今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不期明日。





        明け方、スープの冷めない距離に独り住む 85歳になる義母が
        夜中にトイレに起き、気がついたら、トイレの前の廊下で倒れていた、
        という電話で たたき起こされ、

        すぐに 前日 診ていただいたばかりの内科へ連れて行く。

        先生も驚かれ、丁寧に診ていただいたにもかかわらず、
        何処にも異状がないとのことで、とりあえず安堵したものの、
        原因不明では こころもとない。

        万一のことがあってはいけないので、義母に当日の入浴はヤめて貰い、
        夜まで 一緒におり、様子を伺う。


            義母曰く、 前日朝、私と振り込みに出かけ、
            午後からの 畑仕事で 小さな虫に咬まれた腕が 腫れて痒く、
            また、少々 下痢気味なのもあって、イライラと余り眠れておらず、

            何度もトイレに起きては、その都度 腕に アンモニアを塗布し、
            何やら胸もムカついて来て、疲労困憊していた由 


            それらが重なって、一瞬 気を失ったのではないか、
            倒れていた時間は、そんなに長くなかったように思う、と。


        内科に行くまでは 顔色も悪く、心配したが、
        先生に何処にも異状がない、と言われて 安心したのか、
        血色も良く、いつもと変わらぬ義母の様子に、私も安心し、自宅へ戻る。









        だが 翌朝未明に、再び、義母の電話に叩き起こされ、

           倒れたときに 頭を打っていたようで、
           昨夜 眠ろうと枕に頭を乗せたら、とても痛いのだ。
           でも 瘤はできていないのだ、と 半狂乱になっている。

        その様子に息を呑み、同時に 義父の姿が重なり、心臓が飛び跳ねる。

           義母も私同様に、義父が亡くなる原因となったのが
           頭を打ったことによる 硬膜下血腫であったことを思い起こし、
           一晩中、恐怖に慄いたようなのである。

           それほど 不安にかられながらも、
           深夜に私へ電話するのを遠慮した義母に 胸が痛む。 なみだ

        もう一度、内科へ連れて行け、という義母に、

           ものが二重に見えたりはしないか、
           吐き気はないか、喋りにくくはないか、と尋ね、

        心配ですから 今日は 脳外科のあるところに行きましょう、と言うと

        痛い場所を押せば痛いだけで、なんともないし、
        おとうさんの行ったところには行きたくない。
        昨日の内科でも十分診てくれる。 と 言い張る義母。

           申し訳ないけれど、脳外科で診ていただく方が安心できると思うので、
           おにいさんやおねえさんに相談させて下さい、と言うと

        「 あんちゃんには 心配かけるけん、言いとうなかったんじゃが、
          あんたから 言われるくらいなら、今から わしが自分で電話する! 」

        と 怒って電話が切れる。



  





        長義兄夫婦との話が長くなったのか、 それから1時間経過して、
          「 脳外科に行くことにする 」 と 義母から電話が掛かり、

        義父が行ったところではない脳外科へ行くことに決まったものの、
        その後、長義兄夫婦、義母宅の近隣の方々まで 巻き込んで。
        いろいろ いろいろ いろいろ 紆余曲折。


        義母が痛がった場所に ぽちっと 5mm位の血豆のやうな瘤が見つかり、

          「 こりゃー、ねぇさん、心配なぃわ 」 との

        脳神経外科へ通われるご家族の在られる近隣の御方の鶴の一声で
        結局、みたび 同じ 内科で診ていただくこととなり。


        その御方の一声で、また 血色が戻り、随分元気になった義母を
        内科へ連れて行くと 駐車場がいっぱぃであったため、
        義母を下ろして 受付を済ませ、いったん自宅へ戻り、
        時間を見計らって 行ってみると 駐車場が空いており、義母もいない! ショック ショック

