ。



    一刻も早く済ませて、紫外線と花粉の飛んで来ない屋内に入ってしまいたかったが、
    タケたつくしを見つけては、「 ここにも 」 「 ここにも 」
    「 早過ぎるよねー 」 とキャーキャーわぃわぃ、一向に捗らず、

    あげくには、27日に行なわれた消防署による住宅防災診断 の
    個々の結果報告、情報交換で本格的立ち話。


       、、、哀しひ( ┬_┬)。


    こうしたコミュニケーションの大切さは重々承知しているし、
    日頃から私も大切にしたいと思い、実際、大切にして来たけれど。

    その会話に加わるのにも、やぶさかではないけれど。

        ヤること、ヤってから、喋りませぅ。
        そこで立ち尽くされると、後に続くひとたちが詰まって先に勧めません。

        ヤること、ヤって、せめて、日蔭に入ってから、喋りませぅ。
        午後1時のこの陽射しは、半端ぢゃありません。

    今日は、男性は3名しかいらっしゃらず、懸命にして下さる御方はそのうちの1名。
    だからなのか、女性陣はいつもにまして、だらだらと、たらたらと。
    竹箒の先端で、ただ、水の音をさせてるだけ。( ┬_┬)。

    溝の底のコケや、藻や、ヘドロ、ちっとも取れてません。
    せっかくの人手なのに、溝掃除に関しては何にもなってなぃ。
    溝の脇の草も、抜くのは私ひとりですか。。。。と言える訳もなく。



        あ~~ぁ。 もぅ。
        いつもいつもこんなことを感じちゃうから、溝掃除は嫌い。

        いらいら、愚痴愚痴の自分が嫌。 


ひよちゃんライン4




    『 住宅防災診断 』は、いただいたお手紙で推測した通り、
    『 住宅用火災警報機 』 の設置義務化の告知が主眼であったようである。


    特に、古いお宅、ご年配の方のいらっしゃるお宅を重点的に観て回られた由にて、
    警報機についての説明と、各戸での取り付け位置の指導の他は、
    天麩羅鍋に火が入ったときの蓋の閉め方のレクチャー、
    仏間の仏壇前への飛び火(お線香の灰、蝋燭)などをチェックして回られた由。


    少なくともうちの班は、これで警報機設置については、各家が遵守するであろうし、
    当分、天麩羅の際や仏壇にお参りするとき等の火の取り扱いには十分留意するだろう。

    とても有難い試みであった、と思う。



        * 1月から唐突に始まった 川の維持工事 は、まだ続いている。

          川底全てにコンクリートを流す訳ではないようだが、
          堤防から川底へのラインはコンクリートで固めている。
          堤防との境が、川でエグれて行かないようにするためだろうか。
       
          その工事を我が班の掃除区域にも!という 陳情には、
          結局、如何にも陳情に反対そうだった?副班長の私は外され、
          新班長さんと、次期長老格を狙っておられるという噂の御方が、
          おふたりで行かれたそうである。

              


    。。。1時間も掛からない溝掃除なのに、
    この日もすっかり草臥れて、夕方まで伏せってごろごろ。

    顔と手の甲が腫れ気味。 紫外線、花粉にヤられた模様( ┬_┬)。
    発熱したり、湿疹化しないで欲しい。。。

                 んでもこれで、次の溝掃除まで1ヶ月!(感謝)


ペン暑い



[ 2007/03/05 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(10)

首相「改憲」むきだし






     ↑ 。。。これが3日の朝日新聞 大阪本社版 朝刊トップ記事の見出しである。



     曰く、1月24日に支持率低下に悩む首相が改憲派の大先輩として敬う、
     中曽根元首相を昼食に招き、そこで、
    「『自分はこの仕事をしたい』という熱情が国民に届くかどうかだ」 と言われ、

     そこから、「参院選まではやりたいことができなくても仕方ない」と周囲に漏らし、
     極力キレないように自分を抑えて来た首相が 変わって来た のだそうである。


     何もせずに参院選後に退陣に追い込まれれば悔いを残す。

     「憲法改正の道筋をつけた首相」としての足跡を刻みたいとの
     思いを強めているようだ。(原文ママ)



