FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

【柳沢厚労相】 「 女性は出産する機械 」 







    もう、いい加減にして欲しいんですけど。ヽ(`Д´)ノ


      政治家さんの無神経な物言いって、
      自ら、如何に他者の存在様式への想像力が欠如してるかを暴露してるってこと、
      もっと自覚した方がいい、と思いますね。 恥ずかしすぎ。


    27日、松江市で開かれた自民党県議集会にて、柳沢厚労相の講演内容。


    少子化対策に言及する中で

     「 15から50歳の女性の数は決まっている。
       生む機械、装置の数は決まっているから、
       機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う 」 毎日新聞


    

    意味が判りませ~~ん。

    なんで、女性を【 生む機械 】とか【 装置 】って換言しなくちゃならないの?

    ひとりあたま? 

    個々人で、主として「生ませる」側に頑張れ、と?



        以前の森発言や、石原発言より、他愛ないものではあるけれど、
        これが、厚生労働相の口から出てくるところが、なんか、とてもイヤ。



    今回の発言は、'06年の10月に、柳沢氏自身が、

    '03年に厚労省の生殖補助医療部会がまとめた、
    『 代理出産を禁じる報告書 』 に固執せず、

   「 代理出産を支持する世論も見られるようになった 」と言い、
   「 政府として世論の帰趨を見極めながら、
     これからどうしていくか方針の検討は必要になるだろう 」と述べたことに連動してる?


    つまり、少子化打開策として、代理出産を認めることも選択肢に含めたよ、と、
    はっきり宣言したと、受け取っていいんでしょうかね。 大変だぁ。


ペンむ





         追記) テーマを選んでなかったので『 政治について 』でアップし直し。

             本文内容には、Last updated 2007/01/28 11:46:28 AM 以降、
             手を加えておりません。



スポンサーサイト



[ 2007/01/27 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(49)