今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

非樒。




    樒が 我が家の庭に自生した! しかも3本!  と

    喜んだ義父母が 我が家へ枝を切りに来ては
    お仏壇やお墓へお供えするために 持って帰って行ったものだったけれど。


       樒にしては、葉っぱが こぶりだし、
       樒だったら、葉先から根っこまで、誤って口に入れれば
       死亡しちゃうほどの 毒性があるのに だいぢゃぶ?


    私自身は、そんな風に 思いながらも、
    基本、来るもの拒まず、な スタンスではあり、
    しかも、義父母が喜ぶなら、と 放っておいたけれど。


    この、末は高い樹となりそうな木に 花実がつくようになって、
    実は 春先の 1番私の苦手な香り。

       まさかに、その犯人であったとゎ―― (o_ _)oポテッ




    きちんと調べてみて、名は ヒサカキ であることが判明。

    所以は 榊に似て非榊、という説と
        小ぶりな榊 = 姫榊から、、という説とあるらしい。

        お花は こんなに可愛いのに。。。。




ヒサカキ2
ヒサカキ2 posted by (C)りうりう






    この度の下水管敷設工事のついでに、
    休耕田へ下りる階段を 直して貰うことにしたのだけれど。

    ヒサカキは、その工事に少し邪魔な場所に 3本とも自生してる。

    大義名分ができたので、可愛想で申し訳ないながら、
    この際 抜いちゃいたいなぁ、、、と思うのだけれど、

              如何に 嫌いな においだから、と、
              自生してくれてるのを抜く、ということが
                       この 私にできるかな。。。。(滝汗)。






困




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




スポンサーサイト

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : 花と生活

タグ : ヒサカキ 庭の花 自生

[ 2012/04/01 01:30 ] 徒然草 | TB(0) | CM(0)

核 と レジ袋 と。


   全市をあげて 有料化が根付き始めていた
   レジ袋が 再び無料化され始め
   なかなかに ショーゲキ的だったのだけれど。


   お店のレジの御方の

    「 個人的にもとても残念なのですが、
      やっぱり他店さまが無料になさるとね、
      当店も 無料にせざるを得ないです 」

   との言の葉に、あれこれと考え込んでしまう。


     レジ袋が有料だから、
     顧客が協定破りの無料店に流れてしまうなら。
     それは かなりの業腹なこと、だろう。

     薄利多売なお店ほど、客数の増減は生死を分かつ。

     んだから、全市で一斉に足並みを揃えたハズなのに
     こうして 生き馬の目を抜く如く出し抜かれ、
     そうはさせん!と ヤり返す。


   レジ袋でこうなんだから、いわんや核保有においてをや。

          などと つい連想する。


     を持ってないと安心できない。
     にはを持って抑止力とす。
     國の科学力、財力、國力を核保有で宣言す。 
     いまどき、がないと カコ悪い。etc. etc. 

     なんだかんだと 核保有の正当性へ理屈をこねまわしてるけど
     その核は、私たちのよってたつところの
     地球そのものを滅ぼしてしまうんですけど。

     そのうえ、 持ってる國が、持ってない國に どの面さげて
      「 核を持ってはならない 」 と 言えるんだっ。


     んだから、全核保有國で
      「 せーの 」 で 一斉に放棄してくれないかな。

     まずもって USAが放棄したら、
      嫌われるどころか めっちゃ株があがると思うのに。





むか



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ジャンル : ライフ
テーマ : ひとりごと

タグ : レジ袋 レジ袋有料化 レジ袋無料化 省資源 省エネ 核保有 核保有国

[ 2012/03/06 12:52 ] 徒然草 | TB(0) | CM(2)

聖夜に。





       少年たちが巣立ち、
       ツリーやリースを飾ることもなく、
       今年は ケーキさえ焼かず。


         すっかり 「 日常 」 に 埋もれつつも、
         それでも 聖夜は 特別な想い。

         クリスチャンではないのだけれど、
         この夜ばかりは

         世界中の子どもたちが 温かく 心地よく
         おなかいっぱぃで、ほこほこと 倖せでありますように、と
         こころより 祈る。



       けれど。


         戦火でさえ、休止する 聖夜にも。

         核による汚染 には 休止はないのだ、と 思い知らされる。



         これ以上、核の脅威に
              子どもたちを 大地を 海を 曝してはならない。

          唯一の被爆國でありながら、
          こんなに恐ろしいものを
          制御できると 思った 思わされた

           愚かさと傲慢さから
           私たちは 学び、 訣別したい。



           今度こそ、同じ過ちを繰り返さないために。

                こんな悲劇は、 もう 私たちの代で 終わりにしたい。
 




ペンサンタ3

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : ライフ
テーマ : クリスマス

タグ : クリスマス 聖夜 X'mas 原発 脱原発 反原発

[ 2011/12/25 01:08 ] 徒然草 | TB(0) | CM(7)

『 TINY DROPS 』






   6日。


   クラブバレーの友人より電話。

   1番の長であるチームメイトの お嬢さんが亡くなられたと――。


     元気いっぱいの 絵に描いたようなバリバリの
     美貌の キャリア・ハンサム・ウーマンで、
     風邪ひとつ ひかない、お医者さん識らずなお嬢さんであったのに、
     突然発病され、まさかに 悲報を耳にすることになろうとは。