        血の気の引く想いで 受付で尋ねると

         「 すっかりお元気になられて 近くのスーパーに行くと
           おっしゃっておられましたよ 」  (o_ _)oポテッ

        御礼を申し上げるのもそこそこに、すっ飛んでスーパーへ行ってみると、
        義母は 元気に カートへ たくさん食料を積んで、買い回っていた。


            樋工事も始まっているので、
            カートには、職人さんへの果物、お菓子類もたっぷり。


               この様子では きっと大丈夫であろうと 安堵し、
               まずは その場で 長義兄夫婦へメールを送り、
               義母と一緒に義母宅へ戻り、夜まで共に過ごす。



        おそらく、倒れる際、トイレのドアにもたれかかるように
        ずるずると上手に倒れ、最後にトイレのノブに
        こつん、と 頭が当たった程度なのであろう、とのこと。

           「 おとうさんが守って下さったんですね 」

        と 義母に言いながら、本当にそうだ、と想う。


          ひとつ間違えば、倒れたまま 風邪気味の身体を長時間冷やして
          肺炎を起こしていたかも識れず、
          また、倒れ方がまずくて、後頭部を強打していたかも識れず。


               如何に日々元気であっても
               いつ 何が起きてもおかしくはなく、
               義母の年齢ともなれば、なおさらのことである。

 
           今日と同じ 明日が来るとは 限らないことを痛感しつつ、
           2日がかりで、身の縮む想いをしたものの、
           これも 笑い話で済む大騒動だったのだ、と思えば、

           何もかもが有難く、自然に頬が緩みつつ、自宅へ戻るなり 撃沈す。




希

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

ジャンル : ブログ
テーマ : 今日を大切に・・・

タグ : 不期明日 義母 脳外科 今日と同じ明日が来るとは限らない 笑い話で終わる倖せ

[ 2010/11/06 00:00 ] 老い。 | TB(0) | CM(8)

「 こころ しんさい 」






        近隣に在る、義父と同い年(90歳)の義父の従妹が、
        独りで散歩していて転び、脚を骨折して動けなくなっているところを
        ご近所の御方に発見され、2ヶ月近く入院していたのだったが、

        この度、退院の日を迎え、そのまま施設に「 入れられる 」ことになる。

        認知症が酷くなってきており、ご同居のお嫁さんが要請された由であった。

        骨折入院されるまで、義母も毎日のように訪問を受け、食事をねだられたり、
        何時間も同じ昔話につき合わされ、閉口していたものだったけれど。

        とはいえ、外からは、記憶障碍については、さほど深刻なものでないようにみえ、
        ただ生来の好奇心の旺盛さ、我侭さ、頑固さが
        酷くなっている程度のようにみえていた。

           実際には、お風呂にどうしても入ろうとしなかったり、
           食べても食べても飽き足らず、
           「 嫁が食べさせてくれない 」と 近隣に食事をねだりに行ったり、
           時折 お漏らしがあったり、ということで、
           お嫁さんは大変ご苦労されていた由。

        こればっかりは、一緒に暮らしていないと、その大変さの程度ははかれない。



        以下は たまたま 同じ病院へ股関節の手術で入院していた、
        うちの本家のお嫁さんが観た話である。



      




        担当医からの説明で、この整形外科病院を退院したその足で
        施設へ「 入所させられる 」ことを知った義父の従妹は、憤激し、暴れ、号泣し、
        嫁が非道だと、病棟中を車椅子で叫び回る。

