今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

抱き締める。





     アルフィーの高見沢さんバリの 腰までの縦ロールに、
     なけなしの薄い髭も 海賊のやうに長く伸ばし、
     なんだか、よれよれで、ぼろぼろで、
          とんでもない いでたちの 下の少年の姿に

     失神しそうになりながら、

       いったぃ 少年に何があったのか、尋ねるのも恐ろしく。

     ただ、「 大学を引き上げて、この家に 住む、というのなら
           まずは、その髪と髭を切らなければ許さない! 」

     、、、などと 涙ながらに悲鳴をあげると


     意外とあっさり、抵抗らしい抵抗もせず、
     どちらもその場で 自ら鋏で切り落としたので唖然とする。


       でもって、髪と髭がなくなってみれば、
       その昔、 愛らしかった小学生時代と変わらぬ 幼い顔――


       余りに可愛らしく、こころが締め付けられたので、
       嫌がられるのが分かっていても 思わず 彼に手が伸び、
       おずおずと、でも、ぎゅぅぅと 抱きしめる。


       押しのけられるかと 思ったのに、
       さほど嫌がらず、素直に 抱きしめられたままでいるので
       かえって不思議に思いながら、

         下の少年を こうして 抱きしめることができるなんて、
               いったぃ 何年ぶりだろう、、、
         もう、2度とこんな機会はないだろうから、
               絶対、絶対 この感触を忘れまい!!


                  じーんとしてたら、目が覚めた。 (o_ _)oポテッ


                  やっぱり だったかぁああああ ヽ(`Д´)ノ





溜

目の端が 濡れてたのが めちゃくちゃ悔しい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
                           

スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : ひとりごと

タグ : まさかの夢オチ 吉夢か悪夢か 虫の知らせ

[ 2011/12/10 22:48 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(8)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。