今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。
[ 共同幻想論 ] のタグを含む記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悼。



    悼。 




    社会学を専攻し、ひととして どう生きて在るか、
    ラディカルな闘いのなかに在った学生時代、
    吉本隆明の 『 共同幻想論 』 は
    仲間うちでは、基本中の基本、的 存在で、

    国家が 共同の幻想であるところのもの と 理解し、
    そこからの自立 を 命題とし。

    まずもって 隆明の論を理解し尽くし、また、超えるべく
    それは熱く論じられたものだった。

    隆明には、『 最後の親鸞 』 なる著作も在ったため、
    必然的に 私の書棚に 彼の著書が増えて行くのである ――










    2010年 夏。


    久々に、吉本隆明に逢いたくて、
    『 悪人正機 』、『 日本近代文学の名作 』、
    『 ひきこもれ 』、『 老いの超え方 』 の4冊を購入。

    『 老いの超え方 』 を 唸りながら 読了し、

       吉本隆明 は 吉本隆明を 全うするのだ、と
       背筋が伸びる。

    直後、この 『 老いの超え方 』 に
    差別的表現があった、 との情報を得、
    私には 気付けなかったため、驚いて 版元にアクセス する。


    したらば、

    弊社で刊行しました吉本隆明著「老いの超え方」の文中に
    差別につながる不適切な表現がありました。
    単行本(2006年5月刊)174ページから175ページ、
    文庫本(2009年8月刊)199ページから200ページの
    「――楽しい知識ですか…」から「関心を持ちますね。」までを
    削除します。文庫本は、該当部分を削除した新装版を出版します。
                                朝日新聞出版



    なんだ、それ。  ヽ(`Д´)ノ

    私の持っている文庫本は、
    該当部分の削除済みの新装版であったことが判明しただけで、
    なんの本質にも迫っておらず、なんの解決にもなっとらん。


       『 老いの超え方 』 のなかの
       どうした 部分 どうした表現 が どう 「 差別的 」なのか。

       それについて、隆明は どうエクスキューズしているのか、
       削除処分について、彼とインタビュアーの佐藤氏は
       なんの意もなく 黙って受け入れたのか。

       版元の朝日新聞出版は、どう考えているのか。

       しれっと 該当部分だけ 「 削除 」して、
       「 何もなかったこと 」 にされてしまうなんて。

       こゆことが、マスコミや出版界における、
       本質をとらえないままの「 わけのわからない自主規制 」を
       拡大助長していくのだと思うけど > 朝日新聞


    そのまま 大いに もにょってしまい、
    『 日本近代文学の名作 』 で 中断。
    楽しみにしていた『 悪人正機 』 と
    『 ひきこもれ 』 は とりあえず積読山に。

    ところが、滅多にないことながら、夫が私の積読山から
    タイトルに呼ばれたか、『 ひきこもれ 』 を
    3日前から手に取って読み始め、

    隆明を初めて読む、という夫と
    隆明について 語り合う夜が3日続いたところに 訃報が舞い込み。

      私より むしろ 夫が 驚愕し、ダメージを受けており――。



            沈痛な表情の夫を横目に、
            今宵は

            吉本隆明を全うした 吉本隆明に 黙祷を捧げ、

            30年ぶりに
             『 共同幻想論 』 を 繙こうと思う。

 
                                     合掌







希

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


たった今、 ネットで、
『 老いの超え方 』 の削除部分を発見し、
同時に、これにもの申した、恩師の文章をもまた、発見!


嗚呼、これは いかん。
これは、いかんよ、隆明さん。 
なみだ



スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生き方

タグ : 吉本隆明 思想 共同幻想 共同幻想論 老いの超え方 差別 反差別 差別表現 人権問題

[ 2012/03/16 22:20 ] ニュース | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。