          うむむむ。 「事実」だけでなく、記者の「憶測」の文章。
          これが、センセーショナルさを競う週刊誌の記事ではなく、
          署名入りのコラムでもなく、大新聞のトップ記事なのだから、愕然とする。



      2日夜から3日未明に掛けての、異例の徹夜国会は'07年の衆院予算案通過のため。
      これで参院を通過すれば、あとはすぐにも
      改憲手続を定めた、国民投票法案の会期内成立を最優先で行なっていくという。


      朝日によれば、「やりたいことをやって国民の審判を仰ぎたい」 なのだそうで。



        くぅぅ。 安倍氏は、ご自身の政権がもう長く持たないことをご存知ですね?
        んだから、もぉ、自己満足のためだけに、動かれるってことですか?


      んで、強行採決、与党単独採決も辞さない、と。
             (2月11日 二階国対委員長談、於:NHK日曜討論。
              2月13日 中川幹事長談、於:記者会見)。



      ヽ(`Д´)ノ


     この状況下で、国会において、誰が 現行憲法を守ってくれるのでしょう。


     この国民投票法案が可決されれば、新憲法制定がかなり容易になる。
     1度、改定されてしまえば、次々と。
     何処かの誰かの都合のいいように、ころころと変わって行くであろうことは、
     「 火をみるより明らか 」だと思ってしまう私は間違っているか。


        國の基本である【 憲法 】を変える。


     今、何故、それが必要なのか?

     それを民草にきちんと伝えられているか?

     憲法を変えることの是非はもちろんのこと、
     改憲案につき、民草の誰もが正しく把握し、きちんと論ぜられるほどの情報や
     問題点や時間を与えられているか?


     否。


     戦後60年。

     今のニッポンの姿が、善きものなのか、悪しきものなのか。
     そして、それは、誰のせいであるのか。 憲法のせい、とでも?

     だから改憲するんだよね?
     だったらもっと、きっちりはっきり、現行憲法のマズいところ、困ってるところ、
     このままだったらキケンなところを、ひとつひとつ説明せんかぃ!!
 


     確かに、現行憲法の拡大解釈や意図的な曲解を防止するための見直し、は
     必要であるのかも知れない。

     だが、一足飛びに、憲法を変える、という。
     5月3日までに、そのための国民投票法案を(強行採決してでも)通す、という。



          何故? どうして? なんのために? 誰のために?



     少なくとも5月3日までにしたいのは、
     安倍氏の改憲についての足跡を残すため、だよね?

     ナンセンスにも程がある。
 
     国会内外で、『 十分論議を尽くした 』と、絶対に言えるはずもない。



     時期尚早、或いは言語道断、と、現行憲法を守りたい、と願うものは、
     その主張において、社民党か共産党を支持するしかない。

     しかし、その社民や共産は、いったいどうだ。 全く頼りにならない。

     ここ何回かの内閣メンバーの失言事件には、重箱の隅をつつくことに終始し、
     あげく、審議を拒否した態度にはあきれ返る。

     与党の強行採決に、良き理由を与え、
     世論をもそれに納得させる理由を与えているようなもの。

     民主は殆ど与党に成り下がり、、、、
     「NO!」と祈る民草は、一体全体どーしたらえーんぢゃ! ヽ(`Д´)ノ。



        orz....

        まず、ちゃんと識ろう。>ぢぶん

        いつまでも「 ダメなものはダメ! 」 では ダメだ>ぢぶん。

        んで、できることをできる形でヤろう。


        自分は是なのか、非なのか。
        それは、どうしてか。 どの部分のどういったことに対し、どう思うのか。

       
                      諦めないで、ふぁいとなり>ぢぶん。



   参考サイト) ● 『 自由民主党 新憲法草案 』現行憲法との対照方式。

           ● 『 マガジン9条 』

           ● 『 九条の会 』

           ● 『 真っ当な国民投票のルールをつくる会 』
            (国民投票法制に関する、与党案、民主案、市民案の論点比較表がある)

