今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PTAバザーで役員が先に物品をゲットすることについて



かいちょーさんちで、ぐりぐりパンチさんの問い掛けを読みました。

他にも、同様の問題について書かれたブログを何度か読んだことがあるので、
うちの小学校、中学校の場合を書いてみたいと思います。


   ◆  ◆  ◆


PTAバザーにおいて、役員が先に品物をゲットすることについて、
私自身は、その役員さんの労力如何によるものであるし、
一般会員さんに先んじてゲットする価格が適正であるか否か、にもよるが、
一品ぐらいは、役員特権(←この言の葉は嫌い)として、
許される範疇ではないか、と感じている。

「いいなぁ」と思われる方々には、
是非、来年、この役員さんになっていただきたいと思う。

但し、「ズルいなぁ」という声が複数あがるようでは、
バザーの在り方そのものに、見直しをかけるべき、であるように思う。


以下は、何故私が、役員特権(「特権」という言の葉は、やっぱり嫌だなぁ)で、
この行為を認めたいか、を述べる。


  ◆  ◆  ◆


うちの小学校PTAのバザーは「厚生部」の仕事になっており、
「地域委員」と「厚生部員」が、小学校区全世帯を対象に
バザーの供出品を集めて回る。

その労力は大変なもので、
あらかじめ、学校長・PTA会長・厚生部長の連名文書が出されているとはいえ、
殊にお子さんのいらっしゃらない世帯を回るのは、時に苦痛を伴う。

 「 物乞いみたいで嫌 」
 「 何しに来た、と言われる 」

売れ残こることを懸念し、年々供出物に制限をつけるため、
玄関先まで、わざわざ出して来て貰ったものに、
「NO」と言わねばならないことにも、批判が出た。


時代は、学校の制服ですら、「古着」は敬遠されるようになり、
内祝等の商品券化や冠婚葬祭の引き出物がカタログ化し、
また、頻繁に行われるガレージセールや
ネットで日常的に行われるオークション、
週何日かのペースで農作物の朝市が立ち、
学校PTAへ供出する品物自体が、ぐっと少なくなって来ている。


PTA側は、それでも各家庭がバザーの為に物品をキープし、
(気持ちよく)供出していただくことに、まずは感謝のこころを忘れてはならない。

バザーなんだから、皆が協力して、物品出すのが当たり前でしょ?
みたいな考えが少しでもあると、何かと波風が立ちやすい。

うちの小学校では、バザーそのものへの見直しの声があがり、
まずは、小学校区内全世帯を回る、ということから、
小学生の在籍している世帯中心に、という形になった。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ---


中学校PTAでも、やはり厚生部の仕事であり、
厚生部員と地区理事が、中学生の在籍している世帯のみを集めて回る。

が、小学校区毎の名簿はあっても、そのなかの小さな地区毎の名簿はないため
毎年、どこをどうまわっていいか判らない、などと役員から苦情が出る。

そういったことは、地区理事が、毎年引き継ぎをしていけば、
充分にクリアできることであるのに、できない地区は徹底してできないようである。

今春、地区理事選出で、大々的に揉め
結果、大幅に地区割の見直し を図ったため、
実は、今年のバザーの成り行きを固唾をのんで見守っている状態である。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ---


で、小中学校PTAとも、バザー前日には、
山のように集まった供出品に、値付けの作業をしていく大仕事がある。

一番人気の洗剤、石鹸、タオル類は、若干高めに。

どう見ても、売れそうにないものは、よく売れるものと抱き合わせにし、
綺麗にラッピングを施して、目玉商品とする。

最後に、皆で ぐるりとチェックをし、品物の配置、値段の修正をかけていく。

50円、場合によっては10円でも、高く売れそうなものは、
皆のイメージ、意見で、上げていく。

この作業は、品数が多いせいもあるが、
20数名が午後7時から集まって始め、夜半まで掛かる。


そして、最後に、PTA会長が一声、

 「 私の責任で、皆さん、一品限り、
   どれでも購入していただいていいですよ。
   明日はどうぞよろしくお願い致します 」 と言う。

もう恒例になっているとはいえ、皆、歓声をあげて、嬉しそうに一品を選ぶ。
なかには、欲しいものがバッティングし、皆の前でジャンケンで盛り上がって
ゲットしたひとが、嬉しそうに「 申し訳ないから 」と
100円上乗せしてお金を払われ、皆の拍手を浴びることも在る。

