今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春の褒章 騒動




    この度、77歳になる夫の従姉が、30年近く保護司を務めたことに対し、
    春の褒章を授かることとなった。

    公私にわたり、頑張って来た従姉の努力が認められた慶事ではあるが、
    褒章授与式に出席するにあたり、一騒動。

    義母が一緒になっておたおたするので、私までぐったり。


       うちのバレークラブが文科大臣賞を受賞し、
       主将緒として賞授与式に文科省へ出席したときも、
       確かに 準備に一騒動だったものだが、
       従姉の場合は、「 皇居 」 である。 


    授与式に出席するにあたっての文書には、こと細かい決まりごと。
    私が 直接その文書を見た訳ではないが、聞いたところによると、

      ● 受章者は和服。 ( 慶事正式礼装 黒留袖 )
      ● 付き添いを必ず1名。 ( 慶事正式礼装 )
      ● きちんと着付けをし、絶対に着崩れないようこころする。
      ● 前日は早めによく休み、トイレに行かなくても済むよう水分を取らない。
      ● 当日は早めに参内する。( 地方者は、前日東京入り、宿泊要 )


    う"~。
    こ~んな厳格なこと、本当に天皇・皇后両陛下が望んでいらっしゃるのかなぁ。

    國から栄典をいただく、となれば当然、の ケジメ、ハレの姿、なのかなぁ。。。

    んでも、民草が社会・公共・文化活動で褒章を受けるとなれば、高齢者が殆どのはず。

    高齢者が和服正装で、着崩れしないようにと、あらかじめ注意を受け、
    トイレも制限されるとなれば、心身にかなりの負担が掛かるのではないだろうか。

    名誉を受けるのであるから、呼びつけられても旅費その他、勿論全て自己負担。


       従姉の場合、黒留袖は年代物であり、10数年袖を通していないため、
       この際新調したい、と望んだが、一式揃えれば、和服だけで100万円は下らず、
       それを持って移動するのもかなりの負担になることから、
       渋々貸衣装で済ませることになった。

       それでも、市中の格式高い貸衣装屋さんを回り、
       気に入るものを選んで選んで、東京へ送っていただく手配をし、
       当日早朝からの髪のセットと着付けを予約し。

       下着類は新調し、殊に股間の開く 和服用のショーツの入手に苦労する。
       万一を考え、紙オムツにしちゃう? などと笑えない冗談も。

       長男に会社を2日休んで貰って、付き添って貰うことにし、
       2人分の旅費宿泊費、その他で、やはり総額100万円近く掛かる、という。

          。。そのせいか? 授与式に欠席される方々、毎回数多い、という。


    ぐわぁああ。

    長年の普段の活動に授与されるものであったりするのに。
    和服慶事正式礼装でないと、お金がないと、褒章も受けられない。

    何といっても、高齢者がトイレに半日行けない授与式。
    これって、やっぱり何処か、おかしい。 何処か ヘン。

    そう感じる私の方がおかしいのかな。


ペン問



スポンサーサイト

ジャンル : 政治・経済
テーマ : 思うのは私だけ?

タグ : 春の褒章 褒章授与式 正式礼装 高齢者の正式礼装

[ 2007/05/12 00:00 ] 驚き 桃の木 @@ | TB(0) | CM(14)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。