今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 続 ・ できるひと が できる形 で』



 「 できるひと が できる形で 」



って言の葉は、読めば読むほど、眺めれば眺めるほど、逃げ道いっぱい。

苦し紛れ の 落としどころ、な言の葉ですよね。


押し付けにならないよう、苦慮されたなかでの知恵の結集な言の葉だけど、
今は、これじゃ、だめだ、と思う。


たちまち明日から、集団登下校、毎日の保護者パトロール等、
ひとりひとりの力が必要とされる毎日が始まる今。


「 できるひと が できる形 で 」では、
どうしたって、「 できないひと 」 が出てくるよね。

本当にどう逆立ちしても、どんなに想いがあっても、
物理的にどうしようもない。 今できない、ひとは確かにいらっしゃる。

けれど、殆ど大多数のひとは、
ご自分がご自身を「できない」と決め、そう想っておられるだけ、だ。


拡大解釈、都合いい解釈をされ続け、
果ては「あなた、できるひと、私、できないひと」などと
括っていかれてはたまらない。




  「 できるとき に できる形で 」 



ぅん。 これで行きましょう!!


誰でも。 何かはできるんです。 いつかは。 きっと。


ぅん。 私はこのスタンスで行きたい。 これで 行こう。





    ◆  ◆  ◆




わきさんからのメッセージ、
そして、トラックバックいただいた_AZ_さんの日記を読ませていただいて、

あたかも例えるなら、


_AZ_さんのご主張は、『 信長 』 タイプ。

わきさんの形は、『 秀吉 』 タイプ。

んで、私の悠長な理想論は、『 家康 』 タイプだと感じてしまいました。


んでもね、結局、三者が感じてるところ。
本当は目指したいところ、は、一緒のところなんだよね、と
私には、びしびしと伝わって来ちゃう、と思うのは、読み込み過ぎ、でしょうか。



_AZ_さんは、

  本当に出来ないひとにも、面倒だから出来ないというひとにも、
 「何なら出来る?」と問い掛けることは愚問であるし、
  下手をすると、プレッシャーをかけて脅迫しているようなものになるし、
  どういう聞き方、言い方をしても断られるために、時間と神経の無駄だと。


  > 無理にやって貰っても、どうも無責任で、かえって周りが困る事も多いし。
  > やりたい人だけで やるんでもいいんじゃないかな と。
  > で、集まった人達で「出来る範囲」の仕事をする。
  > 年によっては、広報委員がいないといか、
  > 文化委員がいないとか、
  > それもありなんじゃないかな?と。


一見、乱暴に読めるこれらの言の葉の間から、
それでもひとりでも多くの方々に声を掛け、心配りをされ、
その度にずたずたになって来られた_AZ_さんの切なさが垣間見えます。

あぁ、もう、できるひとだけで、たったかたったか前向いてヤってしまって、
文句言うひとには、勝手に言わせておいて、
あー、もぉ、それでいいぢゃん。
ヤるひとは、工夫して知恵を絞りだしてヤって下さるし、
ヤらないひとは、どうやってしないよーーー。 もぉ、イヤだよーーー。

って、泣いておられる_AZ_さんに、
それでも。
それでも、やっぱり、声掛けて行こう。
ヤるひと、ヤらないひと、の線を取り外したい。
ひとりでも、輪を広げようって、言ってしまいたい私は、鬼かも。。。


だって、ひとは変われる。
横向いてた御方が、2年後執行部に、なんてケースもたくさんあるんですもん。



わきさんは、


  > どちらかというと『できないなら、できるようにしちゃえ!』と
  > いうような奴なので、やりたくない人からは嫌われたかも・・・。


とにもかくにも「できる形」に持っていこうとされ、
役員さんとそうでない会員さんとの軋轢にこころを砕かれたようにお見受けします。





それぞれの学校の、それぞれのPTAに。


どんな行事があって、そのために、どんな役員、委員、係があって、
それぞれにどんな仕事をしているのか。


私は、やっぱり、皆さんに知っていただきたいですね。

少なくとも、今現在、PTAの執行部に在り、
それを執行してきたもの、には、その努力をする責任がある、と考えます。


 「 あ、私、これだったらできる 」と思っていただけるかもしれないし、

 「 これをこんな形に変えていただけるんなら、できそう 」と
   新しい観点からの提案までいただけるかもしれないし、

逆に、皆が皆、
 「 えーー、こんな大変なこと、できない!」と、一斉に退かれるようなら。

それは、「そういうもの」だと思って、受け継いでは来たけれど、
今の時代、実は、人数調整でも如何ともし難いようなものかも知れず、
廃止の方向も含めた、再考の価値がある行事や運営内容かもしれない。