           ● 日本弁護士連合会『 憲法改正国民投票法案に異議あり!! 』

           ● 『 WORLD PEACE NOW 』

           ● 『 憲法改悪反対共同センター 』

            「憲法改悪・国民投票法反対」国会議員請願、マスコミ要請、
             一斉送信メールフォームあり。
             衆議院、参議院の憲法調査特別委員の名簿、FAX一覧も。


      * 私は『 原爆の図 』 丸木美術館 の会員になっている。

        先日、いつものように「 丸木美術館ニュース88号 」が送付され、
        そのなかに、第6期市民意見広告運動 による、           
        『 非武装・不戦の憲法を変えさせない 』
        「 意見広告2007年5月3日 」に参加してください、との呼びかけ。

        以来、ずっと熟考を重ねて来たが、名前掲載で参加しよう、と思う。
         ( 反改憲・反戦の短歌、狂歌、川柳も新作募集中。
              佳作は、意見広告に掲載される、との由。 考えてみよっと )

ペン霧


  


[ 2007/03/04 14:51 ] ニュース | TB(0) | CM(8)

『 あそびすと先生 と 秘密の部屋 』




    ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ


    りきぱぱさんからまわりまわってきたバトン。

      ルールは、自分を登場させて、お話を続けていくこと。
      世界観は前回の配役通り。 次の作者を指名し、字数はお任せ。
      制限字数(1万字)に近づいたら終了。
      トリの御方はまとめをよろしくお願い致します。



    りきkkぱぱさん

    ピッカン幼稚園にもこの暖冬で、春の訪れが足早に感じられます。
    ところが、あそびすと先生が最近 元気がありません。 どうしたことでしょう?
    「先生を元気付けよう!」と いじめっ子たちが先生の後で歌いだしました。
    「お片づけ~お方付け~♪」
    いつもなら ぶるぶる震え出す歌なのに、先生は ため息。これは 重症です。

    そこへ 走ってきたのがとらトクちゃんでした。
    「園長先生の後の本棚から あそびすと先生が出てくるのを見た。」と すごい情報です。

    これは 秘密の部屋がこのピッカン幼稚園には 隠されているに違いありません。
    詳しく聞かせてよ!そこで とらトクちゃんは・・・。


    とらトクさん


    園長先生の本棚の後ろから
    あそびすと先生が出てくるのを見てしまったとらトクちゃんは・・・

    先生を元気づけるにはどうしたらいいだろう・・・と相談しに集まっていた
    園のみんなのところへ走ってきました。

   「本棚から出てきたということは、きっとあのウラに秘密の部屋へと続く何かがあるはず」
    というとらトクちゃんの言葉にみんなは
   「そうだ、そうだ。あそびすと先生の元気がないことも、
    そこへ行けば何かわかるかもしれない」と口々に叫びます。

    あそびすと先生のためにも、みんなで園長先生の本棚の後ろに何があるのか
    確かめに行こう!と話しは決まりました。

    問題なのはその本棚が園長先生のお部屋にあるということ。いつも園長先生がいるのです。
    そこでとらトクちゃんは考えました。
   「私が先生の気をひくから、その間にみんなで本棚の後ろに入っちゃって!!」
    先生の気をひくってどうするのでしょう。
    みんなはそっととらトクちゃんの様子を見ていました。

    するといきなり「おなかが痛いよう~、お腹が痛いよう~」と泣き出したではありませんか。
    さすがの演技力です。先生たちはすっかりだまされています。
    オロオロしている先生たちの中でゴリエ先生だけが落ちついてとらトクちゃんを
    看てくれています。仮病ということがわかるのも時間の問題です。

   「急がなきゃ」かくしてrainちゃん・りきちゃん・どーもくん・エイちゃん・
    出っ腹ちゃんたちの冒険が始まるのでした。


    どーもくんさん


    先生たちが、とらトクちゃんに気を取られている間に、
    みんなは手を繋ぎあの秘密の部屋に向かいました。

    ところが・・・その部屋のまで来たものの、どうすればこの本棚が開くのかわかりません。

    オロオロしていると、園児の一人のyuinekoさん が現れて・・・
    『この本棚は開けるには、呪文が必要なのよ』と言って・・・
    『○×*@ ぼ○ん ちん○ ホンジャマカ』

