今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

68年目の原爆忌



       祈。





      世界の為政者の皆さん、
   いつまで、疑心暗鬼に陥っているのですか。
   威嚇によって 国の安全を守り続けることが
   できると思っているのですか。 


                            ~ 2013 ヒロシマ 平和宣言 ~




2013祈鶴奉納
2013祈鶴奉納 posted by (C)天使な先輩





        今年も 花粉時期より体調を崩し、
        夏を迎えても 床払いどころか
        満足に歩くこともできない 鬱屈した日々のなか、
        天使な先輩から 平和祈念公園内に奉納された祈鶴の画像が届き。


        8時15分。


        杖を使ってようよう起立し、黙祷を捧ぐ。









        昨年6月。

        両親ともに被爆している被爆2世は
        どちらか一方の親が被爆している被爆2世より
        白血病の発症率が高いことが学術的に明らかにされた。

        被爆2世を対象とした従来の調査では、
        放射線影響研究所を中心に
        「 親の被爆による遺伝的影響はみられない 」と
        結論づけられたものが多いなか、

        被爆後67年を経て、広島大学名誉教授の鎌田七男氏らによって、
        白血病を発症した被爆2世の臨床データを詳しく分析され、
        2世の中で 発症率に明らかな偏りが出たことが発表されたのである。

        戦争で 喪われたいのちの重たさ 尊さは、
        全て等しく同じながら、
        被爆者の染色体にまで異常を起こさせる核の被害は、

        一過性のものではない、ということにおいて、
        【 特別なもの 】 であり、 その一点だけでも、
        全世界において、2度と決して許してはならない、人間の過ちである。

        この被爆2世の白血病発症についての発表は、
        今なお 根強い被爆者差別、被爆2世差別の問題に
        私たちは どう向き合い、立ち向かって行くか、という
        大きな重たい命題をも 突き付けてくる。 
        


        先日の豪雨被害で 自然の猛威に対する人間の非力さを
        またしても 思い知らされたのであったが、
       
        それだけに、【 人災 】 により
        事故発生から2年5ヶ月を経過しても 我が國が
        未だ暴走し続ける原発炉を抱えている恐ろしさを思う。


        この大地の 僅か地下40㎞も潜れば
        既にドロドロのマントル地帯であり、
        その上に立っている世界有数の地震國である我が國の危うさ。



        平野率が低く、四方を海に囲まれた小さな地震國。

        避けられぬ自然災害に備え、
        立ち向かわねばならないだけでも 手一杯目一杯であるのに、
        この上、どうして 【 人災 】 をも抱え込む余地があろうか。




         幼少期に 母の被爆体験を耳にして以来、
         幼ごころに考えに考え、長じる毎に気付いてきたこと。
         学んで来たこと。 


            私たちが直面した悲劇の数々に、
              唯一 救われる面があるとしたら、

            私たちが その悲劇に学び、
              二度と、同じ 過ちを犯さない、という
              この一点に尽きる、ということ。
 

            同じ過ちを犯さぬよう、全身全霊で努力する。


              どんなに困難な道であろうと、努力し続ける。
              そのことこそが、たまたま 生き残った私たちの務めであり、
              責である、と 思えてならない、ということ。
          


       世界平和 と 核廃絶 そして 脱原発 を
       祈る、ことは 宗教でもなんでもなく。
       願う、ことは、過激な思想でもなんでもなく。

       にんげん として、当たり前 な 祈りであったり 願いで在れるよう

       それぞれのひとびとが、それぞれの立場で
       それぞれの平和について、考え続けられるように。



               思惟を重ね できること を できる形 で

               前に。 前に。


                                ふぁいと > ぢぶん




2013 祈鶴
2013 祈鶴 posted by (C)天使な先輩

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






      ** 私自身も 原爆忌は ひとつの節目。
         今年も この日を迎えられたことに感謝しつつ、  
         己れの記して来たことに 向き合うこと > ぢぶん

        ●  『 夕凪の街 桜の国 』

        ●  『 ヒロシマ前夜に想うこと 』

        ●  『 夕凪の街 桜の国 ふたたび 』

        ●  『 ナガサキの日に 』 ( 『 生ましめんかな 』 )

        ●  「 みたび 『 夕凪の街 桜の国 』 」



スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生きることは学ぶこと

タグ : 原爆忌 ヒロシマ 被爆者差別 原発 核廃絶 脱原発 被爆国 フクシマ 人災

[ 2013/08/06 09:00 ] ニュース | TB(0) | CM(18)