部長さんなどは、それでも遠慮して、購入されない場合が多い。
 ( 私などは、その姿に感動してしまい、残って最後の打ち合わせをするときに、
   自腹で(笑) 自動販売機の缶珈琲などをプレゼントしちゃうのであるが )


   ◆  ◆  ◆


私が何故、役員特権(「 特権 」という言の葉は、やっぱり嫌だなぁ)で、
この行為を認めたいか。

中学校のバザーは、文化祭のお昼休みを使って行われる。
役員さんは、時間帯によっては、我が子の舞台発表を観るのも我慢して、
バザーの手伝い(売り子さん、レジさん、梱包さん)をされる。

自分たちが買い物をする時間は全くなく、汗だくになり、
お客さん整理をし、理不尽な値引き交渉やクレームに頭を下げ、
最後に、誰も要らない、売れ残ったものを
「 学校に残しても、場所塞ぎになるだけだから 」と引き取って下さったり。

そんなご苦労に、やっぱり報いたい、と思うから、である。

バザーの品集めから、値付け、売上清算、最後の後片付け、
昨年は、雑巾を縫って3枚1組でも売り出して貰ったため、
その作業を入れれば2ヶ月近くを費やしていただくこの行事。

たった一品でも、思うものをゲットできることで、
「 報われちゃったかも… 」 みたいな気持ちになっていただけるなら、
執行部として、三役が頭を下げることなんて お安い御用だと思う。


ただ、踏まえたいのは、
それは、「 当たり前のことではない 」 ということ。

バザー担当役員なんだから、先にゲットできて当たり前でしょ?な態度では、
一般会員さんから 反感を買っても仕方がないかなぁ、と思うし、
極力、一般会員さん と 役員さん の 溝やら 意識の違いやら、
温度差やらを無くしたい、と ずっとずっと願って来た私としては、
こんな  セコい  ことで、溝を生じたり、深めたり したくない。

この忙しい時代、「 役員 」 をお引き受け下さる方々の顔触れは
どうしても決まって来てしまう、、、例え、全員が1度は役員にならないとならない、
そんなルールにしても、部長さんなど 大役をお引き受け下さる方々は、
結局、【 いつものメンバー 】 になってしまい、
それが、あたかも 【 役員特権を振りかざすひとたち 】 っぽく、
一般会員さんに見えてしまうことを 肌で感じているから。

 
うちの中学PTAで、
あくまで、最後の最後に、会長が「 私の責任で 」と申し出るのは、
役員特権なんかぢゃない! と 内外に公言し、釘を刺す、、
そういった意味合いがある。

役員さんには、 万一、一般会員さんに批判されたとき、
 「 ごめんね、でも、会長さんが一品だけ特別に許して下さったの 」
みたく、エクスキューズしていただき、新たな溝が生じないようにして貰えたら、、と。


あくまで、頑張って下さった役員さんへ。
ここまでしても、明日は何も買えない、という役員さんへ。

会長一存での「 役員慰労 ( 特権 )」 のような気持ちである、
( んだから、万一、一般会員から苦情があがれば  会長が謝罪する  )
というところは譲りたくないなぁ、、と
思ってきた( 賛同してきた )小中学校7年間だった。


押さえて置きたいのは、

 ● 皆で決めた適正と思われる値段でゲット。
 ● 当日は、全て終了して売れ残ったものしかゲットできない。
 ● 一品限り。
 ● その日に、会長が「OK」を出したことで認められる。
    (一応、恒例のようにはなっているが、慣例ではない)
 ● 役員は、これを「当然とは思っていない」。


で、今年のバザーは、新会長、新副会長のもと、どうなっていくのだらう?? 




ペンサンタ緑



スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : PTA

タグ : PTA PTAバザー PTA役員 役員特権 バザー役員 PTA執行部 本部役員

[ 2005/10/02 22:32 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(19)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。