今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続 『 オロナミンC 』 狂騒曲。




        まさかの 全町 『 オロナミンC 』 売り切れ・取り寄せ不可  に、

        恐慌状態に陥りながら、町内を駆け回り、

        隣街の大型スーパー、ドラッグストア、ホームセンター、
        果ては 隣市にまでも オロナミンCを求めて彷徨いながら。


          ” WHY??? ”


        なにゆえ これほどまでに 方々で オロナミンCが 引っ張りだこなのか、
        脳内が 大小さまざまの疑問符でいっぱぃになる。


            これが酷暑のための、ミネラルウォーターやらイオン飲料の
            在庫切れ、という話なら まだ理解できるのだけれど。









        この地の各家庭に オロナミンCと共に 常備されているUCCの缶コーヒー。


        これについては 1つ 理由が思い当たる。


        町政時代の1974年、隣町にて、
        上島珈琲株式会社と技術提携し、缶コーヒーの製造を開始した企業があり、
        大々的にアルバイトを雇用したようで、この地からもたくさん採用され、
        夫も、学生時代のひと夏、ここでバイトをしたらしい。

           夫は、珈琲が苦手の癖して、香りだけは素晴らしく好ましく感じ、
           また、帰りには 毎日のように、缶コーヒーや缶ジュースを
           貰って帰ったものだ、と言う。

        だもんで、この地で UCCの缶コーヒーが常備されているのは、
        日本初の ミルク入り缶コーヒーが 隣町でつくられた、という、
        かつての親近感であったり、かつての地元贔屓的なものが、
        ずっとそのまま生き残っているのではないか、と。


            実際、中国地方の喫茶店の大半がUCC珈琲であり、
            缶コーヒーのシェアも7割近くが
            『 UCCコーヒー ミルク入り 』であったらしい。


        同様に、農協の『 みかんつぶつぶ 』もまた、
        隣町や近隣島嶼部の広島みかんが 原料となっているからかもしれず、
        この憶測は 結構当たってるんぢゃないかと思う。


        だが、『 オロナミンC 』 については 依然皆目判らない。


        必須アミノ酸やビタミンを含んでいるのに、余り薬剤ぽくなく、
        『 嬉しいとメガネが落ちるんですよ 』の大村昆氏のCMや
        ミルクや卵でも割って飲め、老若男女が美味しく飲める、的
        イメージが浸透し切っているから、なのか。









        で、オロナミンCを求めて彷徨うなかで、
        近隣のホームセンターにて スタッフの御方と話していて気付く。

          この地では稲刈りが始まっており、
          丁度また、小中学校の運動会シーズンでもあり。

        んだから、町内の方々がこぞって、オロナミンCを購入されたのだと。


        義母は、
         『 ( だからこそ ) 絶対にオロナミンCがないといかんっ!  』。


         そうおっしゃられても、ないのだから仕方がありませんよね? なみだ

            おそるおそる 宥めるやうに、
            リポビタンDやチオビタなどへの代替を申し出てみたが、
            即座に却下される。

         そんな薬くさいものを 毎日 職人さんには出せない。
         なんとしても オロナミンC を手に入れんにゃぁならん! と。 なみだ
            医薬部外品がダメなら、オロナミンと同じ清涼飲料水である
            『 リアルゴールド 』はどうだろう、と言うと、


         義母の辞書にはなかったらしく、
         そんな訳の判らないものは、絶対にダメだ、と言う。(──┬──__──┬──)


         仕方がないので、80分掛けて広島市まで買いに出かけることにし、
         その前に、義母の用事を済ませるために 町のスーパーに行く。


           「 りうさん、りうさん、たった今、
             オロナミンCのトラックが着きましたよ!!
             何箱 要ってですか?? 」


         顔見知りの店員さんが、トラックまで走り、
         トラックから おろしてすぐに 渡して下さる。 (T^T)(T^T)。


             ありがとありがとありがと。 (T^T)

             気に掛けて下さってたスーパーの御方。
 
             そして、製造が追いつかない状態をクリアして下さった大塚製薬さん。









         なんとか切り抜けた、翌週の出社日。
         お取引先さまが、「 一息入れてください 」 と
         持って来られたのが、『 オロナミンC 』 1箱。  ?

