今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続 Oh! NooooooOOO!




      水、木と、下の少年の大学合格を祈り、アパートの仮契約のため、
      我が家の歴史に残るであろう、1泊2日の父子2人旅を無事終え、
      父子2人が帰宅したのは午後8時過ぎ。


      どうせなら、夕食を済ませて帰ってきて欲しかったが(゚゜)\バキ☆、
      「 炊きたてのご飯 だけ でいいから 」 というメールには、ほろり。


      とはいへ、 ほんとに ご飯だけ、という訳にも行くまいのぅ。 たらり

      痛む腰に鞭を入れ、手っ取り早くなんとかなりそうなものを考える。


         義母から採れ採れの大根を4本貰っていたので、適当に 休み休み切って、
         豚ブロックと一緒にレンジに掛け、べっこう煮に。

         その間に、お味噌汁をつくり、鰯の缶詰を開け、
         ガーリックとマヨネーズを乗せ、オーブントースターで焼く。
         後は、食べる直前に、夫に大根を鬼おろしでおろして貰おう。
         さすがに、大根はおろせない。

         以上、終わりっ!
         ご飯だけ、でないだけで良し、としてくれたまへ。 



  




       迷いが晴れたか、こころ持ちすっきりした表情の下の少年は、
       花粉症でよれよれの夫と、元気で帰宅し、 
       2人して代わる代わる2日間のできごとを次々に話してくれ、
       ケータイで写した写真もあれこれと見せてくれ、
       まずは、乏しい予算のなかから上々のアパートを契約できたことを喜ぶ。


       12時近くまで、あれこれと盛り上がるなか、
       何気に少年の手元のケータイが目に入り、違和感を覚える。


           ん? んん??


       少年は、中期の大学を受験した後、
       当日大学で配布された、自分の受験番号がシールのようになっているものを、
       ケータイの裏側に貼っていたのだった。

       ちょうどケータイの大きさ程の大きなステッカーである。 数字もデカい。

       あんなところに貼って、だいぢゃぶなのかな? 汚れちゃうぞ?
       剥がれちゃわないのかな?、、などと思ってはいたのだったが、
       少年には少年の想いがあるのだろうから、何も言わないでいた。

       そのシールが見当たらない。


            ん~~~??


       父子旅行に出発するにあたって、自分で剥がしたのか?
       旅行中、何処かの神社に奉納したのか? それとも??
       いったい、どーしたんだろう、と気になる。 訊ねてみやうかな?


       そのとき、そろそろ寝るね、おやすみ、と夫が2階へ上がろうとして、


            ん? んんん?


       夫が何かに驚いたような声をあげ、少年と私の見つめるなか、
       「 ? 」いっぱいで自分のスリッパを脱ぎ、持ち上げて引っ繰り返す。




              少年の受験番号は、少年のケータイから剥がれて落ち、
              夫のスリッパに踏まれ、くちゃくちゃになって、底にひっつき、、、。



              「 おと~~さん!! ヽ(`Д´)ノ 」



慌

(o_ _)oポテッ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

ジャンル : ブログ
テーマ : こんなお話

タグ : 受験票 ゲン 験担ぎ ゲンが悪い 下宿決め 仮契約

[ 2008/03/13 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(14)

Oh! NooooooOOO!




      下の少年は、朝早くから単独でJRにて湯治に出発。
      夜10時まで、たっぷり肌を癒して来ることだろう。 


      私は ぎっくりで痛む腰、膝を庇いつつ、コルセットをきつ~く締め、
      洗濯をしておこうと、そろそろと頑張る。


      やっとの想いで洗濯物を全て洗濯漕に入れ、一息つきながら、
      この後、洗濯漕のなかから衣類を出せるのか?
      ベランダまで、洗い終えた衣類を持って行けるのか?
      ベランダへ降りて、1枚1枚干すことができるのか?

      干せたとしても、ぱんぱんっと皺を伸ばすことはできそうもない。

      勢いで始めてしまった洗濯だったが、なんともこころもとなく、
      もう1日、待った方が良かったかなぁと後悔する。


      でももう、回してしまったものは仕方がないし、なるよーにしかならないし。

      洗い終わった電子音で脱衣室へ赴き、
      さぁ、どうだろう、と恐る恐る洗濯漕のなかに、手を伸ばして行く。


         ん~~、なんとか行けそう。


      1番痛みが来ない姿勢を探しあて、
      くしゃくしゃになっている洗濯物を1枚1枚手探りで出して行く。

      指先に、何か細い紐のようなものが触れ、
      思い当たるものがないので、疑問符いっぱいの頭で恐々と取り出す。



         …   ショック ショック ショック


           Noooo~~!!  ヽ(`Д´)ノ だー



               私の指が探り当てたものは、
                 少年の伯父から贈られた、
                   まさかの 合格祈願 の御守 が。。。。 orz.....



慌

少年は、あちらこちらから、御守をたくさん貰ってたので、
その全部を洗ってしまったのかと蒼くなるが、
一応、この御守だけだったようで、不幸中の幸い??
何故に、これだけ??





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

 

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 出来事

タグ : 御守 合格祈願 ゲン担ぎ 験担ぎ ぎっくり腰 合格御守



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。