PTAの行事が、役が、何故あるのか、何のために在るのか。

どの学校もどのPTAも、多かれ少なかれ、見直しの時期に来ているのだと思う。



これから、お金がないので、
教職員、保護者共々、同床異夢ながら、同様に右往左往するなかで、
小学校の統廃合、小中一貫、中高一貫、どんどん進んで行きます。


そんななかで、
いざ、コトが起こったとき。

よっしゃ!と、誰もが子どもたちのために、
駆けつけて来て下さるような関係性が築けている学校であれば、
PTAなんて、なくて構わない。


自分の子どもたちだけでなく、周りの子どもたちもしっかり観えており、
学校の抱えている問題、先生方の直面している問題、
クラスの雰囲気、課題、、、、それらのことを、ちゃんと把握できており、
よりよい子育てに向け、誰もが頑張れる体制に常に在るなら、PTAなんて、必要ない。


しかし、現実はどうなんでしょう。


「 コト 」とは、昨今の不幸な事件に限りません。

子どもたちのクラブが全国大会へ初出場が決まった! さぁ、どーする?
学校が、全国国語教育推進モデル校に決まり、
2ヵ月後に全国規模での参観がある! さぁ、どーする?
隣の小学校のクラブと試合中にトラブルになり、喧嘩沙汰にまで発展し、
不幸なことに怪我人が出てしまった! さぁ、どーする?
小学校が来年から隣の小学校へ統合されることになり、片道5km。
毎日我が子を送り迎えしなければ、不安で仕方がない! さぁ、どーする?


今は、我が子に直接かかわりなくとも、
およそ、ありとあらゆることがいつ、どのように起きるか判らない。

そんなとき、一保護者としてどう動き、どう我が子(だけ)を守り抜くのか。

果たして、タイムリーに動けるだけの情報を、自分は持ち合わせているのか。




どうも、私の生き別れの弟であるらしい(笑)かいちょーさんの『 うだうだ考える 』ななかで、


  > というわけで、保護者は学校の様子を知るべきだし、
  > 先生のことを知るべきだし、自分の思いを伝えるべき。
  > そのためにはどうすればいいの?
  > まずは学校に行ってみなきゃ始まらないんじゃない?


と、書いておられました。

なんだか、もう、それに尽きる、ような気がします。


今の時代、保護者が学校を識る、ということ。
学校での子どもたちの様子をしっかり観る、ということ。


子どもたちがどんな表情で授業を受けているか。
子どもたちが、どんな友だちに囲まれ、どんな笑顔をしているか。
先生方がどんなにご努力されているか。或いは手抜きをされてるか。

子どもたちの日々の喜び、悲しみは、何処から生じてきているものなのか。

それらをしっかり観て、識る、ということは、
今の時代、決して「過保護」とかなんとかいう次元ではなく、
学校や我が子に対する自分自身の見識を正す、理解を深める大きなチャンスだし、
現実を観、そのなかで生き抜く力を培おうとしている子どもたちへの応援であり、
学校や先生方に対する「観てるよ」な、
とっても大きなメッセージ(激励、感謝、けん制)になる、と思います。




で、子どもたちが登下校中にまで、いのちの危険がつきまとうようになって来た今、
保護者のパワー、地域のパワーの結集が、まさに望まれている訳で。




どうせなら、PTA活動は楽しく、意義深いものでありたい。

そして、役員さんが流される涙は、達成感での感動の涙だけであって欲しい。

役員じゃない方々が、役員さんを支え、目標を達成していく。

子どもたちには、そんな保護者同士の姿を見て欲しいな、って、やっぱり思う。


そのためにできること。 できる形。 できるとき。

なりふり構わず。

考えて行きたいし、動いて行きたい。(けど、終わっちゃった・(淋))。


メモメモ



スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : PTA

タグ : PTA PTA活動 PTAは何のため PTAの存在意義 できるときにできる形で PTA役員 役員と非役員

[ 2006/01/09 15:31 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(30)

『 できるひと が できる形で 』 ??