    すると、本棚が音もたてずに開きました。

    実はyuinekoさん は、園長先生の親戚の子どもで、
    とっても可愛いく生まれも近所だったのでした。
    だから、呪文も・・・

    さて、新しい仲間も増え、勇気が湧いた園児たちは、扉の向こうに踏み込みました。
    そこは、真っ暗な階段が続き何も見えませんでした。
    『怖いよ~~~』
    女なの子たちが半べそをかきだしました。

    実はどーもくんも泣きたかったのですが、男の子の意地で涙を堪えて、
    『大丈夫だよ!みんなで頑張って、あそびすと先生を助けよう』と声をかけました。

    すると、yuinekoさんが、懐中電灯を出し、『これがあるから大丈夫!』と言って、
    歌が得意な彼女は、歌を唄いながら、先頭を歩き出しました。


    yuinekoさん


    どこまで続くのか先が見えない真っ暗な階段で、
    ゆいねこちゃんが懐中電灯でぐるりとあたりを照らしてみると、かすかな光が見えました。

    「あれはな~に?」

    泣きべそをかいていた子どもたちは涙をふき、「ドレミのうた」を大きな声で歌いながら、
    ズンズン歩いて行きました。

    と、目の前に一本のろうそくが・・・。遠くから見えたかすかな光は、
    そのろうそくの光だったようです。
    さらに目を凝らして見ると、大きな扉が三つ並んでいます。

    「このドアの向こうに何があるんだろう~?」 どーもくんが叫びました。

    そこで、ゆいねこちゃんがまたしてもある呪文を唱えながら
    一番左側の扉のドアノブをそっとひねってみると、「ガチャリ~☆」

    扉がゆっくりと開き、みんなはおそるおそる部屋の中へ入りました。
    その部屋は、壁が鏡張りでとても広く、
    中央には大きなグランドピアノが一台おいてありました。

    ふと人の気配がして振り向くと、部屋の入り口に、いつのまにか園長先生の姿が・・・!!


    りうりう


    「 そこに誰かいるの? 」

    みんなは凍りつき、誰も何も言えません。

    「 おかしいわね? 私の大好きな子どもたちの、日向のにおいがするのだけれど… 」

    ひとり呟きながら、園長先生は、何かを抱えて部屋のなかに入って来ました。
    先生の視界がそれに遮られているのを確認したゆいねこちゃんが、
    暗いお部屋の隅っこのカーテンの蔭に、みんなをそっとうながしました。

    みんなはもう、お膝ががくがくして、満足に歩けません。
    殆ど這うようにして、カーテンの蔭に隠れました。

    園長先生は、がさごそと抱えていたものを、
    グランドピアノの正面へきれいに立てかけて置くことに懸命で、
    みんなにはちっとも気づいていないようでした。

    ピアノの前に置かれたのは、今にも枯れ果てそうな桜の苗木が7本。

    そして、これは、、、本当に園長先生なのでしょうか、
    いつもは先生たちと同じスモックのような服を着ていらっしゃり、
    長い髪をお団子にして、お化粧も何もせず、いつもにこにこ笑ってる園長先生。
    メガネを掛けていらっしゃるときや、
    突然やって来る、何人もの背広を着た知らない男のひとたちとお話されているときは、
    ちょっと怖い感じがするけれど、
    傍に行ってお声を聞くと、いつもの園長先生で、頭を撫でて貰ったり、
    抱っこして貰ったり、み~んな大好きな園長先生。

    でも、ここにいる園長先生は、真っ黒の長い服で、
    くるくると波打った髪が腰までながれ、唇は赤く、
    りきちゃんとエイちゃんは思わずドキドキ。
    出っ腹ちゃんとrainちゃんは、唖然として園長先生を眺め、
    ここまでみんなを守らなくちゃ、と張り詰めていたどーもくんは、眠たくなってしまい、
    ひとり、ゆいねこちゃんは、あの桜の苗木のことを識っている気がして、
    思い出そうと一生懸命。

