今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ランドセル考


 『 ワンランク上の 』


   今や10数色もあるランドセル。

   夏頃から始まったランドセルのCMで、
   『 ワンランク上の 』 というフレーズに 耳を疑い、
   思わず 二度見した。


   『 ワンランク上の 』 ランドセルとは、

      ● 高品質な材質 ( 人工皮革、皮革 )
         ( 本体は上質で軽い人工皮革、
           背当てと肩ベルトの裏にはソフト牛革 )
      ● 持ち手、ラウンドポケット、自動ロックなど、フルスペック機能。
      ● 多種にわたるデザイン・刺繍。


   そのお値段たるや、5万、6万円は当たり前。
    「 完全オーダーメイド 」 なんてのもあり、10万円前後のものも。


   な、な、なんというご時世になってしまったんだ。


   いったぃ なんのための ランドセル なんだ。






    かくいう 私は、制服反対派で、
    少年たちの小学校の制服をなくして来た し、

    ランドセルで、「 男の子は黒! 女の子は赤!! 」
    なんていうのは 許し難いナンセンスさだと感じて来たし、
    子どもの頃は、赤がイヤで、黒のランドセルが欲しかったものだけど。

    んだから、イエローやピンクのランドセルが登場しても
    そこは、選択の幅が出て良かったね、位に思ったけど、

    10数色、というのは ヤり過ぎだと思うし、
    在庫抱えて大変じゃない? って思うし、

    まして、ランドセルにハートや星の刺繍が入ってたり、
    型押ししてあるのは、、、確かに見た目は可愛いけど、
    【 個性化 】 というんではなく、
    なんかどっか違う!! と 思えてならないのだけど。


    小柄なお子に対し、大きくて重たいランドセルは 可愛想で、
    雨風に強く、手入れも楽で、軽~ぃランドセルへの工夫努力や、
    お子たちの安全や、プリント、学用品入れのために
    便利な工夫、改良は とっても大切なことだと思う。


    でもそれが、見た目を可愛くすることに費やされるのは、
    私は 違うと思う~~~。

       見た目が可愛く 美しく、
       「 ワンランク上の 」 と言われれば、
       そりゃ じじばば は 孫可愛さに こぞって買いに走るさ。

       でも じじばばが居なかったり、
       そんな余裕のない家庭のお子たちは、
       例え 新品の立派なランドセルを買って貰っても、
       ハートや星がないことで、悲しい想いをしなくちゃならない。




    どうして、小学校では ランドセルが必要なの??



       どんなに大切に使ったとしても 成長期の6年。

       むしろ身体の成長に合わせ、
       ランドセルが窮屈になったら、
       もっと楽な鞄に さっさと替えてあげたい。

       そんなものに、標準価格5万円て。
       
        「 ワンランク上の 」 なんて、
        そんなに  ランドセルに差をつけたいのなら、
        お子たちの個性を大切にしたいのなら、
        ランドセルなんてヤめてしまえばイイと思う。

       どっか おかしいよ。

       キラキラの可愛いランドセルに
       6万も7万もフツーに支払える。
       そんなに 私たちは お金持ちなの??

       そんなに 私たちは お金持ちの國に在るの??




?



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 小学校

タグ : ランドセル 小学校 制服 規則 ワンランク上 見た目 見栄

[ 2012/11/14 10:59 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(4)

『 進路指導 』 ということ。






         17日。


         2年ぶり  に 美容院へ行く。


         腰の長さを越えた私の髪に、「 クソ長いよっ!!? 」と叱られ、
         思い切って 40cm程度カットして貰い、
         アップし易いよう ゆるめに掛けて貰うことに。



         仕上がるまでの間、よもやま話に花が咲き、
         そこへ帰宅して来た 礼儀正しく爽やかな 中学3年生の息子さんの話になり。



         はにかみながら、きちんと挨拶のできる彼は 現在サッカーに夢中で、
         高校でもサッカーを続けたいと願っており。

         素質がない訳でない彼を ご両親は応援し、
         彼の希望と彼の成績、家の経済事情、卒業後の進路も鑑み、
         進学先は、是非、公立へ。
         それもできれば、サッカーの強豪高である県立工業高校か、
         市立工業高校に 挑戦したいと願っておられ。


         先日、進路決定のための三者懇談会があるとのことで、
         お店の都合をつけて、頑張って おとうさまが出席されたのだったが。



            担任の先生は、ハナから


           「 息子さんの成績では 公立は無理です 」


            考えるだけ無駄、と 一刀両断で、
            希望していない市内の私立男子校1校に決定、終了!

