今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

原爆忌 前夜。



Image199
        今年も 職場の皆で
        昼食休憩の時間を利用して 祈鶴を折る。

        声をあげてくれた独身組の後輩たちのお蔭で
        千羽鶴を折り始めて 早や4年目を迎え、
        独身組の後輩たちも 全員ミセスになった。

        他愛もない お喋りもしながら、
        最後は、厳しい後輩に、
        鶴の折り方がぬるい、 嘴が捻じれてる、
        などと 血の気が引くやうなチェックを受けつつ。




2011祈鶴
      大事なのは、忘れないこと。

     「 なかったこと 」 に してしまわないこと。

      鶴を折ったから、といって、
      何がどう変わる訳でもないことを
      誰もが識っている。

      ただ、鶴を折る過程において。
      祈りを 形として目にする、その瞬間において。

      祈りのこころは共有され、
      ひとは想いを新たにし、
      また、一歩、
      前に踏み出して歩いていけるのではないか。

      想いを等しくする ひとびとの
      鶴を折る祈りに背中をおされて。



    2011祈鶴 posted by (C)りうりう







               そして この鶴は 再生され
               世界の子どもたちの未来への糧となる――               





2011祈鶴2
2011祈鶴2 posted by (C)りうりう




         今年、後輩が奉納してくれたのは
         遠く、石川県からの能美の中学校の作品、『 絆 』 の 隣。

         写メが届き、
         石川県の中学生たち の 祈りのこころの傍らに
         私たちの祈りのこころが 寄り添う姿に 胸が熱くなる。






         爪に折紙のインクがつく程、
         きっちり しっかり 折っていく後輩に
         厳しいダメ出しを喰らうまいと、懸命に。
         美しく美しく 鶴を折ろうと 集中しながら、
         鶴を形づくっていくなかで、
         否応なく 来し方 行く末に 想いが向かう。


         後輩のお蔭で、こうして毎年 原爆忌に向け
         鶴を折る、ということが 恒例となり。

         鶴を折る行為に 立ち返る そのこと そのものが、
         日々、( 風化に向けて ) 流されていく自分にとって、
         とても 大切なことかも知れないと
         気付かされた原点に立ち返る。

         そして、「 恒例化 」 は
         決して 「 風化 」 の始まりではないこと。
         ひとの こころの 問題でしかないことを 改めて。

         鶴を折る自分、その自分の足元、自分の生きて在る場所。
         しっかり見つめ 考える時間を重ねることこそが
         大切なのだと、改めて 想い。


         加えて今年は。
         未曾有の國難に際し、この國で溢れ出る放射能の前に。

         どんなに 國を 己れ自身を 見つめ、考え、想いを深めようとも
          【 動かねば ダメなのだ 】
          【 息長く続けて行かねば ダメなのだ 】 と 気付かされる。






原爆の子の像
原爆の子の像 posted by (C)りうりう




希

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 大切なこと

タグ : 原爆忌 千羽鶴 折鶴 祈鶴 千羽鶴再生プロジェクト ヒロシマ 原爆の子の像

[ 2011/08/05 23:59 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

65回目の原爆忌。




       祈。 




          祈。 >  世界の恒久平和。

          希。 >  核廃絶。




       8月が近付くにつれ、こころが重たく つらくなる。

       広島 が ヒロシマ と なった日を迎えなくては ならないから。


         夏の訪れとともに そこかしこが
         慟哭渦巻く磁場に変わっていくのを肌で感じ、
         子どもの頃は、夏休みになるのが、本当に辛かった。


         自分の踏みしめる大地が、幾多のひとびとの血と骨と灰であることに
         否応なく向き合わされ、突きつけられ、
         ただただ 俯いて 震えながら 手を合わせることしかできず。


           当時は まだまだ「 鎮魂 」といった空気よりは、
           生々しい 悲しみ、怒り、怨みの念、
           そして独り生き残った母の背負う、
             どうして自分が生かされたのか、
             自分独りが生きて在ることへの 重み、申し訳なさ、後ろめたさ。


         どろどろどろ と そんなようなもので溢れ、
         四方から放たれる灼熱の慟哭を 肌いっぱいに浴びて 私は育った。








        戦後も65年を経過し、菅直人首相の私的諮問機関に
        『 新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会 』があるという。


         そこでは、

          非核三原則見直し提言  がなされ、
          武器輸出三原則も見直す よう提言された由。



       『 新たな時代 』――。


         なんと こころ踊る、未来に向かう 輝かしい言の葉であるか。

         そう、私たちは「 同じところ 」に在り続けてはならない。

         前に向かって 歩を進めねばならぬ。


         しかし、


          それが、【 非核三原則の見直し 】。

                少なくとも 核を持ち込ませることはOKにせねば。 とか、

          【 武器輸出 三原則の見直し 】。

               「 国益のため 」 なら 何でもあり、と。


         そっちの方向へ歩を進めるのであれば 話は別である。



         世界の核大国に 核を捨てよと 先頭を切って言うことのできる、
         そう行動を起こすべきであるはずの 世界唯一の被爆國は、

         大量の犠牲者の御霊に 何を学ぶこともなく、
          「 新たな時代 」を迎えることができるのか。

         65年経過した現在の核爆弾の威力たるや。


             ビキニ環礁が世界遺産となるらしいが、
             そこで行われた水爆実験では ヒロシマ原爆の940倍。
             かつてのソ連の実験の最大級は、ヒロシマ原爆の3,600倍。


         放射能の撒き散らす生物への被害は、けた違いのものばかり。

         で、それを( 核抑止力として )「 使用するために 」搭載されたものを
         基地配備されることを許す、と? 