先の記事に続いて、あそびすとさんの 『 そろそろPTA 』

★のん★きっずさんの 『 3学期の課題 』 へトラックバックさせていただきます。




あそびすとさんの3)、全文引用 (改行 りうりう)


   > 3)PTA活動

   > どうしても平日昼に偏る活動。
   > もっと活動のバリエーションが増えれば、いろんな人が参加できるという
   > ごもっともな意見と、活動が多すぎるというごもっともな意見。

   >「できる人が出来ること」「やりたい人がやりたいこと」をということが
   > こんなにも難しい。
   > 年2回まわってくるだけの全員持ち回り当番でさえ、負担の声が上がる。

   > できる人が出来ることをすることが、できる人に負担を強いることになり、
   > できる人の好意に甘えることになるという認識、
   > 私自身は、それはできる人の選択なのだから、
   > 負担を強いることにはならないと思っているが、
   > 現実には、そう考えられてはいない。

   > P活動はボランティア活動なのか? サークルなのか? 




う"ぅ。 悲しいよね。


PとTが、子どもたちを守り、あたたかく見つめ、
よりタイムリーなサポートをしていこうとするために、
互いに顔見知りとなり、こころと手をつなぎあうことが、当たり前、でないなんて。


あたかも「 強制 」のように「 負担 」になってくるなんて。


でも、今や、皆が皆忙しく、
貴重な皆さんのお時間や労力を割いていただくお願いをするときに、
その問いかけが、いつだって根本に来る。


うちのPTAでは、幸か不幸か、
公然と「PTA不要論」をぶつけて来られる御方はいらっしゃらなかったが、
私は、【 なくて済むものなら、ない方が幸せなシステムである 】という
逆説のもとに、「PTA必要論」を採っている。


昔、こちらにおいでくださる多くの方々の おそらくきっかけとなった、
  ●  『 PTAは本当に必要か 』
  ●  『  朝の旗振り当番(挨拶運動)考 』 にて、
本文といただいたメッセージへのお答えのなかで、随分思いの丈を綴った。




基本は、『 できるひと が できる形で 』だろう。 どうしたって。


しかし、『 できないひと 』 も、役員さん任せで終わらせるのではなく、
『 どんな形ならできるか 』 考えてみよう、と思ってもらえる活動が必要なのだと思う。
 【 できないひと も どんな形なら できるのか 】



役員さんが1年で交替していく、常に未熟な組織といえるPTA。

その分、毎年毎年、新しい役員さんたちが、手探りしながら体当たりで、
無駄も無理も山ほど体験されながら、それでもなんとか1年を繋いでいかれる。

泣き笑いのなかで、1年前より確実に知り合いを増やされ、笑顔に凄みが増し?、
さまざまに学んで卒業される。



【未熟な組織だからこそ】 大きな魅力が在るとするならば。

私は、そこに大きな希望と期待を生む可能性がある、と考えたい。



役員体験者さんは、是非、その折に感じた想いから、
次期役員さんのこころをサポートしてあげて欲しい。

自分が役員だったときに、悲しかったことが次の役員さんに起きないように。
嬉しかったこと、楽しかったことが、次の役員さんでもそうであるように。


役員さんでない保護者からの、さりげない声掛けや協力は、
新役員さんにとって、とてもこころ励まされるものであり、大きなパワーになる。

そうした温かなこころのサポート関係を皆が感じられるようになったとき、
「役員決め」の際の、あの仁義なき戦いの様相に終止符が打たれるのではないか。



何かことが起こったとき。

やはり頼りになるのは、日頃から交流があって、
気心知れた「顔見知り」であるひとびとであり、
声を掛けて行きやすく、集まりやすい「仲間」である。

さまざまに事情を抱えているのはお互い様なれど、何かこと起きれば、
「 よっしゃ、一肌脱ごう! 」 と言い合える関係。

個々人の輪は小さくとも、
これが、PTAを通じてどんどん増えていき、輪が繋がっていけば、
子どもたちにとって、これほど強力で、安心な頼み綱は他にない。




児童の登下校中に起きた、無残で痛ましい不幸な事件が相次ぎ、
日本全国で、PTAの存在意義、底力、地域の力、といったものが
改めて見直され、内外からテコ入れされつつある今、