            と、その男子校の資料だけを渡され、ものの5分で
            席を立つよう促されたため 唖然としたとのこと。



         聴いていた私も 耳を疑う。



         現時点の彼の成績で そう判断されたにしても、
         まだ、公立高の受験まで 4ヶ月近くある。



             何故、彼が、ご両親が、そう願うのか。
             彼やご両親の希望と現実との乖離を埋めるため、
             夢を叶えるため、には、どんな努力が必要か。

             努力しても努力しても叶わなかった場合に備え、
             彼やご両親の希望の次善策には、
             どういった高校が、どういう観点から 勧められるか。

             その高校を卒業した先には どんな進路が拓けているのか。

             自分が担任をしている生徒に 適していると自分が判断した高校を
             生徒や保護者が想定していなかった場合、
             選択肢に加え、ご家庭内で 検討を重ねて貰うために、
             その高校の特長をきちんと説明し、「 指導 」する。



         それが 「 進路相談 」 やら 「 進路指導 」であり、
         そういったことを 「 懇談 」 するのが、
         進路決定のための 「 三者懇談 」 ではないのだろうか。

         少なくとも 子どもたちの将来を左右する夢や希望に対し
         「 考えるだけ無駄 」なる暴言は 許されていいハズがない。


         そう憤った私に


            「 りうさんってば、話せる!! 」 と、


            市内の数少ない 公立、私立校以外は、資料も持たず、
            生徒を観ず、テスト結果の偏差値だけで語られ、
            市外希望する親子に対し、とても露骨に面倒がっておられる担任に

            怒りを通り越して、悲しかったのだ、と こぼされる。




                      そういう話は とても辛い。


                        まさに 私の小中P時代、
                          管理・管理・管理の生徒不在な運営で、
                            予感していた通りの道を
                             突き進んだのだなぁ、と。??





ペン霧

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村



[ 2010/11/17 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(8)

「 学級通信 」 を 出せない。


        金曜日。


        小学校P時代の先生方と飲むことになり、女性ばかり総勢8名。
        上の少年の担任だった先生、下の少年の担任だった先生、、、
        定年を迎えられた先生もお招きして、
        懐かしいお顔に囲まれ、久々に熱く語り合う。


           私自身は 卒業してしまって、遠い日にしてしまった、
           あの、熱い激動の( 苦難の )P時代の毎日が、
 
           当たり前ながら、先生方には変わらず続いておられることに、
           敬意を表しつつ。


        下の少年の小2のときの担任の先生が ぽつり。

           「 もう学級通信は出せないんよ、、、
             ていうか、もう、出したくない 」

        驚いて詳細を訊ねると、学級通信の原稿を書いて印刷するまでに、
        学年主任から校長までの5つの関門があり、
        それぞれに真っ赤に添削されて先生の手元に戻って来るのだと。

        時候の挨拶中心の硬いビジネス文書になった それ をそのまま直し、
        またまた、そのチェックを受けるため5つの関門に提出する。

        既に自分が伝えたい、と思った「 学級通信 」ではないし、
        子どもたちや保護者に伝えたい時期も想いも逸してしまうのだと。


しょんぼり しょんぼり しょんぼり



        毎日毎日、授業時間の殆どを子どもたちと直接過ごしておられる、
        まさに「 現場 」の先生が、「 現場 」で見聞きし、感じた諸々を

        子どもたちや保護者に伝えたい、と、「 学級通信 」で語る言の葉を

        どうして「 管理職 」が手直しし、削除していくことができるのだろう??



        一事が万事、この調子。

        お子たちの成績表もどんどんとIT化され、
        先生方のコメント欄も活字になっていく。

        ロットペンのような極細のペンで、ぎっしり書いて下さってた頃を
        懐かしく感じるのは私だけだろうか。

        何のためのIT化であろう?

