今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ランドセル考


 『 ワンランク上の 』


   今や10数色もあるランドセル。

   夏頃から始まったランドセルのCMで、
   『 ワンランク上の 』 というフレーズに 耳を疑い、
   思わず 二度見した。


   『 ワンランク上の 』 ランドセルとは、

      ● 高品質な材質 ( 人工皮革、皮革 )
         ( 本体は上質で軽い人工皮革、
           背当てと肩ベルトの裏にはソフト牛革 )
      ● 持ち手、ラウンドポケット、自動ロックなど、フルスペック機能。
      ● 多種にわたるデザイン・刺繍。


   そのお値段たるや、5万、6万円は当たり前。
    「 完全オーダーメイド 」 なんてのもあり、10万円前後のものも。


   な、な、なんというご時世になってしまったんだ。


   いったぃ なんのための ランドセル なんだ。






    かくいう 私は、制服反対派で、
    少年たちの小学校の制服をなくして来た し、

    ランドセルで、「 男の子は黒! 女の子は赤!! 」
    なんていうのは 許し難いナンセンスさだと感じて来たし、
    子どもの頃は、赤がイヤで、黒のランドセルが欲しかったものだけど。

    んだから、イエローやピンクのランドセルが登場しても
    そこは、選択の幅が出て良かったね、位に思ったけど、

    10数色、というのは ヤり過ぎだと思うし、
    在庫抱えて大変じゃない? って思うし、

    まして、ランドセルにハートや星の刺繍が入ってたり、
    型押ししてあるのは、、、確かに見た目は可愛いけど、
    【 個性化 】 というんではなく、
    なんかどっか違う!! と 思えてならないのだけど。


    小柄なお子に対し、大きくて重たいランドセルは 可愛想で、
    雨風に強く、手入れも楽で、軽~ぃランドセルへの工夫努力や、
    お子たちの安全や、プリント、学用品入れのために
    便利な工夫、改良は とっても大切なことだと思う。


    でもそれが、見た目を可愛くすることに費やされるのは、
    私は 違うと思う~~~。

       見た目が可愛く 美しく、
       「 ワンランク上の 」 と言われれば、
       そりゃ じじばば は 孫可愛さに こぞって買いに走るさ。

       でも じじばばが居なかったり、
       そんな余裕のない家庭のお子たちは、
       例え 新品の立派なランドセルを買って貰っても、
       ハートや星がないことで、悲しい想いをしなくちゃならない。




    どうして、小学校では ランドセルが必要なの??



       どんなに大切に使ったとしても 成長期の6年。

       むしろ身体の成長に合わせ、
       ランドセルが窮屈になったら、
       もっと楽な鞄に さっさと替えてあげたい。

       そんなものに、標準価格5万円て。
       
        「 ワンランク上の 」 なんて、
        そんなに  ランドセルに差をつけたいのなら、
        お子たちの個性を大切にしたいのなら、
        ランドセルなんてヤめてしまえばイイと思う。

       どっか おかしいよ。

       キラキラの可愛いランドセルに
       6万も7万もフツーに支払える。
       そんなに 私たちは お金持ちなの??

       そんなに 私たちは お金持ちの國に在るの??




?



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 小学校

タグ : ランドセル 小学校 制服 規則 ワンランク上 見た目 見栄

[ 2012/11/14 10:59 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(4)

学級文庫を考える



他校の公開授業を見学する際、
私の独自のチェックポイントに、図書室はもちろん、
それぞれの学級文庫がある。

それぞれの教室で、それぞれの教室らしさを象徴しているかのように、
個性あふれる本たちが並び、貸出システムも様々。
いろんな形で学級文庫が存在している。( ない教室もある )

● 児童の持ち寄り型。
● 先生の私的蔵書。
● 先生の私的蔵書+図書室から持ち出され、2~4週間毎に入れ替え。
● 司書さんの全面協力で、定期的に推薦図書が図書室から巡回される。などなど。

全国的に「朝の10分間読書」が浸透しており、
以来、学級文庫の存在はかなり見直され、子どもたち主導・参画型も増え、
驚くほど充実してきているという。


昨日、コメントをいただいたあ~さんままさんのところは、
あ~さんままさんの個人蔵書が豊富であるために、
自然な形で、後ろのロッカーの上に常時300冊。 度々入れ替えておられる。
よそのクラスからも借りに来るほど人気な学級文庫。
う"~ん、私も借りに行きたい!!

で。
いろんな形で在る、学級文庫。
子どもたちの学校での大半を過ごす教室の傍らにいつも在る学級文庫。
図書室より身近で、楽しい。
子どもたちの声が直に反映され、
子どもたちの要望に添う在り方に柔軟に変身していける。

今や、子どもたちにとっては、
学校の図書室は班学習などで、調べものをするところ。
あるいは、「 読み聞かせ 」 の時間に行って見る、位のところでしかない場合が多い。


  


正直、先生方にとってはどうなのか。 
保護者にとって、どうなのか。

裏で色々と見聞きし、驚いたことがある。
学級文庫は、先生にとって他教室に具体的な「モノ」(本の質・量)で比べられ、
負担で仕方がない、というものである。

また、低学年高学年関わらず、マナー、ルールが遵守されないこと。
気軽に楽しんで本を手にする、ということと、
マナーを守る、ということが何故に両立しないのか。

こんなことまで毎日毎日、学校の先生に教えられないとダメなのか。
これでは、持ち寄り型でも先生の私的蔵書でも、
お気に入りの本、大切な本はなかなか学級文庫に持って来られない。
傷んでもなくなっても構わない本ばかりが並ぶ学級文庫は、
一種独特の荒んだ雰囲気が漂う。

保護者は、学級文庫が充実している先生が担任だと誇らしい。
荒んだ雰囲気の学級文庫の先生だと、情けない、不信感が出る。
また、保護者によっては、充実している学級文庫の本のジャンルに不満があり、
「文学」もの以外は置いて欲しくない、と、これまた不信感。

ここで、どうして、PとTが話し合えないのかな、と外から観て思う。
何のためにクラス懇談会があるのだろう、と。
先生だって、自分のクラスの学級文庫を楽しいものにしたい。
質や量的になんとかならなくても、いろんな智恵を出し合って、工夫して、
子どもたちのための学級文庫にしたい。
ホームルームを利用して、子どもたちとは何度も話し合われたはずだ。

そうでなくても忙しい先生方は、学級文庫で頭を痛める時間が惜しい、
と言われるケースまである。
( 私個人は、これって大事なことなのに、とは思ってる )

ルールやマナーに関しては、ホームルームで話し合えば、
常識的なところに結論はいつも落ちつく。
それでも相変わらず守れず、盛り上がらない。
子どもたちは、他の学級の学級文庫を羨んでばかり。

、、というのは、先生のモチベーションは下がるばかりだし、
これって、もう家庭内の教育範囲では?と思ってしまう私が在る。


また、学級文庫と、図書室との兼ね合い、連動性はどうなのだろう。
それぞれの学校、先生方それぞれの取り組み方で大きく異なっているようだが。

学級文庫。
とても良い形で成功してるよ、というケースがあったり、ご存知でしたら、
是非、ご教示下さい。




ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 学級文庫 学級文庫の在り方 図書室 PTA 小学校

[ 2005/03/30 18:25 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(18)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。