『 できるひとが できる形で 』 を 徹底させ、

そしてそこから、1歩も2歩も歩を進めた形を提言したり、
皆で考えていける、素地作りが出来はじめているように感じる。


今。 今、動かねば、もう後はない。

そんなような危機感も、もちろん、抱えつつ。


【完熟していない】組織であるということが魅力のひとつとなるように。


皆で考え、皆で歩んでいく。
あちらこちらにぶつかりながら、皆が学んでいく。
例え歩みが鈍足でも。


【皆で】歩んでいける、進んでいける活動であるように。



役員さんは役員さんで考えよう。
自分たちの活動で、ひとりでも多くの保護者さんの協力を得られるように。
あたたかな共感をいただけるように。


役員さんでないひとは、役員さんでないところで考えよう。
自分があれほど嫌で、負担で、逃げ切った『役員』を引き受けられ、
1年間、歯を食い縛って頑張って下さってるひとが在ることを。

役員でない自分には、関係ないことなのか。
自分は何もしなくていいのかどうかを。


ペン問




ジャンル : 学校・教育
テーマ : PTA

タグ : PTA PTA役員選出 PTA役員決め PTAは何のため 役員と非役員 できるときにできる形で

[ 2006/01/06 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(22)

役員諾否の地域温度差考

うちの中学校は5つの小学校区から成っている。
過疎化している地域もあって、先年、1つの小学校が統廃合され、5つとなった。
20数年前には、小学校が7つあった、とも聞いている。
統廃合にともなう児童の通学バスの問題等々、
大きな問題をさまざまに抱えてるのだが、ここでは触れない。

中学校のPTAの地区理事は、規約で各小学校区から何名と決められており、
割り当てられた人数を出すための小学校区内の地域分けと人数振り分けは、
各小学校区に任されている。

一昨日の騒動は、この小学校区内での人数振り分け会議で勃発した。
そして、この小学校区では毎年起こる。

小さな小学校区ほど地域と密着しており、
日常的に 「 地域が子どもを育て 」 て来ている。
子どもの数も少ないので、毎年役員にならざるを得ないひとも多い。
そして、そういった役員さんの心構えも
「 子どもがお世話になるから当然のこと 」 と、
しっかりできていらっしゃる。
こういった小学校区では、中学校の運動会や町P連バレー、
ソフトの試合なども、地域をあげて参加下さり、
おじいちゃんもおばあちゃんも、一家総出、一族総出で応援に来て下さる。

地域対抗の綱引きや長縄跳びともなれば、
前もって練習して臨んで下さるほど盛り上げて下さる程であるのだが。


その一方で、今回の騒動のようなことが日常茶飯事なのが、大きな小学校区。
小学校区内でも子どもの多い地区、少ない地区とあり、
少ない地区は、前述のように毎年とまでは行かなくても、
2年に1度は役員が回って来ていたりする。兄弟姉妹がいればなおさらのこと。
最初は仕方ない、と思っておられたおかあさん方も段々と理不尽なものを感じて来られる。
地区によって 「 しないひとは絶対にしない、のが許される(まかり通る) 」、のを
目の当たりにされるからである。

そこで、「 私らは毎年なんよ?  絶対損じゃわ~ 」 となる。
そして、これが中学校に入っても同様に続くのだから、不満爆発。
無理もないかな、とも思ったりする。

そして、悔しい想いをされている方々がいらっしゃることを
どうして子ども数の多い大きな地区の方々は思いやれないのかな、と思う。


 「 私さえ、役員を逃げられたらそれでいい 」 になってませんか?