        上つ方々が容易に、全生徒たちの評価数字や 教員のコメントを掌握でき、
        ヤろうと思えば、いつだって改竄だってできる訳で、
        マズければ、【 データが飛ぶ 】ことだってあり得る訳で、、と
        とてもイヤな方向にしか感じられないことを悲しく、腹立だしく思う。


しょんぼり しょんぼり しょんぼり



        先生方のお子さまたちは、
        皆、看護師さん、介護士さん方面へ進んでいらっしゃり、教職は目指されない由。

        また、上の少年と同級生だった「 障碍 」を持つ少年の弟妹くんたちは、
        介護福祉士を目指し、福祉系高等学校へ進学し、日々頑張ってる由。
        妹さんはともかく、あの やんちゃだった弟くんが! 、、、感慨一入。 


        あのお子は、このお子は。。。

        久々の熱き語らいは、時折、大きな吐息とともに視線が沈む。

        お子たちの前に立ちはだかる厳しい現実の壁。
        変わっていく学校。 変わっていく保護者。 変わっていく諸々。 


                それでも、子どもたちの笑顔や子どもたちの成長が、
                唯一の喜びである先生方は、
               
                日々、ふぁいとふぁいとで、励んでいらっしゃるのだ。



              互いに「 有難う。 元気が出たよ~!  また是非、一緒に! 」
              と お別れする。

              あの頃。

              確かに私たちは、教師――保護者の繋がりを越え、共に手を携え、
              地域のお子たちを愛し、守り、育んだ 仲間 だった。


                その絆は、何年経とうとも、変質してはいなかったことに、
                胸を熱くしつつ。


           
                        今、地域の一おばちゃん である私に
                        できることは、なんだろう。



焼鳥屋さんのお箸
焼鳥屋さんのお箸 posted by (C)りうりう

月一で通院する
総合病院のある街の駅前の焼き鳥屋さんにて。

お安いのに、何もかもが美味しく、
お刺身やお寿司まであって、びっくりする。

お箸は割箸でなく、黒のどっしりした美しい箸。
使いまわされた感もなく、とても心地よい。

少年たちと来てみてもいいかも^^*☆





霧


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : PTA 学級通信 検閲 IT化 成績表 PとT 飲み会

[ 2009/07/31 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(15)

なんと つまらん 中学校!








       たかだか(゚゜)\バキ☆ 人口1万2千強のうちの町に、

       かの有名な ソプラニスタ が来られるのです。?


       ネット上でうちの町が特定されないよう、あえてお名前は伏せますが、
       男性ながら地声で軽々とソプラノを歌いこなし、
       歌唱力・表現力を兼ね備えた、この御方のような天性のソプラニスタは、
       世界中に数名しか存在していない、と言われてます。
       

       そんな御方が、うちの町に来られ、
       うちのホールで コンサートをして下さるのです。

       チケットも、破格の3500円。

       昨年度、このことを識ったときには、
       そりゃもう、死んでも行く!! と 思ったものです。


      



       この御方から、うちの中学校に、


         折角の機会だから、生徒さんたちと一緒に歌いたい。

        学年でもクラスでも、合唱部中心でも、
        どのような編成でも構いませんから、
        どうぞ、ステージに上がって下さい。 



       と、目もくらむような 有難いお申し出がありました。

       『 翼を下さい 』など、2曲、合唱しよう、と。   



       、、、なのに、うちの中学校ってば、


          「 定期試験中ですので 」


       このひとことで、お断りしたんです(-_-)。


        ヽ(`Д´)ノ ?


       なんと勿体ない。

       子どもたちの一生のうちで、こんな機会は二度とあるかないか。

       音楽に関心のあるお子たちも ないお子たちも。

       何にも代えがたい、「 本物 」にまみえる、
       「 本物 」と一緒に歌える 千載一遇のチャンスなのに!!



