今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご心配をお掛けしておりますm(__)m。



 朝晩と、めっきり 肌寒くなって参りました。
 皆さま お変わりございませんか。

 たくさんたくさん ご心配をお掛けしております。

 …なんと申しますか、 少年は ずっと 一進一退の日々で、

 でーん と ゆっくりゆったり。
 おおらかに どっしりと構えよう、と思っているハズの私自身も
 彼に引きずられ、得意とする 「 良かったみつけ 」 もできず、
 物言えば 唇寒く。
 文字中毒であったハズの私が、何も読み書きしたくなく、
 テレビさえも観たくなく。

 ネットも勿論、メールボックスや、
 ともすれば、仕事である社内ネットからも 距離を置き、

 おそらく、私自身も、引き籠りの状況に在ったように思います。



    乱暴を承知で言えば、
    いわゆる 「 五体満足 」 に 生まれ落ち、
    重篤なる病にも侵されずに 生きて在るものは、
    「  」 なる 「 贅沢病 」 に 陥ってる場合ぢゃない、
    こころしなやかに 勁くあれ、
    生きて在れることに感謝せよ、と、
    少年たちにも 言い放って来たものでしたが、

    ここへきて、そんな 不遜な自分に
    こんな しっぺ返しが 待っていようとは 思いもしませんでした。









    入院、退院後も、ほんとに あれこれ ありまして、
    そういう病なのだ、と
    しっかりしっかり私自身に言い聞かせても、言い聞かせても。

    一進一退に 一喜一憂

    引きずられ、揺さぶられ、
    「 良かったみつけ 」 で 浮上した後の 崩落感、眼前暗黒感は半端なく、
    筆舌に尽くし難く。
    1番辛いのは本人でも、この私も きっともたないと感じる日々のなか、
    それでも ようやっと。

    ようよう、長い長いトンネルの先に、
    微かな微かな 灯り を 感じられるようになってきました。



    長い夏休みの間、少年は休学退学かの狭間で散々悩み、苦しみ、

    朝から晩まで、深夜も眠れず、もがき、のたうつ姿に、
    夫も私も、これ以上彼を追い詰めたくなくて、
     「 このままの状態 」 で在れるよう、
    学費も寮費も このまま払い続けて行くことを選択しましたが、

    明日は 払い込みのために 郵便局と銀行へ、という日に、
    少年は 突然 「 辞めてくるわ 」 と 自主退学を決め、
    少年を独りにするのが怖い私や夫の手を振り払って 独りで出立し、
    そして、そのまま音信不通となり――


    電話しても出ず、何の連絡もくれないため、
    やはり独りで行かせるのではなかったと、死ぬほど気を揉むなか、

    彼は 自分の敬愛する教授や保健室の先生方、
    サークルの友人たち、尊敬するバイト先の上司、、等々、
    皆と対峙し、訣別し、寮も引き払って来たのでした。


    荷造り、掃除、奨学金辞退手続き、住民票などなど、
    独りでやり終えたらしい少年に、
    もう大丈夫なのではないか、と 有難く、涙したものですが、

    帰広後の少年は、当分 惚けたような状態が続き、
    少し目を離すと、また湿疹が身体中や顔に出始め。

    何もできない 私自身が 悲しくて 涙の止まらない毎日で。









    現在、少年は この地を離れ、広島の私の実家の母の元に身を寄せ、
    未曾有の就職難と言われるなかで、
    少年は 何処にも 何にも 興味が持てず、
    心身ともに 何処にも 勤まりそうにない自分自身を嫌悪しながらも、

     ようやっと 「 大学の事務員になりたい 」、
     大学生たちとだったら 話ができる、自分でも役に立てるかも、、と
     大学法人への就職を目指して、公務員試験受験のための勉強を始めたらしく。

    一時期とは比べ物にならない程 落ち着いてきている彼に
    これで 良かったんだ、これが彼の時期だったんだ、
    これは、彼にとって 私にとって、
    きっと 必要なこと だったんだ、と 思うことに決め。

    少なくとも、少年に、
    もう 自死してしまうような兆候は見られなくなったことだけでも
    それだけでも有難いのだと こころから感謝し、
    まずは、ゆっくりゆったり 深呼吸しつつ、参ろうと思います。


         彼に引きずられず、
         イイ形で イイ距離で 寄り添うこと が
              できる私になれるでしょうか。。。

              それこそが、私の課題、なのでしょうね――

                      ふぁいと~~~! > ぢぶん!!





