今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岡本知高 『 鳥の詩 』





       過日、世界で3人ほどしか活躍されていない、という貴重なソプラニスタ、
       岡本知高氏を うちの町が迎え、コンサートが行われた。



       せっかくだから、一緒に歌おう、との 夢のやうなお申し出を
       おバカなうちの中学校は 定期試験中だから、と お断りしたのであった  が、

       お蔭で、うちのミュージカルの小中学生と、
       市内の公立高の合唱部のお子たちが ご一緒できたのであった。


  
       町政時代に設立したホールであるため、
       岡本氏の普段立たれるホールに比べれば、それはもぉこじんまりとしたもので、
       なんだか申し訳ないほどのものであったが、


       知高氏は、

           ご自身の郷里に近く、懐かしく、
           山と海に囲まれた自然に抱かれ、
           久々にアットホームなあたたかい気持ちいっぱい。

           マイクなしで皆さまの身体の隅々まで
           私の声でいっぱぃにして差し上げられる、とのリップサービス。


       その通りの( 男性ならではの )圧倒的な声量、情感、艶、のび、深み、
       そして、自然な発声ながら、一言一句、大切に大切に紡がれる言の葉――。




       第1曲目から、いきなり

         『 私を泣かせてください 』  G.F.ヘンデル

       なので、いきなり滂沱と流れる涙。
 
       胸が痛いほど苦しくて、こんなんで、私は最後まで持つのだろうか、と不安になる。



      




       曲間には 知高氏による軽快なお喋りが入っていくなかで、
       海外で 改めてニッポンの素晴らしさを想い、
       日本の歌、日本語をとても大事にしたい、との由にて、
       抒情歌をメドレーで歌われる。


       私は常々、声楽的な発声は、やはり西洋の歌、
       クラシック、オペラを歌うときのもので、
       日本語の曲は、例えば、落葉松、荒城の月、といった
       朗々とした歌曲でなければ、無理、そぐわない、と感じてた。
        
       それは如何になんでも岡本知高氏のお声でも、無理だ、と。
       彼のお声は、ドラマティックなオペラ、それも、おそらく
       ひときわ華やかなイタリアオペラのなかでこそ光るのでは、と。 

       でも、数曲は違った。


          そのなかで 『 鳥の詩 』 があったのは、とても嬉しいことだった。


       私はこの曲をとても好きなのだけれど、
       当時 ドラマ主題歌として歌っておられたのが、某女優さんで、
       ご本人は 過去の汚点、かの如く 嫌がっておられ、
       素敵な曲なのに、ここまま埋もれていくには
       とてももったいないことだと思っていたから。

       その曲が、知高氏によって いのちを吹き込まれ、
       私の胸のなかで 火の鳥のやうに飛翔し 天上に舞う――





       鳥の詩          (作詞 阿久 悠)


    あなたがいた頃は 笑いさざめき
    誰もが幸せに見えていたけど

     人は人と別れて あとで何を想う
     鳥は鳥と別れて 雲になる 雪になる

     わたしの心が空ならば 必ず真っ白な鳥が舞う
     鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
     鳥よ 鳥よ 鳥の詩


    あなたを想うのは 日ぐれ時から
    あたりが夕闇に沈む時まで

     人は人と別れて 夜にひとり迷う
     鳥は鳥と別れて 月になる 風になる

     わたしの心が水ならば 必ず北から鳥が来る
     鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
     鳥よ 鳥よ 鳥の詩


    あなたはいつの日か 巣立つ私を
    静かな微笑みで見つめてくれる

     人は人と別れて 愛の重さ覚え
     鳥は鳥と別れて 春になる 秋になる

     わたしの心が湖(ウミ)ならば 必ずやさしい鳥が棲む
     鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
     鳥よ 鳥よ 鳥の詩





    




         嗚呼、 良かった(;;)。

         この歌は これで いのち 永らえる。



         知高氏から とんでもなく素敵なプレゼントをいただいたやうなこころもちで
         にっこにこしてたらば、第1部最後の曲で、
         うちの子どもたちや 高校生たちがステージに。

         曲は 森山直太朗氏作曲の 『 花 』。


         知高氏の 洗練された艶いっぱぃの「 おとな 」の声に、
         合唱を学んでるおとなに変わる高校生たち、
         子ども子どもした素直なうちの子どもたちの声が 美しく調和する。



                           もぉ、涙、涙で第1部終了――。





         第2部は、いよいよ楽しみに楽しみにして来た
         G.カッチーニの 『 Ave Maria 』がある。

         だいぢゃぶか!!!>わたし。




       ソプラニスタ、といへば、
       とかく「 際物 」扱いされてしまうことを 常々腹立だしく思っていた。

       とにもかくにも1度ちゃんと聴いてから言え!! と 思う。

       音程の確かさ、豊かな声量、のびと艶。
       研ぎ澄まされた感性から生み出される細やかな発音と表現。

        

       なかでも 知高氏の『 Ave Maria 』は
       絶品中の絶品、と思っているが、
       残念ながら「 You Tube 」では、Hayley Westenra氏との二重唱しかない。

          個人的には、ちょっと私の評価(なにさま?>ぢぶん)は低いのですが、
          よろしければ 是非 → ここ
             というのは、中盤、Hayley Westenra氏のピッチがとんでもなく崩れ、
                      知高氏がとても気遣ってる感が大で、
                      知高氏のソロだけ、が絶対いいです~(悲)



                              で、第2部レビューは 次回 (゚゜)\バキ☆




希

だぶる
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


スポンサーサイト

ジャンル : 音楽
テーマ : 男性アーティスト

タグ : ソプラニスタ 岡本知高 コンサート 鳥の詩 阿久悠 声楽 独唱

[ 2009/05/23 00:00 ] 聴きました^^*☆ | TB(1) | CM(11)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。