今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたのジョーシキ 私の非常識。




   ピアノ教師をしていらっしゃるとらトクさんち で、
   時折、「 若いおかあさん方 」のマナーやご姿勢を拝読する。


      例えば、お月謝を 「 ほぃ、 集金  」 とぽぃっと渡すお子たち。
      それをなんとも思わないおかあさんたち。

      出張レッスン先で、「 ため息 」と一緒に月謝袋を渡されたり。

     「 ピアノの先生って高給とりやってママが言ってたよ 」 と生徒さんに言われたり。

     「 面倒やし引き落としにしてくれんけ 」 とタメ口で言うおかあさん。。。


   これまで 拝読する度に驚いたもので、
   今、こうして書き出してみても、改めて驚いてしまうが、
   今日のこの日は 脳がぶっ飛んだ。


      いつもよりお月謝袋がパンパンに膨らんで重い。
      とらトクさんが中を確認されたところ、

    1000円分がまるまる10円玉だった 由。 ショックショック


   。。。ありえない!  ありえない!
   余りのことに、私には、もう、ネタ、としか思えない。
   ていうか、むしろ、ネタであって欲しい。しょんぼり


   10円玉を 100枚数えて入れたおかあさん。  大変だったでしょ?

   んでも、先生も、それを100枚数えて確認しなくちゃならないこと、気付かない?

      自動販売機にだって、小銭の投入枚数に制限がある。
      小売店でも拒否権がある。

   それを、お子たちがお世話になっている先生にお月謝で出すなんて、ありえない!

      私たちの時代は、できるだけ新札で。
      おつりは絶対要らないようにきっちりと。
      これ、鉄則だったように思う。
      私は、何かでお金を集められるときなどは、今も必ずそうしてる。







   先日も、とある御方のブログで、
   ご同居のお義父さまからのあれこれの物言いにヘコんでいらした御方に、
   「 申し訳ないけれども、私はお義父さまに一票 」と書いてしまった。

       運動靴を洗面台で洗う。
       お子たちにTVを観せながら、散髪をリビングでする。
       外で使用したピクニックシートを部屋のなかに持ち込む。。。。

    この御方は、この御方なりの理由があってそうされているのだが、
    こうしたことに、いちいち義父上から小言を言われ、嫌でたまらない、のだと。

    で、私は、私もお義父さまと同じ考えだから、お義父さまのお気持ちが判るかも、
    とつい、書いてしまって。

    したらば、お返事は、

       自分の実家ではこうしてきたし、そのイエ、そのイエで 常識 が違う。
       だから、大勢で共に暮らすことは難しいのだ。

    ということだった。



    。。。私も夫の両親に、様々なことを注意され、叱られて来た。

    その都度、自分の至らなさが悲しかったし、
    最初からの同居ではないから、私のヤり方、というのは既に確立していて、
    納得できないことについては、実家との余りの違いに実家が恋しかった。


       それとこれとは同じ?


    ひとにはそれぞれの価値観があり、それは、互いに尊重されるべきものであるけれど。

    何か、何処か違う。

    どちらも「 常識 」、と思うなら、
    共に暮らしたりしていく上で、この違いは大きく、どうかすると重たいので、
    常識のすり合わせが必要なのではないか。

    自分が「 常識 」だと思うことの理解も求めず、年長者に譲ることもせず、
    「 煩いから 」と、見つからないように隠れて、自分流儀を貫くのは、
    私には不和の素のように思われてならない。
 

    、、、話がそれた。。。。(o_ _)oポテッ


      例えば、「 先生 」に対し、畏敬の念を抱け、と強制するものではない。
      自然と畏敬されるような、尊敬されるような、
      お子たちに目標として貰えるような先生たれ、と思う。


        でも、例えば習い事のレッスンに、幼いお子たちだけを来させ、
        親が全く面識も交流も持とうとしなくて、どうやって、
        その先生を「 良し 」とし、大切なお子たちを委ねられるのか?

        レッスンを観もしないで、多人数で一斉にできる珠算塾などと比較し、
        「 ピアノ教師は高給取り 」などと、どうしてお子たちに言えるのか?

        お月謝に 千円分を10円玉で出すことができるのか?


      ジョーシキ対比表、みたいなものをつくってみたら、
      年代別の余りの違いに笑えるかも。  あ、40代は 1年毎に表にしてみて欲しい。。。(笑)



…



スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 習い事

タグ : 常識 常識と非常識 価値観 価値観の違い 月謝 世代差 尊重

[ 2007/03/09 22:30 ] 驚き 桃の木 @@ | TB(0) | CM(39)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。