今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

義母の班の神社当番。



   今年のGWは、長義兄の長女の海外結婚式、次義兄の次男が受験生(後日記述)等々で、
   昨年に続いて、義兄たちの帰省なし。 \(^o^)/☆☆☆


   例年は、こうだったり、 こうだったり、 こうだったり、と

   盆暮正月、農繁期に次ぐ、恐怖・悪夢のGWなのである。
   んでもって、夫は休みぢゃないし。
   めちゃくちゃ てんてこまい だったのが 嘘のよう。


       とってもとっても有難いけれど、
       義母は不本意で、淋しくて、

         「 やっぱり、おとうさんがおらんようになるとサエんのぅ 」と愚痴る。

       それは義父がいなくなったから、なのではなく、
       孫たちが皆それぞれ長じて、それぞれに忙しく、
       無理をしても皆が集まれなくなって来ているのだ、と言ったのだが、
       頭では理解しても、義母のこころが納得してくれない。

       こうして私は、何処にも行かず、ちゃんと義母の傍に仕えているのに、
       それは「当たり前」で、喜んではくれないのか~~~ぃ。

       いつだって、GWだから、といってレジャーも何もなく、
       貴女の傍に在るのに。

                     私だって、遊びたいし、何処かへ行きたいぞ~~!


 




    今年度の義母の班では、義母が班長。

    義母の手に余るようなことはお手伝いをしているが、
    昨夜、班会議があり、神社の当番についてモメにモメた、という。

  
       これまでは、神社への寄附集め、祭り準備等の班内割り当ては
       班内の氏子が中心になってヤって来たが、氏子も高齢化してきたため、
       氏子ばかりではキツいので、班内で全世帯が持ち回りでヤって欲しい。

   
    との提案が出され、
    持ち回りで当番が当たって、できない場合はお金ではなく、
    代わりのひとを出して欲しい、というところで喧喧諤諤となったそうである。


    82歳の義母が当番になるのは6年後。

      「 寄附金集めはともかく、祭りの前夜から準備を手伝い、餅を搗いたり、
        行列にも付き添って町内を練り歩くなんてとてもできない。
        お金で勘弁して貰えないだろうか 」

    義母がそういうと、氏子連のひとは、

      「 お宅には三男さんが帰っておられるし、
        三男さんがダメなら、長男さんに帰って貰えば済むことじゃ 」 と。
 
    義母はカンカンになっていたが、
    でも確かに、皆がお金で済ませたら、結局誰もお世話をするひとがいないことになる。。

    
    、、、これ、多分、どーせ、私がするようになるんだろうな。。。orz....

    って、6年後、といったら、ちょうど 我が家も神社当番ぢゃん!?! ショック  

    でぇええ。  し~らないっと。 そのときが来たら悩もう>ぢぶん。


溜

氏子の高齢化って言ってるけど、
本当のところは、氏子さんたちの神社離れ、だと思うなぁ。。。(゚゜)\バキ☆



スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : 神社 鎮守 氏子 当番 持ち回り 高齢化

[ 2007/04/30 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。