FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。
月別アーカイブ  [ 2007年01月 ] 

『 とんど 』






  こままさんち や ぱぱさんち で
  地域の「どんど焼き」のお手伝いの日記を拝読しました。

  これから旧正月まで、シーズンですね^^*☆


     私の広島時代では無縁の行事。
 
     高校時代に、県北から下宿生活してるクラスメイトに誘われ、
     ご実家に1泊お邪魔し、「とんど」に参加させていただきました。

     降りしきる雪の夜、大きな田んぼのど真ん中で炊きあげるとんどの火。

     初めての私を旧知の娘のように受け入れ、
     竹に入れた酒をとんどの火で炙って飲み交わす。

     子どもたちは、書初めを一斉に炊き、

        誰のが今年は1番か?
        おぉ、確かに上手になっとるのぅ!

     おとなたちは目を細め、お子たちの笑顔がはじける。

     酒、餅、するめ、ぜんざい。。。。。

     みんなに山ほどふるまわれ、
  
     夜のとんどの火は熱く、
     原初のひかりで、みなのこころが結ばれる。

     私は、もの凄いカルチャーショックを受けました。。。



木々




   こちらでは「とんど」って言います。 ( 神明(しんめい)さん、とも )

   炊き上げの形も、小さなものから大きなものまで。
   何日もかけてつくる芸術的なもの。
   小さなもので、「神明さん」をつくって、
   お炊き上げの前に子ども神輿のようにして、
   子どもたちが地域内をそれを持ってねり歩くもの。 色々ですよね^^*☆


   小学校でもやりたいって声があがるのですが、
   歴代執行部は「勘弁して~~」と声をあげた方々に泣きついては、
   諦めて貰っていました。


   ひとつには、まだまだ校区の地域のあちらこちらでされているために、
   学校PTAでまでする、となると、お手伝いをお願いするのも大変で、
   お炊きあげのための準備も大変。

   思いつきの有志でヤるのなら、まだ実現の可能性も高いのですが、
   新たなPTA行事として始めるとなると、
   どの部署を担当とするか、とか、消防関係は、とか、
   食べるものは、、、とかで問題山積。

   何より、グランドが傷むし、灰の行方から後片付け。
   小学校の真隣にある老人ホームさんへのご迷惑。。。。

   到底、GOサインは適いません。


   それでも、田んぼのある地域では今も盛んですが、
   お世話をするのがご年配者ばかりになって、廃れていく地域も出始め、
    ( 実際、うちの隣の班でヤっていた神明さんは、廃止になりました )。
   住宅街地域や商店街地域ではもちろんヤっていないので、
 
   この素晴らしい風習がなくなってしまわないよう、
   考えなければならない時期には来てる、、、と思ってはいました(汗)。


   しかし、長年続いた20軒や30軒の班内行事でさえ頓挫してしまうご時世。
   田舎でことさら、公園などというものはないし、
   いったい何処でヤれるというのか、
   どんな形であれば、楽しく無理なく続けていけるか。

   いつもそこで立ち往生していました。


     私のときの会長さんは、校区の外れの建築関係さんだったり、
     商店街の歯医者さんだったりして、
     農家と密接なコネクションがなかったし。

     地域の青少年育成会議には、あて職をこなす感じの出席の仕方だったし。。。
  

   現小学校のPTAさんは、何か考えていらっしゃるかなぁ。。。
   何かお話が進んでたり、
   それをきっかけに何か生まれてたりしてると素敵なんだけれど。。。

                       ( ↑ ひとごとのように語るぢぶん>喝っ! )


ペンわー



スポンサーサイト



[ 2007/01/13 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(9)