希

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



たくさんのメッセージ、メール、本当に有難うございますm(__)m
何度も拝読致しました。 有難うございます。

とりあえず、近況をご報告させていただきましたm(__)m

これから、ゆっくりではありますが、
少しずつ お返事して参りますので、
どうぞ もう暫く お時間下さいますよう m(__)m




スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生きるということ

タグ : ありがとう 一喜一憂 一進一退 鬱病 心療内科 退学 休学 退学届

ピンチがチャンスに。。。ならんかな。




 長々と書けないでいました。

 それは、余りに深刻な地震痕、
 そして、原発問題に 押しつぶされていたのでしたが――。


 4月中旬から、下の少年が 体調不良に端を発した記憶障碍、
 言語障碍、と 深刻なる鬱状況に陥り。

 休学、退学をも見据え、
 1週間 とことん少年と話をし、互いに号泣し、
 そのなかで 初めて 彼が こころを全開にしてくれたようで、
 少し、霧が晴れたように思えていたけれど。


   突然の、義母の入院手術。
   そして 退院直後に脳梗塞を発症し、再入院。


 ドタバタしているうちに、
 大学に戻った少年を取り巻く状況は変わらず、
 少年の状態も 元の木阿弥となり。


 自死の危険も在り、と
 保健室の先生が 少年を説き伏せ、
 明日、心療内科へ付き添って下さるとの連絡を大学から受け、

 取るものもとりあえず 車を飛ばし、
 海沿いの静かなホテルに到着する。


    明朝までは 少年と逢わない方が良いらしく、
    今日は逢えないけれど、
    明日、心療内科の受付で、1ヶ月ぶりに 逢うこととなり。







    まさに 怒涛の如くの濃ゆい毎日だったので。

    こうして 自分だけの時間として
    静かにPCに向き合うのも久々で。

    何から記して良いのかも、こころもとない――



    4月。

    殆んどの友人が 別大学へ進学したり、就職したりして 袂を分かち、
    そのまま県立大の院に進学した少年は、
    これまで 如何に自分が 周りのひとびとに 守られ、
    助けられて来たかを思い知らされ、

    思った以上にダメダメ、実力、能力不足の自分に気づき、
    取るに足らない自分 の 存在意義を見い出せなくなり。


    漢方治療で落ち着いていたアトピーが大暴発し、
    かつての私同様、全身がゾンビ状態となって、
    気も狂わんばかりの灼熱の痒みと痛みと 悲しみと。

    満足に起き上がれず、実験、研究もおぼつかず。
    チームの皆の足をひっぱり、
    将来が 途轍もなく不安になり。


    藻掻き 足掻き のたうち。


    言の葉を満足に紡げず、直前記憶を失い、
    簡単な足し算さえ できなくなっている彼に。


     私の体質を受け継がせてしまったことへの
     申し訳なさと

     私は この子を喪ってしまうのかも知れない という
     凄まじい恐怖と無力感に こころ折れそうな日々を

     重ねて 重ねて 迎える明日。




         君は どんな顔をして 私を見つけるだろうか。



  
        万事、晩熟な少年だから。

        あれもこれも。 それもこれも。

        遅ればせながら、青春まっただなかの彼に、
        きっと 必要な試練であるのだろうと。

            いわゆる 五月病だったよ、と、

            いつの日か
            振り返って そう整理することのできるような
            そんな 道行きでありますように。



希




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : ライフ
テーマ : 生きることは学ぶこと

タグ : 道行き 五月病 親心子不知、子心親不知 心療内科 大学保健室 ありがとう 義母 脳梗塞

搬入。



   8月に 少年が10社から合い見積もりを取って決め、
   20日に 京都のアパートから 搬出していただいた引っ越し屋さんから連絡があり、
   23日、午後1時より、上の少年の荷物が搬入されることになる。
 

   あちらこちらから少量の引っ越し荷物を預かった後、
   搬入に効率的なトラックの手配をするらしく、
   「 搬出後、2週間以内の配送 」 ということでの
   格安( らしい )料金だったのだが、思ったより早く到着することとなり、
   この日 西方面へ出立する予定 だった上の少年の
   出立前な時刻に到着するなんて、願ってもないスケジュールだと
   母子共に 万歳三唱。 


     そして、京都からの少年の荷物の搬入にあたり、
     あれやこれやを また そのまま持って
     何処かの町の修習生となるのであろうから、
     2Fの彼の部屋に上げて貰うより、
     とりあえずの形で 1Fの和室へ ごっそり入れて貰おうと、
     仏間の掃き出し窓を開け、トラックを待つ。


   したらば、引っ越し屋さんは 4tトラックであったために、
   トラックが この地には入れず 
   川向うから 台車で 何度も往復して貰うことになり。 おろおろ


