今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。
[ 人の一生は、重荷を負ひて遠き道を行くがごとし ] のタグを含む記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご近所のご不幸。



    我が家の隣は、田んぼを潰して大きな遮光ビニルハウスとされ、
    椎茸の栽培場になっている。


    200坪近いビニルハウスに、トタン屋根の作業場。
    この作業場では、近隣のパートさんを雇い、椎茸のパック詰めをされ、出荷される。


         昨年の台風の強風で、このトタン屋根がごっぽり飛んで、
         我が家と反対側の休耕田へ落ちた。
         我が家に飛んできてたら!!と 肝を冷やしたが、
         反対側の休耕田だったので、事故・怪我人なく済み、
         「 不幸中の幸い 」 だと皆で言い合ったが、
         今思えば、どんなに打撃でいらしたことか。


    ここは夜は無人となり、川向にご自宅があられる。
    よって、うちの班には所属しておられないのだが、
    日中、作業のためにいらっしゃるので、何となく「 隣家 」な感覚がある。

    実際、こちらに転居して間もない頃、
    右も左も判らない私を見かける度に、奥さまが親しくお話下さり、
    班内のご不幸のお手伝い時には、船頭の多さに途方にくれる私を
    何かと庇って下さり、こころ強く思ってきた。

       当時はおそらく50代でいらしただろう。
       この地ではまだまだ青二才の世代であるが、
       ふくよかなお姿で、しゃきしゃきと動かれる。
       普段は優しい奥さまが、
       お通夜・葬儀のお手伝いでは、並み居る海千山千の女性群に対して、
       ぴしぱし采配を振るわれたので、驚いたことだった。

    時折、肉厚で大きな椎茸をお分けいただくことあり、
    ステーキにして、舌鼓を打って来た。

    売り物にならない椎茸がこれだけ出来たから、と
    特大のカゴに山盛りいただいたときには、
    義母や元班長の彼女と分けても食べ切れず、
    糸で数珠繋ぎにして吊るし、干し椎茸にした。


樹



    いつもご夫婦で仲良く、二人三脚で作業しておられたのに、
    いつ頃からか、ご夫君が見えなくなった。

    風の噂に脳溢血で倒れられ、全介護が必要になられた、と耳にして絶句する。

    お姑さんも健在だが、認知症が始まっておられ、要介護。
    お子さんは娘さんで、結婚して出ておられると聞いていたからだ。


       それから7年。


    5年前からお姑さんをこの町の老人ホームに入れられ、
    ご夫君の全介護を自宅でされ、
    傍ら、パートさん雇用を止められて、独りで椎茸栽培を続け。

    だが、椎茸栽培が思わしくない、との風の噂。
    ご夫君も、2年前から胃に穴を空け、チューブで栄養を摂っておられる由。
 
    娘さんご一家に帰って貰って、娘さんとふたりで寄り添うように、
    介護と椎茸栽培を頑張って来られた。

         椎茸栽培は火の車で、姑さんの年金では老人ホーム代も出ず、
         ご夫君にはお金も手も掛かり、
         娘さんから、家賃として5万円入れて貰っているそうな。

    そんな風の噂に、耳を塞ぎたくなり、なんと厳しい毎日か、とこころ馳せる。


樹



    義父の葬儀後に道でばったりお逢いし、私の横に居た義母と話すうち、

     「 余り苦しまずに逝って良かった、と思うしかない 」と言った義母に、

    きりりと眉を上げ、

     「 私はね、どんな姿になっても生きて在って欲しいです 」と。

    間で私は、青くなったり赤くなったり。 



    案の定、義母は大層気分を害し、後々まで愚痴る。
    余り何度も愚痴って最後は怒り始めるので、宥めるのに疲れた私は、

      「 おかあさん。
        私たちはおとうさんのことをそう思って諦めるしかなく、
        そう思うことで救われているのですが、
        でも、それは、内々で思っておかないと。

        長く患い、苦しみながら病と闘っているひとの前で、
        苦しまずに早く逝って良かった、なんて言ってはダメですよ 」

    と言ってしまったことを苦く思い出しながら。
    

樹



    今朝早朝の訃報は、お姑さんのご逝去の報。

    友引に掛かるため、本日中にお通夜とのこと。
    同じ班ではないために、お手伝いは不要。

    明日は出社日で、打ち合わせも入っているため、
    ご葬儀は申し訳なくも失礼させていただくこととし、お通夜に参列。
    お香典も、義母からのお香典(立替)と共にお出しする。

       享年 93歳、との由だった。

    喪主は当然ご夫君だが、お身体がどうにもならない。
    ご自分も、娘さんのご夫君も遠慮され、親族の男性がご挨拶をされた。


      1度もお逢いしたことはなかったけれど、
      御遺影は、綺麗なおばあさん、のお姿だった。

    ご冥福をお祈りしつつ、奥さまがどんなにお疲れのことだろう、と思いつつ。

      。。。ひとは必ず歳を重ねていくものなのだ、と。

      何だかしみじみ、家康の遺訓(本当は光圀作、だよね?)が胸に響く。





            人の一生は、重荷を負ひて遠き道を行くがごとし。

        急ぐべからず。

        不自由を常と思えば 不足なし。

        心に望みおこらば、困窮したるときを思い出すべし。

        堪忍は 無事長久の基。

        怒りは 敵と思へ。

        勝つことばかり知りて 負くることを知らざれば、害 その身に至る。

        己を責めて、人を責むるな。

        及ばざるは 過ぎたるより勝れり。




…


スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生き方

タグ : 徳川家康 家康遺訓 徳川光圀 人の一生は、重荷を負ひて遠き道を行くがごとし 及ばざるは過ぎたるより勝れり

[ 2006/12/11 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。