      しかも、この日は、お嬢さんの誕生日。


     駆け付けた お通夜会場の帳場の前に
     闘病中のお嬢さんを励ますため、この日に合わせ、
     「 お誕生日おめでとう! 」 の大きな文字、
     誕生から 節目節目に 撮られて来た 写真たち、
     近しい方々の寄せ書き が、何枚もの模造紙いっぱいに躍っており、

     たまらず 号泣してしまったところに
     会場から 流れて来たのは、お嬢さんの大好きだった B’z


       B’zは、うちの少年たちも 中高時代にハマり、
       お蔭で 私も、すっかり 稲葉氏のルックスに ヤられてしまったものだったが、

       人生の旅を終え、生まれた場所に還る大切なひとに送る、
       こんな哀しい、こんな優しい曲を 不覚にも識らなかった――



     
   『 TINY DROPS 』   作詞 稲葉浩志







        大切なひとに、ありがとう と 伝え
        いつか 僕も、 いつか 皆も、 そこに 往くから。

          その日までの、さよなら
          ほんのつかの間の、さよなら と。


               なにものにも代え難い、
               愛しい我が子を見送らねばならない貴女に
               かける言の葉は 到底見つからず。

               ただ手を取り ただ傍に寄り添うことしかできないけれど。

               BGMに この曲を選び、ずっと聴き続ける貴女に想う。


               今は 胸に刺さる この 曲が

                  また 逢える。
                     きっと 逢える。
                  その日までの束の間のさようならであり、
                  永遠の別れではないのだ、と。
        
                  その日まで 歯を食い縛って頑張れる、 
                  よすがのひとつに どうぞなりますように、と。



                          こころより 哀悼の 誠を捧げます。




 
泣

… 小さなしずくとは。
いのち そのもの、であり、  流れる涙、 でもあるのですね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

       

ジャンル : ライフ
テーマ : 生き方

タグ : 訃報 逆縁 通夜 葬儀 B’z TINY DROPS 稲葉浩志

[ 2011/11/06 23:29 ] 徒然草 | TB(0) | CM(0)

取り止めになった披露宴。





             
              職業柄、社員の結婚式は 日祝日を避けるのが不文律であるが、
              伴侶となるひとの 都合や
              家族、親戚、友人たちの結婚式への出席となると、そうも行かず。


              責任感、職場の都合、その他で、泣く泣く出席を諦める社員も在れば、
              何ヶ月も前から 出席したい旨を申し出、
              その日までに、他部署からの応援等、準備万端で出席する社員もあり。


              夫の職場で、3月の連休に親友の結婚式があるため、欠勤して
              東京まで 行きたい、と 1月に申し出があったため、
              夫は 早くから、他部署にこの日の応援をお願いし、
              当日前後のシフトを あれこれと算段していたのであったが。



                   急遽 東京での披露宴が中止となり、欠勤せずとも良くなり、
                   応援等々、必要なくなった、との連絡が入る。



                     「 あ、震災で、自粛されたんだねぇえ 」



              後から、直前の破談、なんていう可能性もあったのだと気付たが、
              このときは そこまで気付きもせず、
              単純に、新郎新婦となる ふたりの自粛の想いだと、
              勝手に そう思ったのであるが、
              事実は、ちょっとだけ 異なるものだった。



                   それは ふたりの 自粛の気持ち、ではなく、
                   披露宴会場側の自粛であったこと。



              夫の職場の後輩の友人は そんなこともなかったらしいが、
              同じ会場を予約していたカップルやご両家から、
              かなりのクレームに なったらしい。


              会場としては、メンタル的な自粛、というより、
              まだまだ余震の続くなか、計画停電も行われるなかで、
              例え きちんと 料理を準備できたとしても、
              もしも その披露宴最中に 大きな余震が起こったら、とか、
              様々なリスクを考えて、営業休止を決定したのでは、と思う。
 


                   これに対し、
                   会場にとっては、日に何組もある 日常業務であるが、
                   その1組1組の新郎新婦にとっては、
                   人生にとって、大きなセレモニーであり、

                   ご招待した方々へのフォローも勿論、
                   殊に 新婦にとって、
                   この日のために、心身ともに あらゆる調整をして
                   準備をして来たのであろうから、

                   思わず 激しいクレーム、となってしまうのも
                   分からないでもないけれど。

                       クレームが発生したこと、そのものに、ちょっとがっかり。 (゚゜)\バキ☆


                   未曾有の被災直後。


                   披露宴は 延期となられても、
                   きっときっと おふたりの愛は 大丈夫。 
                   要らんお世話ながら、どうぞ、良かったみつけ で、
                   倖せな毎日をお過ごしになられますよう。
        



Thank you
Thank you posted by (C)りうりう

過日、平日に 手作り披露宴をした
職場の後輩の 「 手作りお土産 」 につけられた
「 THANK YOU 」 タグ。


曇り

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





ジャンル : ライフ
テーマ : 思うこと感じること

タグ : 結婚式 披露宴 震災後 自粛

[ 2011/04/12 12:24 ] 徒然草 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。