    「 あら、特別なお香を忘れて来てしまったわ。 取りに行かなくちゃ 」

    少し眉をひそめながら、園長先生が部屋を出て行きました。


    みんなは、顔を見合わせ、ほぅっとため息。
    身体がカチカチに固まっていて、すぐには、声も出せません。。。

    「 。。。ね、ね、今の、本当に園長先生? 」 と出っ腹ちゃん。
    「 綺麗だったね~~☆ 」 rain27ちゃん。
    「 なんだか、怖いよ 」と エイちゃん。

    「 今のうちにこのお部屋から出ようよ、ヤバそうだよ 」と どーもくん。

    「 でも、謎を解かなくちゃ、あそびすと先生を助けられないよ 」 りきちゃん。
    「 帰る道で、園長先生とバッタリ、になったらどうするの? 」 と、ゆいねこちゃん。

    「 ん~。。 こうしたらどうかな 」 と、目をキラキラさせたrainちゃん。



ペンクレーン



     。。。。。。。。ということで、
     rain27jpさん、よろしくです~~~m(__)m。ぜぃぜぃ。

     ピッカン幼稚園ものは、きっとこれで最後のハズです(笑)。

     お付き合いいただき、有難うございました☆☆>皆さま




[ 2007/03/04 08:59 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(16)

LeTAO の ナイアガラ







     バレンタインに、実家の母から、
     上の少年( 何やら他にも色々詰め合わせて宅急便 )、
     下の少年、そして、夫に、と 例年通り有難くチョコをいただく。


     今年のチョコは、北海道では超有名らしい、

     LeTAO のチョコレートだった。


『 ナイアガラ 』




     私はこのメーカーもチョコも識らなかったので、
     失礼ながら、バレンタイン用につくられた、無名の便乗チョコ(゚゜)\バキ☆
     のようなものだ、と気にも留めていなかったのだが、夫から一粒貰って、仰天。


        何? これっ!!!

        美味し過ぎ~~~~~~!!!!



     実のところ、私はそんなにチョコレートが好きな方ではない。
     勿論、美味しいと思うチョコは大好きだし、
     、、、でも、1かけ、2かけでいい。 ( 『ラミィ』は別(笑) )
     

     特にホワイトチョコレートは、ミルクくさくて、
     あまり美味しい、と思えるチョコに出逢ったことがない。

     でも、これは、これまで出会ったホワイトチョコとは全く別もの!

        口の中でとろける~~。
        ミルクくさくない~~~。 なんだか葡萄っぽぃ??

        美味し~~~ぃ。
  
     驚いて、箱を観、説明書を見直してみると、北海道、となっている。
     やっぱりな~~。 北海道かぁ。。。と、妙に納得。

        ホワイト レア チョコレート 『 ナイアガラ 』 ??

     なんで、『 ナイアガラ 』なのかちっとも判らなかったが、
     北海道ワインの『 ナイアガラ 』が入っているから、なのだった。

     それで、チョコに葡萄の香りがしたんだ~~~ ???

     なんでも、白い生チョコ、と呼ばれているらしい。


         ググってみると、残念ながら、楽天では扱っておらず、
         直接、ルタオのHPから、注文するしかないようである。

         このチョコを食べたひとのブログがちらほらヒットする。
          ( あ、今日から私も仲間入り? ( ̄▽ ̄lll) )  


         HPだと、『 ナイアガラ 』は12個で、735円。


         いつもは買えないけれど、このお味でこのパッケージで、
         ちょっとした贈答にはもってこいだし、良心的だと思う。。。。
                   羨ましいぞ^^*☆>北海道のひと。  


     ぅわ~~!! ググって良かった!!
     出店予定のところをクリックしてみたら、
     3月の6日から14日まで、広島そごうに出店するらしい。
     ホワイトデイシフトなんだろうけど、これはラッキーかも^^*☆
     クッキーやケーキだけかなぁ。。。『ナイアガラ』もあるといいなぁ。。。

     出社日の帰りに寄ってみようかな~~~~。



              『 りうりうさん、死ぬ気で痩せましょうね 』 

              わーん、先生、ホワイトデイですから~~~(゚゜)\バキ☆


ペンはーと





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。