今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。
[ 動物愛護と有害駆除とのはざま ] のタグを含む記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

猪。



  年々、この地でも被害が酷くなり、
  班内の 全ての田んぼに、ぐるりと高圧電線が巻きつけられ。

  この費用は大変なものだし、
  小さなお子たちが、お散歩の折に、
  よろけて田んぼに突っ込んだりしたら一大事。

  なんとも物々しい、禍々しい、風景となってしまった。 しょんぼり



  元々は 畦道を広げた農道であった、小さな道路を挟んだ向かいの友人宅では、
  毎晩、食べ物を物色するの気配が 勝手口のすぐ近くまで来てるため、
  怖くて なかなか眠れない、と言う。 ショック

  けれど、こうした野生の動物たちは、
  コンクリートやアスファルトに蹄の当たる感触をとても嫌うようで、
  小さな道路の 「 こちら側( 川側 ) 」な我が家は、
  申し訳なくも、そのお蔭で助かっている。。。

  とはいへ、夫の帰宅時間は、夜中になることが殆どなので、
  自転車だから大丈夫だろう、とは思いつつも、とても不安。


 




  うちの班では、道路の 「 こちら側 」に建つ家は
  我が家と もう一軒、蛍の川沿いに建つ家のみで、
  ( んだから、班内で我が家のみが 立ち退き に掛かったのだが  )

  我が家と、川沿いのもう一軒のみが 被害を被っていないだけで、
  他のお宅は 田畑や庭など散々な目にあっておられ、
  業を煮やした班内で、我が家の向かいのお宅から2軒分隣に、
  を捕獲するための柵を設置。


  柵の横のお宅の奥さまが、柵に掘りだちのジャガイモを入れ、
  一夜明けると、11頭 が 罠に掛かる。 ショック

  なかには ウリ坊もいて、可愛想だったけれど、
  即、市の猟友会へ連絡して、「 銃処分 」に。。。

  成獣、ウリ坊不問で1頭につき、9000円の補助金がおりるため、
  一夜にして、99000円也のお金が 班に入ったのだった。

  お金は、今回の柵をつくった材料費で殆ど消えたが、
  残りを 次回のためにプールされ、
  11頭も掛かれば、暫くは 班内が被害を受けることもないのでは、と
  皆が、少し、明るいムードになる。


  




  人間の都合優先で、ほんとに申し訳ないことだと思う。

  けれど、それだけ、農業被害は半端ない。しょんぼり


  中国新聞のサイトに 2003年の記事 『 猪変 ( いへん )』  がある。

  手元に、広島県の駆除数は全国2位、という古いデータしかなくて、
  環境省にジャンプしてみたが、新しいデータを発見できず。

  手元の資料では、中国地方の駆除数は、全国の約40%。
  1頭もいなかった島嶼部にも、猪が泳いで島に渡る姿が
  中国新聞のトップを飾ったことがある。
  倉橋町では、町が駆除を始めた1990年には1頭の駆除数だったのが、
  2000年には299頭、2002年には686頭。 鰻登り。
  ( 環境省のデータ では、2008年、全国で捕獲された猪は 30万頭を超える )


  猪だけでなく、山を降りる熊や鹿、猿たちは年々増え続け、
  農業被害も深刻で、地方自治体単位からの
  駆除費用補助ではどうにもならず、
  結局、自分たちで防衛していくしかない。



        ヒトが 山を切り拓く限り。
        自然を壊し続ける限り。
        共存の道は 果てしなく遠い、のだと思う。なみだ






チビSAD

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生きるということ

タグ : イノシシ 鳥獣被害防止総合対策 動物愛護と有害駆除とのはざま

[ 2011/09/04 18:41 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。