        それを泣きながら 息子さんとお嫁さんが追い掛け。


        縋って泣くお嫁さんの手を振りほどきながら、
        憤怒の形相で 見送りに来ていた人々に指を突き付け、

          「 あんたらも! 」

        同じ町の見知った人々を見つけては、ひとりひとりを指差し、


          「 あんたも。 あんたも。 それから あんたも!! 」

          「 こころ しんさい。

            長生きするなら こころ しんさい。

            自分が建てた、その自分の家を追い出される、こんな目に合わんよう。

            身体を大事にし、ことに足腰には気をつけて、
            若いもんに 追い出されんようにすることじゃ。

            わしを嗤うとる あんたらも、行く先は同じことじゃ! 」


         呪いのような言の葉に、皆 俯くことしかできなかった と。

         これを聞かされた義母も、私も。
         また、同様に紡ぐ言の葉もなく、ただ胸が痛い。


            60余年、この地で ずっとこの義父の従妹の傍に在った、
            義母の胸の内は如何ばかりのことか。


         しばし黙っていた義母は、ぽつんと私に、
         過日、入所したばかりの長義兄嫁のおかあさまのことを 誉め称える。


            あのひとも、入所を頑として承知しなかったけれど、
            先生から説得されたら、納得して、後は黙っておられた、と。

            少なくとも、他人さまに醜態は晒さなかった、
            他人さまのこころを乱すようなことはされなかった、と。


         そう言う義母は、他人事ではないのだと、少しは感じただろうか。
         私は 義父の介護以来、私自身のことをずっと考えて、いる――。



            或る程度の年齢まで生き長らえることができたなら、
            とっとと 自分で納得できる施設を選んで入所したい、と切望しているが、

            そのためには、とんでもないお金が必要になるであろうし、
            自宅と少年たちへの仕送りで全て吐き出している今、
            定年までの僅かな年数で、
            いったぃどうやって自分で得ることができようか。



         自分が自分でなくなる――。

         自分ではどうすることもできず、
         脳の霧が晴れたときに、それまでの記憶の欠落に激しく狼狽し、
         不安で悲しく、苦しく、嘆きのなかで、また霧が訪れ。

         この悲劇は 義父のときに 嫌という程思い知らされたものであったが、
         つくづく なんと哀しい、惨い病であることか。
  
         しかし、早くから自分に合う薬に出逢えば、随分と進行が違うようになって来た。


         近い将来、医療で克服できるようになるのではないか。。。
         是非是非 克服できるものであって欲しいと こころから願う。


              老いて 目が濁り、見えにくくなるのは。
              耳が聴こえにくくなるのは。

              もう 若い世代に バトンを渡し、世情から離れなさい、
              ゆっくりゆったり過ごしなさい、との
              神さまからのプレゼントなのだと。

              そう、思うように努めて来たけれど。


                 過去の良き想い出のなかに脳が遊び、
                 世事に惑わされず、ゆっくりゆったり過ごすことも、
                 また善哉ではあるけれど。

                 私自身が私自身でなくなり、
                 自分のことも自分でできなくなってしまって、
                 私の近しい大切なひとびとが そんな私の存在に
                 思い悩むようになってしまっては――
  
                       辛過ぎる、惨過ぎる。


                           時は 無常に流れていくけど、  
                           お金がないと、歳も取れませんんんんんヽ(`Д´)ノ
 


ペンSAD

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/08/29 00:00 ] 老い。 | TB(0) | CM(16)

続 『 難度海 』。







        義父のお墓の草刈と、義母宅周りの休耕田の草刈のため、
        忙しいなか 帰省してくれた長義兄と久々に逢う。


           認知症に苦しんでおられた 長義兄嫁の母上への説得にやっと成功し、
           かねてより申し込んでいた 長義兄宅より車で15分の位置にある
           介護施設( 個室 )へ入所がかなった、と、
           そこはとても明るくて清潔で、良いところなのだ、と、
           長義兄の表情が晴れ晴れと。
           お金も、公的施設??か何かで、入所金不要、月々14万円、との由。


        長義兄嫁は、定年が近かった中学校を退職し、
        隣県のご実家で泊り込みで母上を介護し、長義兄嫁の方が鬱状態に陥り、
        一時は、本当に心配し、胸が痛かった。


        けれどこれで、ようよう、皆が一息つけることに。


      