       定期試験なら、ちょっと日をズラすとか、

       、、、あ、学校の授業日数、日程の割り振りが大変なのは判ってます。

       んでも、このコンサートの日程は、昨年度から判ってたんですから、
       ハナから、行きたい生徒さんには行けるように配慮しておくとか、

       コンサート自体は日曜日なのだし、
       なんとかならないんでしょうかしらん (-_-)。
       なんとかしよう、と考えてもみてくれないのかしらん (-_-)。


             たかが 定期試験やん (゚゜)\バキ☆
             たかが、日曜日の2時間やん (゚゜)\バキ☆

             なんで断るかな~~~>中学校

             く~~。 私が現役だったらな~~。 暴れてるのに(゚゜)\バキ☆



         、、、だもんで、うちのミュージカルの子どもたちに話が回って来ました。


                      現在、セーラー服を引っ張り出して、
                       「 高校生でぇす☆ 」と
                      私も紛れ込めないか、画策中^o^;



ペンはー


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



[ 2008/10/19 00:00 ] 本日のPTA | TB(1) | CM(32)

学校給食に 『 厚焼き卵 』。



      汚染米が米でんぷんに加工され、それが食用に用いられた ことで、
      汚染米の被害はさらに一層拡大し、学校給食にまで影響を及ぼした。



      絶対に許せないという怒りと共に、もうひとつ。
      私にはとても、ショーゲキ的だったことがある。


      その米でんぷんが使われたものとは、

        ● 冷凍の プレーンオムレツ
        ● パックされた 厚焼き卵     であったから。


      これが、病院食や各種施設での食事に出されたものなら、それでもまだ納得しよう。
      長期滞在や入院中に、素朴な「 家庭料理 」、シンプルな卵料理が
      恋しくなる気持ちは十二分に理解できるからである。

      それだって、できれば冷凍ものを解凍したり、
      真空パックされたものを切って出すだけ、のものではなく、
      院内調理で出来立てのほやほやの素朴な温かみが残ったものが欲しいけれど、
      それは、人員の問題やら予算の問題で困難であることは切ないながら判る。



      でも 学校給食にこれらのものが出される、ということはどうか。

      プレーンオムレツ や 厚焼き卵

      これらの料理こそ、各家庭で、おかあさんやおとうさん、おばあちゃん、
      時には子どもたちが自分で、簡単に作れるものであり、
      家庭料理の象徴、とも言うようなものではなかろうか??

      これが、プレーンではなく、具材の入ったオムレツであるとか、
      多種の具材の卵とじであるとか、
      魚のすり身等が入っているだし巻卵であるのなら、まだ判る。

         でも、現実は プレーンオムレツ であり、厚焼き卵。 (o_ _)oポテッ

      厚焼き卵に関しては、卵焼き や だし巻卵に、水溶き片栗を用いて
      とろみをつける場合があるように、米でんぷんを使ったのには納得しても、
      プレーンオムレツに至っては、米でんぷんを使ったのは
      【 オムレツの解凍時に水が抜けてぱさつくのを防ぐため 】。

      本来なら、全く不要な「 添加物 」である。

      そして、高コレステロール、高中性脂肪。
      若年での「 成人病 」が多発しているなか、
      1日1個まで、等、卵料理には、結構気を使わねばならないもののひとつ。

      皆が皆、忙しい朝に、なんとか子どもたちに朝食を摂らせるのに、
      目玉焼きや卵焼き、スクランブルエッグ等、
      卵料理をされるご家庭も多いはず。  

      なのに、卵だけ、のおかずを 学校給食の献立に入れることに問題はないのか。

      また、公立や民間の給食センターが、センターで全てつくるのではなく、
      出来上がったものを仕入れていること、は、それだけで衝撃であり、

      その商品が、シンプルなプレーンオムレツや厚焼き卵であること が二重の衝撃。
        給食センターでつくるより、完成品を仕入れた方が安いのは何故か?? 

