今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

熊野 の 筆。




       広島県には、3つの特産物がある。


       1つには、いわずと知れた 広島牡蠣。
       2つ目は、縫い針。 ( 縫い針の全国シェアは驚異の100% )

       そして、筆。


       なかでも、私の通勤途中にある熊野町は『 筆の里 』と呼ばれ、
       熊野の筆は、国内生産量の8割を占める。

       1935年から始まった 『 筆まつり 』は、
       現在も毎年9月23日に行われ、町政の町をあげての大規模なものである。



       とはいえ、書道用の筆は戦後めっきり需要が減り、
       危機感を覚えた熊野町は、鋏を入れない赤ちゃん髪の毛でつくる『 胎毛筆 』、
       そして、お化粧のときにつかう『 化粧筆 』に力を入れ、
       殊に、化粧筆、化粧ブラシは、その高い品質に、
       芸能界中心にファンが増え、ハリウッドなどでももてはやされることとなった。


       1975年には伝統的工芸品の指定を受け、
       現在、1500人強の熊野筆の技術者を擁し、伝統工芸士は17名。

        ( 広島県で経済産業大臣から伝統的工芸品の指定を受けているのは4つ。

            熊野筆……文具 1975年、広島仏壇…仏壇・仏具 1978年
            宮島細工…木工品 1982年、福山琴……その他工芸品 1985年 )

       だが、伝統の熊野筆も、
       原料高騰の折から、毛は中国やカナダから輸入されているし、
       軸は町内どころか、国内各地の竹だけでは採算に合わず、
       中国や台湾からの輸入品が使用されている。

       そして、中国などからの安価な輸入筆の台頭、後継者問題。

       女性たちの間で、化粧筆のブランドとして引っ張りだこの「 熊野筆 」も、
       ニッポンの「 伝統工芸 」の抱える問題からは逃げられない。







       その 「 熊野筆 」 の 頬紅用の化粧筆を、職場の後輩から 贈られる。

       後輩の母上の伝で、たくさん手に入ったから、というのである。

       私はメイクをしないので、まるっきり不要であるし、
       そんな私がこんな立派な高級筆を持つのは勿体無いため、固辞したのだが、
       みんなに1本ずつ、と母から言われたから、と後輩は譲らない。

       それなら、誰か貰って欲しい、と後輩たちに言うと、
       奪い合いになっちゃうからか、後輩たちも遠慮して、誰も挙手してくれない。


         う"~ん。。。
         それなら、、、、そうだ、会社に置いておいて、
         ノートPCのキーボードを綺麗にするのに使おうかな。。


       ぼそっと呟いた途端、職場の空気が一気に冷え冷えとし、
       後輩たちの非難の眼差しが一斉に飛んで来た。 (o_ _)oポテッ


           え~ん。 んぢゃ、私に、いったいどーしろと~。  汗



       結局、机の引き出しの肥やしになってしまって、
       一番勿体ないことになっていたのだが、
       この度、良き使い道を思いついた。 


       珈琲メーカーで珈琲を5杯分入れては、それを1日2~3回飲んでいた私が、
       ここ2年は、ちゃんと1杯分ずつ丁寧に豆を挽き、1日3杯まで、と決め、
       大切に味わって飲んで来た。


       この珈琲ミルのお掃除にどうだろうか(//▽//)☆☆

       ミルについてるブラシぢゃ、あまりにちっちゃくて硬くて、面倒なんだもん。
       これなら、毎日、大事に使うし、
       使う度に後輩や母君にも感謝できるというもの。   
                            、、、、 え??  ダメ ??
 
       試しに、1回、手の甲を筆でくるくるっと撫でてみた。
       柔らかいのにこしがあって、とても気持ちがいい。 ちびハート
       ほっと安らぐ感じ。

       チークパウダー も きっとイイ感じで含むのだろう。
       自分に似合う、お気に入りのチークをこの筆に適量含ませ、
       頬にあて、美しく装っていく悦びは、きっと倖せなことなのだろうな。



                で、この筆をケータイで撮ってここに載せよう、と思ったら、
                筆がない! ショック ショック ショック
                     また、我が家に こびとさんが~~~(゚゜)\バキ☆


汗

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 大切なこと

タグ : 熊野筆 筆まつり 化粧筆 特産物 広島 こびとさん



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。