今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

抱き締める。





     アルフィーの高見沢さんバリの 腰までの縦ロールに、
     なけなしの薄い髭も 海賊のやうに長く伸ばし、
     なんだか、よれよれで、ぼろぼろで、
          とんでもない いでたちの 下の少年の姿に

     失神しそうになりながら、

       いったぃ 少年に何があったのか、尋ねるのも恐ろしく。

     ただ、「 大学を引き上げて、この家に 住む、というのなら
           まずは、その髪と髭を切らなければ許さない! 」

     、、、などと 涙ながらに悲鳴をあげると


     意外とあっさり、抵抗らしい抵抗もせず、
     どちらもその場で 自ら鋏で切り落としたので唖然とする。


       でもって、髪と髭がなくなってみれば、
       その昔、 愛らしかった小学生時代と変わらぬ 幼い顔――


       余りに可愛らしく、こころが締め付けられたので、
       嫌がられるのが分かっていても 思わず 彼に手が伸び、
       おずおずと、でも、ぎゅぅぅと 抱きしめる。


       押しのけられるかと 思ったのに、
       さほど嫌がらず、素直に 抱きしめられたままでいるので
       かえって不思議に思いながら、

         下の少年を こうして 抱きしめることができるなんて、
               いったぃ 何年ぶりだろう、、、
         もう、2度とこんな機会はないだろうから、
               絶対、絶対 この感触を忘れまい!!


                  じーんとしてたら、目が覚めた。 (o_ _)oポテッ


                  やっぱり だったかぁああああ ヽ(`Д´)ノ





溜

目の端が 濡れてたのが めちゃくちゃ悔しい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
                           

スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : ひとりごと

タグ : まさかの夢オチ 吉夢か悪夢か 虫の知らせ

[ 2011/12/10 22:48 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(8)

続 ・ スカートがない!



    8月8日より 体調不良につき 出社できない日の続くなか(悲)、

    職場から指定いただいた 健診 には行かなくてはね! と 諸々を準備中、

      『 婦人科検診には スカート着用のこと 』

    と記載されたリーフレットを観て 硬直する。


    履くと即座にかぶれ、湿疹化していくために
    ほんの数時間でも ストッキングを履けなくなって 10年近く。

    だもんで、この10年、 「 スカート 」 を 一切買っていないし、
    この間で 滅茶苦茶 ふくよか に おなりになられたので、
    処分できずに取ってある(汗) 制服代わりのスーツのスカートたちは、
    どれも、とてもぢゃないが 入らない。 


      どーするんだどーするんだどーするんだ  状態 で、
      押入れ( 箪笥でないところがミソ(笑) )を かき回していたら、

      大昔に買った、ワンピース程度の長さのある チュニックを発見!! 

      これは、イケるんぢゃないの?? 








    ほっと 一息ついて チュニックを鞄に詰めて出発したのだけれど、
    車中で、はた、と気づく。


    えぇと~~。


        … おそらく、乳癌チェックも 午後からで。
        チュニックを着ちゃうと、
        上半身だけ脱ぐ、ということが できないんぢゃ、、、、

        再び、
        どーするんだどーするんだどーするんだ!! 状態に陥る。



おろおろ




        う"ーーー。。。。しょんぼり

        臨床センターに到着するまでの時間、

        ひとりで、散々 おたおた し尽くして
        煮詰まり切ると 開き直る 悪い癖が出て。

        例え、午後から検診を受ける私服な方々のなかで
        私 独りきりだとしても。
        検診着の使用料を 別途 お支払いすることになっても。

        午後からも 検診着をお借りできるよう、
        受付で お願い交渉してみやうと 決め、

        その口上を 脳内で しっかり 反復しつつ、
         ( ドキドキしながら )受付に行く。



        したらば、午後からは 午後からの検診着
        対象者全員に着用していただく予定、とのことで、
        スカートでも スラックスでも、無問題 との由。


           なんだ、それ、的決着に、感謝しつつも

           思わず、前夜からの どきどきおろおろな時間を
           返して欲しいっ と 突っ込みを入れたかった私は
                        こころ 狭すぎ ??  ヽ(`Д´)ノ




今日のひとこと

” 案ずるより ”




** 10年前の記録が残されており、それによれば 身長、1.5cm減。
体重ってば。。。。。。。。(──┬──__──┬──)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : ライフ
テーマ : 今日の出来事

タグ : 健康診断 検診 婦人科検診 検診着 体重増加の悲哀 やせましょう スカート

[ 2011/11/26 22:15 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(6)

「 スカート 」 が ないっ!







