今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 Miserere 』  Gregorio Allegri



  学生時代、所属していた混声合唱団に端を発し、

  中世宗教音楽 を 学べば学ぶほど、
  その原点 根底に在るものは グレゴリオ聖歌だと実感し、

  胸震える程の 強い憧れをもって、
  宗教音楽研究会にも 所属したり、と、
  常に  そこ  へ 還りつつ、

    暫し そこ に 揺蕩うては
    やっぱりやっぱり ポリフォニーへと 戻って行く自分。





  そんななかで、学生時代から ずっとずっと 歌いたかった
  システィーナ礼拝堂 の 門外不出な伝説的秘曲、
  9声部からなる Gregorio Allegri の 『 Miserere 』。

  この秘曲を 父とローマに来ていた 14歳の少年モーツァルトが
  システィーナ礼拝堂で 聖週間の典礼中に聴き、
  宿に帰るなり 譜面におこしたのは あまりにも有名である。。。

  その曲を この度、 『 第九ひろしま 2011 』 にて、
  ゲスト出演の エリザベト・シンガーズ の プログラムで発見。 


  私のなかでは とてもとても 大切に想っている曲なので、
  生で聴ける、と、  第九より 気になり
  めちゃくちゃ 当日を  不安とともに  楽しみに待っていた。








  そして、当日。


  まずは リハーサルにて、
  3月11日を受けての 選曲なのだ という指揮者からのメッセージとともに
   『 Miserere 』 が演奏される。

  少人数の合唱団でもあり、9声部の殆どを ひとりひとりが担う。

  ぴんと張りつめた出だしから魅せられ
  そのまま 見事なソプラノ部分へ。


  リハーサルのため、客席が空っぽで、
  声が全体に響き渡るさまは 古い石造りの聖堂のなかのよう。
  まさに そこに、天使の声が 空から 降って来る心地がし、


     私は ぐるり 美しき ステンドガラスで埋め尽くされる――



        見事な 純正調の響きに。

        胸元から喉元へせりあがってくる 素直な感動と共に、
        かつて 少年合唱団のテナーの如く
        浄らでまっすぐな声質を愛でられ、将来を 寿がれての
        なれの果て、な 今の 自分 に 向き合わされる。 


        はぅ。
        今の自分の声は 練習不足 発声不足 …なんてもんぢゃなく、
        不摂生を重ね 不養生な 自分の在り方、 魂 そのものであり、
               これまでの 諸々の 澱が そのまま
               ヘン な ビブラートになってる感があり。



     こころ洗われる如くの美しき和音に 感動しながら、
        異常に もにょっていくぢぶんが また 情けなく。 (-_-)




     この日、リハで聴いた 『 Miserere 』 は、
     世界でも 最高峰 の 『 Miserere 』 であったように思う。


     私の好み、でもあるのであろうが、
     You Tube で あれこれ 聴いてみても
     この日のリハ時の エリザベトを 凌駕しない。

     You Tubeのなかでは、この日の エリザベトの響きに
     1番近い、と感じたのが Trinity College Cambridge によるもの。




 




      エリザベト・シンガースの本番は、
      おそらく、ソプラノさんが緊張されたのと
      満員の観客席に 響きが吸収されちゃった感あり、
      透明な美しさに 深みや広がりを感じられず、残念だったが、

      あの リハ時には 心底 震えが来た。






   以来、定評ある タリス・スカラーズ盤を
   パレストリーナも 入ってるから
   購入しちゃおうかな、と 迷いつつ、

   ぃゃぃゃ、私は、あの リハーサル時の
   エリザベトのが 聴きたいんだ、と

   せめてもの iPhone から
   You Tube の Trinity College Cambridge、
   『 Miserere 』を聴く毎日。 

         







      そして、身の程知らずにも、願う。 希う。


             いつか、いつの日にか。


              Gregorio Allegri の 『 Miserere 』 を
              ソプラノで 歌いたい。

                    歌えるほどの 精進 …… を  したい。






希




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーサイト

ジャンル : 音楽
テーマ : 合唱

タグ : Miserere ミゼレレ グレゴリオ・アッレグリ アレグリ システィーナ礼拝堂 ミサ曲 エリザベト・シンガーズ

[ 2012/01/03 12:55 ] 聴きました^^*☆ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。