今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 Miserere 』  Gregorio Allegri



  学生時代、所属していた混声合唱団に端を発し、

  中世宗教音楽 を 学べば学ぶほど、
  その原点 根底に在るものは グレゴリオ聖歌だと実感し、

  胸震える程の 強い憧れをもって、
  宗教音楽研究会にも 所属したり、と、
  常に  そこ  へ 還りつつ、

    暫し そこ に 揺蕩うては
    やっぱりやっぱり ポリフォニーへと 戻って行く自分。





  そんななかで、学生時代から ずっとずっと 歌いたかった
  システィーナ礼拝堂 の 門外不出な伝説的秘曲、
  9声部からなる Gregorio Allegri の 『 Miserere 』。

  この秘曲を 父とローマに来ていた 14歳の少年モーツァルトが
  システィーナ礼拝堂で 聖週間の典礼中に聴き、
  宿に帰るなり 譜面におこしたのは あまりにも有名である。。。

  その曲を この度、 『 第九ひろしま 2011 』 にて、
  ゲスト出演の エリザベト・シンガーズ の プログラムで発見。 


  私のなかでは とてもとても 大切に想っている曲なので、
  生で聴ける、と、  第九より 気になり
  めちゃくちゃ 当日を  不安とともに  楽しみに待っていた。








  そして、当日。


  まずは リハーサルにて、
  3月11日を受けての 選曲なのだ という指揮者からのメッセージとともに
   『 Miserere 』 が演奏される。

  少人数の合唱団でもあり、9声部の殆どを ひとりひとりが担う。

  ぴんと張りつめた出だしから魅せられ
  そのまま 見事なソプラノ部分へ。


  リハーサルのため、客席が空っぽで、
  声が全体に響き渡るさまは 古い石造りの聖堂のなかのよう。
  まさに そこに、天使の声が 空から 降って来る心地がし、


     私は ぐるり 美しき ステンドガラスで埋め尽くされる――



        見事な 純正調の響きに。

        胸元から喉元へせりあがってくる 素直な感動と共に、
        かつて 少年合唱団のテナーの如く
        浄らでまっすぐな声質を愛でられ、将来を 寿がれての
        なれの果て、な 今の 自分 に 向き合わされる。 


        はぅ。
        今の自分の声は 練習不足 発声不足 …なんてもんぢゃなく、
        不摂生を重ね 不養生な 自分の在り方、 魂 そのものであり、
               これまでの 諸々の 澱が そのまま
               ヘン な ビブラートになってる感があり。



     こころ洗われる如くの美しき和音に 感動しながら、
        異常に もにょっていくぢぶんが また 情けなく。 (-_-)




     この日、リハで聴いた 『 Miserere 』 は、
     世界でも 最高峰 の 『 Miserere 』 であったように思う。


     私の好み、でもあるのであろうが、
     You Tube で あれこれ 聴いてみても
     この日のリハ時の エリザベトを 凌駕しない。

     You Tubeのなかでは、この日の エリザベトの響きに
     1番近い、と感じたのが Trinity College Cambridge によるもの。




 




      エリザベト・シンガースの本番は、
      おそらく、ソプラノさんが緊張されたのと
      満員の観客席に 響きが吸収されちゃった感あり、
      透明な美しさに 深みや広がりを感じられず、残念だったが、

      あの リハ時には 心底 震えが来た。






   以来、定評ある タリス・スカラーズ盤を
   パレストリーナも 入ってるから
   購入しちゃおうかな、と 迷いつつ、

   ぃゃぃゃ、私は、あの リハーサル時の
   エリザベトのが 聴きたいんだ、と

   せめてもの iPhone から
   You Tube の Trinity College Cambridge、
   『 Miserere 』を聴く毎日。 

         







      そして、身の程知らずにも、願う。 希う。


             いつか、いつの日にか。


              Gregorio Allegri の 『 Miserere 』 を
              ソプラノで 歌いたい。

                    歌えるほどの 精進 …… を  したい。






希




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーサイト

ジャンル : 音楽
テーマ : 合唱

タグ : Miserere ミゼレレ グレゴリオ・アッレグリ アレグリ システィーナ礼拝堂 ミサ曲 エリザベト・シンガーズ

[ 2012/01/03 12:55 ] 聴きました^^*☆ | TB(0) | CM(0)

『 さよなら の 夏 』






ジブリ映画 『 ~コクリコの坂より~ 』 が 封切られ、
毎日のように TVから 『 さよならの夏 』 が流れて来る。


『 ゲド戦記 』 に 続いての起用で 大評判の 手嶌 葵 さん。


彼女独特の  一本調子で 生活感のない  お声は
逆に
ジブリを背景にすると、途轍もなく深みを増し、

とても とても   きれい。







けれど。


学生時代に、森山良子さんのこの歌を聴いていた私は、

日本語の抑揚、一語一語から 醸し出される情緒。

それはそれは 細やかに 丁寧に。

大切に 歌い込まれた 美しさに 
目眩を覚えていたものだった。

それだけに、毎回、最後の言の葉の持つ
意外なまでの生々しい艶に たじろいだりして。



ここのところ、TVから流れ来るこの歌に、
毎日のように、10代のあの頃に 引き戻されている私(滝汗)。




よろしければ。

ご一緒に、 あの 夏、へ。








ぽ

良子さんの K行なんて、
ほんと 今も昔も、魅惑のお手本だわ。。。



だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





ジャンル : 音楽
テーマ : 女性アーティスト

タグ : さよならの夏 ジブリ ジブリ映画 主題歌 コクリコの坂より 森山良子 手嶌葵

[ 2011/07/17 20:51 ] 聴きました^^*☆ | TB(0) | CM(2)

