今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母の渋皮煮 (追記あり)




    夏布団では寒くなった、と 電話の向こうで 夫が言う。

    そりゃそーだ、可愛想にと、早朝、冬布団を積んで、夫の寮へ届けた帰り。


    上水道布設工事に伴う我が家の枝管連結が 10時から開始予定。
    だもんで、それまでに帰宅せねば、車庫入れが出来なくなり、
    義母宅へ車を持って行くようになってしまうため、一刻の猶予もならなかったが、

    それでも母の顔をひとめ見たい、と実家へ向けてハンドルを切る。


    いつもなら、私の車の音が聞こえたら、
    玄関から転げ出るように飛んで来るのに、出て来ない。

    連絡もせずにやって来たから、留守なのか。
    ま、いーか。 お仏壇に手を合わせ、すぐ近くの父の墓へ参れればいいや。

    そう思って車から降りて、庭へ入ると玄関が大きく開け放たれている。


       ??


    勝手知ったる実家ではあるが、チャイムを鳴らしてみた。

      「 おはよ~~! 」 と声を掛けても、応えがない。

    仕方がないので、勝手に上がりこみ、お仏壇に手を合わせて、
    墓参りグッズを手に、外へ出る。

    念の為、玄関は閉め、お墓用の水を汲もうと散水栓までやって来たら。


    母は一心不乱に庭の手入れをしており、その横でタロが尻尾を振っていた。  orz....


      「 もしもし? お耳が遠くなられましたか? 」


      「 !!! … だぶる 」


    驚いて私を見上げた顔が、嬉々と笑み崩れていった貴女の顔を、私は決して忘れない。



  




    一緒に 父の墓へ参った後、珈琲ぐらいは飲んで行け、というので、
    キッチンまで ついて上がると。

         いい栗が手に入ったから、つい、貴女の分も作ってしまった。
         明日、冷凍便で送ろうと思っていたのが通じたんだね。

         貴女は貴女で 作るだろうけれど、
         たまには、私の渋皮煮も食べてよね。

    珈琲をたててくれながら、母は、
    ざっと70個はあるのではないだろうか。  
    たくさんの渋皮煮の包みを冷凍庫から出し、そのまま保冷バックに入れてくれた。


    たまには、だなんて。 なみだ
    母から貰ったレシピだけれど 私はきび砂糖で作るから、
    栗の色は真っ黒だし、お味も、黒蜜のような味が強い。

    だけど、お料理には 三温糖を使う母も、栗の渋皮煮だけは、上砂糖でつくる。
    母の渋皮煮は、それは上品で美味しいのだ。 
    ホームシック も相まって、私は、どんなに 食べたかったことだろう。



栗の渋皮煮
母の渋皮煮 posted by (C)りうりう

中央の器は ありのみさん から譲っていただいたもの 



    母を想うこころが、こうしてつながっていること。

    この倖せがいつまでも、いつまでも続きますよう。

ペン感謝

だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




   追記) 本日は、TVその他をシャットアウトしていたため、
       北朝鮮の地下核実験成功、とのことをたった今、ぱぱさんの日記で識った。

       すぐにTVをつけたが、どの局もニュースはしておらず、
       ネットのニュースページを漁った。

       怒・怒・怒!!! 

       する、と言ったけれど、まさかそこまで愚かではあるまい、と思った。
       国内向けのニュースでも喧伝してたので、それでもちょっと不安ではあった。

       しかし、あの地で、ちゃんとできるのか?
       それだけの設備、技術、あるというのか?

       自分たち同朋の水や空気、大丈夫なのか??

       最後のカードをここでこう切って、それからどーなる?

       愚か過ぎ! > 北朝鮮!