6トンの破片が宙を飛ぶ。



       ローカルニュースを観ていたら、
       先日の 三井化学岩国大竹工場 爆発事故 の続報が流れ、
       映し出された画像を 思わず二度見する。


         爆発の際、吹っ飛んだという、
         四畳半ぐらいは十分ありそうな巨大な鉄片。

         直径約6メートル、重さ約6トンというその破片は、
         爆発したプラントの屋根部分ではないか と のことで、
         工場より 700m離れた 山口県と広島県の県境の
         小瀬川河口付近( 無人地帯! )で見つかった由。


       工場より東へ700m。 (600mという記事もあり)

       これが、北へ向かって飛んだのであったら、
       住宅密集地で、大惨事になっていたと。 おろおろ



       これぞ、「 不幸中の幸い 」 だと思う。



       三井化学のサイト に行ってみると、
       TOPページに 今回の事故についての記載がされており、
       事故ページもつくられ、事故内容詳細、原因究明のためのあれこれが
       事故当日より 日々更新されている。


       そのなかに、はっとさせられた記述があった。


       5. 工場構外への影響

       現時点で、有害物質の工場構外への漏洩はありません。
       また、工場構内の倉庫で放射性物質を含む廃触媒
       関係法令に基づき厳重に保管しておりますが、
       当該倉庫は発災場所から約500m離れており、保管容器に異常なく、
       放射線量測定値は事故前と変化ありません。 

                         ( 原文ママ/改行・網掛 りうりう )



        



       そうか。 そうなんだよね。

       キケン なのは、 なにも、原発だけ、ぢゃ ないんだよね。
       そして、そのキケンは、いったい全国にどれぐらいあることか。





      『 不幸中の幸い 』  に
       いつも 助けられるとは 限らない。


       私たちにできることは。


       とにもかくにも 人為事故を起こさない。

       それでも起きてしまったら、
            最小限の被害で済むよう
            最短時間で 最適処理が行えるよう、
            常日頃から 備え、行動する。

                 それしかないんだよね???

                 放射性物質利用の見直し は、不必要??




驚




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : ニュース
テーマ : 気になったニュース

タグ : 三井化学岩国大竹工場 爆発火災事故 和木町 欠片 放射性物質 原発事故 ヒロシマ フクシマ ナガサキ

[ 2012/04/24 23:19 ] ニュース | TB(0) | CM(3)

真夜中の地震。






      22日、午前2時過ぎ。



      本日 お茶うけにお出しするための ケーキを焼いていたら、
      ぐらぐらぐら、と 突風と共に 下から突き上げるやうな揺れ。


          地震だーーーー! おろおろ


          しかも、この突風って なに???


      次にもっとデカいのが来るかも、と 少しだけ緊張して身構えたけれど
      「 次 」 はなく、 無事 ケーキが焼き上がり、
      粗熱が取れるまで待って ラップをし、そのまま就寝。

     

      朝になって、その 「 地震 」 が
      実は 山口県の 三井化学岩国大竹工場 での 爆発火災事故だったことを識る。


         山口県の和木町といへば、広島県にかなり近い場所であるが、
         そこで起きた爆発音と爆風が、この地まで揺るがしたことに驚き、

         また、あんな深夜に フツーに操業していることに驚き、

         22歳の若さで 殉職された社員さんに 胸を痛め、、、


      深夜だから、あれだけ 響き渡ったのだとしても、
      この地で、これだけの揺れがあったのだから、
      和木町近隣では、どれほどの地響きがあったことだろうと、
      近隣の方々の驚愕、恐怖、不安を想い、

      そして、67年前に原爆が投下されたときの大地の揺れ、爆風を想い、
      ナガサキフクシマ、を 想う。




              灼熱のマグマの 皮1枚な上で
              こころもとなくも 生かされている私たち。

              いつ、何が起きても不思議でない毎日のなかで。

              せめて 人災 という災害を
               極限までゼロに近付ける努力をし、

               悔いなき日々を全うしやう と
               懸命に 懸命に 生きて在らねば、、、と 誓う 春の朝。







え゛




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






ジャンル : ライフ
テーマ : 大切なこと

タグ : 三井化学岩国大竹工場 爆発火災事故 和木町 原爆 原発事故 ヒロシマ フクシマ ナガサキ

[ 2012/04/22 23:12 ] ニュース | TB(2) | CM(3)