   お引っ越し屋さん曰く、
   据え付けも何も要らないので、かえって楽ですよ、との由だが、
   なんだかとても 申し訳なく、
   上の少年も手伝って、和気藹々に1時間弱で終わった搬入作業。



      例によっての 『 オロナミンC 』 と、
      スタッフさんおふたりだったので、
      ポチ袋に 1000円ずつ 入れてお渡ししたら、
      めちゃくちゃ 喜んでいただけて、こちらが逆に恐縮する。



      



  次は、 このまま 同じ市内の島嶼部へ行く、という引っ越し屋さんをお見送りし、

  
    「 帰ってから ぼちぼち 整理するけん  」


  気持ちは すっかり 西の國 な 少年を駅まで送り、

    殆どが本である段ボール25箱、電子レンジ、机、炬燵、
    布団袋2組、スチールラック、靴スタンド、その他諸々で、
    すっかり埋もれた和室2部屋と
    この部屋に たちまちこもった 少年の 男くささ、に 絶句しつつ、

  リアルに、下の少年の引き上げ時と重ならないで済んだ幸運を想い。


    彼の居ない間に、勝手に 荷物類を触っては マズかろうと、
    においの元凶かも、な、布団袋にだけ触ることを伝えてたため、

      まずは、張り切って? 常用の布団袋を開封し、
      掛け布団や毛布、タオルケット、シーツ、、洗えるものは 全て洗って行く。

      さすがに敷布団は、布団丸洗い、場合によっては 打ち直し、に
      出そうと思っていたけれど、思い切って処分することにし。

      お客さま用の布団袋のなかみは、持って行ったままの
      新品であったため、次回のために しっかり乾して仕舞い、ほっと一息。




           後、タオル類とか、衣類とか 衣類とか 衣類とか。
           君が帰って来るまでに、ちょこちょこっと洗わせて欲しいな。。。




ペンクレーン

出立前の少年が、旅先へ持って行きたい衣服、その他を出そうと
開封した幾つかの段ボールのなかに、
超専門書と一緒な 『 クレヨンしんちゃん 』 発見っ! にっこり


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : ライフ
テーマ : 日々のできごと

タグ : 引越 大学生活 引き揚げ 帰省 一時帰省 搬入 巣立ち前

西へ 西へ。





    上の少年が  8年ぶり、に 私の元へ  帰って来ただぶる


    。。。 と 思ったら。



        「 帰って早々、なんだけれど、
            広島で呑みがあるけん、友人たちを宮島に案内してくるねー。

            せっかくだから、 ついでに ちょっと  福岡方面 へも
              遊びに行ってみようかと思うんだ~ 」  などと言い、

        「 友だちも 何人かおるしね 」 などと ぼやかし、



      修習生前の お貧乏状態にふさわしく、
       バス と カプセルホテル を ネットから手配し、
         そそくさと 23日からご出立の由。



      な~にが 「 せっかく 」 なんだか、よく わかんない、けど、
                    ま、いっかぁぁああ。 おろおろ







溜

もうこれは、
例の彼女さんは 【 彼女さん 】 で 決定ですな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : ライフ
テーマ : ◇つぶやき◇

タグ : 帰省 巣立ち前 旅行 遠距離恋愛 一片の悔い

『 ず~ん 』




   下の少年からメール。


   教育実習校 の文化祭 を観てあげたいので、
   その頃、帰省するよ、と 盂蘭盆帰省時に聞いてはいたが、
   いよいよ この週末なので、土曜日早朝に帰省する、という。


   なんたる模範的な実習生!  と思いきや、
   ついで? に 広島の先輩に逢い、高校のクラブにも顔を出すから、
   自宅には、殆ど居ないし、食事もいらない、と。


        … なんか、「 ついで 」 の方が本命のやうに思える私は素直でない? 


   で、さりげに 聞いて来るのが可愛い。


        「 にぃちゃんに逢える? 」   ははぁ。 こっちが本命か。(笑)


        たっくんは、京都の荷物出しが20日で、
        こっちへ帰って来るのが翌21日だから、入れ違いだね、残念!


   そう返事を送ると、帰って来たメールは、


        「 ず~ん 」


                        3文字。 (笑)。

                        独りで大きくなったやうな顔をして、
                        絶対認めようとしないけど、
                        未だ にぃちゃんっ子 の君。

                        否定しても、否定しても、 
                        やっぱり やっぱり 逢いたいんだね。にっこり




ペンにょきにょき

だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : 学校・教育
テーマ : 大学生活

タグ : 教育実習生 文化祭 帰省 とんぼがえり 仲良きことは美しき哉



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。