今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母の渋皮煮 (追記あり)




    夏布団では寒くなった、と 電話の向こうで 夫が言う。

    そりゃそーだ、可愛想にと、早朝、冬布団を積んで、夫の寮へ届けた帰り。


    上水道布設工事に伴う我が家の枝管連結が 10時から開始予定。
    だもんで、それまでに帰宅せねば、車庫入れが出来なくなり、
    義母宅へ車を持って行くようになってしまうため、一刻の猶予もならなかったが、

    それでも母の顔をひとめ見たい、と実家へ向けてハンドルを切る。


    いつもなら、私の車の音が聞こえたら、
    玄関から転げ出るように飛んで来るのに、出て来ない。

    連絡もせずにやって来たから、留守なのか。
    ま、いーか。 お仏壇に手を合わせ、すぐ近くの父の墓へ参れればいいや。

    そう思って車から降りて、庭へ入ると玄関が大きく開け放たれている。


       ??


    勝手知ったる実家ではあるが、チャイムを鳴らしてみた。

      「 おはよ~~! 」 と声を掛けても、応えがない。

    仕方がないので、勝手に上がりこみ、お仏壇に手を合わせて、
    墓参りグッズを手に、外へ出る。

    念の為、玄関は閉め、お墓用の水を汲もうと散水栓までやって来たら。


    母は一心不乱に庭の手入れをしており、その横でタロが尻尾を振っていた。  orz....


      「 もしもし? お耳が遠くなられましたか? 」


      「 !!! … だぶる 」


    驚いて私を見上げた顔が、嬉々と笑み崩れていった貴女の顔を、私は決して忘れない。



  




    一緒に 父の墓へ参った後、珈琲ぐらいは飲んで行け、というので、
    キッチンまで ついて上がると。

         いい栗が手に入ったから、つい、貴女の分も作ってしまった。
         明日、冷凍便で送ろうと思っていたのが通じたんだね。

         貴女は貴女で 作るだろうけれど、
         たまには、私の渋皮煮も食べてよね。

    珈琲をたててくれながら、母は、
    ざっと70個はあるのではないだろうか。  
    たくさんの渋皮煮の包みを冷凍庫から出し、そのまま保冷バックに入れてくれた。


    たまには、だなんて。 なみだ
    母から貰ったレシピだけれど 私はきび砂糖で作るから、
    栗の色は真っ黒だし、お味も、黒蜜のような味が強い。

    だけど、お料理には 三温糖を使う母も、栗の渋皮煮だけは、上砂糖でつくる。
    母の渋皮煮は、それは上品で美味しいのだ。 
    ホームシック も相まって、私は、どんなに 食べたかったことだろう。



栗の渋皮煮
母の渋皮煮 posted by (C)りうりう

中央の器は ありのみさん から譲っていただいたもの 



    母を想うこころが、こうしてつながっていること。

    この倖せがいつまでも、いつまでも続きますよう。

ペン感謝

だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




   追記) 本日は、TVその他をシャットアウトしていたため、
       北朝鮮の地下核実験成功、とのことをたった今、ぱぱさんの日記で識った。

       すぐにTVをつけたが、どの局もニュースはしておらず、
       ネットのニュースページを漁った。

       怒・怒・怒!!! 

       する、と言ったけれど、まさかそこまで愚かではあるまい、と思った。
       国内向けのニュースでも喧伝してたので、それでもちょっと不安ではあった。

       しかし、あの地で、ちゃんとできるのか?
       それだけの設備、技術、あるというのか?

       自分たち同朋の水や空気、大丈夫なのか??

       最後のカードをここでこう切って、それからどーなる?

       愚か過ぎ! > 北朝鮮!

雷   雷   雷


スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 小さな幸せ

タグ : 栗の渋皮煮 ありがとう ホームシック 母の渋皮煮



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。