今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

志を同じくするということ。




      震災の1週間後。


     「 メガネ屋さんには、
       メガネ屋さんのできること、
       メガネ屋さんにしかできないことがあるのでは 」


      そう 自問自答しつつ。
      友人知人からも そういうご指摘を受けつつ。

      痛い胸の 思いのたけを記した のでしたが。

      同じように ただの「 自己満足 」かも、もしかして「 偽善 」なのかも、
      と想い惑いながらも、今、自分のできること、として決心し、
      実際に行動を起こしてくれていた 大切な仲間がいました。


      うちの岐阜、京都、長野の仲間たちです。


      岐阜のお店は、うちの東海地区の要となるお店で、
      オーナーは、フランチャイズさんのなかでも
      夫や私がもっとも信頼し、敬愛している御方。

      このお店では、お客さまとの絆をより深めたいと、
      多忙な合間を縫って お得意さま1000世帯へ向け、
      独自のアットホームなメガネ通信を作成し、
      郵送してきておられ、私も1部送って貰っていたのだけれど、
      今回、そのメガネ通信に 「 ボランティア報告 」を発見。



   




      お客さまのご自宅に 眠ってるメガネ、
      今後 使用する予定のないフレームやメガネがあれば、
      ご提供いただくよう 呼びかけた結果、124本のメガネが集まり。

      うち 使用可能なフレーム98本を修理し、部品交換し、
      クリーニングして、修理器具、検査器具、修理部品、
      既成老眼鏡、既成サングラス100本とともに、総勢4名で、
      第一原発のある双葉町の1300名の方々が避難されている
      埼玉県加須市へ 役場の担当の御方と連携を取りつつ、
      5月、7月と2段構えで 勿論、手弁当で
      岐阜から 京都から 長野から 想いを同じくし、
      はるばる 出掛けて下さっていたのでした。


      岐阜のお客さまのなかには、メガネ通信が届いた翌日に、
      メガネを持って駆け付けて下さったり、と
      皆さまが あたたかな手で背中を押して下さった由。


      避難所では、メガネの型直し、クリーニング、修理をはじめ、
      メガネを失くされた御方、破損された御方、
      メガネを持ち出すことが できなかった御方。。。
      不自由をしておられる方々が数多くいらっしゃり、
      大変に喜んでいただけたそうで、
      また、思いの外、避難されている方々がお元気で
      日々 頑張っておられるご様子に
      ボランティアする側として行った自分たちが
      逆に元気を貰って帰れたと。

      そして、こちらでのお客さまと あちらでの方々と。
      両方から こころ励まされ、有難く、
      「 現状に感謝し、もっと もっと 頑張らねば! 」と
      こころから思わされた由にて――。



      『 ボランティアのご報告 』 を 読みながら、
      涙があふれて 止まりませんでした。

      ただただ 有難く 手を合わせました。



      予め、先方のご担当者ときちんと打ち合わせをし、
      5月、7月と2段構えで足を運ぶことで、
      ぐだぐだ言ってた私の そのまた先に懸念すること を
      全てクリアし、なおかつ、既成の老眼鏡やサングラスまで用意し。
      
      なにはともあれ、今の自分のできること、として
      出来る限りの準備をして 駆け付け、
      そのうえで、細やかな配慮と実際の対応をし、
      その後のフォローにもこころを砕いた 彼に
      こころから手を合わせたです。。。



      うちのお店のない福島県、埼玉県ですから、
      知名度も全くない土地で、売名行為にさえ 決してなりえない、
      純粋な純粋な 「 メガネ屋だから できること 」 をし、
      なおかつ 感謝を忘れない。

      そして、「 もっともっと頑張らなくては! 」と 自身を叱咤する――
      そんなメールをいただいて。 



                 そんなメンバーと 共に在れることを
                 心底 倖せだと 有難く、

                 そんなメンバーと 共に在ることを
                 恥ずかしく思わないで済む自分で在るよう、
                 日々努め、精進せねば! と思い。

                 同じメンバーとして、
                 何か バックアップできたのでは、と こころ 苦しく。



ペン感謝

岐阜の御方のお子さまもまた。
このお子さまならではの行動を起こされました。
おとうさまの 背中をご覧になっておられたのですね。
この少年の頑張りは、 to be continued.


だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生きることは学ぶこと

タグ : 東日本大震災 メガネ店 ボランティア メガネボランティア できることをできる形で

[ 2011/08/02 21:42 ] ありがとう(//▽//)☆ | TB(1) | CM(3)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。