        現在、長義兄嫁は、介護施設へ通う傍ら、隣県まで足を伸ばし、
        ご実家を処分するための片付けに追われている由にて。


        それと識ったご近所の方々のお餞別をいただき、お返しをしつつ、
        ご両親、そして昔日のご自身たちの大量の家財道具を処分するお気持ちは、
        如何ばかりのことか、と やはり胸が痛い。

        何かにつけ、ウェットな私と違う長義兄嫁だから、
        きっと淡々と粛々と作業を続けておられるのだろう、と想いながらも、
        それでも昔日の想い、ご実家との決別は 万感なる想いでいらっしゃるはず。

        母上には、半世紀以上過ごされた「 ご自宅 」が、もう、ないのだ―――。


              お仏壇については、なかのご本尊と過去帳のみを施設へ持参。




      




            前日は、ひたすら 介護なさる御方の方へ こころが向いた。

            本日は、双方の姿に、胸が痛み、こころ揺れる。


                 どちらも 明日の自分の姿であることを 思い知らされ、
                 改めて 自分の覚悟、に向き合わされ。





                          、、、そこで のたまった
                          義母の 能天気で無神経な言の葉には

                                    天誅!!!(怒)




ペン霧


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/06/20 00:00 ] 老い。 | TB(0) | CM(10)

『 難度海 』。







       義母の付き添いで総合病院へ。


       採血の部屋で義母と順番を待つ。

       1度に4人採血できるデスクに次から次へと名前を呼ばれていく風景は、
       ここに来る誰もが見慣れた風景で、ことさら互いに注意を払うこともない。


       だが、突然、

        「 はいっ 」 という凛としたお声とともに、
         車椅子の御方が進まれたとき、

       そこにいた全員が 何気にその御方をみたのだった。


       車椅子に乗ってはおられても、すっと背筋から首筋が伸びておられ、
       髪は真っ白でいらっしゃるも、お顔は活き活きとしておられ、
       とても身奇麗にされている。

       むしろ、車椅子を押しておられる御方の方が、疲れたお姿なのが気にかかる。


         「 お名前を教えていただけますか 」
         「 生年月日をおっしゃって下さい 」


       看護師さんの声に、きびきび応えられ、

         「 まぁ、百歳におなりですか?
           明治生まれの御方は久しぶりですぅ 」

       トーンの上がる看護師さんのお声に、皆がどよめく。

         「 ごめんなさいね~。 今日は4本採らせて下さいねー 」

       4本の採血を終え、退室されるとき、
       まるで、その御方は、皆の視線を集めたことを意識しておられるかのように、
       胸をはって、口元に笑みを浮かべておられたのであった。


?   ?   ?



          義母は感じ入ったようで、

             凄いのぅ、凄いのぅ。

             どっこも悪そうにないのぅ。

             わしも後16年、頑張れるかのぅ。

          帰宅するまで、その繰り返し。



          私はといへば。


            す  っとそこに在っていらっしゃった御方に敬意を覚えつつも、
               
            ヘルパーさんには見えなかったあの御方は、
            娘さん、であろうか、 お嫁さん、であろうか、と、
            少なくとも私より12~3歳は上でいらっしゃるやうにみえた、
            車椅子を押しておられた御方のことが 気になって。




ペン霧

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





               夫れ浮生なる相をつらつら観ずるに、
          凡そはかなきものは、この世の始中終、
          幻の如くなる一期なり。
          されば、いまだ万歳の人身を受けたりということをきかず。
          一生過ぎやすし。
          今にいたりて、誰か百年の形体をたもつべきや。

          我や先、人や先、今日とも知らず、明日とも知らず、
          遅れ先だつ人は、もとの雫、末の露よりもしげしといえり。

                        蓮如上人 『 白骨の章 』 前半





[ 2009/06/19 00:00 ] 老い。 | TB(0) | CM(14)