      そして、そこに汚染米でつくられた米でんぷんが使用されていたこと、で
      私には三重の衝撃であった。


    



      うちの少年たちは、有難いことに自校式の給食であったため、
      冷凍オムレツにも市販の厚焼き卵にも無縁であれたが、
      何度も町から民間委託への話を打診され、
      その度に単Pや町P連で力を合わせて断乎反対し、阻止することが出来てきた。

      こんな事件が起こると、やっぱりやっぱり、頑張って来て良かったんだ、と
      過去の何度ものお上との激しい攻防を思い起こしている。

      農家の多い町であったため、
      うちの小中学校の給食は、出来る限り町内の農作物をつかい、
      パンも町内のパン屋さんのその日の早朝の焼きたてパン。
      お肉や魚類は生協の食材。

      予算と睨み合わせながら、栄養士さんが保健室の先生を交えて、
      子どもたちに人気の献立、不人気の献立、残飯率等々も考慮され、
      工夫を凝らして、献立が決まる。
      そこに、オブザーバーとして、PTAが参加させていただけることもあったり、
      実際に給食をつくって下さる給食員さんたちとも意見を交換し、
      学校と家庭とが『 食育 』について、幾重にも連動して行くことができる。

      良いことばかりの自校式ではあるが、
      ハード的なこと、ソフト的なこと、やはり多大な経費はどうしても掛かる。

      うちの小中学校も給食設備は、軒並み老朽化してきているところに、
      平成の大合併にて隣市と合併し、町立から市立となり、
      良くも悪くも 「 市で足並みを揃える 」 ことになって来た。

      市は、給食センターからの配送式であり、中学校は、給食なし。

      私たちは、市立移行にあたり、
      町教委や町議会に、何度となく自校式を死守して行くこと、
      中学校の給食も廃止しないこと、を念押しし、
      当時の確約を手にしていたものであったが、
      町教委も町議会も既になく、小学校自体が合併等々を控えており、
      今後どうなっていくか、非常にこころもとない。


    



     『 食が危ない 』  と 叫ばれて久しい。

       何より子どもたちが 心身共に健やかに育つためには、「 食 」が大事、と、
       PTAの講演会などで『 食育 』が語られる度に、
       私を含め、忙しいおかあさん方が、
       一様にうなだれて罪悪感に打ちひしがれてしまう状況が、とても哀しい。


       何はともあれ、私たちは働きづくめでお子たちを育てにゃならん。
       栄養第一ながら、便利なものを如何に上手に使うか、の頭の体操の日々。

       外で菓子パンをくわえながらも、お子たちは塾通いをせにゃならん。
       お弁当を2個持たせるのも、重かったり、夏日は傷んだりと、なかなか大変。

       家計は厳しく、1円でも安い食材求めて走り回らねばならん。
       無農薬有機野菜のものが欲しくても手が出ない。

          育ち盛りのお子たちに、笑顔とともに、たっぷり食べて欲しい。
          旬には旬のものを食べさせてあげたい。

       そう想い願い、1円でも安いものに飛びつき、日々をしのぐ。

        
           、、、でも、識ってる。

           安全、安心の「 安 」と 安いの「 安 」は、違うことに。




       子どもたちがきちんと時間通りに。
       栄養学的にも優れたものを食べられるのは、
       学校給食だけ、というお子が増えて来ているだけに、
       戦後同様、学校給食は、とても大事なもの、なんである。

       自校式の給食システムでは、皆の意識次第で、PTAの目も隅々まで行き届き、
       全校あげての食育が可能であるが、

       民営化されている給食センターからの宅配式ならば、
       その業者を信じるしか道はなく、そこで保護者にはいったい何ができるか?



       。。。。。最低限、

         ● 給食費をちゃんと払おう!      (o_ _)oポテッ  …情けなさ過ぎ(;;)


       後は、配布される献立表にしっかり目を通したり、
       給食費の内訳や動向に注意を払う。
       献立作成に、どんな方々が携わっているかをきちんと識る。

       お子たちにできるだけ完食を奨励し、その日、食べられなかったものや
       残ってしまったもの、その量などを( 楽しい雰囲気のなかで )把握する。

       そんなようなことを通して、1日~1週間単位で、
       お子たちの食のバランスが適正であるよう、留意する。


                    きっと、そんなようなことが、第一歩、だよね。

                    大元を見つめ、大元を考えるための 第一歩。

                    皆が安心して子を産み、育てようと思える社会。
                    皆が安心して歳を取っていける社会。
                    そのために、今、自分ができることから。。。

 

ペンレッドカード


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : 学校・教育
テーマ : PTA

タグ : 汚染米 食育 給食 学校給食 自校式 給食センター PTA

[ 2008/09/24 20:44 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。