 「 誰か好きなひとがやってくれるわいね 」
 「 うちゃぁ、絶対、死んでも嫌じゃけんね、籤もひかんよ! 」


あなたがそれほど嫌な役員を毎年されている方々がいらっしゃるんですよ。
その方々は、決して暇ではない。 好きで、やっているんじゃない。

農作業の合間を縫って駆けつけてくださる方。
NOと言えず、子ども会もスポーツ少年団のお世話も中心となってされてる方。
夜勤勤務明けの貴重な時間を割いて来てくださる方。
さまざまな事情を抱えながら、それでも任を全うしようとされている。


損とか、得とか、違うでしょうに。
たった1年間ですから。
不本意さを引きずって不満たらたらで役員さんするより、楽しみましょうよ。

我が子がどんな教室で、どんな先生方に教えられ、どんな友人たちに囲まれ、
どんな笑顔を見せてるか。 識りましょうよ。
厳しい時間のやりくりをして、時間の遣い方を学びましょうよ。
たくさんの保護者と出逢い、仲良くなって、世界を広げましょうよ。

それぞれ違う温度差を、手を繋ぐことで温めあいましょうよ。

この1年間で、思春期の子どもたちが、どんなに成長してくれるか。
ご一緒に、楽しんで、わくわくしながら見守りましょうよ。



ジャンル : 学校・教育
テーマ : PTA

タグ : PTA PTA役員選出 PTA役員決め PTAは何のため PTA三役 地域の温度差

「 私は貴女のように、暇ではない 」




昨夜は予想通り、大荒れに荒れた。
6時前に自宅を出、帰宅したら11時前だった。

学年最後の理事会終了後に各小学校区に分かれて、
来年度の地区理事選出について話し合って貰った。
予想通り、子どもの数が減って来ている2つの小学校区が大荒れ。

あるおかあさんの大声が、私の胸を抉る。

「 私はあんたらのように暇じゃぁないんよ!
  自分の子どもすら満足に面倒みきれんのに、
  他人の子どものことや学校のことどころじゃないんじゃけん!
  この1年も籤で当たったけん、仕方なしにやってきたんよ。
  ええ迷惑じゃったわ 」

息がとまるかと思った。
毎年ながら、役員改選につきものの、こういったやり取りには、
覚悟して臨んでいるつもりでも、なかなか慣れることができない。

好き好んで責任を背負い、学校行事に縛られたいひとは誰も居ません。
今の世の中、暇なひとは誰も居ません。

「 だいたいね、PTAなんか 要らん世話よ。
  みんな、しとうないのに、なんでせにゃならんのん。
  PTAなんか、要らんじゃろう?
  私はね、識ったようなことを ひとから偉そうに説教されるん、大っ嫌いよ! 」

PTA活動を長い期間やってると、本当にいろんな保護者に出逢う。
さまざまに事情を抱え、さまざまに頑張っておられる保護者の方々。
そして、その さまざま を 背負わされている子どもたち。

ことある毎に、実にさまざまな保護者の感情が吹き零れ、
思わぬところに落とし穴を見出すことが 多々、ある。

だからこそ。
ひとりの保護者では、ひとりの先生では、子どもたちを守れない。育てられない。

ひとりでは、何もできないから。


ひとりひとりの子どもたちが、来たるべき自立の時期に向け、
幼い自我をぶつけあって、互いに学び、努力して。
自分の足で立ち、社会生活をより良く営んでいけるよう、
健康にすくすくと育って欲しいから。

そのために、保護者として、
先生と保護者同士と手を繋ぎ、協力し合い、子どもたちを見守り育む。

その願い が 形となった PTAでしょうに。


現場を識らず、まるで企業の論理な文科省、教育委員会が、
何かにつけて干渉し、介入してきている。
その強者の論理に、心有る先生方ほど板ばさみで苦しみ 悩まれている。

保護者も皆が皆、自分が生きていくのに忙しい。
きちんとした目的意識や仲間意識に裏打ちされたPTAは、殆どないだろう。
みんなみんな閉塞状況にあるのではないか。

でも、子どもたちを想う、保護者の心はきっと同じのはず。
私たちはそれを信じ、頼みの綱とするしかない。

『 PTA不要論 』 も、好き嫌い、とか 暇とか暇でない、とかでなく、
自校のPTAのあり方、運営の仕方そのものを見なおした、
あくまで具体的で建設的な提案であるなら、
何処の どんな PTA執行部も、いつだって待ち望んでいると思うのだが。




ジャンル : 学校・教育
テーマ : PTA

タグ : PTA PTA役員選出 PTA役員決め PTAは何のため PTA三役 PTA執行部

[ 2005/02/22 18:42 ] 本日のPTA | TB(1) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。