「 Lapin の 姐さん 」





         下の少年が帰省し、
         私のFit と 少年のLapin は 縦列駐車をしており。

         Lapinが 手前に停まっているため、
         駅まで 少年を送るのに、Lapinに乗る。

         バックで 出なくちゃならないのだけれど、慣れないコラムシフトなので、
         つい 左手がシフトノブを探して左横で泳いで まごまご。


         それを観てた少年が 後部座席から、

           「 だいぢゃぶなん? なんか 不安ぢゃしぃ。
             Lapinねぇさんを 大事に扱ってよ? 」

         心配そうに言って来る。



         最初だけよっ! だいぢゃぶぢゃしっ( ̄^ ̄)/☆

         それより、君は Lapinのことを ねぇさんと呼んでるの?
         可愛いピンクなのにぃ。 「 お嬢さん 」 て 呼んであげてよ。



           「 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
             もう 10万キロ走っとるんぢゃけん、ねぇさんぢゃろ。
             おばさん、言うてもええぐらいしゃし 」


         ぶ。


         そかそか、君は 「 おばさん 」 と 呼びたいところを
         「 姐さん 」 と、 一応 敬愛の意を表しとるんぢゃね?


         「 ぐ。。。 まーねー。。。そんなところ?? 」




             とりあえずは、大切に乗っているようで、
             外見は綺麗でも、ぐだぐだな車内だった Life と 違い、
             外も中も 綺麗に乗っているのが わかる。


             感心、感心。



                 って、、、、やっぱり  彼女  ができたのかも??? 





ON


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

ジャンル : ライフ
テーマ : **暮らしを楽しむ**

タグ : Lapin ラパン コラムシフト 走行距離 縦列駐車

[ 2011/06/04 05:39 ] 聴きました^^*☆ | TB(0) | CM(4)

初蛙





         数日前から 近隣の山々が 黄色く霞むやうな黄砂の量。


         今年は 花粉も多かったけれど、黄砂も酷いようで、
         ここまで 騙し騙し、なんとか ヤって来ていたのに、
         つひに アレルギーが爆発するのでは、と イヤな予感。

         折しも、朝晩の肌寒さが消え、
         急激に めちゃくちゃ暑い日が続くようになり、

                予感通り、黄砂に負けたらしい 顔と足首。 


         これまで 花粉シャットアウトに苦心してきたが、さらに 厳しく 家中を閉め切る。

         もゎゎ~と 息が詰まりそうな感覚に キッチンの換気扇と、
         リビングのエアコンで 1時間1円、という「 換気 」機能だけをつかっているものの、

         「 29度 」 という表示にひるみ、トレーナーを脱ぎ、半袖Tシャツにした途端。


               閉め切った部屋にも、雨の気配を感じ、
               カーテンを開けてみれば、しとしと雨に 今年 お初の 蛙の声。


                       被災地にて、私のやうなアレルギーを持っておられたら、
                       地獄の季節となられるのではないかと 胸が痛む。







物干竿の雑巾がお気に入り。
物干竿の雑巾がお気に入り。 posted by (C)りうりう

周りの皆は 冬眠準備に入ったやうなのに、
物干竿にかけた雑巾が気に入り、毎日 ここでくつろぎ、
冬越しそうだったカエルくん。

以前、楽天ブログに掲載した画像ですが、
フォト蔵機能を 初めて試してみるです!


ペンかさ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

タグ : 黄砂 アレルギー 化学物質過敏症 接触性皮膚炎

[ 2011/05/06 17:20 ] 聴きました^^*☆ | TB(0) | CM(0)

『 世界のマエストロ 』






         本日より夫は出勤。


         いつも通り、6時過ぎのJR電車で出立するため5時半起きでお弁当をつくる。


         少年たちは、私の実家で一泊しているため不在で、
         あっという間に 日常に戻った感じ。



            夫を送り出して、ほっと 珈琲を立てる間、テレビ欄を眺めてて、
            22時からのNHK総合にて、『 世界のマエストロ 』発見!



         『 弦楽セレナード 』!! 


          出だしの一瞬で 魂を ひっつかまえられ、
          ゆっさゆっさと ゆさぶられた、あの 音  を聴けるんだぁあ。??





      1992年、岡谷にて収録された
     「 ASIN: B00005FGFF 」のCDが欲しいと
      ずっと 思って来たけれど、
 
      あの日、テレビから流れ出た、あの音にシビれ、
     「 今 」 に1番近い 2009年版を ぽち する。

      サイトウ・キネン の 重厚かつ艶のある 透明な
      美しき音を 楽しめたけれど、あの音、ではなく。

         あの音。 あの深み。
         あの低音の動き。

      それらは、小澤氏が 癌と闘い、
      癌を克服されたからこそ 生まれたものであり
      その 新生・小澤氏の想いに 寄り添うように
      応え続けた サイトウ・キネンの生み出したものなのだ。

    






                   全ての舞台芸術同様、

                   演奏会にて 奏でられる 音 は 生き物で、
 
 
                     その一瞬までに たゆみなく 歩み、培い、
                     磨き抜かれて来たものが、そこで結実する。

                   その音との 出逢いは まさに 一期一会 ――


                   んでも、私が射抜かれた あの音 に
                       また 逢えるかもしれない、と思うと
                                 今から22時が待ち遠しい。


  
ペン登

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

       




[ 2011/01/03 00:00 ] 聴きました^^*☆ | TB(1) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。