ひとりで お花見。







        水曜日。



        先週金曜日から続く、濃ゆい日々の 中休み。
        午前中の義母の通院運転手から やっとのことで解放され、

        急に気温の上昇が続いたため、おたおたしてると見逃しちゃう、と、
        いつもお花見を楽しむダム周りの公園へ行っちゃおうと決め。


        せっかくなので、手早く卵のサンドイッチをつくり、
        いつもは1杯分の豆を4杯分挽いて、香りを楽しみつつ、
        我慢しきれず、ちょっとだけ飲みながら、珈琲をたっぷりポットに入れて。


      



        う"~。。。

        私の大好きな状態からは ちょっとだけもぉ遅し。。。(;;)。


        でもね、でもね、いいの、いいの。
        そんなに葉っぱは出てないし、何より、また 逢えたんだもんね(;;)。




まだ蕾も☆.jpg


        よくよく観たら、蕾だって、まだまだ居るし(//▽//)☆





        平日の昼下がりだからか。

        バーベキューでわぃわぃ騒いでいる集団は、
        近隣の大学生らしい1集団だけ。


        そこから少し離れると、なんだか静かで穏やかな時空が広がり。

        気がつくと車椅子な方々が多い。

           車椅子に乗ったご主人らしき御方を優しく押しておられるご婦人。
           車椅子に乗った年配のご婦人を囲む、おそらくその御方の子ども夫婦。

           よちよち歩きの赤ちゃんを遊ばせる若夫婦。
           それを目を細めて見つめる老夫婦――。 

        どの桜の木の下も、そうしたご家族連れが
        静かにゆったりと桜を愛でておられる風景は、何かあたたかく、何か胸に響く。



根から咲く桜.jpg
  漸く 誰もいない桜を見つけ、ハンカチを敷いて座る。

  サンドイッチを頬張りながら、
  根っこから花を咲かせているところを見つけ、
  カメラを構える。

  そこへ、ディサービスの
  スタッフジャンバーを着た女性に伴われた
  おばあさまがヤって来られ、
  幹を挟んだ隣に陣取られ、お弁当の準備。


  「 ちょっと待ってて下さいね。
    車を動かして来ますから 」




        スタッフの女性にそう言われて独りにされても、全く意に介されず、
        お弁当を食べ始めたおばあさまは、
        カメラを構えて地面を撮っている私に目を留められ、

           「 おねえさん、おねえさん。 いったぃ何をしよってんかのぅ 」

        根に咲く桜を撮影しているのだ、と答え、暫くして

           「 おねえさん、おねえさん。 あなたぁ、いったぃ何をしよってんかのぅ 」


        何度、この会話を交わしたか、判らなくなった頃、スタッフの女性が戻られる。

        おばあさまは、

           「 おねぇさん、おねえさん、
             あそこのひとは、いったぃ何をしよってんかのぅ 」


        このお花見は、おばあさまがせがまれたのか、
        ディサービスの方々のこころ尽くしのことなのか。。。。


        食べることやトイレは自分でできても、直前記憶がなくなってしまう
        アルツハイマーに苦しんだ義父との日々が蘇り、ふっと眩暈が襲う。




              こんなに待ち侘び、こんなにこころ奪われる桜の季節――。

              この愛してやまない いっときの夢、を
              迎えることが哀しかったり、怖かったり、淋しかったり。

              そんな想いを抱えた方々も、この世にはたくさんおられるのだろうと、
              胸が痛くなって、いたたまれず。


              珈琲も飲まず、ポットを持って立ち上がる。




        そのとき。



        ざっと 音がして 風が舞い、

        目の前が白くなるほど 花吹雪が舞う。



ダムの桜.jpg




        そかそか。

        散らずに、私を待っててくれたんだね(;;)。



                     そんなハズはないのに、
                     そんな風に感じられて、涙ひとつ。




ペン小潤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



[ 2009/04/11 00:00 ] 老い。 | TB(0) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。