         でぇええ?  この御方の御実家はもしかしてっ。?a

                        椅子からずり落ちそうになる。





              午後2時過ぎ。

              勤務中にとっても眠たくなり、試しに
              冷蔵庫でキンキンに冷えてた『 オロナミンC 』をいただく。

              不思議にすっきり爽やか、目が冴え冴え。

              医薬部外品の栄養ドリンクのような後味の悪さもなく。



                   侮れん!! たらり > 『 オロナミンC 』っ 




ペン疲

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : オロナミンC 慣習 おもてなし UCC缶珈琲 大塚製薬 お土地柄

[ 2010/09/20 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(8)

『 オロナミンC 』  狂騒曲。




        この地では、『 オロナミンC 』 が さまざまな場面で活躍し、
        大層 重宝されていることに、結婚直後から 気付いてはいた。


           他に、UCCの缶コーヒー と
           JAひろしま の 『 みかんつぶつぶ 』 が オロナミンCに続く。


        常にオロナミンCと、UCCかJAの缶が組み合わされ、
        どのお宅にお邪魔しても、お盆の上に丁重に乗せられて、
        振舞われたり、帰りに持たされたりするのである。


           フツーならば、お茶を出される場面で、
           フツーに お盆に乗せられた、これらが
           コップなしで出てくるので、最初は戸惑い、

           私自身はともかく、幼い少年たちには 珈琲は勿論、炭酸飲料など、
           まだまだ飲ませたくなかったのもあり、とても閉口したものだ。


            ** 『 みかんつぶつぶ 』 も、100%果汁なら有難いのに、
                  果汁20% みかん粒10% というもので、
                  みかんの缶詰の如く、ものすご~~~く甘い。 しょんぼり
                  んでも、これを断れば、
                  【 せっかくのおもてなしのこころを足蹴にする 馬鹿嫁 】
                  な レッテルが貼られてしまふのである。
 なみだ



         自治会活動に参加しても、ご葬儀関連の手伝いに出ても、
         この3つのうち 2つは 必ず出される。


         何故、 この3つなのか。


         結婚以来、ずっと不思議であったところ、
         思うに、この3本のソフトドリンクは、
         昔から 販売されているもので、発売当初は、珍しく、

         朝から晩まで 外で田畑仕事に勤しむ農家では、
         客人にお茶をお出しする暇もなく、
         自分たちも、薬缶いっぱぃに沸かした麦茶を
         薬缶ごと外に持って出て、田畑の傍で休憩を取るときに飲む程度。

         そんななか、「 缶ジュース 」や オロナミンCの小瓶は、
         ちょっとした「 おもてなし 」 として出すもの、という
         お茶よりも上、的な 【 格 】を 勝ち取っているのだと
         義母を観ていて 気付いたのだった。 










         で、長引き始めている 義母宅の瓦葺き替え工事 にて、
         職人さんたちに 毎日お出しする定番のなかに、
         この 『 オロナミンC 』 と 『 ポカリスエット 』 があるのだが、

         職人さんには、一口できゅっと飲み切れるものが良い、という義母のこだわりで、
         ポカリスエットは、ちっちゃなくせに割高な
         200ccのペットボトルが良い、缶は缶くさいから良くない、と譲らない。


         で、この200ccのペットボトルを 3箱買って準備したものの、
         朝昼晩で すぐになくなってしまい、

         ついには 町内、隣街、隣市でも見かけなくなり、
         捜し歩くのにギブアップした私は、
         160gのアクエリアスのミニ缶が大量に売られているのを発見し、
         親類筋の酒屋さんからも 義母を説得して貰って、
         無事、アクエリアスの缶への代替を果たしたのだったが。



         ここへ来て、今度は 『 オロナミンC 』 が 売り切れ。 ショック


         町内中、果ては、隣街の大型スーパーまで オロナミンCを求めて彷徨い、
         隣街も、広大なる隣市でも 薬局でも。

         時折、冷却機のなかに 2、3本程度を見つけることができても、
         それで売り切れで、ケース買いなど とてもできない。

         親類筋の酒屋さんへお願いしても、
         問屋さんから貰えない、製造が間に合わないらしい、と言われる。


            何故??

            なにゆえ、オロナミンCが 引っ張りだこなのだ??

            酷暑が続き、ミネラルウォーターやら ポカリ、アクエリアスなどが
            入荷した端からすぐに 売り切れてしまうのは まだ判るのだけれど。


         義母からは、
          リポビタンD、チオビタなどへの代替提案を、全て却下され、
          何が何でもオロナミンCを入手せよ、と 厳命される。



             ” WHY??? ”
          

                                    ( To be continued... )




慌

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
 



ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : オロナミンC 慣習 おもてなし UCC缶珈琲 みかんつぶつぶ 代替不可

[ 2010/09/19 00:00 ] 地域のこと。 | TB(1) | CM(14)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。