今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

逃亡疑惑。



         暮の29日 夕刻。




         『 クアトロン 』 と 『 ベジータ 』 が
         2台のトラックで 別々に 無事搬入 され、ほっと一息。



         嬉々として 10年ぶり?な マリオに向かう上の少年 に
         懐かしい とき が 戻った心地で キッチンに立っていたところに
         ドアチャイムが鳴る。




         ドアを開けると 蒼い顔をした 元班長の隣の彼女で。




         何かあったかと、彼女に連動して、私まで蒼くなり、

         無言で 見つめあった私たちの後ろから、
         ぴこぴこ と 能天気なマリオの音。 たらり



             「 …… 」

             「 …… 」



         みるみる彼女の頬に血の気が戻り、



           「 りうさん! 良かったぁああ 」 と 彼女がへたり込む。





しょんぼり しょんぼり






         ほぇぇえ。 ?a



         トラックが 2台も 長時間停まり、出て行った我が家に、
         彼女は、すゎ、つひに 私が この地を後にすることにしたのか、と。


         トラックに 家電店のマークが入ってれば、
         そんな誤解も生まれなかったのだろうけれど  
         年末の配送ラッシュのせいか、2台が2台とも
         そういへば ノーマークの、フツーのトラックだった。。。






              ふたりだから 踏ん張れる。

              だから 互いに この地で 頑張れるだけ頑張ろう。


              頑張って頑張って それでも限界を超えたら。


                      そのときは 一緒に。

                      一緒に この地を 出て行こうね。



             そう 約束したのに。


              「  約束したのに 置いてっちゃったのかと~~~ なみだ 」





             私の数十倍頑張ってる彼女。




             やっと1日、やっと また1日。

             1分1秒が 気の遠くなるほど長く。

               賽の河原で 石を積むやうな毎日に。

               なにもかも 全て放り投げてしまいたい こころを
               懸命に押し殺して 積み重ねて来た日々が私にもあった。



               あれが   あのときが。
               あのときが どん底であり、
               あの日々があったからこそ、あれよりはマシ、と 生きていける、

                           そう 過去形で語れる私に比べ、


             これでもか、これでもか、と。
             次々に 災難が降りかかる彼女 の トンネルは
                   どんだけ 長く 深いことだろう。。。




              「 ○○ちゃんが 毎日 こんなに 頑張ってるのに、
                黙って 置いて行ったりしない。 だいぢゃぶだから 」





              驚かせてごめん、と 涙目の彼女を 見送り、
              今もなお、追い詰められ、苦労続きの彼女に



                   いったぃ 私に 何ができるのだろう と ヘコみながら。






                              。。。とりあえず、
                                 ケーキでも焼いて、持ってってあげちゃお。






チビペン潤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : ムラ ムラ社会 逃亡疑惑 地域 介護 介護生活

[ 2011/01/08 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(4)

班長引継ぎ終了!\(^o^)/☆




    嫌々ながらの大掃除に飽きた(゚゜)\バキ☆ので、
    2006年度の覚書等、班長引継ぎの資料をつくり、
    会計報告書をつくって、監査印を受ければ回覧できるようにまとめ、
    次期班長さん(現・副班長)宅へお持ちした。


    \(^o^)/☆  \(^o^)/☆  \(^o^)/☆  \(^o^)/☆


        なんという解放感!!!  ペン回 (踊)



    覚書を打ち込みながら、昨年のあれやこれやが、走馬灯。

          明けない夜はない。。。。 はぅぅ。 実感なり☆ 




             さささ、今夜は下の少年が遠征から戻ってきます。  ちびハート

             冷え込んで来たから、あったかいものがイイよね?


             明晩は、上の少年も2度目の帰省、成人式^^*☆ だぶる

             義母からは 鯛の尾頭に、チラシ寿司をつくりなさい、って言われてるけど、
             すき焼き、奮発したいなぁ~~。                        



ペン回



ジャンル : ライフ
テーマ : 暮らし・生活

タグ : ムラ ムラ社会 男衆 女衆 新参者 自治会費 班長 女性会 年度替り 引き継ぎ

[ 2007/01/06 17:53 ] 地域のこと。 | TB(1) | CM(12)

自治会班長 始動 ?



今年、正。

来年副、と2年間に渡って、
我が家が、地域班(地域自治体の1番小さな単位)の【班長】(持ち回り)となった。



この町は、小さなムラが合併を繰り返し、広大な面積を擁する町となり、
昨春、隣の市へ吸収合併されている。


現在の私の自宅の在る地域は、
旧態然とした町のなかでも、殊に古い地域(←夫の実家がある)のなかで、
水田地帯を埋め立て、分家が独立したり、
宅地として購入され家を建てられた、比較的、新しい地域である。


夫の実家での半年間の同居を経て、小川を越え、この地域にヤって来た私は、
男衆、女衆の鵜の目鷹の目からやっと逃れることができ、
ほっと一息ついたものだった。。。。。


が、それもまた、幻想であったこと。


最も恐ろしい敵?は、意外にも50代の、
私たちの次に若い奥さま方であったことを
昨年、仲良しの元・班長の彼女のSOSから、識ることになる。




もう、下の少年も高校生になった。
私には、何も失うものがない。

例え ムラ八分になろうとも、怖いものなんて、もぉ、なぁんにもないっ!