『 フクシマ を 救おう! 』




       祈。 




          祈。 >  世界恒久平和。

          希。 >  核廃絶。 脱原発。





     あの ショーゲキの 『 グランド ・ ゼロ 』 から 10年。
     そして、あの 震災から 半年。

     悲しい祈念日が こうやって増えていくのは たまらない。

     WTCが倒壊した跡地 を 指す 『 グランド・ゼロ 』 とは、
     元々は、核兵器による爆心地のこと。

     私たちは、WTCの倒壊跡地に、そして、東日本大震災の津波痕に
     ヒロシマの爆心地の光景を観た、のである。





祈鶴




     そして、 過ちは繰り返さぬ、 との 誓いを無にし、
     福島 を フクシマ に してしまった 私たちのできること ――


     パクチのねぃさん ち で教えていただきました!

     フクシマの郡山市を中心とした、
     法曹・医療・研究・教育・商工などに携わる有志の方々が呼びかけ、
     立ち上がり、発足させた 『 放射能の危機を考える会 』 が、
     今、200万人の署名を集めています。

     原発事故によって 放射能に汚染されたフクシマ

     健康への被害、地域の空洞化、地元経済への深刻なダメージのなかで、
     未来への希望を取り戻すため、必要と思われる事柄を3つ提言にまとめ、
     その実行を 200万人の署名をもって 國に 求めて行くものです。

     ひとりでは なにも できなくとも。
     ひとりひとりの 願いや祈りを込めた署名が 集まれば 大きな力となります。

     どうぞ 皆さまも ご検討方、よろしくお願い申し上げます。





爆走     【 3つの提言内容 は こちら 】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


ジャンル : ライフ
テーマ : 生き方

タグ : フクシマ 原発事故 福島原発 グランド・ゼロ 放射能の危機を考える会 署名 署名活動

[ 2011/09/11 22:24 ] ニュース | TB(0) | CM(8)

ヒロシマの168倍。




  福島第一放出セシウム137
          広島原爆168個分


                         東京新聞 2011年8月25日 07時08分
  TOKYO Web 【 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011082590070800.html 】

 
  政府が、東京電力福島第一原発の1~3号機事故と、一九四五年の広島への
  原爆投下で、それぞれ大気中に飛散した放射性物質の核種ごとの試算値をまとめ、
  衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会に提出していたことが分かった。
  半減期が約三十年と長く、食品や土壌への深刻な汚染を引き起こす
  セシウム137の放出量を単純比較すると、福島第一原発からの放出量は
  広島原爆一六八・五個分に相当する。

  福島第一原発事故は今年六月の国際原子力機関(IAEA)閣僚会議に対する
  日本政府報告書、広島原爆については「原子放射線の影響に関する
  国連科学委員会二〇〇〇年報告」を基に試算されている。

  セシウム137の放出量は、福島第一原発1~3号機が
  一万五〇〇〇テラベクレル(テラは一兆)、広島原爆が八九テラベクレル。
  このほかの主な核種では、福島事故で大量に飛散したヨウ素131(半減期約八日)は、
  福島が一六万テラベクレル、広島が六万三〇〇〇テラベクレルで、
  福島は広島原爆約二・五個分。半減期が約二十八年と長く、内部被ばくの
  原因となるストロンチウム90が、福島が一四〇テラベクレル、広島が
  五八テラベクレルで、広島原爆約二・四個分となる。

  ただ、政府は特別委に対し、福島事故と広島原爆との比較自体には
  「原子爆弾は爆風、熱線、中性子線を放出し、大量の殺傷、破壊に至らしめるもの。
  放射性物質の放出量で単純に比較することは合理的ではない」と
  否定的な考えを示している。

  試算値は川内博史衆院科学技術・イノベーション推進特別委員長が
  八月九日の同委員会で「広島型原爆の何発分かを政府として正確に出してほしい」と
  要求していた。


                         (記事全文掲載・原文ママ・改行りうりう)






泣


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


        

ジャンル : ニュース
テーマ : 気になるニュース

タグ : フクシマ ヒロシマ 福島原発 保安院 セシウム137 半減期 東京新聞

[ 2011/08/27 00:36 ] ニュース | TB(0) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。