今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピンチがチャンスに。。。ならんかな。




 長々と書けないでいました。

 それは、余りに深刻な地震痕、
 そして、原発問題に 押しつぶされていたのでしたが――。


 4月中旬から、下の少年が 体調不良に端を発した記憶障碍、
 言語障碍、と 深刻なる鬱状況に陥り。

 休学、退学をも見据え、
 1週間 とことん少年と話をし、互いに号泣し、
 そのなかで 初めて 彼が こころを全開にしてくれたようで、
 少し、霧が晴れたように思えていたけれど。


   突然の、義母の入院手術。
   そして 退院直後に脳梗塞を発症し、再入院。


 ドタバタしているうちに、
 大学に戻った少年を取り巻く状況は変わらず、
 少年の状態も 元の木阿弥となり。


 自死の危険も在り、と
 保健室の先生が 少年を説き伏せ、
 明日、心療内科へ付き添って下さるとの連絡を大学から受け、

 取るものもとりあえず 車を飛ばし、
 海沿いの静かなホテルに到着する。


    明朝までは 少年と逢わない方が良いらしく、
    今日は逢えないけれど、
    明日、心療内科の受付で、1ヶ月ぶりに 逢うこととなり。







    まさに 怒涛の如くの濃ゆい毎日だったので。

    こうして 自分だけの時間として
    静かにPCに向き合うのも久々で。

    何から記して良いのかも、こころもとない――



    4月。

    殆んどの友人が 別大学へ進学したり、就職したりして 袂を分かち、
    そのまま県立大の院に進学した少年は、
    これまで 如何に自分が 周りのひとびとに 守られ、
    助けられて来たかを思い知らされ、

    思った以上にダメダメ、実力、能力不足の自分に気づき、
    取るに足らない自分 の 存在意義を見い出せなくなり。


    漢方治療で落ち着いていたアトピーが大暴発し、
    かつての私同様、全身がゾンビ状態となって、
    気も狂わんばかりの灼熱の痒みと痛みと 悲しみと。

    満足に起き上がれず、実験、研究もおぼつかず。
    チームの皆の足をひっぱり、
    将来が 途轍もなく不安になり。


    藻掻き 足掻き のたうち。


    言の葉を満足に紡げず、直前記憶を失い、
    簡単な足し算さえ できなくなっている彼に。


     私の体質を受け継がせてしまったことへの
     申し訳なさと

     私は この子を喪ってしまうのかも知れない という
     凄まじい恐怖と無力感に こころ折れそうな日々を

     重ねて 重ねて 迎える明日。




         君は どんな顔をして 私を見つけるだろうか。



  
        万事、晩熟な少年だから。

        あれもこれも。 それもこれも。

        遅ればせながら、青春まっただなかの彼に、
        きっと 必要な試練であるのだろうと。

            いわゆる 五月病だったよ、と、

            いつの日か
            振り返って そう整理することのできるような
            そんな 道行きでありますように。



希




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生きることは学ぶこと

タグ : 道行き 五月病 親心子不知、子心親不知 心療内科 大学保健室 ありがとう 義母 脳梗塞

上の少年との最後の蜜月。



     9月21日 に 上の少年が帰省して以来 、
     朝昼晩と、食事の腕に 半端なく よりをかける、かける(笑)。


     1日の殆んどを キッチンに立つ勢いで、 我ながら、ちょっと可笑しい(滝汗)。


     だってね、彼が 自宅に 2日以上 まったり滞在する なんて、高2以来だし、

     それも、この11月後半に 司法修習先へ旅立てば、
     もう、こんな時間も終わりだ、と思うと、
     毎日が、「 これが、最後の○○かも 」 みたく思えて。 しょんぼり



     頭のなかは 献立や 料理の手順でいっぱぃで、
     こんなペースでは、早晩 自爆してしまう、、、と思っていたが、

     彼も、 内定先からの提案で、
     中國の弁護士事務所へ 2週間の研修に行ったり、
     修習先の住居探しや、友人との自転車旅行やら、
     絶えず 出たり入ったりなので、
     彼の不在中に 思いっきり ずぼらな手抜き三昧をし、
     なんとか 続いている。


     ケーキも 何回、何種類、焼いたことか(笑)。





ヨーグルトケーキ1     ヨーグルトケーキ2
ヨーグルトケーキ 2種 posted by (C)りうりう





バナナケーキ
バナナケーキ posted by (C)りうりう





      3時のお茶に、2人で、挽きたて珈琲に 焼き立てケーキを
      ま~~ったり いただきながら。




           これぞ、極上の倖せ だぶる と 感じつつ。


               どうして、少年たちが 幼き頃に
               こんな時間を持てなかったか。

               こういう時間を 倖せと 感じられなかったか。


                  仕事に PTAに
                  嫁稼業に 、、、バレーに。


               大切なことを。
               そして その配分を。

               根本的に 間違えてたのだ、と 痛感する 日々。しょんぼり






祈




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





ジャンル : ライフ
テーマ : 大切なこと

タグ : 子離れ 親離れ 懺悔 ダメ母 親心子不知、子心親不知 親心子不知 極上の倖せ 手料理

[ 2011/11/21 09:05 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。