   明日は 年に一度の 健診なのだけれど、
   いつもの 総合病院が満杯だったので、
   広島時代から10年前まで利用してた
   広島の臨床センターで受診することになり。


    健診自体は いゃんだけれど、
    なんだか、古巣に戻って来れた気がして、
    ちょっぴり、気分は上向き、、、と思ってたら。


   先程、明日提出する書類その他を確認し、
   ついでに、読み流してた 午後からの婦人科検診についてのリーフレットを
   再読して、硬直する。



    「 スカートを履いて来て下さい 」  


        …スカート、持ってない!!   慌 慌

              正確には 「 持ってたスカートは 全て入らない 」。 (-_-)


          これって、健診着で行うのは午前中までで、午後からは私服。
          でもって、婦人科は、下着を取って順番待ちする、ってこと、だよね?


               …私服姿の方々に混じっての
                下半身バスタオル、、ってのは 避けたいけど、

               今からぢゃ、お店は何処も開いてないし、

               どーするんだ、どーするんだ、どーするんだ!! > ぢぶん

  

   

慌

先日、第9用に ロングスカートをつくったけど、
まさかに それ、で 臨んぢゃ 大爆笑もの(爆)。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : ブログ
テーマ : (´・ω・`)

タグ : 健診 婦人科検診 体重増加の悲哀 やせましょう スカート

[ 2011/11/25 00:16 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(1) | CM(4)

うぬぼれ。




     yuinekoさん に ご縁をいただいて、
     今年、第9 ( 『 第九ひろしま 2011 』 ) に 挑戦する ことに (滝汗)。 


      『 第9 』 は 遠い遠い昔、少年少女合唱団時代に
      原語で歌った経験があるとはいへ、丸っきり 素人同然。

      そゆビギナー向けに 8月からレッスンが開催されているのに
      体調不良により とても参加できず、

      これはちょっと ヤバいかも、と
      ネットで調べると ちゃんとあるんですね、
      第9練習用のパート別CD。









        それで 早速入手して 聴いてみて、ちょっと 愕然として。


              …  だって、決して上手だと思えないし、
                何より、好きくないんだもの(゚゜)\バキ☆


          ソプラノさん、2人か3人で歌ってらっしゃるんだけれど、
          その たかが 2、3人のピッチが揃わない。

          殊に 芯となってる御方の お声が やたら ヒステリックで、
          ビブラート、きつ過ぎ。。。 ソリストぢゃないんだから~~~。 




          …なんて、 ぶーぶー 思ってたんですよ。

           全然 ダメダメぢゃん、って。




                        ぃざ、ぢぶんが歌ってみるまでは!!









脱 脱 脱

深い深い海の底へ 沈んでしまひたひ。。。





…このCDは いろんなことを教えてくれました。

各パートさんが 2,3人で歌ってる意味も。
そのピッチの違いも。

そいでもって、巻末、というか 後半の
発音指導の先生による 『 リズム読み 』 は秀逸。



今日のひとこと

『 眼高手低 』

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




ジャンル : 音楽
テーマ : 合唱・声楽

タグ : 第九 第九ひろしま 合唱練習 パート練習 ソプラノ 練習CD 眼高手低

[ 2011/10/09 23:43 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(0)

大絶叫。



    やっと 書く気になれました(滝汗)。

     某 ぱぱさんは お読みにならないようお願い申し上げます。


ふたば



   7月の火曜日。


   週1で出社した帰りに ミュージカルの練習にも参加し、
   1週間分の気力体力を使い果たして帰宅。

   着替えもそこそこに、朝まで休みたかったけれど、
   終日不在だった熱気が 家中に籠っていたため、
   最後の力を絞り出して 1階の各部屋の窓を
   手探り状態で開けて回り、そのままリビングに倒れ込む。


     暫くして 激しい雨の音に、はっと目醒め、
     雨が 家のなかに降り込んではいけないと、
     窓たちを閉めに回ろうと嫌々起き上がり。

     ケータイのメール着信のランプに気付き、
     開いてみると、夫が帰宅して来るという。

     慌てて時計を観れば、あと15分で夫が駅に着く時刻であり、
     この激しい雨では、自転車での帰宅は無理。 しょんぼり


   この日、夫が帰宅してくるとは思っていなかったので、
   食事の支度もしておらず、迎えにも行かねばならず、
   その前に まずは窓を閉めねばならず、、、
   それに、今からすぐに 夕食用に何がつくれるだろう と
   少し、軽いパニック状態に陥る。

   で、まずは 窓を閉めやうと、
   リビングの灯りを借りて、そのまま暗い和室へ入り、
   窓のところまで行って、閉めようとした――





       したらば、その窓の すぐ横の壁に。
       


       まさに私と1mも離れていないところに



          長ーい 大きなものが


                ずるずる と。



       大きい。 2mは軽く超す。




    驚  うぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ~~~~~っ!!



