今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

それぞれの 『 リビング・ウィル 』





      今期のドラマは、観たい!と思ってしまったものが多く、
      ただいまHDDにどんどん蓄積中。(o_ _)oポテッ


      連続ドラマは、連載書物と同じく、
      続きが気になって気になって、何も手につかなくなる傾向大の困った私。
      だもんで、できるだけ遠去かっていたいのに、なかなかそうも行かず(悲)。

      できるだけ、最終回を迎えてから一気に観て行くようにしているのだが、
      シリアスな医師もの に弱いため、

      今期は TBS 『 Tomorrow 』 と フジ 『 コード・ブルー 』。

      ついつい観てしまい、最終回を目前に途轍もなくヤキモキしている(-_-)。



      で、31日の『 Tomorrow 』には 泣かされてしまったため、少々覚書。
                          ( ネタバレではありません、多分。 たらり


      




     『 リビング・ウィル 』 ――。


      私が初めて目にしたのは、22年前。
      最愛の父のそれ、である。

      母、弟、私、夫の4人、それぞれに宛て、
      見事な父の達筆が書き遺されていた。


     『 リビング・ウィル 』については、
     『 エンディング・ノート 』 絡みで、随分とブログに書いて来た。
                     ( 『 続・人生50年 』 などなど )

      で、31日の『 Tomorrow 』で、私が大きな感銘を受けたのは、
      ドラマのなかに出て来た『 リビング・ウィルの続き 』、である。


  
    



        或る女性が脳内出血で突然倒れ、自力呼吸が困難となる。
        彼女は、夫宛のリビング・ウィルを封書に入れて、常に持ち歩いていた。

        夫はそれを知りつつ、意識不明のまま、自力回復の見込みもない妻に、
        人工呼吸器をつけるか否かの選択を迫られ、延命治療を望む。

        妻が尊厳死を望んでいることを知りながら、妻に生きていて欲しいと願った夫は、
        自己嫌悪に陥りながら、人工呼吸器をつけた妻の枕元で封書を開封する。


        そこには、活字で書かれた 尊厳死を望む型通りの宣言書と署名捺印の後、
        肉筆で書かれた2枚目の便箋があった。



        私は、そこに 書かれてあった言の葉を、
        どうしても書き留めておきたい、と思う。


            ともすれば これまで蔑ろにされがちだった、
            「 患者の権利 」を重視する余りに、
            今度は「 遺されるもの 」の こころが 蔑ろにされる場合も
            往々にして出て来るのだな、と思うこともあったから――。




      私は尊厳死を望みますが、

   もしも あなたがそれに耐えられないのなら、
   こころが落ち着くまで、私を生かしておいて下さい。

   死んでいく私より
   生きているあなたの気持ちを大切にして下さい。

   あなたの哀しみは 私の哀しみです。

        あなたの妻で倖せでした。
        これが私のリビング・ウィルです。


         





泣


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生き方

タグ : リビング・ウィル エンディング・ノート Tomorrow 尊厳死

[ 2008/08/31 00:00 ] メモ メモ ( ..)φ | TB(0) | CM(12)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。