今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飲酒未遂事件。




       22日。


       下の少年は中学時代のバスケ仲間と映画を観に広島市へ。

       夕食は帰宅して食べる。
       明日夜は高校バスケの仲間たちと焼肉バイキングだから、
       おそらくこれが最後の晩餐になるよ、との由だったので、

       結構長逗留であったため、彼の好物尽くしも底をついて来たなぁ、と思いつつ、
       メインは、やはり彼の大好物である鶏モモの唐揚に決め、

       揚げ物ついでに、オクラの天麩羅もすることにし、
       最後となれば、夫も帰宅するだろうから、夫には鯵の塩焼き、と決める。

       スーパーに買い出しに行くと、
       今日が賞味期限で3割引になっている鶏モモをゲットして、ラッキー♪

       鯵は、青鯵というのを初めて観る。
       きれいな流線型とゼイゴの姿は、鯵のままなのに、
       青鯵とはよく言ったもので、背中が鯖そっくりの青。
 
       いつもの真鯵が同じ大きさで980円するのに、その3分の1の値段に、
       美味しくないのか?? う"~ん?? 迷いながらも青鯵をゲット!

       帰宅してすぐ、鶏モモをガーリック、酒、しょうゆに漬け込み、
        「 青鯵 」 でググってみると、
       本当は 断面が丸みを帯びているため、丸鯵というのらしいのだが、
       背中が青いことから、青鯵と呼ばれることが多いらしい。
             * 関西では、丸鯵の幼魚を青鯵と呼ぶらしい。
               鳥取では、鯖鯵とも。

       結構ポピュラーな鯵のようであるが、これまで広島では見かけなかったなぁ。。

         これも重油高やら真鯵高騰の影響なのだろうか。

       悲しかったのは、かなりウロコがあったこと( ┬_┬)。
       私が鯵を好きなのは、美味しいのもあるけれど、
       ウロコとりが、ゼイゴを取るだけで済む、その簡単さにもあったのに(゚゜)\バキ☆



    



       そろそろ少年が帰宅してくるだろうと、油を温めていたら、
       少年から、1つ電車が遅れるけど、帰って食べるから、との由。


       で、1電車遅れて帰って来た少年が、
       鶏を揚げている私の横で、電車に遅れた顛末を
       大事件のように囀ってくれた内容に爆笑する。


         曰く、友人たちに、
         どうしてもこのメンバーで飲みに行ってみたいと、強引に誘われた。
         何度も断ったが、皆、広島の大学生、浪人生であり、
         今度いつ、僕を交えて飲みに行けるか判らない、と言われた。
         散々誘われて断りきれなくなり、ぢゃ1杯だけなら、と
         広島駅近くにある 居酒屋さんへ入った のだそうである。 


         ところが、店員さんに怪しまれ、年齢チェックを受け、
         見事に全員が放り出された、とのことであった。 (爆)


             皆は、こっそり何度かこうした経験があるらしく、
             これまで年齢チェックなど受けたことがなかったため、
             全ては 子ども子どもした仁のせい、ということになり、
             帰りの電車のなかで からかいまくられたと口を尖らせる。


        あひゃひゃひゃ(爆)(爆)。

        少年は、友人たちも自分とどっこぃどっこぃではないか と思っているらしく、
        自分のせいにされたのがとても不本意だと、憮然としていたが、
        ぃゃぃゃぃゃ、 友人たち は 正しい (笑)。

        全国チェーンの居酒屋さん、との由だったが、営業にならないのに、
        よくぞ年齢チェックをして下さいました。 感謝、感謝。 


        少年には、涙を拭き吹き、

          良かったぢゃん! 法律違反を犯さなくて済んだぢゃん?

          遅咲きの君は、今、どんどん身長が伸びてるでしょ。
          身体も、きっと脳も、せっかくまだ成長してくれてるのに、
          アルコールを入れたら、ダメになっちゃうよ。 勿体ないぢゃん。

          幾ら断りきれなかったから、と言っても、居酒屋に入ったら、君も同罪。

          とにもかくにも、20歳まではダメなの。 そう決まってるの!

        釘をしっかり刺しておく。

        アルコール大好きの上の少年に比して、下の少年は苦手らしいので、
        実のところは 余り心配はしていないのだが。


 
       「 めちゃくちゃ美味し~! 」

        倖せそうに唐揚を次々平らげる君は、全然変わってないようにみえる。
 


                   「 見るからに大学生 」のお子たち、に対し、
                    きちんと 年齢チェックをして下さったお店の方に感謝!

                    、、、もしかして高校生かと思われたかも。 




ペンクレーン

だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : ★大学生活★

タグ : 大学生 飲酒 年齢チェック 童顔 居酒屋 ありがとう



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。