    腰は抜けなかったけれど 気付いたら 大絶叫してた。
    髪が逆立つ、とは、あんな感じを言うのだろうと思う。



      どうして? なんで?
      いったぃ何処から???
      いつから そこに??




    膝が固まり、まさに硬直状態な私を尻目に


          ずるずると。 でも すばやく

             壁から 襖へ。


    私は、動けず、 でも 眼だけは 「 それ 」 を追う。
    観たくないのに。

    何処へ行くんだろう。 なんとか外へ出せないか。

    でも 「 それ 」は 和室からリビングへ行く勢い。

    頭では、今、和室を締め切るべきだ、と思っている。

    このままだと 見失ってしまうから。
    見失って、家の何処かへ潜まれてしまったら――

    もう家の中で、安心して過ごせない。
    いつ、何処から 出て来るか、判らず、
    天井から ぽたりと 落ちて来られたりしたらたまらない。。。

    そう思っているのに、動けない。

    動けないくせして、
    ほんとに、今、和室を締め切ったら 閉じ込められるだろうか、
    あの壁やふすまは、洗えないよね。
    何度も拭くしかないんだろうか、などとも考えており。

      それに、他の部屋の窓を閉めなくちゃ、だし、
      それに、夫を迎えに行かなきゃ、だし、
 
    今夜 夫が帰宅して来ることに、こころの底から感謝しながら、
    もう1分1秒も、この緊張状態に堪えられないと、

    家のなかの 何処に行っちゃうか判らないのも嫌だけれど、
    和室内を ぐるぐるずるずるされるのも嫌で、
    とにもかくにも 車のキーだけ握って 家を飛び出して行く。

         …和室を締め切ることもせず、玄関にも鍵をかけず。






    駅で 無言のまま夫を乗せて 無言のまま帰宅し、
    玄関の前で足がとまる私。
    訝しむ夫に


       「  家のなかに でっかぃがいる~っ ヽ(`Д´)ノ  」


       「  …なんで??  」


       「  わからんんんんんっ ヽ(`Д´)ノ 」


    長柄箒を手にした夫がまず 家に入り、


       「  もう 和室にはおらんよ?  」

       「  えー。 じゃぁ、もう家には入らんんんん なみだ 」

       「  あ、おったよ! これなら だいぢゃぶだいぢゃぶ にっこり  」


    そう言われて、おそるおそる家の中に入ると
    それ、は、リビングからベランダへ出る窓の下に。

       「  ラッキー 
          お前も 自分ちへ 帰りたかったんぢゃろ?  」 と

     夫は箒で掃き出そうとするのだが、の身体が敷居の溝にハマり、
     なかなか外へ出てくれない。


       「  をつかんだのは 何10年ぶりぢゃゎ  」


     なので、夫が手掴みで 外へ逃がしてくれて 一件落着。









     今回、 自分が 異常状態に 結構 弱い ことを思い知った感じ(-_-)。

     さんに対し、自分は そこまで苦手ぢゃない、と思っていたのに、
     時ならぬとき、しかも 我が家のなかに――
         薄暗いなか、大きなが 自分のすぐ傍にいた、というのは
     想像を絶する恐怖、畏怖感だった。

     3ヶ月経った今も、最初のあの発見時の情景は生々しい記憶であり、
     あの晩、あっさりと夫が解決してくれなかったら、
       これからずっと 夏の夜に、あの和室の戸を開けたり、
        窓を閉めに あの和室へ入室すること自体が
        平気でなくなるトラウマになっていたと 思う。 しょんぼり





絶

なにはともあれ、
田舎育ちで に動じなかった夫に こころから感謝。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




     

ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : ありがとう 騒動 絶叫 トラウマ パニック なんでどうして

[ 2011/09/19 00:10 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。