         で、国益のため、経費節減のため、
         諸外国と武器を共同開発し、輸出も自由化しちゃう、と??




         何処へ行こうとしているのだ。


              原発のための 日本の分離プルトニウム保有量は
              既に 核爆弾5000発以上に相当し、
              とうに「 隠れた核大国 」だとも言われている被爆國は。




千羽鶴の行方1008
千羽鶴の行方1008 posted by (C)りうりう





       65年も経過し、実体験を語り継ぐ方々が減って来られている今だからこそ。

       6月23日 沖縄「 慰霊の日 」、2つの原爆忌、終戦の日。

       この4つの日くらいは、
       全国民が服喪する、鎮魂の日でありたい、と こころから想う。


       それは、鎮魂の想いとともに、2度と過ちを繰り返さないために。
       あの戦争を経て、今、自分たちが生きて在れることに感謝するために。


       強制ではなく、皆が自然にこころからそう思える。
       手を合わせる想い。 頭を垂れる想い。
       そんな國であるためには、何をどうして、どう在ればいいのだろう。





祈鶴1008
祈鶴1008 posted by (C)りうりう




今年も、平和を祈念し、職場の7人全員で千羽鶴を折る。



折鶴は 祈鶴。



鶴を折ったから、といって、何がどう変わる訳でもない。


けれど、戦没者を悼み、平和を願う、
民草の祈りのこころが込められた折鶴のひとつひとつに。

それを折っていく過程において。
それを形として目にする、その瞬間において。

祈りのこころは共有され、ひとは想いを新たにし、
また、一歩、前に踏み出して歩いていけるのではないか。

形にせずにはいられなかった想いを
等しくするひとびとの 祈りのこころに 背中をおされて。





、、、鶴を折るだけで、昨年、一昨年の想いがたち返る。


それは 日々、流されていく自分にとって、
とても 大切なことではなかろうか、と気付く。


鶴を折りながら、
鶴を折る自分、その自分の足元、自分の生きて在る場所。
しっかり見つめ 考える時間を重ねること。





      






          オキナワ、ヒロシマ、ナガサキが、
          遠い過去の歴史物語として風化し、
          忘れ去れられて行くことの恐ろしさをこころから憂う。


          あの戦争で、失われたいのちは、全て等しく同じ。

          戦地で落とされたいのちも、空襲の被害にあわれたいのちも、
          飢えて落とされたいのちも、
          操を守れと教えられ、自死されたいのちも。。。!


             しかし、被爆者の染色体にまで異常を起こさせる核の被害は、
             一過性のものではない、ということで確かに特別なものであり、

             核開発そのものが、決して許してはならない、人類の過ちである。


         ひとつのいのちについて考えることは、
         多くのいのちについて考えることにつながる。


         風化させない!


         まるで、「 なかったこと 」 のように 戦争被害を忘れ、
         輝かしい【 新しい時代 】 に 入ることは許されない。  




            それぞれのひとびとが、それぞれの立場で。
            さまざまな観方をし、とらえつつ、
            それぞれの平和について、考え続けられるように。


            にんげん、として考え、思惟を重ね。

            できること を できる形 で。

            声をあげなきゃならんときは、声が出るように。
            ヤらなきゃならん ときは ヤることができるように。



                        いつだって、この足を。

                                 前に。 前に。。。!




千羽鶴の行方10083
千羽鶴の行方10083 posted by (C)りうりう


希

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


今年は 米国から駐日大使を迎え、
国連総長もお迎えすることができ。

核傘下に在らねば 安穏と生きていけない全世界の在り方を
少しは変える 変えていける 一陣の風になり得るか。



        ●  『 夕凪の街 桜の国 』

        ●  『 ヒロシマ前夜に想うこと 』

        ●  『 夕凪の街 桜の国 ふたたび 』

        ●  『 ナガサキの日に 』 ( 『 生ましめんかな 』 )

        ●  「 みたび 『 夕凪の街 桜の国 』 」



ジャンル : ライフ
テーマ : 生き方

タグ : 原爆忌 ヒロシマ 千羽鶴 折鶴 祈鶴 新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会

[ 2010/08/06 00:00 ] 徒然草 | TB(0) | CM(5)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。