今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ランドセル考


 『 ワンランク上の 』


   今や10数色もあるランドセル。

   夏頃から始まったランドセルのCMで、
   『 ワンランク上の 』 というフレーズに 耳を疑い、
   思わず 二度見した。


   『 ワンランク上の 』 ランドセルとは、

      ● 高品質な材質 ( 人工皮革、皮革 )
         ( 本体は上質で軽い人工皮革、
           背当てと肩ベルトの裏にはソフト牛革 )
      ● 持ち手、ラウンドポケット、自動ロックなど、フルスペック機能。
      ● 多種にわたるデザイン・刺繍。


   そのお値段たるや、5万、6万円は当たり前。
    「 完全オーダーメイド 」 なんてのもあり、10万円前後のものも。


   な、な、なんというご時世になってしまったんだ。


   いったぃ なんのための ランドセル なんだ。






    かくいう 私は、制服反対派で、
    少年たちの小学校の制服をなくして来た し、

    ランドセルで、「 男の子は黒! 女の子は赤!! 」
    なんていうのは 許し難いナンセンスさだと感じて来たし、
    子どもの頃は、赤がイヤで、黒のランドセルが欲しかったものだけど。

    んだから、イエローやピンクのランドセルが登場しても
    そこは、選択の幅が出て良かったね、位に思ったけど、

    10数色、というのは ヤり過ぎだと思うし、
    在庫抱えて大変じゃない? って思うし、

    まして、ランドセルにハートや星の刺繍が入ってたり、
    型押ししてあるのは、、、確かに見た目は可愛いけど、
    【 個性化 】 というんではなく、
    なんかどっか違う!! と 思えてならないのだけど。


    小柄なお子に対し、大きくて重たいランドセルは 可愛想で、
    雨風に強く、手入れも楽で、軽~ぃランドセルへの工夫努力や、
    お子たちの安全や、プリント、学用品入れのために
    便利な工夫、改良は とっても大切なことだと思う。


    でもそれが、見た目を可愛くすることに費やされるのは、
    私は 違うと思う~~~。

       見た目が可愛く 美しく、
       「 ワンランク上の 」 と言われれば、
       そりゃ じじばば は 孫可愛さに こぞって買いに走るさ。

       でも じじばばが居なかったり、
       そんな余裕のない家庭のお子たちは、
       例え 新品の立派なランドセルを買って貰っても、
       ハートや星がないことで、悲しい想いをしなくちゃならない。




    どうして、小学校では ランドセルが必要なの??



       どんなに大切に使ったとしても 成長期の6年。

       むしろ身体の成長に合わせ、
       ランドセルが窮屈になったら、
       もっと楽な鞄に さっさと替えてあげたい。

       そんなものに、標準価格5万円て。
       
        「 ワンランク上の 」 なんて、
        そんなに  ランドセルに差をつけたいのなら、
        お子たちの個性を大切にしたいのなら、
        ランドセルなんてヤめてしまえばイイと思う。

       どっか おかしいよ。

       キラキラの可愛いランドセルに
       6万も7万もフツーに支払える。
       そんなに 私たちは お金持ちなの??

       そんなに 私たちは お金持ちの國に在るの??




?



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 小学校

タグ : ランドセル 小学校 制服 規則 ワンランク上 見た目 見栄

[ 2012/11/14 10:59 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。