雷   雷   雷


スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 小さな幸せ

タグ : 栗の渋皮煮 ありがとう ホームシック 母の渋皮煮

母のレシピ の 栗渋皮煮




結婚時に、母からA5版の黒のルーズリーフ手帳を贈られた。


その手帳には、母のお手製でインデックスがつけられ、
母の手書きの覚書が並んでいた。


仕事一途で、非婚主義。
仕事上、プラスになると感じ、茶道と華道は少し学んだが、
いわゆる花嫁修業など、ひとつもしなかった私。


母はせめて、私の休みの日に、
女性として、少しでもきちんとしたものを伝えようと、
茶道、華道はもとより、料理や洋裁、和裁等々を教えようとしてくれた。


だが、私は休みの日も殆ど仕事関係で出掛けていたし、
たまに家に在れば惰眠を貪るばかりで、
休日に家に在って、母を手伝ったり、料理を共に作ったり、など、
全くしない「いまどきの」困った不届きな奴であったため、
母としては不本意で、不出来な娘であり、
家から出すにあたって、多分に不安で、責任を感じていたのだと思う。



このノートには、例えば、和服のページがある。
 私の和服の種類、寸法、小物類。
 それぞれの手入れのための一口メモ。

例えば、寝具(母はてづくりの布団を持たせてくれた)について。
 布団の種類、枚数、それぞれの寸法。 シーツの種類、枚数、寸法など。


なかでも大活躍したのは、母のお得意レシピだった。
家で手伝うこともなく、料理ひとつ作らなかった私に、
せめて、母は自慢の料理や私が大好きだった料理を伝えたかったのだと思う。


このノートを受け取ったとき、涙した。
少しでも母の想いを受け継ごう、見習おう、と思った。


以来、このノートは常に私の傍らにあり、
種々の私の覚書が増えていきつつある。


   ◆  ◆  ◆


そのなかの 【 栗の渋皮煮 】。 

手間も時間も掛かるが、絶品である。
今年は、日曜夜から月曜にかけてつくった。

皆さんも如何ですか☆


● 栗…鬼皮をとったもの  1kg (しばらく水につけておくと簡単に剥ける)

●【A】重曹(タンサン)  小2             ×3~4
    水(湯)      4カップ (栗が隠れるくらい)×3~4

●【B】水         3カップ
    砂糖        500g (私は、きび砂糖400g)
    塩         小4分の1

●ブランデー        4分の1カップ


 1) 【A】に栗を入れて、水から煮たてる。

 2) 煮立ったら、トロ火で5分間そのまま煮る。

 3) 2 の湯を捨て、別の温湯で栗を丁寧に洗う。

 4) 2 ~ 3 を3~4回繰り返す。
          (今度はお湯から。 その都度、タンサン小2が必要)

 5) 【B】を別鍋に煮立てて、シロップを作る。

 6) 栗を 5 に入れ、トロ火で1時間煮る。

 7) 6 を自然に1時間冷まし、シロップを栗に含ませるようにする。

 8) 栗とシロップを分けて、シロップのみを煮詰める。

 9) 栗を入れて、小さな火で煮含め、最後にブランデーを入れる。




栗の渋皮煮
栗の渋皮煮 posted by (C)りうりう

** 画像は 06/10/09  のもの。
FC2へのお引っ越しで挿入してみました。 



手間隙が掛かりますが、失敗は少なく、自慢の一品になりますです。 はーと

冷凍保存可能です。

鬼皮がはじけると煮崩れますので、お気をつけください。

私はきび砂糖や黒砂糖を使うので、煮詰めたシロップは黒光りがしています。
シロップを充分からめて冷やし、
大ぶりで形のよいものを一個一個、
お弁当用のアルミケースに入れると とっても 豪華。 
お客さまのお茶うけにもお出しできますし、
ラッピングすれば、和風のマロングラッセのようで、個々にプレゼントできるです☆




ペンイェーィ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



※ 今週の読了本メモ 

『DEATH NOTE』8 大場つぐみ・小畑健/集英社ジャンプコミックス
『遠日奇談』、『蔦蔓奇談』、『童子切奇談』、『雨衣奇談』、『嶋子奇談』、『貘夢奇談』
椹野道流/講談社X文庫



ジャンル : グルメ
テーマ : レシピ

タグ : 栗の渋皮煮 レシピ 母のレシピ 渋皮煮

[ 2005/10/01 22:44 ] レシピ☆ | TB(0) | CM(24)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。