今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 田舎 』 の変容考



昨日の 「 PTA役員諾否の地域温度差考 」 にて、
同じ広島県のジャスミン茶々さんからコメントをいただいたことから、
日頃からあれこれ考えていたことを書いてみた。


(以下抜粋)
>前に住んでいた自治会は、
>歴史が古いのでものすごい結束力でした。
>私の実家の部落もそうだけど。
>イベント好きが多いので、毎月お祭り騒ぎですよ。
>そういったところは、年配者が多いんですよね。


私の住む町は、たくさんの小さな町や村が合併し、広い面積を持つ。
同じ町内でも、漁業中心の地域、農業中心の地域、
商店街、企業人の多い地域等々、非常に差がある。
町が編纂した町史には、各地域毎の方言の差まで表になっているくらいである。
そして、まだまだ地縁血縁が大きく物事を左右する年代が町を動かしている。

だが、ご多分に漏れず、この町にも物心両面に、良い意味でも悪い意味でも
近代化の波は訪れている。

10年前、事情あって、生まれ育った広島市内から 夫の両親の元に泣く泣く転居した。
この地は、この町でも 「 地のひと 」 ばかりの古い古いお土地柄。

まず私がさせられたことは、いつまでも娘さん気分でいるんじゃない!と
腰まであったストレートの髪を切ってパーマをあてること。
そしてお化粧をして、スカートを履いての地域全体への挨拶回り。
 ( 私はお化粧はしないので、眉墨とルージュだけで勘弁してもらったが )

ハレ と ケ が はっきりと区別される日常。
日常は、4時半起床、8時消灯。 8時過ぎには近隣も真っ暗になる。
( 私は、真っ暗ななかで、デスクトップのまわりに座布団をかけ、
  外に光が洩れない様にして仕事をした )

洗濯、掃除機かけ、布団干し…、全て近隣の皆が足並みを揃える。
少しでも時間がズレようものなら、即座に何処からかご注進が走り、
「 布団がまだ干してないようだけど…?? 」 などと
心配顔の 「 女衆 」 の訪問を受けることとなる。

この地では、「(ひとと違った言動をして)ひとさまに後ろ指を指されない 」こと、
が、生活していく上での絶対の条件であった。
善悪の判断基準は 「 ひとさまがどう見てどう言うか 」 なのである。

ある程度の覚悟はして来たつもりであったが、
それまで、私は天上天下唯我独尊、私がルール、であった(笑)。
市内中央部で気侭に自由闊達のマンションライフを満喫していた私は、
すぐに適応障害を起こした。

同居中は、ご飯は絶対白いご飯(炊込みご飯、混ぜご飯、ふりかけなどはご法度)。
パン、珈琲、洋食全部ダメ。女性がビールやお酒、とんでもない。
嫁は 「 はい 」 以外、言ってはならない。
夫は末っ子の三男であったため、その嫁である私は「格」も低く、
発言権はおろか人権さえなかった。
テレビも新聞も一切見られなかった。そんな時間がないのである。

「 個 」 など全く認知されない。
一時が万事、地縁・血縁で強固に固められ、決められた通りに動かなくてはならない。
それで 「 大過なく 」「 ひとさまに後ろ指をさされず 」 生きて行くことが
大事なのである。

この地で、子どもの居ない家、障碍を抱えるひとや
登校拒否の子どもを持つ家は大変である。
地域で互いに助け合い支え合うのではなく、
その責は 殆ど「 ヨソから来た嫁 」 が持ち込んだ因縁、として片付けられ、
語り継がれ、婉曲に差別される。

私はこういった 「 お土地柄 」 が嫌で嫌で仕方がなかった。
「 大過なく 」 夫の両親を見送る日が来たら、即座に広島に戻る。
それだけを支えに、息を詰めて暮らしてきた。


でも、ある日、気付いた。
私にとっては 「 広島に帰るまでの我慢の日々 」 であっても、
私の子どもたちにとっては、ここが故郷になるのだ、と。
私がこの地を愛せず、広島ばかりを見つめていたら、
この子たちもつまらない毎日を送ってしまう。
私が一番守らなくてはならないのは、この子たちの心だと。

転居にあたってそれなりの覚悟をし、自分で選んだ道なのだから、
逃げ出すことを自分に決して許さないことを自己確認して、
そこからやっと、「 良かったみつけ 」 を始めることができた。


今では、たくさんの 「 良かったみつけ 」 ができた、とは思っているが、
相変わらず地縁、血縁、家柄が物事の全てを左右し、
不都合なことは因縁として片付けて行くこのお土地柄そのものを
まるごと受け入れることが 私には どうしてもできない。

「 ○○から来たひと 」 とか「 ○○家の嫁 」や
「 ○○家の長男 」 などとしてではなく
「 個人 」 が 「 個 」 として生きること を、
「 気儘 」「 我が儘 」 で 片付け、
異端視することで排除し、そのことで「 多数 」派の自分に安心し、自分自身を許し、
安穏とイエ意識に代表される事柄を連綿と受け継ぎ、助長してきたこの町。

もうそろそろ根底から見つめ直し、
不条理なもろもろを見逃さないような町になりましょうよ、と思う。

お元気だった年配の方々は、段々と老いて、
あれほど大事だったお祭りなども、形骸化し始め、
義務感と、自己都合でしか判断できない、
心もとない若い衆ばかりになって来つつある。

何が一番大事か。

この町で生まれ育ち、まさにこの町の次世代を担う子どもたちに、
古くから脈々と受け継がれてきた生活の知恵や感性、
素晴らしいものをもっともっとしっかりと伝え、学ばせて欲しい。


私たちも、謙虚にしっかり学び、
バカヤローなことには、堂々とバカヤローと言えるように、
私自身が地道に学び、歩を進めていけたら、、、と思い続けて10年目なのである。



スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : 田舎 お土地柄 地の人 新参者 地元意識 郷土愛 地縁 イエ 故郷 温故知新

[ 2005/02/25 15:38 ] 徒然草 | TB(0) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。