今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

68年目の原爆忌



       祈。





      世界の為政者の皆さん、
   いつまで、疑心暗鬼に陥っているのですか。
   威嚇によって 国の安全を守り続けることが
   できると思っているのですか。 


                            ~ 2013 ヒロシマ 平和宣言 ~




2013祈鶴奉納
2013祈鶴奉納 posted by (C)天使な先輩





        今年も 花粉時期より体調を崩し、
        夏を迎えても 床払いどころか
        満足に歩くこともできない 鬱屈した日々のなか、
        天使な先輩から 平和祈念公園内に奉納された祈鶴の画像が届き。


        8時15分。


        杖を使ってようよう起立し、黙祷を捧ぐ。









        昨年6月。

        両親ともに被爆している被爆2世は
        どちらか一方の親が被爆している被爆2世より
        白血病の発症率が高いことが学術的に明らかにされた。

        被爆2世を対象とした従来の調査では、
        放射線影響研究所を中心に
        「 親の被爆による遺伝的影響はみられない 」と
        結論づけられたものが多いなか、

        被爆後67年を経て、広島大学名誉教授の鎌田七男氏らによって、
        白血病を発症した被爆2世の臨床データを詳しく分析され、
        2世の中で 発症率に明らかな偏りが出たことが発表されたのである。

        戦争で 喪われたいのちの重たさ 尊さは、
        全て等しく同じながら、
        被爆者の染色体にまで異常を起こさせる核の被害は、

        一過性のものではない、ということにおいて、
        【 特別なもの 】 であり、 その一点だけでも、
        全世界において、2度と決して許してはならない、人間の過ちである。

        この被爆2世の白血病発症についての発表は、
        今なお 根強い被爆者差別、被爆2世差別の問題に
        私たちは どう向き合い、立ち向かって行くか、という
        大きな重たい命題をも 突き付けてくる。 
        


        先日の豪雨被害で 自然の猛威に対する人間の非力さを
        またしても 思い知らされたのであったが、
       
        それだけに、【 人災 】 により
        事故発生から2年5ヶ月を経過しても 我が國が
        未だ暴走し続ける原発炉を抱えている恐ろしさを思う。


        この大地の 僅か地下40㎞も潜れば
        既にドロドロのマントル地帯であり、
        その上に立っている世界有数の地震國である我が國の危うさ。



        平野率が低く、四方を海に囲まれた小さな地震國。

        避けられぬ自然災害に備え、
        立ち向かわねばならないだけでも 手一杯目一杯であるのに、
        この上、どうして 【 人災 】 をも抱え込む余地があろうか。




         幼少期に 母の被爆体験を耳にして以来、
         幼ごころに考えに考え、長じる毎に気付いてきたこと。
         学んで来たこと。 


            私たちが直面した悲劇の数々に、
              唯一 救われる面があるとしたら、

            私たちが その悲劇に学び、
              二度と、同じ 過ちを犯さない、という
              この一点に尽きる、ということ。
 

            同じ過ちを犯さぬよう、全身全霊で努力する。


              どんなに困難な道であろうと、努力し続ける。
              そのことこそが、たまたま 生き残った私たちの務めであり、
              責である、と 思えてならない、ということ。
          


       世界平和 と 核廃絶 そして 脱原発 を
       祈る、ことは 宗教でもなんでもなく。
       願う、ことは、過激な思想でもなんでもなく。

       にんげん として、当たり前 な 祈りであったり 願いで在れるよう

       それぞれのひとびとが、それぞれの立場で
       それぞれの平和について、考え続けられるように。



               思惟を重ね できること を できる形 で

               前に。 前に。


                                ふぁいと > ぢぶん




2013 祈鶴
2013 祈鶴 posted by (C)天使な先輩

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






      ** 私自身も 原爆忌は ひとつの節目。
         今年も この日を迎えられたことに感謝しつつ、  
         己れの記して来たことに 向き合うこと > ぢぶん

        ●  『 夕凪の街 桜の国 』

        ●  『 ヒロシマ前夜に想うこと 』

        ●  『 夕凪の街 桜の国 ふたたび 』

        ●  『 ナガサキの日に 』 ( 『 生ましめんかな 』 )

        ●  「 みたび 『 夕凪の街 桜の国 』 」



スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生きることは学ぶこと

タグ : 原爆忌 ヒロシマ 被爆者差別 原発 核廃絶 脱原発 被爆国 フクシマ 人災

[ 2013/08/06 09:00 ] ニュース | TB(0) | CM(18)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。