理不尽なことには、決して屈さない! 


……そんなような哀しい(笑) 不退転の決意でもって、
先日、彼女から班長を受け継いだ。


といっても、受け取ったものは、

    班としての貯金通帳と印鑑。(名義変更のこと)
    地域内の街灯電気代の引き落とし通知書。(名義変更のこと)

    '70年代からの領収書を貼り付けた手書きの出納簿(大学ノート)。
    これまで、地域内で回された文書の原本(道路について、上水道についての嘆願書)。


う"~ん。。。
班としての歩み? は、全然見えてこない。

女性会 なるものに、班がかかわり、ヤって来たこと。
女性会 の代わりに班長が、各税金を徴収し、得てきた手数料。
その会計が、班に何人かいる蔭の大物のひとりであり、
いつのまにか、その会計を降りられたこと。 etc.

ちらり、ちらりと風の噂で耳にするだけ。

本当のところ、いったい何があって、どういう風になっていて、
んでもって、【 班長 】 なるもの は、一体何をどうすればいいのか。

ぜ~~~~んぜん 判んない。

何かこと、起きたとき、
何処へ相談へ行き、アドバイスを受け、何をどうしたらいいのか。
ぜ~~~んぜん、判んない。



昨年、市との合併により、何かと問題が起き、
おたおたする元・班長の彼女が、
前・班長だった彼女の隣家の50代のAさんに相談しては、

    「 あんたが班長なんだから、あんたが決めればいいんよ。
      私はもう関係ないし 」

と突き放され、そのくせ、後から後から、不手際を責められて泣いていた。


彼女の1年間に起きた事柄については、彼女に訊ねることができる。
だが、もっと違うことが起きたら、私は誰に相談すればいいんだろう。



     ええぃ、なるようにしかならんしぃ。。。。


と思ってた矢先、私はいきなり、50代のBさんから怒鳴り込まれることになる。




ことは、「 自治会費 」 の徴収 について、だった。



これまで、自治会費は、持ち回りの 「 月番 」 が各家庭を徴収して回っていた。
月額500円 なり。
私も何度も集めて回った。

だが、不在のお宅も多く、月番で回られる方々がご高齢のお宅も多いことから、
段々と、1年分として、一括6000円なりを、1月の月番が徴収するようになっていった。

が、これは、強制ではないし、あくまで自発的なものであったため、
徐々に徐々に切り替わって行き、ここ数年は、1世帯だけが毎月払うご家庭で、
毎月の月番は、このご家庭だけを集めて回れば良かったのだった。

しかし、昨年、このご家庭も年払を選択されたため、
今年から、自治会費徴収は、1月の月番が集めれば済むことになったのである。




で、Bさん曰く、



    「 1月も20日を過ぎたのに、
      自治会費を集めて下さい、という挨拶が、班長からない。

      ひとからは、まだ集めんのか、6000円は大きいのに、とイヤミを言われる。

      あんたは、そんなに私に挨拶をするのが嫌なのか。

      もう待てんけん、主人にお願いして、名簿をコピーして貰い、
      封筒も自分で出して、こうして集めて回った。

      大金を集める役をなんだと思っているのか。
      封筒やらをきちっと準備してから、頭を下げに来るのが普通でしょうが!! 」




でぇぇえ????  なんじゃ、それは?



……おそらく、私は鳩に豆鉄砲の顔をしていたのだと思う。


Bさんは、すぐさま萎縮、恐縮しない私に、
「 班長としてのきちんとした引継ぎがなされていない 」 と感じたらしく、
怒りの矛先は、私の前に班長であった、お隣の彼女に向かって行った。



慌てて、

     おそらく、彼女も識らなかったことだと思うこと。

     そして、これまでは月番が、自動的に会費を徴収していたことから、
     この度、班長の挨拶云々が必要だとは露にも思わなかったこと。
     それによって、Bさんが不快な想いをされたことにはお詫びを申し上げる。

     会費徴収が遅れたことで、ご迷惑をおかけしたり、
     ご意見を出されたところへは、私の責任だとお詫びに行くので、
     そのお宅を教えて欲しい、と。



そう、懸命に申し上げると、なにやら急にもごもごと口篭もられ、


     近年、どうも班長が、班長としての役目を果たしてない。

     そういえば、○○さん(4年前の班長・地元のひとではない・一昨年ご逝去)が
     班長になってからだ。


との由。



ぅぬぅ。 そんなのは、聞く耳持たんど!!!



     ごめんなさい、私には特別感じられません。

     まだまだ新参者で、至らないところ満載なので、
     どうぞ、私についての お気づきのところをこれからも聞かせて下さい。

     今回は申し訳ありませんでした。
     徴収いただいた会費は、私のを合わせ、
     本日中に必ず 班の口座へ入金致します。



キレないよう、ムカつきが伝わらないよう、
丁重に丁重に お引取りいただいたが。。。。。。。




    あ~~~~ひゃっひゃっ! 

       本日は、土曜日だったなり~~   orz....





雷

波乱の幕開け??  やっぱりぃ???




ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : ムラ ムラ社会 男衆 女衆 新参者 自治会費 班長 女性会 引き継ぎ 慣習

[ 2006/02/04 00:00 ] 地域のこと。 | TB(1) | CM(17)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。